<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

【630】ラッパ飲み

2004年に初めてドイツに行ったとき、市電の中で、女性がビールの小瓶を
ラッパ飲みをしているのを見て、 ショックを受けた。
住んでみてわかったことだが、特に夏、特にサッカー(フースバル)の試合の後は、
男女を問わず、場所を問わず、ビールはラッパ飲みされるのがフツ―の光景なのだった。
(現在は、車内の飲食は禁止になっている)

瓶の口から直に飲み物を飲むなどということは、昔の日本女性はできなかった。
自動販売機でプラスティック容器入り飲み物を買うようになってから、できた
新しい習慣だ。今は、歩きながらでも、会議中でも、どこででもラッパ飲みだ。
子供も、年よりも、この暑い時期には、外出先でラッパ飲みしている。
無論、私も恥じらいなくやっている。習慣とは恐ろしいものだ。

2007年に日本に帰国したとき、電車の中で人々がケータイをいじっているのに
たまげた。当時ドイツでは、ケータイ(ハンディ)を持っている人は、
ビジネスマンぐらいで、学生や主婦、子供、老人が持っているケースが少なかった。
カード交換式以外は、契約料金が割高だったのだ。

このごろは、日本は、ケータイからスマホにかわったが・・・
電車の中で小さい長方形の箱を握りしめて何らかの操作に熱中している人が非常に多い。
7人掛け座席の7人中6人ぐらいが箱を凝視していたり、指で頁を繰っていたりしている。

私は、ひそかに前の座席を見て、7分の6とか、7分の5とか、心の中でつぶやく。
電車の中では、他人との接触を断ちたいのだろうか・・・ぼんやり中吊り広告を
見たり、車窓風景を眺めたりする人は少ないし、本を読んでいる人も珍しくなった。
1.
c0128628_20312810.jpg

家人が歩行が不自由な人になって以来、電車に乗ったら、優先席を目指す。
優先席とその周囲は、ケータイ電話のスィッチOFFと明記してあるが、
これは、だいぶ前から有名無実になっていて、前後6席ある優先席は、だいがい
6分の3~4ぐらいがケータイ/スマホ利用者によって占められている。
老人の利用者もいる。ペースメーカーに影響がある言われているが、あまり影響がないという説もあるとか・・・。
人はその当事者になってみなければ、痛みが理解できない。
2.
c0128628_20321785.jpg

歩行が不自由な人には、10mの移動でも恐る恐るで・・・無事に目的地に
着けるかどうか、何度も頭の中でシミューレーションをしてから、詮方なく電車に乗って
いるのである。
c0128628_20331223.jpg

c0128628_20334270.jpg

このごろ、ちょっと怖いと思うのは、「歩きスマホ」の人だ。
前を行く若者が階段の途中で急に止まり、後続の私がつんのめりそうになったことがある。
怖かった! 歩きながら、文字操作をしたり、通話したり・・・周りの人のことなど、
全く眼中にない人が多くなった。公共の場と自分ちと区別がつかないのだな・・・うむむ。

この夏に見た植物たち。
1.よく生垣に使われるベニカナメモチの園芸種に、きれいな花が咲いているのを見た。

2.トウダイグサ科のユーフォルビアは背が高く、1~2mにもなり、花壇の中央では
  主役級の扱いだ。ヨーロッパでよく見かけた植物。
  トウダイグサ科の植物は、353属7500種もあって、一大科を形成している。
  サボテンや多肉植物のような姿もあり、その多様性に興味が尽きない。
c0128628_20344040.jpg

c0128628_20351639.jpg

3.シダは、日本中いたるところで見られるが、日本固有のものもあり、シシガシラは、
  Makino(牧野)の学名がついている。

[PR]
by tamayam2 | 2013-08-27 20:35 | 日々のできごと | Comments(10)

【629】『星の王子さま』の世界

『星の王子さま』というサン・テグジュぺリ(Saint-Exupéry)の作品がある。
一見子供の童話のようだが、子供の発言を装いつつ彼独自の文明論を展開していると言われている。
サン・テグジュぺリ(1900~1944)は、飛行機に乗り消息不明になって消えてしまったから、生涯も悲劇的だ。
c0128628_1073911.jpg

この本は世界のいろいろな言語に翻訳され、親しまれている。
原文がフランス語のものを、なぜかドイツ語で読もうという人たちがあって、
お仲間に入れていただき、最近やっと結末近くになってきた。

その人たちと一緒に、6月末、箱根にある「星の王子さまミュージアム」という所に
出かけた。子供だましのテーマ・パークかと思ったが、展示物は、
作者の生涯や作品をていねいに辿っており、興味ふかいものだった。
「星の王子さまミュージアム」の案内は、ここ
よく植栽された庭に、登場人物のオブジェが点在していた。
作者の魅力的な挿絵が立体的に再現されたもの。

王子は自分の住む惑星から宇宙に飛び出し、いくつかの小惑星を訪問する。
まず訪問したのは、王様の国であった。
c0128628_1082860.jpg

開口一番、「おお、民が来たか!」・・・
王子:(一度も会ったかことがないのに、僕がだれだかわかるのかな?)
・・・王様というものにとって世界はとても簡単で、人はみな民であるのだ・・・
c0128628_1085941.jpg

その後、王子は、大物気取りの男、酒びたり男が住む惑星を訪問した後、実業家の惑星を訪ねる。実業家は、王子の顔も見ないで、何かせわしげに計算をしている。
5億162万2731・・・この数字は彼の所有する惑星で彼はその管理をしている。
c0128628_1095175.jpg

次に訪問した惑星は、とても小さい惑星で、住民はガス燈の点灯人しかいない。
この小惑星は、一分に一回自転するから、この男は一分おきに灯をつけたり消したりしなければならない。
「どうして、こんなことをするの?」という王子の質問に、「そういう指示だから」と答える。
c0128628_10105057.jpg

6番目の惑星で会ったのは、地理学者
地理学者は、研究室にこもって探検家の報告が正しいかどうかを検分し、記録するのが仕事だと
言っている。なにしろ探検家にはほら吹きが多いから・・・と探検家の仕事に疑いをもっている。。

我々も仕事と称して、いろいろなもの、ことに関わり合いになり、それ以外には
関心をもつ余裕もなくアクセクとしながら暮らしている。王子様の純粋な眼で
この人間社会を見れば、だれでも一人残らずこのように滑稽に見えるのかもしれない。

存外、人間の真の姿を言い当てているのかもしれないと思わせる点が、
この話の不思議な魅力になっている。
c0128628_10132549.jpg

解説書を読むと、実業家が計算している妙に具体的な数字、5億162万2731は、
第二次大戦で犠牲となったユダヤ人の数と一致するという。サン・テグジュぺリの
こだわりが、至るところに潜ませてある。

この彫刻の置かれている植え込みで見た植物2つ。
ギボウシは、日本では特に注目されないが、ヨーロッパでは、日本を代表する植物のように扱われていて、
日本庭園には必ず植栽されている。
斑入りの葉がきれいなのと、花の蕾の形が、コリント様式の神殿の柱の装飾模様に
似ている。
日本人は、橋の欄干の柱頭を覆っているものと似ている、と感じ仏教的な名をつけた。
c0128628_1014775.jpg

ギボウシまたは、ギボシ【擬宝珠 ユリ科 Hosta】

冒頭の花は、オドリコソウの仲間、園芸種のラミウム。葉も美しいが赤紫のきれいな花を初めて見た。
ラミウム【ツルオドリコ草 シソ科 Lamuim】

[PR]
by tamayam2 | 2013-08-24 10:16 | たび | Comments(4)

【628】子供の絵

7月の上旬に娘一家がアメリカから来て、4才、6才の孫と過ごした。
10日ばかりの眼の回るような日々だった。
今、静かな老夫婦の生活に戻った。
壁に貼ってある6才の杏子ちゃんが描いた絵を見てそのエネルギーのほとばしりに
感嘆する。
c0128628_2049748.jpg

ウチに到着して第一日目に、おばあちゃんの絵を描いた。
私は、この絵のような水玉模様の短パンをはいていた。
うむむ・・・じつに私の感じがよく出ているのだ。
c0128628_20495018.jpg

娘が臨月のとき、女の子の名を考えてほしいと言ってきた。
できたら、「~子」 というふつうの名が良いと言う。
今は、「~子」という名は流行らないらしいが、きょう子という名が気にいったようだった。
米国人の夫の語感も大事な問題だった。
漢字は、難しいのは無理というので、木の下に口を書くと、あんずの意味もあるのよ、
と言ってやった。結局、杏子が採用された。
杏子ちゃんは、6才で、来月から小学校1年生になる。
c0128628_20511150.jpg

写真に写るのを意識すると、いつも何だかとても変な顔を作る。
そういう年頃なのだろう。
c0128628_20525580.jpg

もう一人の孫は、あや子という名が採用されたのだが、なかなか漢字が決まらなかった。
結局、色彩の彩という字が採用された。
4才のこの子は、
片時もSnowmanの人形が手放せない。もし、見失うと大変なパニックになる。
こういうのを、”security blanket”  (安心毛布)症候群と言う。
スヌーピーという漫画に登場するライナスという男の子は、どこに行くにも、
毛布が手放せない。ぼろぼろになっても、雑巾のようになった毛布を抱えて寝る。

彩子ちゃんのSnowmanは、手でもつ首のところの布が裂けひどい状態になっており、
眼は半分取れ、全体にずず黒く汚れているのだが、洗濯するわけにはいかない。
やはり、上の子に比べて、まだ赤ちゃんの感じがするが、自己主張がはっきり
しており、二人の食べ物の好み、色の好み、遊びのやり方は別なのだった。

c0128628_20534014.jpg

杏子ちゃんの絵、水泳をする人魚の絵や風船で遊ぶ子供たちの絵。
どこで、何を見てモノの特徴をつかむのか、心に映った心象があっという間に
絵になってしまう。大人には、こんな芸当はまったく不可能なのだ。

[PR]
by tamayam2 | 2013-08-18 20:54 | 日々のできごと | Comments(18)

【627】ヒコウキソウ

珍しい植物を見た。
名をヒコウキソウ(飛行機草)という。
確かに、プロペラのような形、竹トンボみたいなので、こういう名が付いたのだろう。
c0128628_2015782.jpg

別名コウモリホウズキハギというので、コウモリ
見立てる人もいる。中国の方は、双飛胡蝶 と名付けた。私は、この蝶のイメージが一番気に入っている。
c0128628_20153286.jpg

ヒコウキソウ【飛行機草 マメ科 Christia vesportionis】中国南部、南アジア原産
薬効もあり、葉を乾燥させ、呼吸器障害。排尿障害などに用いたり、外用で
化膿止めなどにも使われるそうだ。8月13日、新宿御苑温室で撮影。
c0128628_2015561.jpg

こちらは、Soap wort 一名、シャボンの花と言われる。園芸の方では、サポナリア
とも言う。
ソープワート【ナデシコ科 Saponaria officinalis】西洋、西アジア原産
西洋では、これは完全に雑草。道端に普通に咲いている。石鹸がなかったときには、
これは、石鹸やシャンプー代わりに良く使われていたそうだ。

また、ムクロジ(無患子)の種、
   サイカチの種もサボニンを含み、洗濯、洗髪に使われていた。
ムクロジは、過去log : 2009年11月 秋の拾いもの・・・解題・・・
サイカチは、過去log : 2013年8月 【622】道端で

先月、尾瀬で長蔵小屋に泊まったとき、石鹸、シャンプー、歯磨き粉等の
化学製品は、排水に混じると地下水を汚染する恐れがあるため使用禁止だった。

ついつい習慣で、石鹸を使わずに洗顔するのは、変な感じだったが、
考えてみれば、100年ぐらい前までは、だれもこんな石油化学製品に頼らずに
顔を洗ったり、洗髪していたのだ。
食器類も米のとぎ汁を使ったり、野菜をゆでた後の湯で油を落としたりしていた。

まだまだ暑さが続くようです。みな様、健康に注意してこの時期を
やり過ごしてくださいな。
c0128628_20175430.jpg

甕の中で泳いでいるメダカたち。(昨年11月、石見銀山で。)
ウチの火鉢池のメダカは、何匹か暑さにやられ、今、2匹だけ残っています。

[PR]
by tamayam2 | 2013-08-14 20:18 | 日々のできごと | Comments(12)

【626】南米のラン

先日、神代植物園の温室で、めずらしいランを二つ見た。
c0128628_20283223.jpg

一つは、コロンビアのもの、もう一つはエクアドルのもの。
c0128628_2029861.jpg

ドラキュラ系のランで、猿面に似ているものもあり、宇宙人のようなユニーク
な姿をしている。いずれも1400m~2200m級の高山の密林の中に咲いているという。
とても貴重なランだと思う。
c0128628_20293083.jpg

2011年9月に京都府立植物園で、同じく宇宙人のような植物を見た。
こちらは、ランの種類ではなくて、ウマノスズクサ科だった。
原産地はエルサルヴァドル(中米)のもの。
南米、中米の高地になどおそらく一生行くことはないだろうから、よく見ておこう。

こんな真夏に野外に生えている植物は、ほとんど夏枯れ状態だ。
c0128628_20305849.jpg

おっ、こんなところにアーティチョークの花が!
朝鮮アザミとも言い、食用になる。だたし、食べられる部分はほんのわずかだが・・・
一種の珍味だ。
アーティチョーク【キク科 Cynara scolymus】
c0128628_20312022.jpg

こちらは、数年前イタリア、ローマのレストランの門前で撮影。

アーティチョークが生け花のように籠に盛られていた。でも、やはりこれは野菜籠で、
レストランで前菜として出されるものだろう。
c0128628_20342850.jpg

c0128628_20345140.jpg

公園の植え込みには、すでに時期の過ぎたアジサイの花が残っていて、
剪定をする人が花をバサバサ切り捨てていた。
c0128628_2035776.jpg

緑や青紫の枯れ花も、すがれた美しさがあるのに・・・。

[PR]
by tamayam2 | 2013-08-12 20:35 | 日々のできごと | Comments(8)

【625】映画「終戦のエンペラー」

来週には、8月15日、68年目の敗戦記念日がやってくる。
昨日、「終戦のエンペラー」という映画を観た。
公式HPはこちら
マッカーサー元帥、この話の主役、フェラーズ准将は、米国人の俳優で、英語の場面が多い
ハリウッド製映画だが、出演者の多くは、日本人である。
どの役もぴったりのはまり役で好演している。
原作者は、岡本嗣郎。『陛下をお救いなさいまし・・・河井 道とボナ・フェラーズ』
という本が基になっている。
c0128628_15263921.jpg

上の写真は、映画の一場面。
日本人なら、だれでも、1945年9月に撮られた似たような写真を見たことがあるだろう。
長身のマッカーサーがラフな格好で腰に手を当てて立っているその傍らに、昭和天皇が正装で
お立ちになっていらっしゃる写真のこと。

この写真がどんな状況で撮られたのか、
戦争を始めたのは誰か、終わらせたのは誰か、
戦後どうして天皇陛下は処刑されなかったのか、
玉音放送はどんな状況で録音されたのか、
マッカーサーは、どうして日本の再建をめざしたのか・・・
時期的によい時に公開された。あまり昭和史にくわしくない私にも、よく理解
でき、印象が深い映画だった。
c0128628_15285489.jpg

さて、こちらは、尾瀬で見たツルアジサイ。高い梢のほうに花が咲いている。
木道で立ち止まって撮ったときには、この蔓の先があまりに高いので、足許が
ふらつきそうになった。
c0128628_15295423.jpg

こちらは、ツルアジサイによく似て他の木に絡み付いて伸びるイワガラミ
木だけでなく、文字通り岩にも絡み付いている。
c0128628_1530423.jpg

こちらは、北海道で見たツタウルシ。秋にあるとまっ先に紅葉して美しいが、
かぶれるとえらいことになる。
この三つはなかなか区別がつかなかったが、今夏、やっと区別がつくようになった。
c0128628_15311522.jpg

こちらは、葉の先が白くなるマタタビ(猫の好物ですね)
c0128628_1532436.jpg

岩の周りにつつましく生えていたゴゼンタチバナ。7月の尾瀬では、最も
よく目についた植物。
c0128628_15323395.jpg

赤い実がつやつやと光っていたツルコケモモ(?)
友人が食べてみて何ともなかったので、毒ではなさそう・・・

[PR]
by tamayam2 | 2013-08-09 15:33 | 日々のできごと | Comments(10)

【624】暑いときには、熱いものを

7月に【617】食育 のところで、孫の食生活について、驚きの報告をした
ところ、Blog友の寧夢さんから、
「近ごろでは、急須でお茶を淹れずに、日本茶や烏龍茶を市販のペットボトルの
お茶で済ます人もいる」というコメントをいただいた。
c0128628_10544065.jpg

そのことを、女性の集まりで話題にしたら、麦茶は市販の水出しパックで入れると、
夏場は、衛生上不安なので、大型ペットボトルの麦茶を買って飲んでいる・・・という方もおられた。
熱いお茶を急須で淹れる人は、たしかに少数派なのだなぁ~ということがわかった。
c0128628_105536.jpg

今日は、缶やビン、プラスティク・ボトルの回収日であるが、その量の多いこと、
驚くべき数である。確かに各戸が、大量の2L容器を出すとなれば、大変な嵩となる。

私の家では、年がら年中、熱いお茶を急須で注いでいただいておりますが、
そういうものを、客人にお出ししてもあまり歓迎されていないのかもしれない。
c0128628_10552738.jpg

中国人は、お茶を愛する国民で、常に熱い湯を用意し、中国茶を急須で
淹れてくれる。しかし、韓国人は、家庭で、日本で言うお茶を飲む習慣があまりなく、
お茶と言えば、麦茶(ポリ茶)や五味子茶(オミ茶)なども穀物茶のことを指す。
韓国人の友人によれば、お茶の文化は、仏教寺院とともに広がったもので、
庶民には、行きわたらなかったということだ。
c0128628_10554563.jpg

しかし、韓国には、以熱以治(이열이치)、邦訳すれば、熱をもって、熱を癒す・・・
という考え方があり、暑い夏に、好んで食べられのは、ウナギではなくて、
参鶏湯(サムゲタン)という若鶏一羽丸ごとのスープだ。腹に高麗人参、棗、クコの実、
もち米などを入れぐつぐつと長時間煮込んだ熱い、熱いスープ料理をふうふう汗を
流しながら、豪快に食するのです。

私が、初めてソウルを訪問したとき、7月の暑い日だったが、この日が土用の日
だったのか・・・参鶏湯(サムゲタン)を御馳走になった。そのとき、どの方から
も、以熱以治(이열이치)・・・韓国人の健康の基は、暑いときにこそ、熱い食べ物を食べて、
盛大に汗をかいて、毒を外に出す
のですよ・・・という説明であった。

先日、蓮の花を見に三鷹の神代植物園に行った。炎天下に蓮の花はあまり咲いて
いなかったが、茂みの中にヤマユリやカノコユリが咲いていて、うれしかった。
c0128628_10534813.jpg

c0128628_10541346.jpg

中国や韓国の友人が、「女性は、棗(ナツメ)をたくさんお上がりなさい。女性の
体には、良いからね」と言うナツメ、西洋やトルコでよく見たニンジンボク
涼しげな花などを見たので、Upしてみた。

[PR]
by tamayam2 | 2013-08-07 10:55 | 日々のできごと | Comments(16)

【623】からし種の木

からし種というと、小さなもののたとえ。聖書、マタイによる福音書
13章31~32節では:
   「天の国はからし種に似ている。人がこれをとって畑に蒔けば、
    どんな種より小さいのに、成長するとどの野菜より大きくなり、
    空の鳥が来て、枝に巣を作るほどの木になる。」

キリスト教信者なら、一度はこの聖句を耳にしたことがあり、昔から、
からし種を見てみたいものと思っていた。

教会のKさんが、昨年マルタ島を訪問し、その種を手に入れたと
聞いたので、発芽したら、分けてね、とお願いした。

今年の春、10㎝ばかりの苗をいただいたので、ベランダの一番日の当たる
ところに置き成長を楽しみにしていた。7月、ぐんぐん伸びて1mほどに
達し、黄色い筒状の花が咲いた。Kさんに報告すると、「あなた、育て方が
お上手ね」などと言われ、ますますいい気分になり、写真に撮った。
c0128628_19491464.jpg

さて、インターネットで調べてみると、食用のカラシは、西洋がらしでも
和がらしでも、カラシ菜の種を用いるとあり、カラシダネの木というのは、
どうやら我々がマスタードとして認識している香辛料とは別ものだとわかった。

いろいろなキリスト教教会がこの苗を栽培したり、信者に配布しているのだが、
その中のある記事を読んで仰天した!?

この植物は、じつは、キダチタバコというタバコの種類で、
激しい食中毒を起こすという。どの部分も決して食用にしないようにと、
保健所、厚生省が注意を喚起している代物だった。タバコの種類なら、大変なこと!!
ロマンティックな気分が一遍に吹き飛んだ。
キダチタバコ【木立煙草 ナス科 Nicotiana glauca】南アメリカ原産

この夏に近所で見かけたいろいろなハーブたち。
ポリジは食用に、
c0128628_19544243.jpg

アマは、油絵で使う亜麻仁油に、
c0128628_19552483.jpg

あるいは、繊維として使われる。
こちらは、皆さんがよくご存じの日本の野菜。
c0128628_19555375.jpg

c0128628_19561655.jpg

そう、あのキンピラごぼうになる牛蒡(ゴボウ)の花ですよ。

こちらは、新宿区の植え込みで見たものですが、ブラシの木
c0128628_19571161.jpg

オーストラリア、ニュージーランドで、どこでも繁茂している木です。
ビンを洗うブラシとして利用するかって?
いいえ、花の形がブラシに似ているだけで、ブラシの代用になりませぬ。

[PR]
by tamayam2 | 2013-08-03 19:57 | 日々のできごと | Comments(6)

【622】道端で

5月に、【603】東京の坂道 という文で、千代田区にある皀角(サイカチ)坂
をご紹介した。それから、一月たって、私は、友人の葬儀に参列するため、
ドイツ、ケルンの町を歩いていた。墓地からほど近い、Venlore Strの脇道で、
トゲトゲのマメ科の木が街路樹になっていることに気づいた。
c0128628_1871552.jpg

サイカチだ。秋になると、長く、チョコレート色の大きな豆莢を落とす樹だ。
c0128628_1874751.jpg

東京なら、道行く人にも、管理する人にも牙を向くこんな危険な樹を街路樹に
することはないだろうに・・・。無駄なことを嫌うドイツ人だから、何か益が
あるのであろう。植物のことを飽かず語り合った友人は、もうこの世にいない
ので、聞くことができない。
c0128628_1882563.jpg

これは、Duerener  Strという高級花屋のショーウィンドーで見た多肉植物
らしい小さな植物。ショップは日曜とて閉店していたので、名を聞くことができなかった。
横に、長い毛で覆われたスツールが置いてあった。意外な取り合わせだが、
ちょっと魅力的だった。
c0128628_1885441.jpg

こちらは、都内の住宅街で見た黄色のなんだかおいしそうな花。
c0128628_1891292.jpg

名がわからなかったが、ある公園の名札によって、エルサレム・セージという
花だとわかった。セージと名がついているが、セージとは無関係なシソ科の植物。
地中海地方に咲く花らしい。唇状の花が放射状にぶら下がり、ボリュームがあって、
見栄えがする。
c0128628_1893648.jpg

これは、Yamyam町の一隅にひっそりと咲いていた。こちらは、ハーブ。
ルー(Rue)という名で、ハエを寄せ付けない薬効があるそうだ。
ふぅ~ん、Yamyam町には、たしかにハエも蚊もいるし・・・
c0128628_1895538.jpg

こちらは、どこでもよく見かける外来種の花、アカバナユウゲショウ。
夕化粧などと色っぽい名前だが、丈夫ではびこる傾向がある。
c0128628_18103089.jpg

こちらもアカバナ科の外来種。月見草のような在来種を駆逐する勢いで
増えている。どんな荒地にも花を咲かせ元気いっぱいだ。
[PR]
by tamayam2 | 2013-08-02 18:11 | 日々のできごと | Comments(6)