<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【665】熱帯植物はおもしろい

今日は、東京地方は、久しぶりの雪。
辺りの風景が一変して、なんだか楽しい気分になる。
(こんなのんきなことを言うと雪国の方に叱られるだろうけれども・・・)

冬季オリンピックも始まりましたね。
c0128628_1112136.jpg

前回ご紹介した静岡県熱川にあるバナナワニ園では、温泉熱を利用して
熱帯の植物が元気よく育っていた。
その中で、興味が引かれたもののいくつか。
c0128628_111495.jpg

タコノキ【タノコノキ科 Pandanus boninensis】
小笠原諸島が原産地
気根が地面に降りてきて、根を支える柱のようになっている。
ガジュマルと同じような仕組みだが、その根のたくましいこと、本当にタコの足のよう。
c0128628_1122610.jpg

初見の植物。ロンデレチア。
c0128628_1124774.jpg

ロンデレチア【アカネ科 Rondeletia leucophylla】メキシコ原産
c0128628_1134769.jpg

カラテア マコヤナ【クズウコン科 Calathea  makoyana】ブラジル原産
この種類は、人が葉に、筆で模様を描いたようで、不思議さを禁じ得ない。
追記)たまたまカナダ、ブリティッシュコロンビア大学の植物園のページを見ていたら、
    今日の特集がこの植物で、学名:Maranta leuconeura、
    和名は、ベニヒョウモンショウ(紅豹紋蕉)とわかった。同じ植物。

そこに掲載されていた写真は、
c0128628_15462889.jpg


c0128628_114272.jpg

植物園では割によく見かけるヘリコニア。造形がおもしろい。
ヘリコニア【バショウ科 Heliconia rostrata】
c0128628_1142180.jpg

カエンカズラ【火焔蔓 ノウゼンカズラ科 Phrostegia venusta】
c0128628_1144034.jpg

上は、パイナップルの一種でしょうね。

寒い季節だからだろうか、熱帯の植物たちの明るい色、大胆な形に
生命力を感じて、うれしくなってしまう。
お寒い日が続きますが、どうぞみな様、健康に注意してお元気で!

by tamayam2 | 2014-02-08 11:04 | たび | Comments(6)

【664】バナナワニ園

熱海から下田に下る途中に、熱川(あたがわ)というところがあって、
「バナナワニ園」があることは以前から知っていた。駅前に温泉の湯けむりが
立ち上っているような温泉の街。
「バナナワニ園」とは、分かりやすいネーミングだが、ちょっとこの名では、
損をしているような気がする。
c0128628_852398.jpg

実際に行ってみたら、名前から受ける印象より、ずっとずっと立派な施設だった。
ワニの飼育場が清潔でよく管理されている。
c0128628_853755.jpg

HPはここ。(このHPは、開発の余地があるけれども・・・)

バナナだけではなく熱帯植物の展示だが、種類が多岐にわたり、非常によく手入れされていて、見応えがある。
ランやスイレンのコレクションは、一級品ぞろい。
イギリスのKew Gardenと匹敵するようなレヴェル。
枯花や、傷んでいる葉も見当たらす、管理状況がとてもいい。
c0128628_8535117.jpg

それだけでもうれしくなってしまうのに、思いがけず、裏山で、早や咲きの桜まで
見ることができた。展示会場間を結ぶマイクロバスの運転手さんが、
「もし、サクラが見たかったら、100mばかり上の高台へ足を伸ばしてください」
と教えてくれたのだ。
c0128628_8542056.jpg

河津ザクラで有名な河津では、まだ開花していなかったのに・・・。
河津ザクラと同じカンザクラ(寒桜)という種類で、2月初旬から咲く種類らしい。
私が訪れたのは、2月1日。2月にサクラが見られるなんて、期待していなかった
だけに、うれしい驚きだった。
c0128628_8543546.jpg

40年以上、ここで飼われているマナティーは、機嫌よく観光客にあいさつしてくれた。
50歳の誕生日を祝ったばかりだという。
こんなに長生きなのも、飼育者の管理がよいからだろう。
私は、世界のいろいろな国で、動物園・水族館巡りをしているが、動物が幸せそうな
ところは、見学するわれわれの気持ちも安らぐ。
c0128628_855080.jpg

伊豆急行の途中下車で、思いがけず楽しい見学ができて、儲けものをした気分・・・
おっと、そういう表現は、卑しい)・・・もとい、
とても豊かな2月の幕開けとなりました。

by tamayam2 | 2014-02-05 08:55 | たび | Comments(8)

【663】下田、爪木﨑の水仙

新しい年を迎えたばかりというのに、一月は密やかに去り、
二月になってしまいました。

昨年来、気に入って出かけている伊豆半島南端の下田市。
天皇陛下の別荘、御用邸を過ぎて、しばらく行くと、海岸に出る。
岬の突端を爪木崎(つめきざき)と言う。
普段は、なぁん~にも無い海岸だけれども、1月に水仙祭りが行われると聞いて出かけて行った。
祭りの最終日、1月31日の午後。暖かな陽光が海岸を包み、
白い水仙のかぐわしい香りが立ちこめ・・・人影も少なく、そぞろ歩きにはよい雰囲気でした。
c0128628_2061833.jpg

アロエの花というのは、こんなボサボサ頭の赤い入道のような形です。
この辺りには、どこでも自生していて、思う存分に繁茂しています。
c0128628_2064778.jpg

水仙もこの辺りの野水仙で、球根ですから、どんどん増えていくのでしょう。
c0128628_2071489.jpg

どちらも園芸種の高価な花をわざわざ植えたという感じではなく、
その大らかさが青い海の景観によく合っていて、素敵でした。
c0128628_2074168.jpg

海は、珊瑚礁でもあるのでしょうか、青いところ、コバルト色のところがあって、
キラキラと輝いています。
c0128628_208583.jpg

風が一吹き吹いて、私の帽子をさらっていきましたが、冷たい風ではないので、
渚の水を蹴って帽子を追いかけ、ちゃんとキャッチすることができました。
c0128628_2083689.jpg

真ん中の黒い影は、帽子を頂いた撮影者の頭です・・・ふふふ。

by tamayam2 | 2014-02-02 20:08 | たび | Comments(8)