<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

【561】アート・オブ・我慢

Blog友のtabikitiさんから、尊厳の藝術Art of Gaman(我慢)のことを
教えていただいて、24日、上野の東京芸術大学に出かけてきました。
翌25日、NHK、日曜美術でも、この展覧会について取り上げていましたから、
ご存じの方もおられるでしょう。
c0128628_1628688.jpg

今年は、太平洋戦争中、日系移民が強制収容されてから70年の節目にある
年だそうです。アメリカ在住の日本人は、移民とは言え、敵国日本に有利な情報を
もらしたりする恐れがあることから、12万人以上の人々がある日突然、住まいも
農地も取り上げられ、アメリカの奥地にある強制収容所へ連行され自由を奪われました。
c0128628_1629484.jpg

粗末な収容所では、人々は、通し番号で呼ばれ、個人の尊厳は著しく損なわれたの
です。そういう辛い生活は、終戦まで続いたようですが、当事者は、その記憶を封印し、
多く語ることをしませんでした。最近になって収容所生活をした人々の遺族から、
遺品の中に非常に手のこんだ手工芸品があることがわかり、それを収集して展示されることになりました。
c0128628_16303836.jpg

芸大の校門のところに植わっていたナンキンハゼ

それが、2010年にアメリカ・ワシントンのスミソニアンアメリカ美術館
レンウィック・ギャラリーで展示され反響を呼びました。今回の日本での展覧会は、
ワシントンの内容の日本公開版のようです。東京の他、福島、仙台、広島、沖縄でも
順次公開されるようです。

  関連HPは、ここ

アート オブ 我慢と名付けられたその展覧会は、いつまでそういう不自由な
生活が続くかわからない状況で、材料も道具もないのに、人々が廃材や自然の拾得物の
中から、ものを作り出して、生きる喜びを見出していたこと、日本人の手先の器用さ、
創造の中に生きる意味を見出していた人々の精神の気高さ・・・そういう
ものにアメリカ人が尊敬の念を抱いたからでしょう。
c0128628_1633568.jpg

杖や、机、腰かけのような実用品から、自然に曲がった木の枝を蛇に見立てた彫刻、
何かの紐をほどいて編んだバスケット、貝殻で作ったブローチなど、
愛するだれかに贈り物として上げるために、手をかけ、ひまをかけ作った装飾品なども含まれています。
小さな手製の仏壇、そろばん、二宮尊徳の薪を背負う少年像など、ああ、海を渡った
移民も我々と同じ価値観を持ち続けているのだ・・・と感動しました。

閑話休題
近ごろ、アメリカのオバマ大統領が再選されたわけですが、オバマ氏は
人種的に言うと、WASP(White Anglo-Saxon Protestant)には属さない人です。
ケネディーが登場する前までは、WASPの条件を満たさない者は大統領には
なれないと言われていました。それが、カトリック系のケネディが登場し、
キリスト教のProtestantでなくても大統領になれるのだと注目されたのです。
オバマ以後、Whiteでなくても、Anglo-Saxon、Protestantでなくても、
そういった属性は、問題ではなくなりました。

話は違いますが、この一年、合衆国で生まれた幼児の数は、はじめて非白人が白人を
上回ったということです。非白人というのは、ヒスパニック系、黒人、アジア系などですが、
その人たちが50.4%で、対するヨーロッパ系の白人が49.6を占めているということです。
c0128628_16333987.jpg

上の写真は、ウチの孫が幼稚園の砂場で遊んでいる写真なのですが、
行列の右端の男の子を除いて、後の4人が非白人系です。ウチの孫は、
日本人とアメリカ人とのハーフで、(左の2人)アジア系家族の子供ということに
なります。
アメリカに住んでいると、民族的にどこの出自であるか、いちいち気にしては
おれません。ただひたすらに、自己表現してフェァーに生き抜くほかはありません。

この展覧会で示された日本人の、厳しい状況におかれても美しさにこだわり、
ものを大事にし、人に認められようが認められまいがいつもbetterを目指して
努力する健気さを、日系の血を引いている孫たちが受けついてほしいものだと
思いました。

by tamayam2 | 2012-11-26 16:34 | 日々のできごと | Comments(10)

【560】新宿御苑 温室オープン

c0128628_7222648.jpg

11月20日、待望の新宿御苑の温室がオープンしました。
ずいぶん長いこと工事をしていたので、とてもうれしい。
21日午後、さっそく出かけてみました。
(入園は15:30まで、閉館16:00なので、ご注意)
c0128628_7224954.jpg

 縦の白い線は、温室のブラインドが水に映っているためです。

まず、とてもいいこと。
出口から入って、緩やかなスロープをたどって、沖縄の植物、
熱帯低地の植物、小笠原コーナーと進み、熱帯山地の植物から出口と
続いていくのだが、一階から二階へ行って、また階下に降りたはずなのに
一度も階段を使わずに自然なスロープに沿って移動できたこと。
これなら、お年よりでも子供でも、車椅子でも安心して植物を見ながら
移動できる。すばらしい設計です。
c0128628_7235660.jpg

 このソテツ科の植物の実はとても大きく人の頭の倍くらいの大きさです。
 一番気に入りました。

よくないこと。
これは、オープンしたばかりなので、しかたがないことですが、
まだ植物がしっかりその環境に根付いていないため、植物自体が
置物みたいで、生き生きとしていないこと。あと数年たてば、全体
が一体となり、そこに自然の生態系がつくられもっとしっとりとする
でしょう。

今は、器は立派、内容は置物状態です。しっくりとした温室になるには、
時間がかかるのです。

東京には、大小様々な植物園がありますが、充実した温室つきの植物園が
少ないことが残念なことでした。
c0128628_7261246.jpg

Tamayamの知り合いで植物好きな外国人が来たときには、東京には案内できる
総合的な植物園が無いので、つくば市の筑波大学実験植物園にお連れしていました。
c0128628_727141.jpg


新宿御苑の温室は、大学付属の植物園と違って、日本植物協会による絶滅危惧種の
種子保存とか、(元々宮内庁の管轄であったことから)皇室行事に使われる洋ランや
観菊会のためのキクの栽培・研究とか特殊な役割もあるようです。
c0128628_726546.jpg

新宿御苑は、都心に近いことから都民の憩いの場になっています。温室ができた今、
ますます身近な楽しい場所になりそうです。ぜひお出かけください。(月曜休館)

by tamayam2 | 2012-11-24 07:26 | 日々のできごと | Comments(17)

【559】京の道端で

京都の山道は、ゴロゴロ小石があったり、木の根っこが渦を巻いていたり、
お寺の石段はすり減り、庭園の飛び石は丸みを帯び・・・雨でも降れば、
滑りやすく足元がおぼつかない。
c0128628_2335770.jpg

これは、大原、三千院へ行く山道で見た行燈(あんどん)。
黄色の花は、Blog 友、nenemuさんのところで見たヤクシソウだろうか。
アキノノゲシか、ハナニガナか・・・。
c0128628_2335531.jpg

足元を照らしてくれるこんな小さな灯りが、観光客に対するホスピタリティなのだろう。
こちらは、嵯峨野の高山寺付近の山道で見た行燈。小学生の描いた画用紙を
丸めただけの素朴な行燈。この子の絵は、赤とんぼだ。
c0128628_23355114.jpg

鞍馬寺は、牛若丸が修行した寺として有名。こんな根っこが露出している道で跳躍の
練習をしたと伝えられる。
c0128628_2336268.jpg

午前中、山を下っていると杉の木立から朝もやが立ち、朝日が差し込んだ。
c0128628_23364524.jpg

岩にこびりつくように生えているのは、マメヅタ
マメヅタ【豆蔦 ウラボシ科 Lemmaphyllum microphyllum Presl】
c0128628_2337298.jpg

大原の三千院へ続く山道では、シバ漬けや千枚漬けなどの漬物を売る店が並んでいる。
千枚漬け用の大カブや赤カブが樽の上に積んであった。薄く切ったカブと昆布が
一体となって、けっこうな京のお漬物。
c0128628_23373648.jpg

晴れた日の午後、嵐山、渡月橋の辺りで一服した。
桂川に架かる渡月橋は、観光客のメッカ。若い人々がたくさん散策していた。
c0128628_23375953.jpg

山と川のつくり出す大きく開けた景観に、身も心も解放される思い!
c0128628_23381968.jpg

河原で遊ぶ水鳥たちを眺めていたら、日は瞬く間に沈み、嵐山の紅葉も
ぼんやり霞んで辺りが暗くなった。

by tamayam2 | 2012-11-21 23:39 | たび | Comments(7)

【558】京都 紅葉づくし

JR東海のCMのキャッチフレーズに、
“そうだ、京都に行こう”・・・というのがある。
c0128628_20593344.jpg

家族の者が、東京の紅葉がなかなか色づかないので、
「どこに行ったら目が覚めるような紅葉が見られだろうか?」と問う。
「そりゃ、京都に決まっています!」と請け合った私。
c0128628_213197.jpg

JRのCMが決め手となって、衝動的に京都へ行くことにした。しかし、
今回は、バスで行く。 (JRさん、申し訳けありません。)

そうしたら、旅行会社の企画はてんこ盛り。
どこもかしこも、みごとな紅葉づくしだったが、有名な場所ばかりだから、人出がすごい。
その上、京都の道は狭く、一方通行が多い。難しく厄介なことはすべてその道のプロに
まかせて、紅葉求道に専念した。天気は、曇ったり、雨降りだったり・・・一日だけ
よい天気に恵まれた。
c0128628_20594287.jpg

c0128628_2101922.jpg

始めに行ったのは、洛北の貴船神社、鞍馬寺。

翌日は、洛南の東福寺。まさに東奔西走。
c0128628_211412.jpg

c0128628_2113627.jpg

境内をまたぐように架けられた木造の天通橋から下の谷間をのぞくと色とりどりの紅葉が
楽しめる。人影を撮らないようにするのに苦労した。
c0128628_7592441.jpg

c0128628_8521621.jpg

その後、西山の光明寺に出かけたときには、雨は、小降りから本格的なざんざん降りに。
それでもがんばって撮影してまいりました。
c0128628_801481.jpg

旅行会社の方は、夜は、夜で、ライトアップに連れていってくださいます。
こちらは、祇園に近い高台寺の池。
c0128628_2135416.jpg

ライトアップされた紅葉が池に映っている。
Illusion(幻影)のほうが、実物より生き生きと見え、人工的ながら、不思議な風景だった。

by tamayam2 | 2012-11-19 21:04 | たび | Comments(15)

【557】石見銀山と群言堂

群言堂(ぐんげんどう)というユニークな会社がある。
主に、衣類、服飾品、生活雑貨を作って売っている。素材は、昔から日本にあるものを見直して
現代の生活にマッチするように工夫されたもの。そして、失われかけた日本のモノ作りの技術を
再評価するような仕事をしている。
“エコ”とか、“和のテイスト”といったベラベラした風潮とは一線を画している。
会社のHPはここ

群言堂の服を初めて買ったのは、東京の小田急デパートで、かれこれ10年ほど前の話。
10年も経つのに、布地の風合いや着心地がますますよくて捨てられない。海外で着れば、
さり気なく日本をアッピールできる。織りも、染めも、刺繍も昔から日本にある技法だし、
なんだか落ち着くのである。
会社の本拠が島根県の山奥にあるというのもユニークだし、設立者ご自身の理想や信念
を若い人に伝えつつ、地元に仕事を創出しているという生き方も素敵だ。
c0128628_7353579.jpg

石見銀山に行ったら、群言堂の本店に出会えるかナ~と楽しみにしていたら、中央の通りに入ってすぐの
ところにあった。
看板の上には、木彫りのミシンの飾りが! 
手仕事に従事しております、という主張だな。
道の向こうから来るのはVeloタクシー。ここでは、環境保全のため車が使えない
から、観光客に利用されている。
c0128628_736539.jpg

ショップの内部は撮影しなかったが、中庭やインテリアなどを撮影させてもらった。
美しいものを追及し、モノを大事にしながら生きる生き方が、伝わってきて
居心地のよい空間ができている。そこで働く人たちも生き生きとして楽しそうだった。
c0128628_736425.jpg

c0128628_7372763.jpg

c0128628_7375150.jpg

こちらは、床屋さんの店先に飾ってあった昔の椅子。
c0128628_738268.jpg

こんな椅子に座ってバリカンで頭を刈ってもらった経験がある人もおられるでしょう。
c0128628_7385680.jpg

「弥七」という屋号を持つ貸自転車の店先で。気のいい青年で、見物している間、
荷物を預かってくれた。窓枠にからまっているのは、テッセンか半鐘ヅルの綿毛。

by tamayam2 | 2012-11-13 07:40 | たび | Comments(12)

【556】石見銀山にて

1271年、マルコポーロ(Malco Polo)がイタリアを発って東方旅行に出かけて以来、
中国の東にジパング(Zipangu)という国があって、金を産出している・・・と伝えられ、西洋の地図に日本の存在がちらほらと現れはじめました。
c0128628_21231472.jpg

それから、300年後の1595年、イエズス会の宣教師ルイス・ティセラの日本図には、
北海道を除く三島が描かれています。本州の西に、Hivami(石見 いわみ)の地名を
認めることができます。その上には、Minas de Plata(銀鉱山)という文字が見えます。
このころ、日本は、黄金の国ならぬ銀を産出する国として西洋で知られていたわけです。

1595年というのは、天下分け目の関ヶ原合戦の5年前、秀吉の統一(1590年)の
5年後ということになります。安土桃山時代の後半に当たります。
私は、2007年、石見銀山がユネスコの世界遺産に登録されたと聞いたときから、
いつか機会があれば、その地を訪れてみたいと思っていました。

島根県は、ご存じ出雲が有名で、たまたま11月には、神話博というイベントが行われて
いたそうです。石見銀山は、出雲からさらに西の大田(おおだ)市にあり、
交通の便があまりよくないのです。私は、温泉津(ゆのつ)町に宿をとりました。
c0128628_21242319.jpg

一時は、世界の銀の産出量の三分の一をここから世界へ向けて出していた港、
沖泊(おきどまり)港に近い町ですが、JR温泉津駅は無人駅で、10数軒ある温泉街
へは、徒歩で行けないほど離れたところにかたまっているのでした。
c0128628_21245388.jpg

古い道標。    みぎ   ふく原  大 もり(銀山のある地名)
          ひだり   〇じき  ゆのつ              と読める

翌朝タクシーで、銀山へ向かいました。

そして、更に山合いにある龍源寺間歩まで、貸し自転車で山道を登りました。
間歩(まぶ)というのは、坑道のことで、600を越える間歩跡が現在確認されて
いるようですが、ガイド無しに行けるのは、ここだけです。
c0128628_2127649.jpg

どんな人たちが銀を掘る危険な仕事に従事していたのか・・・その人たちの
疲れきった体、傷を負った体に、温泉がどんなにありがたいものであったか・・・
前日入った温泉の豊かさを思いながら感じたことです。
c0128628_21271735.jpg

江戸時代は、天領であった大森地区の町並みも歩いて回れる範囲にあります。
c0128628_21275872.jpg

自然を保護するために、その辺一帯は、住民以外の自動車の通行ができなくなって
います。現代の人たちが住んでおられる住宅の縁側には、鉢植え、一輪挿しなど、
旅人へのやさしい心遣いが感じられるものがいっぱい陳列してありました。
c0128628_21283141.jpg

石見銀山は、大正12年(1923年)に閉山するまで、約400年にわたり銀を産出
し続けていたということです。こういうことを、みな様、学校時代、歴史の授業
で習われましたか?
c0128628_21291775.jpg

地元では世界遺産に登録されてからというもの、いま流行りの「ゆるキャラ」を採用
したり、いろいろなイベントが企画されているようでしたが、銀山という地味な産業分野でもあり、また
地理的に都会から相当離れた場所であることから、普通の観光地のような人出は
期待できそうもないと思いました。
お祭り騒ぎが似つかわしくない場所なのです。
c0128628_21305676.jpg

なんとなく内向きで、自信をなくしかけている若い日本人に、400年も続いて
いた日本の銀山のことを、ぜひ知ってほしいなぁと思います。今は、金も銀も
出ないけれど、何かピカッ★~ と光るものを掘り当てて、世界の人たちに見せたい
じゃありませんか。

by tamayam2 | 2012-11-11 21:31 | たび | Comments(8)

【555】秋の実いろいろ

今日の記事エントリーは555! 5が三つ揃った!(@_@;)

11月1日に新宿御苑に立ち寄ってみた。新しい温室はまだかなぁ~と思って・・・
ガラス張りの立派な温室が出来上がって、中に植物がちゃんと見えていたが、
開館はまだ・・・でも、じきに公開されそう。楽しみだなぁ~。

3日文化の日、午後から急に晴れ間が見えたので、久しぶりに東大和市の
都立薬用植物園に行ってみた。
思いがけず、たくさんの秋の実を見ることができた。
c0128628_1735129.jpg

オオミサンザシ【大実山査子 バラ科 Crataegus pinnatifida var. major】 
小リンゴのような赤い実がかわいい。
西洋では街路樹として植えてある背が高いものを見るが、日本のはたいてはそれほど
高くはない。まして、街路樹に植えられているのを見たことがない。
春には、白い花がさき、秋にはこんな赤い実がなって楽しいと思うけれども、
高くしてしまうと管理が大変なのだろうか。

園の隅にあって気づかなかったけれども、カンレンボクが羽を束ねたような
可愛い実をがくさんつけていた。抗癌剤になる成分がとれるそうだ。
c0128628_17273178.jpg

カンレンボク【旱蓮木 ミズキ科 Camptotheca acuminata】

最近、Blog友、nenemuさんのページで野葡萄のみごとな写真と
宮沢賢治の童話関連の文章を拝見した。実物が見たいと思っていたところ、
この植物園の金網のフェンスにひっそりとあったのです!
c0128628_1736495.jpg

賢治が言うところの「めくらぶだう」(ノブドウ)は、東京では最近あまり
見かけなくなった。山ブドウと違って、食べておいしくないから、見向きされないの
だろうが、その粒々の色の美しさと言ったら、まさに虹色なのです。
c0128628_17284340.jpg


ノブドウ
【野葡萄 ブドウ科 Ampelopsis glandulosa】

街路樹と言えば、韓国、ソウルの町中でナツメの街路樹を見たことがある。
中国、韓国の方は、料理やお茶にもこのナツメの乾燥したものをよく使っておられる。
参鶏湯(さむげたん)などにもクコの実とともに使われている。医食同源の考え方が
あるのだろう。
c0128628_17302115.jpg

サネブトナツメ【実太棗 クロウメモドキ科 Ziziphus jujupa Mill  var. jujuba】
学名がとびきり愉快で、ヂヂフス ジュジュパとでも読むのだろうか。

c0128628_17305727.jpg

フユザンショウ【冬山椒 ミカン科 Zanthoxylum armatum DC.】
普通のサンショウより香りも味も薄いところから利用されていないそうだ。

c0128628_17313165.jpg

ここで見た野鳥、アカハラかな??(誤)
訂正:  Shibata Kimikoさんに教えていただきました。→ ジョウビタキの雌(正)
ありがとうございました!!

c0128628_17314855.jpg

センニンソウ【仙人草 キンポウゲ科 Clematis  terniflora】
クレマチス、テッセンの類の種は、みんなこのように風に飛びやすいように
できている。西洋では老人のヒゲとも呼ばれている。なるほどネ!

by tamayam2 | 2012-11-06 17:34 | 日々のできごと | Comments(12)

【554】手触り

だいぶ寒くなったので、庭の火鉢池のメダカは、室内の水槽に移してやった。
ねぐらを探してうろうろするネコどもには、冬用のねぐらにヒーターを入れて
やった。ネコは、12歳の老猫だけれどもなでてやるとゴロゴロと喉を鳴らす。

下の植物の名は、ラムズイヤー(Lamb’s  ear)子羊の耳という意味。
子羊の耳をなでたことはないが、ネコの耳なら触ったことがある。
この葉をさわると、ちょうど、ネコの耳をなでてやったときの感覚と同じような、
手触りなのだ。少し厚みがありやわらかい毛が表面を覆っていて、しっとりと
している。ネコも幸せ、ヒトも幸せなひととき・・・。
c0128628_12342496.jpg

ラムズイヤー【Lamb’s ear シソ科 Stachys byzantina】
トルコ、アルメニア、イラン原産というから地中海地方の乾燥した大地が好きな
植物なのだろう。やや肉厚な葉には、水分を蓄える働きがあるに違いない。
c0128628_123535.jpg

目立たないうす紫色の花には、いつもハチが群がっている。よい香りもするので、
乾燥してハーブとして扱われることもある。私は、この植物に会えば、ちょっと
葉を触りたくなる誘惑を抑えなければならない。
c0128628_12354099.jpg

こちらは、この夏、長野県、栂池高原の湿原地帯で撮ったもの。
有名なモウセンゴケ。まわりの突起からねばねば液を出し、(おそらく虫が
好む香りで誘惑し)寄ってくる虫をねばねば液で動けなくした上で、
じっくり体を溶かしてしまう。恐ろしいたくらみをもつ植物だ。
c0128628_1236159.jpg

植物というより、動物に近い働きをする食虫植物。下の葉は、ねばねば液を
もっていて虫を捕えるが、長く伸びた花に寄ってくる虫は、受粉のため花粉を
運んでもらわなければならない。だから、花はねばねば液に触れる気遣いのない
高い位置についている。うまく使いわけている点も心憎い。この写真では花が終わって
いるが、白やピンクのかわいい花。
モウセンゴケ【毛氈苔 モウセンゴケ科 Dorosena rotundifolia】
c0128628_12365733.jpg

こちらも8月にご紹介したことのある食虫植物、ムシトリスミレ。
八方尾根、標高2000mの山道で。

かわいい顔をしているけれども、油断がならない。ロゼッタ状の葉の表面に
ねばねば液がついていて寄ってくる虫を溶かす。そばには、食べ残した
虫の固い部分だけが散らばっているという。
ムシトリスミレ【虫捕菫 タヌキモ科 Pinguicula vulgaris】

花と虫がどういう関係になっているのか、表面をさらっと見ただけではわからないわね。

by tamayam2 | 2012-11-03 12:38 | 日々のできごと | Comments(16)

【553】紅葉には早かったけれども

山梨県昇仙峡に紅葉を見に出かけたのだけれど、まだちょっと紅葉には
早かったようだ。
それでも、外の空気をたっぷり吸って、お友達とおしゃべりできて、
楽しい一日を過ごすことができた。
c0128628_10384177.jpg

7月に長野県八方尾根に出かけたとき、ご一緒した人に10月10日ごろに
もう一度来てごらんなさい、草もみじ と言って草原は、黄金色に輝いているわよ、
と言われた。10月10日は体育の日前後ですよ、と念をおされたのに、
とうとうその時期を逸してしまった。
c0128628_10392160.jpg

木々の葉も枯れるが、草も枯れる。

すがれていくもののあはれさ、いとおしさ・・・。
c0128628_10393244.jpg

赤い葉は、フウの一種だろうか。
c0128628_1040834.jpg

こちらは、ドウダンツツジの類だろう。
c0128628_10401382.jpg

30日、山梨県弥三郎岳の山頂付近で。

c0128628_1041149.jpg

アブラガヤだろうか、穂にいっぱいの実をつけて風に揺れている草の強さを
美しいと思った。
こちらは、昇仙峡を流れる荒川の川べりで。

しのびよるように、11月に入りました。なんだかあと2か月で
この年が暮れるかと思うと、さびしいですね。
みな様、お忙しいでしょうが、お元気で秋の日をお楽しみください。

by tamayam2 | 2012-11-01 10:41 | たび | Comments(8)