<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【716】シアトルに叔母を訪ねる

シアトルに住む叔母は、私の父の妹で、大正10年生まれ、
先月94歳になった。
90歳のとき、息子二人が住むシアトルに引っ越してきた。
それまでは、ミシガン州デトロイトに一人で住んでいた。
過去ログ:2011年2月  90歳の誕生日祝い
c0128628_181353.jpg

体も頭のしっかりしており、週に一度、赤十字の老人センターに出向き、
そこで、裁縫や編み物の奉仕をしている。
例えば、5歳ぐらいの子供のエプロンを同じ型のものを何十枚も作るとか、
子供がお昼寝をするときのマットのカヴァーを作るとか、
作品は、センターの要望に応じて変わる。
流れ作業で、ミシンが使える人は、ミシンだけ、アイロンの人は、アイロン
だけ、ボタン付けの人は、それだけというようになっているらしい。
叔母は、ミシン専門で、今でも普通のミシン、工業用のミシンを所有して
いる。その他にも編み物も担当している。

日本女性は、たいてい家庭科でミシンの扱い方を習っているけれども、
米国人は、ミシンなど家庭で持っている人は皆無。
扱える人は、ほとんどいない。(今は日本でも同じような事情かなぁ~)
その他に、日曜日に近くの教会にも行っている。
c0128628_182343.jpg

私は、2014 年4月にも、ワシントンDCに行く途次、シアトルに立ち寄った。
今回は、西海岸ロサンジェルスから北上して、シアトルに行く。
飛行機で3時間足らず。
c0128628_181930.jpg

SeaTac空港(シアトル-タコマ空港)に着く前に飛行機の窓から
きれいな山々が見えた。レイニア山の一部だと思うが・・・
カナダとの国境の辺りには3000m級の火山がたくさんそびえている。
c0128628_1821192.jpg

今回は、LAに住む従弟の洋子ちゃんを誘って出掛けた。
洋子ちゃんは、叔母の長女で、私と同い年。
叔母さんの古いアルバムを見ながら、昔の写真を見つけては
懐かしい人々の思い出話に華がさいた。
その一枚。1950年ごろ、5, 6歳ぐらいの私と洋子。
c0128628_183890.jpg

前列: 左から、洋子、私の妹、私
後列: 左は、母(33、4歳ぐらい)と 洋子ちゃんの養母 綾子
叔母さんの家の庭に、クロカッスが咲いていた。
前の家の前庭には、早くもサクラが咲いていた。
c0128628_1833247.jpg

叔母は、NHK Worldを観ており、ラジオ体操、相撲、ニュース
など日本語放送を楽しんでいる。
われわれもいっしょになって、『初めてのおつかい 25周年』という
2時間番組を観た。
本当に、Pricelessな(値がつけれらない)、ひとときだった。
c0128628_1835774.jpg

叔母は、私とは日本語で、息子たちや洋子ちゃんとは英語で話す。
彼女は、日本では奈良女子大、アメリカでは、UCLAの卒業生だ。
よく学び、学んだことがすべて役に立っている・・・
教育の力が、一人の女性にドラマティックな人生を与えたと思う。

[PR]
by tamayam2 | 2015-02-27 18:04 | たび | Comments(9)

【715】LA ビバリーヒルズ (4)

娘たちは、LAに引っ越すに当たり、子供たちの公立小学校さがし
から始めた。広大な都市、LAには、たくさんの学校があるのだが、
安全で、できたら徒歩で通学できるところとなると、選択肢が限られる。
そんなわけでビバリーヒルズの中古住宅を購入することになった。
c0128628_15591371.jpg

その中庭は、割合大きいプールが全体の8割を占めていた。
水泳が好きな人には、悪くはないが、プールが大きすぎるので、
半分のサイズにして、余った分を家庭菜園が作れるような庭にしたい
と考えた。
c0128628_6552555.jpg

ちょうど私が訪問したとき、中庭の工事が始まるところであった。
水抜きした日。
結構広い面積だということがわかる・・・

それと並行して、家の内部のインテリアの工事も進行していた。
インテリアディザイナーの女性が来て、どんどん改装していく。

プールの一番深いところの水深は9フィート(2m70cm)もあり、
手すりもないので、私でも怖い感じだった。子供や猫が転落したら、
大変・・・という思い。
c0128628_6562783.jpg

浅い部分の底部分を残して工事が進められるのかと思ったら、
市の役人が検査に来て、まず、プール全体を壊して、それから、
新たに半分のサイズのプールを新設しないと、許可が下りないという。

小さなブルドーザーが2台来て、毎日轟音を上げて工事が続く。
スパニッシュ・煉瓦という美しい煉瓦をはずして・・・
この猫は、ドア・ストップの縫ぐるみ人形。
c0128628_6565448.jpg

c0128628_658265.jpg

工事は、朝から5時ごろまで2人の作業員によって進められる。
瓦礫は、まとめて大きなトラックで裏庭から搬送する。
c0128628_6572445.jpg

日中は気温が高い(25,6度)し、騒音、埃はたつし・・・
c0128628_6584569.jpg

ご近所から文句が出ないかと心配するが、隣家からは文句なし。
むしろ、お宅の中庭が美しくなれば、土地評価価格が上がるので、
自分の家の資産価値も上がり、結構なこと、という反応だそうだ。
みなさん、家を美しくして、資産価値を減じないことを常に
心がけておられるのだろう。さっすが、アメリカ!

[PR]
by tamayam2 | 2015-02-26 06:59 | たび | Comments(2)

【714】LA ビバリーヒルズにて (3)

2月18日に帰国しましたが、少しまだビバリーヒルズの子供の生活に
ついて書いてみようかと思います。
私が実質、子供たちと接したのは、2月4日~12日まで。その後
私は、叔母の住むシアトルへの小旅行をしたのです。
c0128628_4373354.jpg

先回は、放課後子供たちの宿題を見てやらなければならない親のことを
書きました。私は、自分の子供のために、そんなことをしたことが無かった
ので、ちょっと驚きました。
c0128628_4383928.jpg

もう一つ、驚いたことは、学校からのお知らせに、Fund Raising
いわゆる募金の多さ
8日の週末には、この学校が支援する市のホームレスたちへの
Free meal(無料の給食提供)の日に当たっていたようで、ウチの子らは
個別パックの飲料を提供していました。学年によっては、食事の材料を、
高学年では、実際の調理を生徒がするそうです。親が寄付した物や資金で
ホームレスの人々に暖かい食事を提供する企画があったのです。
c0128628_4364715.jpg

学校の壁に貼ってあったスローガンによれば、公立学校は、もちろん
公立ですから無料ですが、良い教育的環境を維持していくためには、一人
残らず、多くの側面で、親たちの有形無形の寄付をお願いしたい。潤沢な
資金があってこそ、高い教育水準を維持することができるのであるからして、
全校一丸となって、みな様のご寄付をお願いする次第であります
~と、
まぁ、こんな具合。

近隣に住む方々は、ユダヤ人の人が多いようだ。お金持ちなんだろう。
c0128628_438044.jpg

2月13日(金)ヴァレンタイン・デーの前日に間に合わせるため、
クラスの子供全員20名に小さなカードとプレゼントを用意しなくっちゃ、
ということになり、夕食の後で作業をした。事務のお姉さん、門番のおばさん、
校長先生、交通整理のMr. Brownにも・・・5歳のCarrieはまだ字がよく
書けないから、手伝ってやった。リストにある名前を正しく書いていくと
いう作業はけっきょく二晩を要した。
c0128628_4395349.jpg

13日、下校してきた子供は、クラスの人数分のプレゼントを受け取り、
うれしくてしょうがない。こういうことを経験しつつ、与えたり、もらったりする
ことの喜びを学んでいくのだろう。とは言え、小さなプレゼントを25人分ほど
用意しないといけない親の負担は大変だ。
公立小学校とはいえ、私立学校並みねぇ~と嘆息!
c0128628_4402591.jpg

私の滞在中、娘が子供と粘土細工をして遊んでいた。
小麦粉 3カップ、塩 1カップを水と少々の油で練って作った
自家製の粘土!
整形して、オーブンで焼いて、アクリル絵の具で彩色して完成!
c0128628_4405569.jpg

子供たちは、それぞれの過程を楽しんで、自分のイメージを膨らませて
オブジェを作った。

食糧を遊びに使うとは・・・私には考えられない発想だが、
やはり、こういうのもアメリカ的大胆な発想と感じた。

[PR]
by tamayam2 | 2015-02-25 04:42 | たび | Comments(8)

【713】LA ビバリーヒルにて(2)

子供たちが通っている公立小学校は、こちら風にいうと、K-12
(幼稚園年長組から12年生、日本風にいうと中学2年生まで)が
通う学校だ。小学生は8:30~2:30で、低学年の子は行きも帰りも
出迎えが必要。だから、親は送り迎えに一日が分断されけっこう忙しい。
幸い、家から学校までは、徒歩5分くらいなので、助かる。
c0128628_7552243.jpg

(学校を考えにおいて家さがしをしなくてならず大変だった・・・)
と娘夫婦は言っている。
[朝食風景]
c0128628_754428.jpg

乾燥したシリアルとヤクルトがお気に入り。
朝から元気いっぱいで、食べるより食べ散らすことのほうが多い。
食物を粗末にしてはいけないことを教えなくてはと思うが・・・三分の一は、
食べ散らす。困ったこと!
[通学風景]
c0128628_7544181.jpg

[宿題]
家に帰ってくると、またスナック菓子を食べる。
お弁当は、半分ぐらい残こしている・・・せっかく作ってやったのにぃ~

この宿題は、プリントが数枚あって、たいてい英語と算数。
英語は、短文作成
最初の空欄に時を表すことばを入れる(任意のことば)
次に主語を、その次に動詞を。(時を表すことばと呼応していないといけない)
動詞の種類によっては、目的語が必要など・・・スペリングを正確に書く。

何度も母親と相談しながら消しゴムで消し、消し書いている。
c0128628_7564525.jpg

算数は、足し算、引き算だが、単に答えを出すだけではなく、
文章化して、どんな意味なのか言わせる。
たとえば、5+2-4=だったら、
飴を5つもっていたところ、隣の子に同じ飴を2つもらった。それを二人で
2つずつ食べてしまったので、残りはあと3つ・・・・3つだから、二人で
分けられない・・・という風に。
答えが出ればよいというものではない。
なかなか立派な教育法と思った。
c0128628_757857.jpg

また、驚いたことには、この子たちは、13-7=というような数式を
一つ一つ九九のように覚えているらしい。
13-7も、13-6も、7+6も、6+7も同時に関連付けて覚えている。
おばあちゃんは、もうタジタジ。
こういう覚え方はなかなかよいなぁ~と思った。

しかし、子供が帰宅後、約一時間も宿題を見てやらなければならない
親は大変だ。親が仕事をしていたり、生活に追われている家庭の子供は
どうするのだろう。どの親も知的レベルが高い親とは限らないだろうに・・・

この辺の家の子は、たいてい親が子供の宿題を見てやっているとか、
もし、できない場合には、家庭教師を雇っているとか・・・嗚呼!
大変だねえ。

[PR]
by tamayam2 | 2015-02-14 07:55 | たび | Comments(10)

【712】LA ビバリーヒルズにて(1)

娘一家は、最近米国の首都ワシントンDCから西海岸ロサンジェルスに
引っ越した。私が行ったところで何の役にも立たないだろうけれども・・・
様子見かたがた2月始めからこちらに滞在している。
[家の前の通り]
c0128628_9193771.jpg

大雪が降っている東海岸と違って、ここは、メキシコに近く亜熱帯地である。
高いヤシの樹がそびえ、ブーゲンビリアの花が咲いている。
[糸杉]
c0128628_12111770.jpg

厳寒期の日本からやってきた者にとっても南国の景色にくつろぎを感じる。
[2階にまで達しているポインセチア]
c0128628_9235513.jpg

植物好きの私は、まず亜熱帯性の花々に興味津々。近所の散歩が楽しい。
最近、公立小学校に入学を許された孫たちの送り迎えが日課となった。
孫は、一人が小学校1年生、もう一人は幼稚園の年長組(9月から小学校一年生)
[西洋ナシの花]
c0128628_9381752.jpg

ビバリーヒルズというと映画スターが住んでいる地域かと思っていたが、
そういう方々は丘陵地の高いところに住んでいるらしく、見たところ、やや高級では
あるが一般の住宅街と変わりがない。子供の送り迎えの親たちを見ても、特にセレブには
見えない。観光客が訪れる超有名なショッピング・センターRodeo Driveや
伝統的な商店街にも徒歩で行くことができる。
c0128628_9254778.jpg

そのRodeo Driveの入口に面したWilshire大通りの中央分離帯に、妙なものが
ぶら下がっている大木群が見えた。樹の高さは、ゆうに10mを超え、実の大きさは、
マンゴーぐらいの大きさ。いくつかの実は、熟して実がはぜ、中から綿が噴出して
いる。パンヤの樹だ!?
c0128628_927387.jpg

学名Seiba speciosa、スペイン語では
Palo barracho(意味は酔っ払いの樹)、日本では
沖縄で見たことがあるトックリキワタ。幹が人の胴なら徳利のように膨れているので、
南米の人は、酔っ払いの樹といい、日本人は、酒を入れる徳利の形を連想する。
ともに、酒と関連があるのがおもしろい。
c0128628_9274179.jpg

私は、一年前中米のグアテマラで、Seibaの樹という大木に出会って感動した。
過去ログ: 2014年3月 [669]大木を見るのは愉快
同じ仲間の樹だ。その証拠にどちらの樹にも鋭いイボのようなトゲがびっしりと
ついている。獣や昆虫を拒絶するようなトゲだ。学名から見ても同じ仲間である。

パンヤは、昔は、枕やクッションの詰め物にした。そのパンヤの大木が、
東京でいえば六本木ヒルズのド真ん中に植わっているようなもの、なんだか
笑いだしたくなるほど愉快な光景だ。

[PR]
by tamayam2 | 2015-02-11 09:29 | たび | Comments(10)