<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【711】バンクス花譜展

世界史の中で私が一番心躍るのは、大航海時代。

1768年、ジェームス・クックが率いる帆船、エンデヴァ―号が
イギリスの港から大航海に乗り出した。その航海の目的は、天文学に
関するものであったが、乗組員の中に植物学者ジョセフ・バンクス
(1743-1820)が含まれていた。彼は、寄港地ソサエティ島、ニュージランド島、
オーストラリア、シドニー湾付近、ジャワ島でたくさんの植物を採集し、
絵師に精密に記録させた。それらを植物学者バンクスの名にちなんで、
「バンクス画譜」という。
展覧会主催者のBunkamura ザ・ミュージアムが所蔵しているものと
主に、オーストラリア国立海事博物館所蔵の絵が公開されている。
HPはここ
c0128628_1137226.jpg

オセアニア地方の植物には、独特なものが多いが、そういう植物に
関心のある方、また、広く植物精密画に関心がある方には、
とても見応えのある展覧会である。

バンクスという名を聞いて、私はすぐバンクシア(Banksia)という植物を
思い出した。何を隠そう、このバンクス氏が命名者だ。
c0128628_11375087.jpg

なんだか針金のように硬い花びらで、花の形はタワシのようだ。
このポスターの下に描かれている種は、めったに飛ばすことが
少ないが、一旦、山火事になると(殻は燃えにくく)、火に反応して盛大に
種を弾き飛ばす性質があるという。何年かに一度起こる山火事の跡地に
この種は真っ先に芽吹き、子孫へ命を繋ぐと言われている。
c0128628_1138204.jpg

昨年2月に訪れた中米・グアテマラでは、高木に成長したバンクシアの樹を
よく見かけた。
バンクシアはヤマモガシ科に属し、これらの植物は、ほとんどオセアニア、
中南米など南半球でよく見られる。日本では植物園のオセアニアの植物の
コーナーで見ることができるが、余り生育がよいとは言えず、少し残念に思う。
c0128628_11385575.jpg

この精密画を描いた絵師たちは、ジャワでマラリアにかかり、多くの人が
ジャワから喜望峰に至る航海途上で落命したということである。
飛行機もカメラも無かった時代の話である。
植物精密画は、カメラよりも正確にその植物の姿を生き生きと再現している。

by tamayam2 | 2015-01-24 11:38 | 日々のできごと | Comments(14)

【710】B級グルメ

Blogで、あれを食べた、これを買ったという話はなるべく避けよう
と思っていたが、今日は禁を破り、ウチで気に入っている食べ物について
書いてみよう。
<丸ごと一羽の焼き鳥>
上野・アメ横の上野駅・不忍口寄りに最近外国人が経営している屋台がある。
TVでも取り上げられていて何軒かあるのだが、ウチのお気に入りは、
この鶏一羽丸ごと焼きの店。人なつっこいネパールのお兄さんが
下のような機械でぐるぐる回転させながら焼いている。
一羽丸ごとで、¥1,500。
c0128628_9105536.jpg

最近も若い人たちが10名ほど集まる会で、これを持参したところ、
あっという間にお皿が空になった。
味付けが、塩味だけで、スパイスなどついていないのがよろしい。
必要なら自分でソースを作ることができる。
私は、外国でよくこういう丸焼きのWhole chickenを買った覚えがあるが、
日本ではこういうスタイルで売っているのを見かけない。
このような丸ごと焼き鶏スタンドがあちこちにあれば、買うのになぁ~と思う。
c0128628_858734.jpg

c0128628_8585185.jpg

また、私は、若鶏丸ごと料理がすきなのだが、スーパーなどで、丸ごとが
売っていないので、残念に思う。
韓国の参鶏湯(サムゲタン)など一人一羽ずつ供したいのに・・・・
丸ごとには細かく切ってある鶏肉とは、違うおいしさがあるように思う。
c0128628_8591860.jpg

<マコモダケ>
これは、アメ横地下の市場で時々見かけたら買って来る。アメ横以外では、
ときどき新大久保の八百屋で見かけることもある。一袋(約10本)1200円ぐらい。
初めて食べたのは、台湾の台中でだった。ただ茹でたものにマヨネーズがついてきた。
いろいろな調理法があるだろうが、そういう単純な食べ方が一番おいしい。
c0128628_8594441.jpg

ちょうど白アスパラガスのような味で、クセが無く、ほのかな甘みが美味。
苽茸(マコモダケ)というイネ科の植物。日本でも最近、栽培されるようになった
と聞く。ぜひ、普及してもらいたいものだと思う。
(栽培地は、長野県、佐賀県、山形県、滋賀県など・・・)

この野菜は、食べごろがあって、年じゅうあるというものでもない。
夏~秋にかけてが旬のようだ。

この鶏肉のサイド・メニューとして最適です。

by tamayam2 | 2015-01-21 09:00 | 日々のできごと | Comments(14)

【709】日系アメリカ人の孫たち

私の孫は、アメリカ人男性と結婚している日本人女性の子供だから、
“日系アメリカ人”ということになろうか。
5歳と7歳の女の子である。

近ごろ彼らが生まれた首都ワシントンDCから、西海岸のロサンジェルスに
引っ越すことになった。
その子たちがワシントンに住んでいた高級住宅地の雑誌に写真が掲載されると
言って、大騒ぎしている。
    「あらっ!? 映画の子役俳優にでもする気?」とからかったが、
    子供たちは大喜びである。Movie star みたいだと。

こちらが表紙。
c0128628_1617026.jpg

雑誌記者が取材したインタヴューによれば、
Carrie(5歳)彩子は、東海岸から西海岸に引っ越したら、サウス・ダコタ州の
ラッシュモア山へ歴代の大統領の像を見に行きたい、と。
c0128628_16224435.jpg

(フム、子供なのになかなか愛国心があるのだなぁ~)

Laura(7歳)杏子は、ロサンジェルスは温暖な気候で、ビーチが近くにあるというので
期待している。生涯に一度でいいから、中国に行きたいなどと夢を語っている。
(米国西海岸に移ったら、急速に東洋が身近に感じられるんだろうか・・・)
c0128628_16175372.jpg

ちょっとうれしかったのは彼らは、自分たちのルーツが日本であることを誇りに
思っていて、2013年にウチに来たとき、日本のカレーライス、かまぼこ、のり・・・が
好きになったとか述べている。
  (あれっ!? もっといろいろおいしいものも食べさせたのだが、上記の三点のみ
   非常に印象に残ったらしい。)

c0128628_16185050.jpg

新春には、来客もなく静かだったが、数年前に買ったランが、この時期に必ず
トラの模様の黄色の花を咲かせてくれる。今年は、10個の花をつけた。
c0128628_16192942.jpg

昨年2月にグアテマラで手に入れた女性のスカートの織物の生地で、テーブル・クロスを
新調した。2m60cmの長いテーブルなので、2枚を接ぎ合せて縫った。
 過去ログ: 2014年3月手織物の国 グアテマラ
c0128628_16195010.jpg

機械織りだが、ローカルのモチーフが織り込まれており、中古の織物市で手に入れた。
c0128628_16202249.jpg

値段は、気の毒なほど安かったが、ずっしりした重さの生地で、重量オーヴァーせぬかと
気遣いながら、やっと持ち帰った代物。反物状態から早く製品にしなくては、と思い、
やっと新年のテーブルを飾ることができた。

by tamayam2 | 2015-01-09 16:21 | 日々のできごと | Comments(18)

【708】干支の人形

ヨーロッパへ行くとき、毎年のようにスイスに住む友人のところにおじゃまする
のだが、何をおみやげにお持ちしましょうかと尋ねると、今年の干支の人形を、
とおっしゃる。それが昨年(2014年)は、五月の連休のころだったので、
「はいはい」と言ったものの、探すのに苦労した。
c0128628_19513322.jpg

2011年のときは、ウサギだったので、比較的手に入れやすかったのだが、
昨年(2014年)の馬のとき・・・季節はずれになると難しいのだ。
 ガァ~ン!!
東北旅行でやっと、民芸風の小型の馬を手にいれることができた。
c0128628_19533493.jpg

今年2015年は、羊を!と言われそうなので、4日浅草に出かけて、
早めに手に入れようと思った。
c0128628_2018475.jpg

しかし、正月過ぎの4日でも、そう簡単ではなかった。
猫や犬、パンダの可愛い人形はあるのだが、日本的で、素朴な干支らしい、
小さいサイズの置物はありそうでないのだった
(やっぱり、暮れに来るべきだったか・・・)

4日、日曜日の午後、浅草はかなりの人出だった。
人ごみを掻き分けながら、2015年の干支、羊の人形をさがす・・・
たとえば、こんなんです。↓
c0128628_1954789.jpg

なんとか、手ごろなものを小さな土産物屋で見つけた。
大きすぎず、高価すぎず、モダンすぎず、日本的で素朴なもの・・・
c0128628_19543526.jpg

仲見世通りは、混雑していたが、横道の伝法院通りは、比較的すいていた。
なんだかおいしそうな匂いがすると思ったら、
最近の買い喰い人気No.1は、“浅草メンチ”ということ。
買い喰い、が楽しい町。
c0128628_1955598.jpg

c0128628_1956559.jpg

c0128628_19574215.jpg

人形焼き、手焼きせんべい、雷おこし、江戸風食べ物はどこでも客を惹きつけていて
そぞろ歩きが楽しい町だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記:この行燈風のものに歌のようなダジャレのようなものが書かれているもの・・・
weloveaiさんから、「伝法院通りの看板は何と言うのでしょう?」と質問を頂きました。
しかし、私は、知識がなく答えられずにおりましたら、smallcreatureさんから、
解答をいただきました。
「伝法院通りの江戸風駄洒落の飾りは、地口行灯(じぐちあんどん)といいます。」
smallcreatureさん、ありがとうございました。問題解決して、本当にうれしい!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0128628_1959815.jpg

外国人の姿もたくさん見かけた。
売り子の浅草人たちもとても気さくに英語でやりとりしていた。
c0128628_19594072.jpg

どこの横丁からもスカイツリーが見える町、浅草。

by tamayam2 | 2015-01-05 20:00 | 日々のできごと | Comments(12)