<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

【599】赤城自然園 早春の顔

赤城自然園に初めて行ったのは、2010年5月10日、
2011年には、4月24日に訪れた。2012 年は、行きそびれ、
今年(4月25日)は、3度目。
まだ地上の植物は、完全に眼覚めておらず、
樹木は、これから芽吹くもの、すでに新緑に覆われているもの・・・・
園は芽吹きのエネルギーに満ち満ちていた。
c0128628_13261712.jpg

これは、何の樹だろうか。コナラミズナラかもしれない。
青空に、真っ赤な若葉が陽に透けて美しかった。
c0128628_1327199.jpg

こちらは、モミジの新緑。背景の森はまだ冬木立のよう。
崖のわきに、這うようにして生えていたのは、ハルトラノオ
c0128628_13285081.jpg

茎が赤く、白い花と緑の葉のコントラストがきれいだった。
ハルトラノオ【春虎の尾 タデ科 Bistorta tenuicanlis】
c0128628_13293721.jpg

ヤマシャクヤク(山芍薬)は、まだ蕾が固かったが、数株花がほころびかけていた。
これが開花すれば、辺りに香しい甘い香りが漂うことだろう。
c0128628_13301380.jpg

早春植物のカタクリは、すでに枯れているものもあったが、まだ咲いているものも
ある。この花は、種が地中に落ちてから7年経たないと開花しないという。
途方もなく長い時間、ひたすら「そのとき」を辛抱強く待っているのだ。
ヒメギフチョウの幼虫の食草。種は、アリによってあちこちに伝搬されるという。
植物と昆虫の持ちつ持たれつの連携プレーは、知れば知るほど面白い。

この園の気に入っていることは、ひと気が少なく、静かに自分のペースで
歩けること。好きなところで立ち止まって、撮影できる。
しゃがんで別の花を撮っていたら、こういう方がたが直立して手を前に揃えて
お辞儀をしてくださったように感じた。
c0128628_1330579.jpg

「これは、これはかたじけないことです・・・、はい、はい、一人で回りますから、
ご案内にはおよびませんですよ・・・」
とご挨拶するところだった。
ヒトリシズカ【一人静 センリョウ科 Chloranthus japoniocus 】
c0128628_13323787.jpg

東京へ帰る途中、伊勢崎市の粕川の河原で、何十ものこいのぼりが、空に
翻っているすてきな光景を見た。雄大な眺めでしたよ。
c0128628_133315.jpg

そう言えば、今日から大型連休が始まっているのですよね。
みな皆様もよい休日をお過ごしくださいますよう。

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-27 13:34 | たび | Comments(2)

【598】早春のチョウ、ミヤマセセリ

25日、群馬県の赤城自然園に出かけた。まだ、春がめざめていない早春の
感じ。HPはここ
一番先に目についたのは、三つ葉ツツジの明るいピンク。
c0128628_17451729.jpg

花より遅れて出て来る葉が三つか四つ。若葉がピンと立っている。
それに雄蕊が10本、目がパッチリした、つけまつげの乙女という感じ。
c0128628_17454613.jpg

少し日蔭の場所には、その名もヒカゲツツジ。東京以西の山地に自生する種類。
c0128628_17462093.jpg

ヒカゲツツジ【日蔭ツツジ Rhododendron keiskai 】
学名のkeiskaiは、知る人ぞ知る、植物学者、伊藤圭介(1803-1901)のこと。

ツツジと言えば、日本に園芸種はたくさんあるが、早春にこういう日本原産種に
会えるとは、うれしい。薄い黄色は街中ではあまり見ないように思う。
日蔭ツツジの花に虫が! ヨコバイだ。カメムシの仲間。
c0128628_17472097.jpg

そろそろ春に目覚めた虫たちに会いたいなぁ~と思っていたら、
カタクリの花に忙しく飛び回る茶色のチョウが!
カタクリなら、ギフチョウではないか?
Tamayam2はまだ、一度もギフチョウをみたことがありません。
見たいなぁ~
結局、その日は、ギフチョウの出会うことはありませんでした。
c0128628_1748538.jpg

でも、何だかせわし気に飛び回るチョウ、これが早春の一時期にしか
見ることができないミヤマセセリでした。

やや盛りを過ぎた三つ葉ツツジの花に一頭のミヤマセセリが吸蜜していました。
オレンジの斑点が見え、あらっと思ってカメラを構えると、そのまま行って
しまいました。地面に羽を広げた瞬間にやっと姿を捕えることができました。
ミヤマセセリ【セセリチョウ科 Erynnis montanus】
c0128628_17501636.jpg

このチョウは、幼虫の状態で越冬し、早春に羽化、春先の一時にしか見ることができない
貴重なチョウでした。ギフチョウのような派手さはありませんが、やはり春の妖精の一つ
でしょう。食草は、コナラ、クヌギ、カシワ等のブナ科の落葉樹だそうです。
c0128628_17492082.jpg

たしかに、赤城自然園には、そういう樹木がたくさんありますが、一体どうやって
あの上州の空っ風、またの名を赤城下ろしという寒風の中で生命を永らえるのでしょうか。
地味なこのチョウに出会えて、Tamayam2はうれしかったです。

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-26 17:51 | Comments(10)

【597】木に白いハンカチがゆれていました

23日、少し春らしい陽気が戻った午後、三人のNikonをもった、同じような
年恰好の女性が新宿御苑に集まりました。久々のおしゃべり、新しい温室を
巡って、帰ろうとしたとき、そうそう、ハンカチの木を見て行かなきゃ!
c0128628_1957511.jpg

ハンカチの木の下では、10名ほどの人が上を見上げて、カメラを向けて
いました。白いものは、花でも葉でもなく、総苞というものです。
中央の部分が花に当たり、花の後には、丸いコロッとした実がぶら下がります。
本当におもしろい木です。
c0128628_1958020.jpg

ハンカチノキ【ミズキ科 Davidia  involucrata】中国・四川省原産
c0128628_1958333.jpg

親と子の広場のあたりに、ラクウショウの生えている湿地があり、
にょきにょきと面白い形の気根が出ていた。あるものは、耳をピンと立てた猫、
あるものは、両手を揃えて立ち上がったウサギ・・・動物たちの住む森のようです。
ラクウショウ【落羽松 スギ科 Taxodium distichum】北米原産
別名 ヌマスギ
c0128628_1959119.jpg

かわいい球果も見ることができた。葉は文字通り羽のようにやわらかい。
c0128628_19592914.jpg

気根の周りにびっしりと生えているのは、オオアマナ
オオアマナ【大甘菜 ユリ科 Ornithogalum unbellatum】欧州原産

友人たちが「竹コプター」と呼んでいたのは、イロハモミジの種。
真っ赤な種はプロペラの形をして、風に運ばれて遠くに飛んでいく。
c0128628_19595329.jpg

苑内の緑は、みなやわかい浅黄色。
そぞろ歩きしながら、息を深く吸い込んだ。

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-24 20:02 | 日々のできごと | Comments(10)

【596】ルイ・ヴィトンの昆虫はすてきだ!

このごろ、電車に乗ると、よく席を譲られる。
以前は、遠慮して「あ、すぐ降りますから・・・」なんて言っていたが、
このごろは、ありがたくご好意を受けることにした。
譲られるということは、くたびれた顔をしているか、年寄っぽい姿をしているのだろう。
それは、気をつけねば。

さて、町歩きしていると、ハッとするものに出会える。

①新宿西口、小田急デパートのショーウィンドーで。
Louis Vitton のディスプレイに、ハッとした。
c0128628_226247.jpg

どう見ても昆虫ですね。甲虫の一種ね。
昆虫好きなTamayam2はうれしくなる。
c0128628_2264676.jpg

よーく見れば、全て自社ブランドの小物を組み合わせて作成されているようだ。
下のピンクのものは、ハイヒールですね。
c0128628_227734.jpg

こちらは、スカーフやベルトを使ってやわらかさを表現しているが、チョウか蛾の類でしょう。
巧みな構成力です。

そばに立っている若い女性に、ちょっと脇に寄ってほしかったのだが、
その場に釘づけのようになって動いてくれなかった。彼女にとっては、
ルイ・ヴィトンよりスマホのメッセージのほうが大事なのだろう。
この女性が履いているような模様入りレギンズがこの春の流行みたい。

②渋谷・Bunkamura入口付近で
若者がいっぱいの道端で、ひょいと上を見れば、アメリカハナミズキの
花が咲いていた。我が家のものとは違って、ピンク色の種類。
c0128628_228497.jpg

先月から渋谷駅は、東急東横線と地下鉄副都心線が相互乗り入れをし、なんだか
複雑になった。道を歩く人も若者ばかりで、私は、この町では、異邦人だと感じる。
c0128628_2284118.jpg

若者たちは、おしゃべりに夢中で、街路樹に花が咲いていることすら誰一人気づいていない。
花なんか目もくれないものね。
夕方6時ごろだったが、ピンクのハナミズキを撮影することができた。

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-15 22:09 | 日々のできごと | Comments(10)

【595】東京の新名所 KITTE

c0128628_7285975.jpg

東京駅丸の内口、皇居のほうへ向かって左手に東京中央郵便局があった。
その跡地に、3月21日に出現したのは、な、なんと KITTE という商業ビル。
HPはここ
郵便局で扱う切手が、語源かもしれない。
(変な、外国語みたいな和製語名の多い中で)堂々と日本語が採用され、
Tamyam2 はうれしい。
c0128628_730825.jpg

切手ビルに次々に吸い込まれる人々。
Hello  Kitte は、 Hello  Kittyみたいで、若い世代に受けそう。
直線の多いディザインがシンプルで美しい!
c0128628_7303392.jpg

c0128628_7305449.jpg

中に入ると、一階から6階まで吹き抜けの大空間が現れる。中央には、桜がテーマの
巨大な絵が。口をあんぐりと開けて、見上げる。
一階には、軽食屋やブティックがある。
c0128628_7311810.jpg

「丸の内Café会」はちょっとレトロの名前、タリーズと言うコーヒー店と、日本茶の
伊藤園のコラボ。私のようにコーヒーより、日本茶が好きな人には、うれしい。
c0128628_7315040.jpg

そのほか、ビールが飲める、アサヒビールのお店、チョコレートのMery’s。
c0128628_7321543.jpg

また、Pharmacy(薬屋)と言えど、しゃれた構えのお店や、イッセイ・ミヤケの
オリジナルバッグを扱うおっしゃれ~なお店もあった。

さぁて、切手はどこで買うのかな???1階にあるらしいのだけど、
ちょっとにわかには見つからなかった。
どこかに、普通の郵便業務をしている、このビル本来の業務をしている場所が
あるはず・・・ですが、昨日は、他のところに行く用事があったので、
くわしく追及せずにKITTEを後にした。

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-14 07:32 | Comments(6)

【594】アメリカから来た植物2つ

c0128628_6305556.jpg

我が家には、ろくな樹木がないのだが、唯一先代がわざわざ植えたものが、
アメリカハナミズキ。今から45年ほど前のことである。当時は、珍しい樹木で、
亡母は、この木をdogwood(犬の樹)と呼んでいた。アメリカでそう呼ばれているから
と言って・・・。今では、街路樹や公園でもよく見かける花木である。

米国では、この花は、キリストの磔刑を思わせる花として知られている。
白い花びらと思われる部分は、総苞で、その一部が赤く染まっている。
それが、十字架につけられたキリストの血潮、茶色のさび色が、釘跡と見られる。

中心のつぶつぶの部分が、植物学的には花に当たる。その部分は茨の冠に見立てられる。
c0128628_6314835.jpg

そう思って見れば、なにやら意義深くも見え、この花がちょうど復活祭のころに
咲くことから、キリスト教の国の人のイメージの豊かさに感心してしまう。

1912年に日米友好のしるしとして、日本がアメリカに贈ったソメイヨシノの返礼として、
3年後、ハナミズキが日本に来たことは、よく知られている。
アメリカハナミズキ【米国花水木 ミズキ科 Benthamidia florida】
c0128628_6324490.jpg

先月末、八王子市の丘陵地帯で、めずらしいスミレを見た。
アメリカスミレサイシン【米国菫細辛 スミレ科 Viola sororia priceana】 
数株が点在しているのではなくて、かなりの面積にわぁ~と生えていた。
c0128628_633919.jpg

c0128628_6345322.jpg

インターネットで調べると、かなり繁殖力が強い種類で、里山や野山に浸食しつつ
あるので、少し脅威を感じている人もいるようだ。
かわいらしいスミレではあるが、やはり、日本のスミレより、
紅毛、青目ぱっちりのSumireさんという感じがする。

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-09 06:33 | 日々のできごと | Comments(10)

【593】パンジー、三色スミレの顔

東京は、今週で桜がほぼ咲きそろい、大方は散ってしまい、その他の春の花々が
一斉に咲きだしました。なのに、あちこちで来週あたり、“さくら祭り”が計画されているとか、
主催者は、さぞかし気がもめることでしょう。
Yamyam町でも、家々の庭からこぼれ出る春の花々を散歩しながら、見せていただいて
います。
c0128628_1544197.jpg

さて、パンジーのことです。
鉢植えには、このパンジーが主役にも、脇役にも・・・
園芸種のパンジーは一体何種類ぐらいあるのでしょう、様々な色の組合わせがあり、
とてもとても三色スミレなどとは言えない状況です。丈夫で育てやすく、色の種類が
多いことから、園芸家にとってはありがたい花なのでしょう。
c0128628_15442523.jpg

フランス語で「思想」を意味する単語パンセ(pensée)から、パンジーということば
ができたようです。しかし、ドイツ語では、なぜか 継母ちゃん(Stiefmütterchen)
という変な名前がついているのです。そういうことを知ってからというもの、この花を
見るとどうしても、気難しく、小言を言っている小母さんの顔のように見えてしまうの
です。どうでしょうか? 中高年の婦人の顔に見えませんか?
フランス語のような、とても思索にふける顔には思えません。
c0128628_1546276.jpg

パンジー小母さんの呟きを加えてみました。
c0128628_15465034.jpg

スミレと言えば、何か愛らしい響きの言葉ですが、日本語は、「墨入れ」という
大工さんが使う木製の道具から来ています。墨壺とも言われ、墨をつけた糸をピンと張って、材木に直線の印をつけたのですね。小さな車がついていて、おもしろそうな道具でした。その道具の形とスミレの花の形が似ているっていうのです。
c0128628_15482122.jpg

c0128628_15474924.jpg

大工さんの作業をじっと観察していた子供時代を思い出します。
「お嬢ちゃん、危ないからそばに寄っちゃダメ!」と言われながらも、カンナ屑などを
拾って遊んでいたものです。

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-06 15:48 | 日々のできごと | Comments(12)

【592】目黒・雅叙園への近道

先月30日、目黒雅叙園に行くことがあり、そうなら、ついでに目黒川の桜も見て
来ようかと思った。あいにく花曇りの午後だったが・・・。
c0128628_22103890.jpg

目黒駅から行人坂を下れば、目黒川に架かる橋のところに行くのだが、
すこし歩行が不自由な人を伴っているので、できるだけ楽な方法で雅叙園に
行きたいと思った。
c0128628_22113231.jpg

年配の親切な友人が教えてくれたのは、山の手線に平行の道を、少し五反田方面に下る。
「するとネ、まもなく左手にカトリック教会があって、その前が杉野服飾大学、昔の
ドレメね。そのドレメの敷地内なのか、隣接するAmazonの敷地なのか、
よくわからないけれども、右に折れて、よそ様の敷地らしいところでしょうが、
気にしないで、どんどん歩いて行くと、りっぱなエスカレータがあるのよ。
ビルの中に入ったりしても、ともかく、どんどん下の方へいらっしゃい。」と
言うことなので、その言葉の通りにすると、あ~ら、不思議、雅叙園の日本庭園の
わきに着いたのですよ。天下の公道ではないようだったが、この方法は、とてもよかった
ので、ここで、こっそり、お教えしておきます。
c0128628_22122394.jpg

帰途は、かなり急な登り坂ですが、それがイヤなら、雅叙園のシャトルバス(無料)に
乗ればいいのですよ。

雅叙園というのは、昭和初期の日本最初の結婚式場ということです。
キッチュ(Kitsch)という形容詞がぴったりの、けばけばしい、古臭い、俗っぽい
感じはするのですが、百段階段や、和室の天井画、欄間、障子などの建具の美しさ、
滞在が限られている外国人に日本の伝統文化の香りをちらっとお見せするにはいいところです。お食事もできますし。
c0128628_22125654.jpg

ムべは杉野服飾大学の敷地内でみたもの。ブドウ棚のような棚に這わせてありました。
c0128628_22133539.jpg

ムべ【郁子 野木瓜 アゲビ科 Stauntonia hexaphylla】
c0128628_22142799.jpg

アカヤシオは、日光あたりで見られる花ですのに、そのやんごとなきエスカレータの脇に植えてありました。上品な花です。
アカヤシオ【赤八汐 ツツジ科 Roododendron pentaphyllum var. nikoense】

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-03 22:16 | 日々のできごと | Comments(7)

【591】雪割り草が咲く谷で

3月31日(日)は、冬を思わせるような寒い日曜日でした。
しかも、キリスト教では、クリスマスに次ぐ大事な復活祭なのに。
そして、今日は、4月1日、エイプリル・フールです。
c0128628_20362919.jpg

Tamayam2のところでは、何だか外国人の訪問客が多くて・・・桜の
シーズンだからでしょうか。向こうにとっては、復活祭の、ちょっとまとまった休み
が取りやすい時期なのでしょう。西洋では、クリスマスと復活祭、夏休みは、3大休暇
と言って差し支えないでしょう。
c0128628_20343113.jpg

【590】で、ご紹介した八王子市の丘陵地では、雪割り草、または、ミスミ草も見ることが
できました。私がとても好きな花ですが、自生地はだんだん少なくなっています。
三つに分かれた葉が肝臓の形をしていることから、Hepatica(肝臓)という学名がついて
います。
ミスミソウ【三角草 キンポウゲ科 Hepatica nobilis var. japonica】
c0128628_2035452.jpg

過去ログ 2012年4月16日 雪割り草が点在する丘
c0128628_20371788.jpg

昨年も同じ時期に同じような花をご紹介しているので、気が引けますが・・・
こちらは、ヨゴレネコノメ
ちょっと猫に気の毒な名前です。
ヨゴレネコノメ【汚れ猫の目 Chrysosplenium grayanum】
c0128628_20374167.jpg

この写真では、ショウジョウバカマ ユリ科、その左に、エンレイソウ(延齢草 ユリ科)、
背後にキクザキイチゲ(菊咲一華 キンポウゲ科)が見えます。こういう早春植物を
みると、ああ、春が来たのだなぁ~と実感します。

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-01 20:39 | 日々のできごと | Comments(5)