<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

【532】池とうの植物、8月末

c0128628_15323949.jpg

山の高いところに窪みができ、雨水がたまる。そこに植物が生え始めるが、
寒冷な場所なので、植物が腐らず泥炭化し、だんだん植物の住みやすい環境が整う。
そういう湿原のことを池塘(ちとう)というらしい。
c0128628_1534098.jpg

7月15日に栂池自然公園に行ったが、8月21日に行ったときには、
植物の様子はずいぶん変わっていた。
ナナカマドは、一部真っ赤に紅葉していた。

浮島湿原の辺りに、谷地トリカブトが群生していた。
前回には、全く見られなかった植物だ。
c0128628_1535151.jpg

ヤチトリカブト【谷地鳥兜 キンポウゲ科 Aconitum senanense var. papludicola】
Aconitumはトリカブトのことだが、senanenseは、信濃(信州)という意味。
c0128628_1536848.jpg

同じ場所で、オオレイジンソウも見た。
オオレイジンソウ【大伶人草 キンポウゲ科 Aconitum loczyanum】

8月24日に日光植物園で見たのは、
ヤマトリカブト【山鳥兜 キンポウゲ科 Aconitum japonicum】
c0128628_15373384.jpg

だいたいにおいてキンポウゲ科の植物は、クセがあるものが多いが、
トリカブトの類は、最強の毒草。外国の植物園では、人の手に触れないような
囲いの奥に植えてある。
私が見た初見の花は、ホツツジ。8月の下旬の栂池には、これが我が物顔に
咲き誇っていた。
c0128628_15382210.jpg

ホツツジ【穂ツツジ ツツジ科 Elliottia paniculata】
日本でしか見られない植物とのこと。

7月に満開だったキヌガサソウ(衣笠草)の大輪の花は見られなかったが、
花後の姿はこんな感じ。
c0128628_15392053.jpg

サンカヨウ(山荷葉)の青い実がもうたくさんついていた。
c0128628_15401374.jpg

ひと月経てば、主役が交替して別の種類の花々が賑やかに草原を彩る。

過去ログ:【515】栂池高原にて

体力が許せば、いろいろな季節に刻々と変わる湿原の姿を、見てみたいと思う。

[PR]
by tamayam2 | 2012-08-31 15:41 | たび | Comments(4)

【531】レンゲショウマを初めて見た

ショウマ(升麻)という接尾辞がつく植物がある。漢方の言葉で、
消炎、解熱、発汗を促す効能があるそうです。8月の終わりに、初めて
有名なレンゲショウマの花を見ました。うつむきかげんで、なかなかお顔
を見ることはできませんが、透き通るような白、憂いを含んだ紫色の翳り・・・
ちょっと病弱な麗人のような、美しい花でした。日光植物園で。
レンゲショウマ【蓮華升麻 キンポウゲ科 Cimicifuga simplex】
c0128628_16311099.jpg

ツボミに乗っかっているのは誰? 早く、お降り。
c0128628_16315288.jpg

ひと月前に見たキレンゲショウマ(ユキノシタ科)とは別物です。
過去ログ:【522】日光植物園にて

栂池自然園では、サラシナショウマが長く白い花穂を風になびかせていました。
サラシナショウマ【更科升麻 キンポウゲ科 Anemonopsis macrophyila】
c0128628_16322272.jpg


日光では、たくさんのトンボを見ました。
これは、ハエドクソウ(蠅毒草)の茎にいたイトトンボ。ハエドクソウも、そばにあるミズヒキも茎が細く、撮影が難しいもの。
イトトンボと合わせて三大極細、撮影困難生物!
c0128628_16335476.jpg

c0128628_16332927.jpg

こちらは、何というトンボだろうか、ヒヨドリバナの上で倒立をして動かないのです。
「おい、おい、もう止め!」声をかけても知らん顔をしていました。

これは、初めてみたジャコウソウの仲間。
アシタカジャコウソウ【愛鷹麝香草 シソ科 Chelonopsis yagiharana】
静岡県愛鷹山で発見されたからということです。
c0128628_16352128.jpg

こちらは、ウワバミソウ、別名ミズ。山菜として食されることもあるので、知って
おられるでしょう。お浸しにすると、しゃきしゃきしていておいしいです。
c0128628_16364124.jpg

ウワバミ、つまり蛇が生息するような湿地に繁茂しているのですね。
そんな話をしていたら、いましたよ。
やっぱりね。
じっと目を凝らして探してください。
c0128628_16371871.jpg

ヤマカガシは、小型ながら毒をもっています。
お親しくすると危険です。

同行のSさんは、日光植物園で、サル、タヌキに出会ったことがあるそうです。
今年は、鹿が、キレンゲショウマを食べに来て、被害を受けている・・・と
園の方が言っていました。全国的にずいぶん鹿の被害が多いようです。

[PR]
by tamayam2 | 2012-08-30 16:38 | 日々のできごと | Comments(10)

【530】高円寺阿波踊り

東京を東西に走る中央線、高円寺で、毎年8月に、阿波踊りが行われる。

今年で56回目、45万人の人出があったという。連(れん)と呼ばれる団体ごとに
踊りを披露するのだが、まぁ、その迫力と熱気に圧倒された。
c0128628_1119419.jpg

地元ばかりでなく、震災の被災地、福島県南相馬市や新潟県小千谷市からも。
本場の徳島からも来られているとか。
立錐の余地もない沿道に立って、ちょこっと写して来た・・・

c0128628_11192872.jpg

普段は、窓口業務のお姉さんや、お兄さんが・・・ふとん屋のおじさんが・・・
あんなに目を輝かせて踊りまくっている。
こちらの汗も吹き飛ぶほど!
c0128628_1120262.jpg

c0128628_1120212.jpg


c0128628_11212761.jpg

エネルギーが弾ける夏の宵でした。

c0128628_11214784.jpg

[PR]
by tamayam2 | 2012-08-27 11:21 | 日々のできごと | Comments(12)

【529】日光でガガイモ科植物に出会う

このBlogでは、2009年あたりからガガイモ科の植物を何度か
取り上げました。2011年には、ガガイモ科その1~その4まで書いております。
(ったく、モノ好きですねぇ。)
その1は、過去ログ:2011年2月6日、ホヤについて

ガガイモ科には、サボテンのようなもの、ランのようなもの等々・・・非常に種類が
多く、形態もさまざまなのですが、なぜか、チョウに好まれるという共通項が
あるのです。Tamayam2が関心をもった理由は、むろんチョウがらみなのですが、
だんだん植物そのものの不思議さに惹かれるようになりました。

(1)Yamyam町で、ルリトウワタをプランターに植えているお宅がありました。
c0128628_1648912.jpg

(2)8月の初旬には、花が終わって、15㎝ほどの莢(さや)ができ、中から
ワタが噴き出しました。もちろん、ワタには種が入っていて飛ばしているのです。
c0128628_16485235.jpg

(3)7月31日に日光植物園に出かけ帰ろうとしたところ、入口の近くの植え込みに
葉の大きいツル草があり、鉛筆のような棒状のものがツルの中心からV字状に
突出しているのに気づきました。何だろうと思い、とりあえず撮影しておきました。
c0128628_16493742.jpg


(4)花の細部は、こんな感じ。★型の花、怪しい暗赤色がガガイモ科くさいとにらみました。
c0128628_1724760.jpg

c0128628_177171.jpg

(5)8月21日、長野県安曇野村の路傍で、ガガイモそのものに出会いました。
すでに、ザラザラした肌のイモ状の莢(さや)ができていました。
ガガイモの花は★形で、毛糸で編んだようにモコモコ状のピンクでした。
c0128628_173993.jpg

(6)8月24日、日光植物園を再訪する機会が到来し、入口ちかくの植物は、
ガガイモ科ツルガシワであることがわかりました。花は、ほどんど終わりかけて
いましたが、綿毛が詰まっているであろう莢をたくさん観察することができました。
ツルガシワ【蔓柏 ガガイモ科カモメヅル属
Cynanchum grandifolium var. nikoense】 学名に日光の字が見える。

葉が立派ですから、柏という名がついたのでしょうが、ツルも丈夫そうで、周りの
植物に絡み付いていました。あのクズのような、頑丈な蔓です。刈り取られずに
道端で伸び伸びと葉を茂らせていて、ほっとしました。さすが、植物園です。
単なる雑草とは違う扱いでした。

(7)その日は、昨年中この植物園のリポートを愛読させていただいた山歩風景さんの案内で出かけたのですが、思いがけず、他のガガイモ科に出会うことができました。
ロックガーデンの中央部で、コバノカモメヅルを発見!
c0128628_16525099.jpg

c0128628_16523069.jpg

コバノカモメヅル【小葉の鴎蔓 Cynanchum  sublanceolatum 】
こちらにも★型の、暗赤色の花がついていました。花の直径は1㎝以下で、細い蔓
でした。

花は、切れ込みが深いので、花びらが5枚あるように見えますが、じつは一つの花冠で、
中心部に雄蕊、雌蕊が固まってあるようです。

園内では、チョウの姿を何度が見かけましたが、チョウとこの植物との関係は
まだわからずじまいです。こういう地味な野草は、人には、見向きされない
ものですが、(昆虫の目で見れば・・・)何か魅力的な要素があり、ひそかに
取引関係が成り立っているのかもしれません。(^_-)-☆

植物に関心がある人とゆっくりおしゃべりしながら園内を歩き、池のほとりの静かな
ベンチでランチ。こういうひと時が、人生の一番幸せな時と言えるでしょう。
山歩風景さんどうもありがとうございました!

[PR]
by tamayam2 | 2012-08-26 16:54 | たび | Comments(4)

【528】マツムシソウがそよぐ高原で

標高2000mを越す白馬の八方池付近。ここに咲くマツムシソウは、高嶺という枕詞が
ついていた。薄紫の大輪の花が風にそよぐさまは秋が近いことを思わせる。
c0128628_12553415.jpg

タカネマツムシソウ【マツムシソウ科 Scabiosa japonica Miq. var. alpina Takeda】
c0128628_125686.jpg

ここで出会ったもう一つのタカネが付く植物は、八方タカネセンブリ
あの千回振り出してもまだ苦く薬効があるという漢方薬のセンブリの親戚。
c0128628_1257226.jpg

ハッポウタカネセンブリ【Swertia tetrapetala var. happoensis】

ヒカゲチョウの仲間を2つ。
c0128628_1258633.jpg

登山道で休んでいる人の手に止まっていたベニヒカゲ
c0128628_12583079.jpg

アザミに止まっていたヒカゲチョウ

半寄生植物のママコナ。これには、深山という枕詞がついていた。
c0128628_12591851.jpg

ミヤマママコナ【ゴマノハグサ科 Melampyrum laxum var. nikkoense】
ハッポウタカネセンブリには、学名に八方がついていたが、こちらには
日光という字が見える。

栂池高原駅(839m)近辺で見たヒメウラナミジャノメ
c0128628_1305592.jpg

c0128628_1311586.jpg

バレリーナがつま先立ちして回転するように、ミントの花の上で体を回転してくれたので、表も裏もしっかり写すことができた。チョウは、表と裏の模様が違うことが多いので、
感謝したい気持ちだった。

[PR]
by tamayam2 | 2012-08-25 13:01 | たび | Comments(8)

【527】高原のチョウ

7月中旬に訪れた白馬周辺の自然に魅せられたので、家人を
誘って再訪した。ちょうど一か月ぶり。一か月経つと、高原に咲く花も
変わっている。主役の交替である。
c0128628_202729.jpg

7月にあでやかな姿を見せていた花々は姿を消し、
今は、シモツケソウ、サラシナショウマ、コオニユリ、マツムシソウ・・・
初秋の花に変わっていた。ススキも風にそよいでいた。
7月の栂池高原では、雨にやられたが、今回は幸い晴れていて、暑さとの戦い
であった。
c0128628_20273418.jpg

栂池高原で
ここで大威張りで周囲を睥睨しているのは、ミヤマシシウド(せり科)。
この植物は、昆虫の大衆食堂といった存在で、たくさんの虫たちが群がっている。
Tamayam2 は虫がとても好きなので、この植物の前では立ち止まらずにはおれない。
この植物の威容にほれぼれとする。
c0128628_20301286.jpg

ハッポウアザミ(キク科)は、なぜかうつむいている。これも高原の主役の一つ。
c0128628_20295823.jpg

ハッポウアザミに止まっているのは、ヒョウモンチョウ(タテハチョウ科)。
ゆらゆらと飛ぶアサギマダラ(マダラチョウ科)もたくさん見かけたがなかなか
止まってくれなかった。
2000mを越す高地でも飛んでいる。
c0128628_20305816.jpg

八方の町で見たのは、サカハチチョウ(タテハチョウ科)。
八という漢字が逆さまに見えるということからサカハチチョウと言われている。
高原に住むチョウ。イラクサ科のアカソという植物が食草だという。
私は、まさにアカソの生い茂る場所にいて、そこで、このチョウに出会った。
c0128628_2031557.jpg

c0128628_20322729.jpg

東京で見るチョウの数が今年は、少ないように感じていたところだったので、
長野県で元気なチョウに出会えてうれしかった。

[PR]
by tamayam2 | 2012-08-23 20:33 | たび | Comments(6)

【526】ラタトゥーユの夏

明日は、67年目の終戦記念日。お盆でお子さんやお孫さんが
大集合して、大忙しの方もおられるでしょう。ウチには、近くに住んでいる
孫がいないので、いつもと同じ静かな日常です。

以前にもラタトゥーユについて書いたことがあるのですが、我々は
一向に成長しないようで、夏になればいつも同じようなものを食べ、
暮らしております。 過去ログ:ラタトゥーユ 2010年7月 作り方はここ
c0128628_09329.jpg

夏には、十日に一度ぐらい、ラタトゥーユ(ratatouille)というメニューが
登場し、それが、スパゲッティやカレーライスに化けて・・・無くなると、
また、ラタトゥーユが登場します。
c0128628_09571.jpg

夏野菜がたくさん出回る今の時期に、とてもいいメニューだと思います。
名は何だかシャレていますが、セロリ―の葉の部分も、冷蔵庫に眠って
いるしなびた野菜も、無駄なく整理できる点が、吝嗇の私の性分に合っている
のかもしれません。
c0128628_010184.jpg

ラタトゥーユを作るのは、家人なので、たいてい鍋のそばには、
ピールのグラスが・・・。
このグラスは、0.2lという目盛がついたドイツ、ケルンの地ビール、Kölsch専用のグラスです。
「200ml しっかり入っていますよ、泡を盛り上げてゴマかしたりしませんよ」という意味で、
吝嗇なドイツ人は、中身がきちんと200ml入っていないと、金は払わないのですよ。
ビールには、金を払うが、泡には払わないと。
c0128628_0124258.jpg

暑いので、首に、水に浸したスポンジ状の布を巻いて暮らしています。
これを巻いていると、首の辺りがスース―して気持ちがよいのです。
庭に打ち水をするのと同じ原理ですね。

乾くとゴワゴワになるのが欠点ですが、なぁに、また濡らせば、元に
戻ります。原料は、水道水なので、大変経済的です。

ウチの老猫にもこのスポンジ・襟巻をしてやりました。
この暑さに毛皮のコートを着ていては辛かろうと・・・。

[PR]
by tamayam2 | 2012-08-15 00:14 | 日々のできごと | Comments(16)

【525】イチビという植物

8月15日を前に、帰省ラッシュが始まった。
病院も商店も今週は休みのところが多い。都内は、なんとなく
静かになった。

Tamayam2の日常は、ふだんと変わりがないのだが、ここ数日、
一つの物事が解決しないので、胸がつかえていた。
他人様にはつまらないことなのだが、近所の空き地に生えている雑草の
名前がわからなくて・・・気になってしかたがなかった。

はじめは、ワルナスビ等、ナス科の雑草かと思っていたのだが、
実がナス科のものではない。この暑い中を誰も水やりしない乾燥しきった
大地に、すくっと立ち、ますます勢力を広げている生命力は、ただものではない。
高さ1mほど、花は黄色、実の形がユニークで、乾くと黒色になる。
c0128628_14262991.jpg

いろいろ調べている内に名がわかった。
アオイ科のイチビという雑草。インド原産で、もともと繊維を取るために
導入されたものが、今では、全く嫌われ者、最強の侵略的外来種という
ことだ。
c0128628_14273772.jpg

何が迷惑かというと、もちろん、農地に侵入して作物を駆逐
する。また、牧草地に入りこむと、この葉を食べた牛、羊の乳の香りに
悪影響を及ぼすということだ。インド原産なら、暑さはものともしないの
だろう。

種が地面に休眠しているのをseed  bankというそうだが、この植物は
土中に20年間休眠していても、条件が整えば、再び発芽できるという。
そんな種がなぜ、Yamyam町一丁目の地面に眠っていたのか知らないが、
更地になったのを幸い、息を吹き返し、乾燥した大地に伸び伸びと成長
を続けているというわけだ。
イチビ【アオイ科 Abutilon avicennae 】

学名を見て驚いたのだが、園芸種にアブチロンという可愛い釣鐘型の
花がある。その親戚筋だったのだ。驚き!
c0128628_14273958.jpg

ご近所に、人の顔ぐらいの大きさの巨大な芙蓉を植えておられるお家
があって、通るたびにびっくりする。これは、アメリカフヨウという
外来種らしい。
c0128628_14282783.jpg

その他、最近植物園で見たアオイ科の植物たち。ハマボウは、日本固有種。
c0128628_14292190.jpg

今、日本は、世界中から園芸植物を輸入しているが、その種が地面に
落ち、何年も何十年も先、突然、息を吹き返すかもしれない。
そのとき、好意的に迎えられるか、疎まれるか・・・どうでしょうね?

c0128628_1436286.jpg

昨日、家のブッドレヤ―にチョウが止まっていました。小さ目ですが、
ヒメアカタテハのようです。

[PR]
by tamayam2 | 2012-08-12 14:30 | 日々のできごと | Comments(14)

【524】日差しが強すぎて

ここ数日は、ややしのぎやすいものの、日差しが強すぎて、
植物の撮影はかなりむずかしい。全体に白っぽくなってしまい、
White balanceを調整してもあまり満足がいく結果が得られない・・・。

一番いい方法は、コンパクトデジカメで、機械にお任せにすること。
(機械のほうが偉いなんて、なんだかイヤになりますね。)
c0128628_5423689.jpg

先日、日光植物園の園内にある古い日本家屋の縁下で、ギンパイソウ
を見た。銀杯草と書き、高さ数センチの小さな花で地覆いになるほど
横に広がっていく傾向のある花だ。以前、木曾の土産物屋の庭先
で見かけたことがあったが、これが二度目。

カンカン照りの中で地面を這うような白い花を撮るのは大変難しいが
幸い周りに人影もなかったので、地面に張り付くような恰好で撮影した。

銀杯草はギンパイソウだが、銀梅草(ギンバイソウ)というユキノシタ科の大振りな
花もあり、さらに、聖書に登場する銀梅花(ギンバイカ)というフトモモ科の植物もある。
PとBの違いなので、注意しないと・・・。
ギンバイカ → 過去ログ:2010年9月
こちらのギンパイソウは、ナス科だ。花びらが一つ一つ分かれていないで
くっついている。ナス科は、だいたいが丈夫で、クセが強いものが多い。
この花も一見可憐な感じだが、増えすぎると困りものになるのかも・・・。
ナス、ジャガイモ、トマト、ピーマン。唐辛子・・・夏の主役の野菜たち
は全部ナス科です。あ、それからタバコもナス科でした。
c0128628_5442563.jpg

さて、夏にフジの花を見かけることは特に珍しくないのでしょうが、
これは、先月小石川植物園で。
c0128628_5451824.jpg

近所で見た、サッコウフジ(醋甲藤)は、園芸種なのでしょう。
こちらは、同じマメ科でも嫌われ者のイタチハギ。6月に新潟県の山中で見ました。
イタチのしっぽに似ているような感じです。
c0128628_5461384.jpg

窒素を固定する能力があるというので、山崩れのしやすい路肩などに積極的
に植林された時期があったらしいのです。今では、増えて嫌われ者に・・・。
ハリエンジュ(マメ科)などと同様に、侵略的外来種ワースト100に入れられて
いるようです。 (人間は、勝手に珍重したり、軽んじたりするのですね。)
c0128628_5472739.jpg

我が家で今満開なのが、このブッドレヤー(フジウツギ科)の植物。
もちろん、蝶を呼ぶために植えているのですが、今年は、例年に比べて
訪れるチョウの姿が少ないように思います。
c0128628_5474940.jpg

これは、草むら見かけたトリコロールの葉。(フウロソウの葉か何か?)

暦の上では立秋ですから。紅葉の一部が始まっているのかもしれません。

[PR]
by tamayam2 | 2012-08-10 05:49 | 日々のできごと | Comments(8)

【523】アジサイの仲間たち

アジサイのころ、鎌倉にアジサイを見に行った。
都会で園芸用に改良されたアジサイをたくさん見たけれども、
山地にもいろいろなアジサイがあることを知った。
c0128628_17324329.jpg

最近、出かけた日光植物園では、タマアジサイの蕾がかわいらしかった。
球の中に花全体をぎっしり籠めて、ほどけると、中から花が現れる。
その頃にまた再訪したいものだ。
c0128628_17334991.jpg

コアジサイもまだ蕾だった。薄紫の細かい花がじき咲くだろう。ギザギザの葉っぱもきれいだな。
c0128628_17342795.jpg

ノリウツギ(糊空木)もアジサイの仲間。チョウが止まっていたが、
羽が少し痛んでいるようだった。
c0128628_17345468.jpg

栂池で見たのは、ツルアジサイ。シラカバの木にまつわりついている。
秋になれば、きっと紅葉が美しいに違いない。
c0128628_17351341.jpg

八方尾根でよく見かけたカラマツソウ。白く、繊細な花びらが美しい。
c0128628_17353353.jpg

たった一つしか見つけられなかった花は、ミヤマダイモンジソウ(深山大文字草)。
ユキノシタの仲間で、花びらが大の字のようだから、大文字草と呼ばれる。
園芸種がたくさん出回っているが、自生しているのを見たのは初めて。
c0128628_17373670.jpg

もう一つ、ちょっと珍しかったのは、チャボゼキショウ(矮鶏石菖 ユリ科 )。
c0128628_17371136.jpg

コットン・ボールのようなワタスゲ
風になびいている姿はユーモラスで、滴る汗も引っ込む感じ。
c0128628_1738127.jpg

ワタスゲの野には、ハクサンチドリコバイケイソウが混生していた。
こんなに多くの植物に恵まれて・・・日本の草原や山はすばらしいなぁ~と
思わずにはおれません。

[PR]
by tamayam2 | 2012-08-04 17:39 | たび | Comments(10)