<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【615】ケルン中央駅

2004年~07までドイツに滞在中、一番よく行ったところは、ケルン中央駅
交通の要衝の一つである。ヨーロッパの主要都市を結ぶ国際列車IC、
特急のICEのほとんどがここを通る。
c0128628_15253624.jpg

今回、葬儀のために、急きょドイツへ向かったときも、東京⇔フランクフルト間の
航空チケットを予約し、フランクフルト⇔ケルン間は特急列車ICEを利用した。
特急なら、約1時間。とても速い。値段は、片道€50ぐらい。
c0128628_15223389.jpg

しかし、この国では、列車は予告なしによく遅れ(10分や20分遅れはざらで)、
予告なしにその便がキャンセルになることもある。
c0128628_152558.jpg

過去の経験からそういういう事情を熟知していたので、ケルンから帰国するときには、
たっぷり時間的余裕を持って駅に着き、列車の前売り切符を買っておいた。
しかし、だ。
6月18日の朝、8:20発の特急列車を待っていると、8:10に突如アナウンス。
「その便は無くなった」と。
・・・あわわ。
代替えの便は、8:55発のバーセル(スイス)行、それに乗るように・・・と。
キャンセルになった便の座席予約もしておいたのにぃ!!
代替えの列車は、すでに混んでいる上に、キャンセル便の人が乗り込んできて、
もう、イヤ!
空港から外国に行く人の荷物は、大きいし・・・やっと見つけた自由席に荷物を
抱えて座ることになった。私の場合、利用した航空会社のカウンターが鉄道駅から
比較的近かったので、滑り込みセーフでチェックインすることができた。
やれやれ! これがドイツだっ!
c0128628_15262324.jpg

日本で、新幹線が発車10分前に、「この便は、無くなりました」と平然と言って
不通になることがあろうか、いや決してそのようなことはあり得ない。
あれば、平謝りに謝るであろう。
ケルン駅でも”Entschuldigung” (すみません)と言っていたが、それは、じつに
機械的に繰り返すいつもの常套句なのだった。
反省の色なし。
c0128628_1524192.jpg

私は、8:20の便に乗るため、十分余裕をもって駅に行った。
それは、ケルン中央駅(Hbh )の1番線のプラットフォームから、
Dom(ケルン大聖堂)の威容をもう一度見たかったから、それと、1番線フォームの
先のほうのフェンスに二人の天使像の遺跡がはめ込まれているのを確認したかったからだ。
c0128628_15243612.jpg

おそらく、大聖堂の建造過程(16 ~19世紀のいつか)に出た遺跡で、行き場がなくて、
駅の垣根に使われたものか・・・。私の以前のBlogでは、この天使たちが表紙を
門番のように守ってくれていたのだ。
c0128628_1527175.jpg

こちらは、友人宅でごちそうになった今が旬の白アスパラガス
日本で言えば、筍かな。土から掘ったばかりの白アスパラガスは、
やわらかく、甘く何とも言えないほど、おいしい。一人、8~10本ぐらい
ホランダース・ソースをかけ、生ハム、ゆでジャガイモと共に食べる。
 
こちらは、先日箱根湿生花園で見た、“ヒマラヤの青いケシ”
【ケシ科 Meconopsis属】
非常に珍しいものだが、最近では、ちょくちょく植物園で見ることができる。
植物のDNA研究が進んで、研究室の中で、クローンを作ることが
できるようになったからだ。コバルトブルーから、淡い空色、ピンクのものまで
色々な種類があるようだ。

[PR]
by tamayam2 | 2013-06-29 15:27 | たび | Comments(18)

【614】映画「二十四の瞳」の舞台

6月の第一週末に、香川県小豆島へ行った。

小豆島と言えば、私の世代では、ああ、あの「二十四の瞳」の・・・と来る。
しかし、若い世代は、え~? にじゅうよんの? あずき島?
いいえ、にじゅうの瞳 の しょうど島です。
高峰秀子という女優さんがいて・・・説明したいが、わかってもらえないだろうナ。
c0128628_959290.jpg

映画に出ている高峰秀子、笠智衆…木下恵介監督、原作者の壺井栄…みな故人となった。
この映画ができたのは、昭和29年(1954年)。約60年前になる。
c0128628_1014676.jpg

小豆島は、今の人には、オリーブの木が茂る南国風の島というイメージなのだ。
ちょうどオリーブの花の開花時期で、島中どこでも香しい花が咲いていた。写真上。
c0128628_100564.jpg

小豆島の東のはずれ苗羽(のうま)から出た半島の先っぽに映画の舞台となった
岬の分教場がある。今は、「二十四の瞳映画村」として観光スポットの一つ。
c0128628_1022533.jpg

本物の分教場は、そこから10分ほど海岸沿いに歩いたところに保存されており、
当時(昭和3年~46年ごろ)の教室の様子を見ることができる。映画もこの分教場
で撮影された。小学校の1年生から4年生までは、この分教場で学び、5年生からは
島の中心部にある本校へ移る。
c0128628_1032369.jpg

主人公の大石先生(高峰秀子)は、この分教場の新任教師として赴任してくる。
そこで、12名の尋常小学校一年生の担任となる。12名だから、
24のキラキラした瞳が女(おなご)先生の一挙一動に注がれる。
c0128628_1035845.jpg

新任教師は、生徒とのやりとりの中で、この島の貧しさ、生徒たちの置かれている家庭
環境、刻々と迫りくる軍国主義の圧力・・・を感じとっていく。
c0128628_104561.jpg

写真上  あふち【楝 センダン科】の花

改めてこの映画を観た。背景に流れる懐かしい童謡や学校唱歌の数々が懐かしい。
七つの子、仰げば尊し、ふるさと、朧月夜・・・
茶っきり節、金毘羅舟々などの民謡もあった。

日本人なら、子供のころどこかで歌ったそういう歌の数々。それが、今では
初等教育で教えないのだそうだ。
言葉が難しいから・・・と言って。(嗚呼)
その代わりに教えるのは、NHKの幼児番組の歌やCMソング。
そうなると、その番組をみていないおばあちゃん世代は、子供と一緒に歌えなくなる。
残念なことですね。
c0128628_1055194.jpg

写真上 小豆島には、醤油工場が多い。昔は、塩田をつくっていた。

私は、今、高齢者の友人と小さい竪琴のような楽器(Leier)を習っている。
その方が老人介護施設で、その楽器で童謡を弾くと、みなが回りに集まってきて自然に
歌が口から流れ出るそうだ。若い介護の人たちも手を休めて、
♪~菜の花畑に入り日薄れ・・・
そういう国民だれでも、どの世代でも知っている歌を、大事にしていかなくちゃと
思う。たしかに言葉は少々難しいけど、少し、現代風に書き直したりして、継承
したらいいと思う。

♪~卯の花の匂う垣根に、ホトトギス早やも来、鳴きて、忍び音もらす、
  夏は来ぬ   
「これって、さっぱり意味わかんない」と若い方から言われたことがある。(嗚呼)

「6月ごろの山の道を歩いていると、どこからともなく、ホトトギスの低い、押し殺した
ようなグルグルという鳴き声が聞こえてきて、農家の垣根からウツギの白い花の香りが漂ってくる。
ああ、もう夏が近いのだなぁ~という感じ」・・・ですよ。

こういう日本人の共通にもつ感覚を、国語の先生がた、生徒たちにぜひ教えてあげて
ください。

[PR]
by tamayam2 | 2013-06-26 10:10 | たび | Comments(11)

【613】お墓事情

ケルン(Köln)に住んでいたころ(2004~2007)、
どちらにお住まいで?と聞かれたら、
Melaten墓地の近くと答えていた。
そう言えば誰でも知っているケルン市の市民墓地。
c0128628_19563329.jpg

嘘か本当か知らないが、Melatenとはフランス語でmaladie(病気)と
言う意味で、16C~18Cにヨーロッパを襲った黒死病(ペスト)のころ、
市を取りまく城門を開け、城外であるこの地へ遺体を捨てたという。
病気というのは、ペストのことだったらしい。

牧師も棺桶も墓堀り人もいなくなって、庶民は埋葬もできず、ここに
親族の遺体を運ぶしかなかったという。
モーツアルトの生涯を語った映画「アマデウス」でも、大雨の中、
モーツアルトの遺骸を載せた台車を遺族が城門のところで見送る
シーンが出てくる。
c0128628_19571063.jpg

上は、昔の城門跡がまだ残っているケルンの繁華街Rudorfplatz
墓地は、ここから市電で3駅のところにある。
Melaten墓地は、市民で教会税を払っている人なら5、60年間借りる
ことができる。土葬が主だが、最近では衛生的見地から火葬が
奨励されているという。しかし、火葬場が足りないので、火葬まで
10日以上待つことも普通だそうだ。
c0128628_19592923.jpg

立派な彫刻をほどこした古典的な墓もある。
c0128628_200883.jpg

こちらは、一見草花の植え込みのように見えるが、新しいスタイルの集団墓地
である。大理石に個人の名が記してある。よく見なければ、墓石と見えない。
c0128628_2004885.jpg

こちらは、樹木葬のように、一本の木を中心に放射状に遺灰が埋められる。
c0128628_203138.jpg

c0128628_2021548.jpg

生木ではなく、石の塔や、横に配列した墓石群もあった。

人は、どんなに高貴な人でも死ねば、土に還り、辺りの植物の
肥やしとなる。当たり前のことだが、なかなか合理的に処理
しにくい問題である。

私の友人の墓がどんなスタイルになるのか、知らない。
後日、ケルンを再訪するときには、ご遺族に場所をうかがって
墓前に花を手向けようと思う。

日本と同様に、敗戦国であったドイツ、ケルン市は、大聖堂を除いて
全て空襲で焼かれ、瓦礫の原になった。ケルン市長であり、戦後、
連邦政府の初の首相になったアデナウワー氏は、市の再建に当たり、
町を取りまくように緑のベルトを二重、三重に巡らすことを最優先
課題とした。
c0128628_2044462.jpg

市民が憩える安全な森が歩いていける範囲にある都市というのは、
非常にありがたかった。
私は、森からたくさんのことを教えてもらったと思う。

[PR]
by tamayam2 | 2013-06-21 20:05 | たび | Comments(12)

【612】友人の葬儀に、ケルン再訪

私の誕生日にいつもカードをくれるドイツ人の友人のGから
カードが来なかった。イースターが過ぎたころ(4月の始め)と
彼女の誕生日5月28日に間に合うように贈り物を送ったが
返事がなかった。もしや、と思っていたら、訃報が。

17日に葬儀という知らせだったので、15日(土)にドイツに発って、
19日早朝に帰国した。3泊のあわただしい悲しい旅となった。
c0128628_15115796.jpg

到着したのは、15日の晩、6時ごろ。サマータイムで9時過ぎまで
明るいので、ホテルのわきの森には、たんさんの家族連れが散歩して
いた。自転車で、あるいは、自家用車を森に縁に停めてそこから
歩いてきたのだろう。ドイツ人は、つくづく「森の民」だと思う。
c0128628_15123475.jpg

こんな新緑の季節ばかりでなく、小雨降る日でも雪の中でも、彼らは
森に来て歩く、歩く。そこで、家族が話し合い、恋人たちは将来の夢
を語り合うのだ。
土曜日の午後から日曜日にかけて、すべての店が閉まり、消費行動は
ご法度。コンビニが至るところにある日本から見ると、驚くほどの
徹底ぶりだが、どの労働者にも日曜日は安息日として休む権利が与えられて
いる社会だから、人々はその日は安息日として過ごすことになる。
私は、市電に乗って、町まで行きたかったのだけど、小銭がなくて、
市電の切符が買えず往生した。仕方がなく、4Kmぐらい歩いてしまった。
c0128628_15221126.jpg

私がかつて住んでいたのは、ケルン市のLindenthal地区。
Lindenthalとは、リンデン(西洋ボダイジュ)の谷という意味だ。
ちょうど、リンデンバウム(西洋菩提樹 シナノキ科 Tilia x europaea)の花が満開
だった。
♪~泉に沿いて、茂る菩提樹・・・ あのシューベルトの菩提樹ですよ。 写真上。↑
よい香りがし、ミツバチが大好きな木だ。亡くなったGは、いつも
おみやげにずっしりと重いリンデンの蜂蜜をくれた。ドイツ人の抗生物質
だからね、傷口に塗ってもよいのよ、と言って。

下の写真は、多分ウツギの種類(?) 墓地には、たくさんの白い花が咲いていた。
c0128628_15154913.jpg

葬儀は、300人ほど集まり、棺はたくさんの素朴な小花で飾られていた。
c0128628_1516279.jpg

後日、親族だけが立ち合って火葬と納骨式が行われるということだった。
上は、サワグルミの実。 鎖のように長く垂れ下がっていた。

葬儀の案内状にあった言葉が彼女の性格と生涯をよく表していたので、
ここに書き留めておこう。
(私ども親族は、亡くなったGに対してこのような形容詞を捧げます)
Sie war eine starke Persoenlichkeit, lebensbejahend, kommunikativ,
vielseitig und stets neugierig.
(彼女は、強い個性を持ち、人生のあらゆることを前向きにとらえ、
わかり合えるまで人と話す努力を惜しまず、多方面にわたって、
好奇心を示し、未知の物事に対して常に探究心をもっている人でした。)

c0128628_15171194.jpg

私がドイツ滞在中に、まさか、生涯の友を得ようとは、想像もできなかった
ことですが、彼女の上記の性格によって、肌があったと言おうか、
とことんまで、理解しようとよく話した結果、時間をかけて友情を築くことが
できたのだろうと思います。
c0128628_15174170.jpg

私は、ドイツ語がうまくできず、彼女は、日本語が未熟でしたが、
二人の間の共通語は、お互いにとって外国語である英語でした。

[PR]
by tamayam2 | 2013-06-19 15:17 | たび | Comments(6)

【611】虫の季節

今日は6月11日、このBlogも611番です(笑)
私の誕生日でもあり、うれしい偶然が重なりました。

庭に出ると蚊がどこからともなく飛んできて、射します。
イヤな季節になりました。
でも、蚊以外の虫も出てくるので、私としてはうれしい。
c0128628_8221634.jpg

たとえば、この虫。家の前の雑草に止まっていました。
カノコガというそうです。フタオビドロバチに擬態しているそうです。
カノコガ【鹿の子蛾 ヒトリガ蚊 Amata forturei】
c0128628_823121.jpg

こちらは、多分、コジャノメ
c0128628_8235144.jpg

こちらはヒメジャノメ
赤城自然園では、ジャノメ蝶の仲間がいっぱいでした。
こちらの大名セセリもたくさん見かけました。

ダイミョウセセリ【大名セセリ蝶 セセリチョウ科 Daimio tethys】
学名に大名がついているチョウですから、ちょっと誇らしいですね。
c0128628_8272299.jpg

アサギマダラも見かけましたが、うまく撮影できませんでした。
4月25日に見たウグイスカグラ
c0128628_82506.jpg

c0128628_8253229.jpg

6月6日には、かわいい実をつけていました。
ウグイスカグラ【鶯神楽スイカズラ科 gracilipes var gracilipes】
こちらは、私の関心があるガガイモ科の植物。
c0128628_826946.jpg

クサタチバナ【草橘 ガガイモ科 Vincetoxicum acuminatum 】
ガガイモ科ということは、昆虫が好む植物で、有毒かもしれない。
赤城自然園、箱根湿性花園にもいま、この花がいっぱいでした。

[PR]
by tamayam2 | 2013-06-12 08:30 | 日々のできごと | Comments(20)

【610】大山レンゲを見に

6月6日、私の大好きな花、大山レンゲを見に群馬県赤城自然園に
出かけてきました。ちょうど見ごろの大木が3本ありました。
c0128628_9184713.jpg

以前に、長野県の上松町(あげまつちょう)、赤沢自然休養林に
見にでかけたのですが、ちょっと時期が早かったようです。
2009年6月17日のことでした。
c0128628_9191892.jpg

この花は、シーボルトが見つけた日本のモクレンです。
オオヤマレンゲ【大山蓮華 モクレン科 Mgnolia sieboldii ssp.japonica】
はじめて見たのは、オランダ、ライデンのHortus botanicus(ライデン大学
付属植物園)で。(2007年6月17日)
シーボルトを記念する小庭園のわきの茂みにこの花が
ひっそりと咲いていたのです。
何という美しい花か、しばし見とれました。清楚で、香しく、しっかりと量感のある
美しい花でした。
c0128628_919418.jpg

モクレンと違って下向きに垂れ下がって咲きますので、なかなかお顔が
見えないのが難点ですが・・・なんとか撮影してまいりました。
c0128628_920170.jpg

赤城自然園で今、幅をきかせているのが、このマムシグサ
薄暗いところでこの花に出会うとはっとしてしまいます。
やはり、蛇の鎌首のように見えます。
c0128628_9205620.jpg

マムシグサ【蝮草 サトイモ科 Arisaema serratum】
c0128628_9212158.jpg

赤城自然園では、いまアオダイショウも日向ぼっこしているとか。
c0128628_9214527.jpg

私は、蛇は見ませんでしたが、アサギマダラをはじめ、チョウの姿
を見ることができました。4月にカタクリが群生していた原には、
別の野草が生い茂っており、カタクリはすっかり姿を消しておりました。
季節は、刻々と夏に向かって動いているようです。

[PR]
by tamayam2 | 2013-06-08 09:22 | たび | Comments(6)

【609】サンショウバラ

6月になりました。梅雨入りしたとか言われていますが、割に
さわやかな日々が続いております。
みな様のところではいかがでしょう?
c0128628_23234282.jpg

五月から六月にかけて、私は、旅が多く、旧知の方々と語らうことが
多かったです。
c0128628_2324919.jpg

これは、サンショウバラ
山椒+薔薇 という命名法ですが、サンショウ(ミカン科)とは葉の形が
似ているだけで縁はなく、野性種のバラの一種です。絶滅危惧Ⅱ類(VU)。
ふだんあまり見かけないのに、今年は、箱根湿生花園と群馬県赤城自然園で
たっぷりとその美を堪能することができました。

私は、もしかしたら、こんな薔薇が好きなのかもしれないと思いました。
サンショウバラ【山椒薔薇 バラ科 Rosa hirtula】
c0128628_23245496.jpg

こちらは、正真正銘のバラ。名はわかりませんが、蔓バラでしょう。
箱根の星の王子様美術館の庭園で、アーチに這わせてありました。
c0128628_23252291.jpg


こちらは、バラ科ですが、海岸でよく見るハマナスです。
c0128628_23262880.jpg

ハマナス【浜ナス バラ科 Rosa rugosa Thunb. 】
こちらは、箱根湿生花園で。

この花を見ると、森繁久彌作詞・作曲の“知床旅情”という曲を思いだします。
♪知床の岬に、ハマナスの咲くころ・・・

確かに知床の海岸で、たくさんのハマナスの花が咲いているをの
見ました。大きめのローズヒップからお茶やジャムが作られます。
薬効があるのかもしれません。

[PR]
by tamayam2 | 2013-06-06 23:28 | Comments(6)