<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【621】水族館の楽しみ

今、夏休みだから水族館はどこも混んでいるに違いない。
そういうとき、Tamayamは水族館には足を向けないようにしているが、
水族館って、じつは、大人にとっても楽しいところだ。
c0128628_12211619.jpg

エイというのは、サメと親類のような動物でサメの鰓(エラ)が側面に
あるのに対し、エイは、平たいから、腹の下のほうに鰓があるのだそうだ。
この写真では、中央に口があり、その左右に眼のようなものがあるが、
それは、眼ではなくて、鼻腔ということだ。実の眼は、頭とおぼしきところに
(つまり、上のほうに)ついている。
c0128628_1222832.jpg

人間は、自分の都合のようよいに物事を見て、あっ、かっわい~い!
なんて叫ぶことがある。私も、自分が眼だと見ていたものが、眼でない
ことを知った分だけ、この下田海中水族館で利口になった。
(でも、どうしても、鼻腔の部分が眼に見えてしまうなぁ~)
c0128628_12225144.jpg

さて、これは、サメの仲間、ネコザメというそうだ。
潜水夫に抱かれていておとなしくしているが、人に危害を加えるサメとは
別種らしい。確かに猫に似ていないこともないが・・・人の思い込みに
よって得をしている種族と言える。
c0128628_12231067.jpg

こちらは、涼しげなミズクラゲ。蛍光を発している。
c0128628_12235521.jpg

ペンギンは、よちよち歩く点で、人の幼児のしぐさに似ている。

その点で、やはり得をしているなぁ。どこから見てもかわいいから。
c0128628_122593.jpg

こちらは、模型の舟のように見えるが、標高343mの寝姿山から撮ったので、
小さく見える。実際は、下田湾を周航している本物の遊覧船だ。写真下 ↓
c0128628_12253865.jpg

あのペリー提督が乗ってきた黒船を模したもので、サスケハナ号というなんだか
日本語のような名だが、インディアンの言葉でペンシルバニア州にある
川の名だそうだ。日本人がこういう未知のものを覚えるときには、自分の
知っているものに事寄せて、(猿飛)佐助花号と覚えたりする・・・ぅふふふ

毎日暑いですね。それに時々大雨が降ったり、雷が鳴ったり、忙しいことです。
さあ、忙しい7月が去り、明日から8月になります。
みな様、よい夏をお過ごしくださいね。

[PR]
by tamayam2 | 2013-07-31 12:27 | 日々のできごと | Comments(6)

【620】尾瀬ヶ原で見た野生ラン

尾瀬ヶ原には、先回ご紹介したサワラントキソウなどのランの他に
目立たない野生ランが自生している。とても小さなものが多く、
見過ごしてしまいそうだが・・・
よく見かけたのは、ハクサンチドリノビネチドリ
c0128628_10351590.jpg

c0128628_10374635.jpg

純白で目立つのは、ミズチドリ。下田代の辺りに多かった。その辺りには、
カキランマイサギソウも。
c0128628_1038926.jpg

c0128628_10384261.jpg

牛首分岐あたりの湿原に多かったのは、この黄色の花、キンコウカ
c0128628_1039257.jpg

c0128628_10394543.jpg

タカネアオヤギソウは、コバイケイソウとの近縁種。緑色の花で割に背が高い。
c0128628_10404627.jpg

尾瀬沼全般によくみられたのは、カラマツソウ
白く、涼しげに風に揺れていた。
c0128628_10412860.jpg

こちらは、ミヤマカラマツソウだろうか、ピンク花弁が美しかった。
c0128628_1041582.jpg

尾瀬と言えば、5月下旬ごろのミズバショウだが、7月には、花は無く、巨大な
葉を茂らせていた。英語では、skunk cabbage(スカンクのキャベツ)
江間章子の詩から連想するロマンティックなイメージとは、おそろしく
かけ離れている。たしかに、葉は、やわらかそうで、食用になりそうだが、
野生動物が下剤として使うほどアルカロイドを含んでいるということだ。

広大な草原には野生動物も住んでいる。クマが出たという話も聞いた。
行楽者のために敷設された木道は、夜になれば、野性動物たちの道になるの
だろうか。

[PR]
by tamayam2 | 2013-07-27 10:44 | たび | Comments(10)

【619】尾瀬の山小屋に泊まる

山小屋に泊まるというと、何となく汗臭い山男たちがうろうろしていて、
食事は、カレーライス、というようなイメージがあった。

ところが、どっこい、そのイメージは完全に過去のものだった。
c0128628_06312.jpg

和手拭いをきりっと頬かむりした男たちがきびきびと働き、年代ものの
木造建築は、隅々まで拭き清められ、食事はとてもおいしかったのだ!

お風呂など期待していなかったけれど、ハイキングの汗を流すお風呂もあった。

但し、尾瀬の山小屋では、石鹸、シャンプー、歯磨き粉などは、使えないのだった。
洗剤入りの水は、地面に流れ、いずれ地下水になる。湿原の地下水を汚さないため、
化学物質の混ざった水は流さないのだ。
c0128628_065796.jpg

有名な、長蔵小屋に泊まった。現在のご当主は、三代目。
初代の平野長蔵氏の精神を引き継いで、気持ちのよい宿をハイカーに提供している。
長蔵小屋の前庭に植えられたヒメサユリ
絶滅危惧種NTだそうだ。

シーズン中、若い男女がアルバイトとして働いていた。
きびきびと働いている若者たちの言葉づかいは、まともで歯切れがよい。
(世間でよく耳にするコンビニ・マニュアル言葉ではないのだった・・・)
c0128628_08820.jpg

そこからすぐ近くの大江湿原では、ちょうどニッコウキスゲが満開だった。
c0128628_083021.jpg

二日目に泊まった第二長蔵小屋の部屋から見た景色。早朝4時ごろ。
朝焼けがきれいだ、今日も頑張って歩こう!
c0128628_09778.jpg

尾瀬ヶ原全般でよく見た小さなランたち。
c0128628_093585.jpg

鐘馗(しょうき)ランギンリョウソウは、葉緑素を持たず、菌類に寄生する
c0128628_095594.jpg

腐生植物。森林の倒木、落ち葉などのゴミを片づけてくれるのは、菌類と聞いた。
c0128628_010314.jpg

ゴミはいつの間にか土に戻っていく。そして、その土が次の世代を育てる栄養となる。
尾瀬のきれいな植物を育てている水を、我々人間が汚してはならないと、
山小屋に泊まって強く感じた。

[PR]
by tamayam2 | 2013-07-25 00:11 | たび | Comments(10)

【618】尾瀬でコムラサキに出あった

7月18日~20日、尾瀬沼のあたりから、尾瀬高原を歩いた。
大清水のバス停のそばで、激しく飛び回るチョウがいたので、
カメラを構えたが静止しなかった。それが、ふと、私の足元の
コンクリートに止まったので撮影した。
c0128628_9231994.jpg

羽をちょっとかしげると、美しい紫色が光った!
一瞬だったが、息を呑む美しさだった。
あれっ? 日本の国蝶、オオムラサキみたい。
後から調べたら、コムラサキだった。
c0128628_9234639.jpg

尾瀬ヶ原の下田代あたりで、チョウの食堂のようなノアザミを発見。
一つの花にキマダラセセリが群れをなして吸蜜している。
c0128628_9241861.jpg

花が重みで花が揺れている。
c0128628_9245392.jpg

クロバナロウゲという初見の花にかわいいアブが接近。
c0128628_9252415.jpg

クロバナロウゲは、湿地に咲く花。暗赤色で、目立たないが確かに
バラのような臈(ろう)たけた美しさがある。
c0128628_9254753.jpg

こちらは、卵を葉に産み付けくるくると巻き込む習性があるオトシブミ

c0128628_9291827.jpg

クロヒカゲは、よく見かけた。ハイカーを先導してくれるように飛ぶ。
これは、リュックの背に止まったクロヒカゲ。
汗の塩分を求めているのだろうか。
c0128628_929381.jpg

20日(土)は、夏休みの初日とあって、子供連れのハイカーがたくさん列を
つくって鳩待峠から下ってきた。すれ違い際に、「こんにちは!」と
声を掛け合う山の習慣。なかなかよいものね。

[PR]
by tamayam2 | 2013-07-22 09:26 | たび | Comments(12)

【617】食育 

しょくいく(食育)とは、食事に関する家庭での教育のことを言うのであろうか。
この新しい造語についてはよく知らないのだが、
c0128628_16202172.jpg

私の頭の中には、上の図のような古典的栄養ピラミッドのイメージがあって、
油脂は少なめに、ミルク・チーズなどの乳製品、肉・魚などのタンパク質は必要だが、
控えめに、野菜・果物のようなビタミン類はたっぷりと、そして、ごはん、パン、麺類などの
炭水化物は主食としてきちんと摂らなければならない、というイメージがある。
c0128628_1620595.jpg

日々の献立を考えるとき、そのバランスが大きく崩れないように気をつけている。
みな様は、いかがでしょうか。

孫と暮らした10日間、外泊が3日、外食が1回、家でご飯を食べることは5日・・・
子供たちの食事を見て大変気になった。一言で言うならば、食育がなっていない
のである。

c0128628_16212175.jpg

娘は職業婦人なので、家庭には、住み込みのお手伝いさんがおり、子供の食育は
もっぱらその人に任されているようだ。使用人だから、子供が機嫌よく過ごす
ことを第一に考えるであろう。

どうも、食事の仕方、与える食材が、いわゆる「ジャンク・フード」に偏って
いるように感じた。
おばあちゃんとしては、たくさんの夏野菜、たくさんの果物、肉、魚も
食べてほしかったのだけど、また用意があったのだけど、子供らの口には
なかなか入らなかった。栄養のあるものよりも、既成品のなんとなく腹のたしに
なるようなものばかり好むからだ。

老人所帯では、たいていのものは、手作りし、出来合いの食品はほとんど買わない。
だから、どんな商品が世の中に流通しているのかも知らず・・・その知識も
乏しいのであった。しかるに、彼らは、短時間のうちにコンビニや
スーパーに魅惑的な食べ物が売られていることを知ってしまい、その味に
感動したようなのだ。四六時中開いている店が歩いて行ける距離にあって、
金さえ出せば、ちょっと小腹を満たす食べ物が簡単に手に入る!!

子供たちに人気があったのは、ヤクルト、冷凍焼売、ホットケーキ、子供用カレー、
ピーナツ・バターを塗ったトースト、アイス・キャンデー・・・。

ウチの孫は、牛乳も、フレッシュ・ジュースも飲んでくれなかった。お肉や
お魚もほとんど食べなかった。ご飯の前におせんべいや、チップスなどを
食べているので、食欲が湧かないようなのだ。
われわれが子供のときは、
「間食はいけません!」と言われたものだが・・・孫たちの親は、甘くて
食事と食事の間にモノを与え過ぎるのだ。

どの国にも、国民食と呼べるような基本食がある。
日本なら、おにぎりだろうか。彼らは、これも気に入って小旅行の際に、
車中で食べていた。パリッとした海苔が包める独特な開け方も会得した。
c0128628_16223334.jpg

上のパンは、ドイツの平均的なサンドイッチ。Brotchenという邦価で約35円の
パンに水平に切れ目を入れ、無塩バターを塗り、ハム、サニーレタスを挟んだだけの
シンプルなもの。サンドイッチ一個が120円ぐらいか。6月にドイツに出かけたときも
昼食は、これで済ませた。
c0128628_16225365.jpg

こちらは、パン屋さん。早朝7時ごろから開いている。
為政者は、パンとミルク、バターの値段だけは、安く据え置いている。
それらは、文字通り、命の糧だから。
(値上げすれば、暴動が起きるに違いない??)
ドイツでは、日本のコンビニのようなものはほとんど無く、スーパーは週末には閉店
してしまう。
ちょこっと空腹を満たす「買い喰い」ができないことが、逆に国民の健康を守る点では、
よいのかもしれないなぁ~。

嗚呼、商店に食品があふれ、食育が危うくなっているアメリカや日本・・・
短時間の訪問では、子供たちとゆっくり食事について話す時間がとれなかった。
その点がちょっと残念なことであった。

[PR]
by tamayam2 | 2013-07-17 16:24 | 日々のできごと | Comments(15)

【616】孫と過ごした10日間

7月2日から昨日まで、娘一家が米国からやって来ていっしょに過ごした。

静かな老人所帯が一変して幼児中心の家になる。子供たちは4歳と6歳の女の子
だが、その活動的なこと! 一時も静かにしていない。口を動かすか、走りまわるか。
お絵描きをしているときと、(生意気にも)i- padでゲームをしているときと、
寝ているときだけに平常の静けさが戻ってくる。
c0128628_1011184.jpg

さて、いくつかあった活動計画のうち、東京ディズニーランド三鷹の森ジブリ美術館
訪問に同行した。
c0128628_1012411.jpg

今回来日した娘が小学生のころ(33、4年前)、我が家はカナダに住んでいた
ので、カリフォルニア州のディズニーランドに子供たちを連れて行った。
そのころは、我々も若かったから、いろいろなアトラクションを巡って親も
けっこう楽しんだものだ。今回、私はおばあちゃんの立場で、若い親の様子を
見て、このクソ暑いのに、なんと献身的に子供の世話をするのだろう、と
感心してしまった。私はただついて行くだけで精一杯なのに。
c0128628_10122620.jpg

ディズニーは、ご存じのとおり、アメリカが生んだすばらしい映画製作者。
彼の頭の中で生まれたファンタジーの世界に昔も今も子供たちは夢中になる。
c0128628_1013179.jpg

ミッキーマウス、シンデレラ、ピーターパン・・・人数規制があって、入るまで
長蛇の列と聞いていたが、さほどひどくなく、First come, first serve(早く来た者が先に)
のルールに則って公正でむしろ気持ちのよい感じがした。
すべて作りものながら、大人も夢の世界を楽しむことができた。
c0128628_1013446.jpg

一方、日本が生んだ稀有のアニメ映画製作者、宮崎駿の世界は、三鷹の森ジブリ
美術館でたっぷり味わうことができる。HPはここ
子供たちの脳裏に刻みつけられたファンタジーの世界、・・・・主人公メイが
迷い込んだトトロが住む森の世界に、アメリカ育ちの子供も
うっとりとしたときを過ごすことができた。
c0128628_10142896.jpg

楽しみにしていた猫バスは、その姿が余りにも巨大かつ異様で、怖気づいたらしく
泣き出してしまった。

この美術館にはいろいろなこだわりがある。その一つは、館内の写真撮影禁止だ。
「…この美術館は、物語の入口です。物語の主人公になるには、カメラを向けるのでは
なく、この空間をご自分の眼で見て、体で感じてください。そして、思い出は心の中に
大切にしまって持ち帰って欲しい、これが私たちの願いです。」

このごろは、カメラだけでなく、スマホやi- padでも撮影でき、あまりにも
安直に画像を自分のものにすることができる。その結果、じっくりものを見、
感じることを忘れてしまった。こういう独自のポリシーをもった美術館が
日本にあることはちょっとナイスなことじゃないか。

[PR]
by tamayam2 | 2013-07-13 10:19 | 特別なできごと | Comments(16)