<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ケセン語訳聖書

c0128628_7243749.jpg

ケセン語ってご存知でしょうか?

東北地方の宮城県気仙沼市近辺の方言というより、
岩手県陸前高田市、大船渡市辺りの方言をケセン語
言うようです。
ここに長年住み、医院を開業している
山浦玄嗣(はるつぐ)というお医者様がおられます。

この方は、土地の人に聖書の言葉を伝えたくて、
ケセン語訳聖書(4つの福音書)を出版されました。
震災の起こるずっと前のことです。
c0128628_726884.jpg

聖書の中の言葉、例えば、
「心の貧しい人は、幸いである。天の国は、その人たちの
 ものである。」 マタイ5章3節  新共同訳

ケセン語訳では、このようになります。
「頼りなぐ、望みなぐ、心細い人ぁ、しあわせだ。
 神様の懐に抱がさんのぁ、その人達(ひだぢ)だぁ。」

心の貧しい人とは、だれのことだろう?
凡人には、よ~くわかりません。でも、この訳なら
わかります。
「頼りなぐ、望みなぐ、心細い人」のことなんですね。
震災後の日本人は、みな「心貧しい人」です。

山浦氏は、震災後、とても有名になられましたから
ご存知の方もおられるでしょう。ケセン語のことは
こちら のページがくわしいです。または、こちら。
大震災に遭われた方々の中にこんな方がおられたのですね。

聖書のような世界中の人が知っている書物を、
ギリシャ語から、ケセン地方の庶民、だれにでもわかる言語に
意訳して、伝えようするその情熱はどこから来るのでしょうね。

翻訳の言葉は、とかくわかりにくいもの。掻痒隔靴(そうよう
かくか・・・靴の上から痒いところを掻くようなもの)の感が
あります。でも、山浦先生のケセン語の聖書は、ケセン語の人
たちに直接訴えかけるわかりやすさと温かみがあります。
c0128628_728892.jpg

山浦先生のことを知ったのは、
最近出版された「イエスの言葉 ケセン語訳」
文春文庫839 2011年12月20日出版で。

東北地方の方だけでなく、日本語の豊かさに関心のある
方々に読んでいただきたい一冊です。
[PR]
by tamayam2 | 2012-01-25 07:30 | 日々のできごと | Comments(18)

ハリス・ツィード

イギリスのスコットランド地方にハリス島という島が
あって、そこで織られるホームスパンのウールを
ハリス・ツィードという。ザラザラ、チクチクとした素朴な織物
なのだが、何年も着古すと、何ともしっくり肌になじんで、
着心地がよくなるらしいのだ。英国王室から特別な商標を
頂いて保護されている。


c0128628_18361753.jpg
私の亡父は1953年、
今のエリザベス女王
の戴冠式に渡英し、
そのまましばらく
ロンドンに住んでいた。
当時、ロンドンで
購入したハリス・
ツィードのジャケットを
帰国後も愛用していて、
亡くなるまで20年以上も
着続けていた。

袖口は擦り切れ、肘も薄くなり肘宛てを当てて補修しながらも、いつもこの
ジャケットを羽織って犬の散歩に出かけていた。
今のように、フリースだとか、羽毛の軽いジャケットのない
ころである。
(最近では、重いウールのオーヴァーを着る人が少数派になった。)
c0128628_1843540.jpg

いつのころからか、家には、ハリス・ツィードのジャケットが
2着あって、紳士物なのだが、私も着たいと思うようになった。
一つは、ちょっと肩のところを婦人物に直せば、着られそうなの
で、どこかで紳士物の古いジャケットを修理してくれるところが
ないか・・・と探していた。
c0128628_18433690.jpg

急ぐ用でもないので、しばらくハンガーに掛けたまま、放置
されていた。外出の度に、たしかこの辺に古いタイプの
テーラーがあったはず、と思いつつ歩いた。が、Yamyam町近辺
には、もうそういうオーダー服を扱う店は皆無なのだった。
(テーラーばかりでなく、豆腐屋、魚屋すら姿を消しつつある。)
c0128628_1844371.jpg

駅前の商店街には、AOKIという既成の紳士服を売る量販店が
でき、ビジネス・スーツは、既製服で十分間に合う時代に
なったのだ。
(だれが、古い上着を修理してまで着るか!?)

昨日、池袋の住宅街を歩いていたら、小さい構えの店ながら、
「紳士服、婦人服のオーダー、修理承ります・・・」という看板
を見つけた。おそる、おそるベルを押して、事情を話すと、
「ハリス・ツィードなら何年でも着られますとも、もったいない。
是非お持ちなさい」と年配の主人が言ってくれた。

古いものをさっさと捨てるのは簡単だし、断捨離(だんしゃり)
が潔しとされる今の風潮には、古いものに恋々としているのは
恥ずかしいことであるのだろう。しかし、古いものを大事に
するこういう職人気質の人に出会えて、昨日は、本当に
胸がすく思いがしてうれしかった。
(註:断捨離とは、断る、捨てる、離れるの意味
  老年になったら心がけることと言われている。)

c0128628_18444112.jpg

写真は、昨年12月に出かけた伊豆高原シャボテン園で。
くちばしが大きい鳥は、シロムネオオハシ
シロムネオオハシ【白胸大嘴 キツツキ目オオハシ科
         Ramphastidae Vigors 英 toucans】
中南米産

鶴のような鳥は、ホオジロカンムリヅル
ホオジロカンムリヅル【頬白冠鶴 ツル科 Balearica regulorum】
アフリカ産 ウガンダの国鳥。

シャボテン園では、いくつかの鳥が一定区域に放し飼いに
されており、観客は通路から眺めることができるのがいい。
シャボテン類もどれもよく手入れされていて、その豊かな
生命力を存分に味わうことができる。
[PR]
by tamayam2 | 2012-01-20 18:46 | 日々のできごと | Comments(21)

六本木で浮世絵を見る

先週、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで
浮世絵を見ました。浮世絵と言っても、おとなしい風景画とか
美人画ではなくて、まぁ、驚くような豊かな発想の、
奇想天外、江戸時代の戯画、漫画といった感じの浮世絵なんです。
歌川国芳展
歌川国芳展の HPはここ
c0128628_14203915.jpg

下は国芳の作品。三部作で、初公開です。「たとゑ尽の内」
c0128628_14281630.jpg


ポーランド、クラクフでは、浮世絵のことをManggha(漫画)
と呼んで展示しているマンガ・日本美術・技術センターがあり、
前にご紹介したことがあります。
過去ログ:2005年7月 Manga・ Manggha
六本木の会場で展示されている作品数は膨大。
人の頭越しに絵をちらっ、ちらっと見せていただくような塩梅
でしたが、2月12日まで開催中です。なるべく平日に
お出かけください。

昨年ご紹介したメタボリズムの展覧会も同じ場所
でやっていましたが、入場料は別です。
過去ログ:2011年11月 メタボリズム 浜離宮にて
c0128628_1456097.jpg

六本木ヒルズは、元毛利家のお屋敷があった跡地なのでしょう、
毛利庭園という和風庭園もその中心にありました。
c0128628_14254873.jpg

これは、10mを越える巨大なクモの彫刻。昆虫好きには
面白いです。
”ママン” 2002年 ルイーズ・ブルジョア作
c0128628_14461796.jpg

六本木駅の近く、伊太利屋の店先では
ドでかいトラが通行人を睥睨(へいげい)していました。
ネコ類は、何でも好きですが、こりゃ、ちと怖いなぁ。

訂正)Blog仲間のアンデレさんから、ご指摘を受けました。
    この動物は、トラじゃなくて、ヒョウかピューマですって。
    そうですよね。こんな基礎的なこともわすれて・・・
    この店のファッションには、ヒョウ柄のものが多いのです。
    どんな女性でもヒョウ柄を身につけると、ちょっと小悪女に
    見えます・・・
c0128628_14301721.jpg

ヒルズの屋上庭園で見た冬の薔薇。寒いのに
健気に咲いていました。

まだまだ冬の寒さは続きそうです。みな皆様、どうか
風邪など寄せ付けず、お元気で!
[PR]
by tamayam2 | 2012-01-19 14:35 | 日々のできごと | Comments(12)

原宿の風景

先日9日、明治神宮へ行ったとき、代々木口から入って、
原宿口から出ました。
私のような世代の者には、原宿は“お呼びではないヨ”と
言われそうな町だと思っていましたが、雑踏の中にも自然が
あり、なかなか興味深かいところでした。
c0128628_1073028.jpg

駅前の歩道橋から見ると、まぁ、日の丸がだくさん!
成人の日は、国民の祝日でしたね。
元旦も昔は、どの家も国旗を出していたものですが、
ウチの近所では、たった一軒のお宅だけでした。


c0128628_1083232.jpg

原宿の駅舎は、洋風の建築、大正10年(1921年)の
木造建築です。ハーフティンバーという様式だそうです。
休日とあって、駅の前は若い人でいっぱい。特にアジアからの
若者の声が響いておりましたよ。
c0128628_1092783.jpg

有名な竹下通りは、狭い路地を埋め尽くす人の波。
外国人のメディアの人がカメラを構えて雑踏の
様子を撮影していました。 (どこの国の記者なのでしょうか。
竹下通りがニュースになるのですね。)


表参道は、外国のブランド品の店ばかり。だらだらと
下って行き、神宮前の交差点を渡った辺りは、ちょっと
面白い店が点在していました。
c0128628_10112571.jpg

c0128628_1012764.jpg

この店は、Think!という健康志向の靴屋さんらしい
ですが、店の前にクロガネモチの木があって赤い実が
たわわになっていました。壮観なので見とれておりますと、
店の屋根を覆うようなヤマホロシのつる草に紫色の
花がちらほらと見えました。冬なのにナス科の植物が
咲いているとは、いい眺めでした。
c0128628_1013519.jpg

この辺りの路地は、キャット通り というそうですが、
私が通ったときには、キャットは見当たらず、
その代わりにおっしゃれな犬を見ました。真珠の
ネックレスをしていましたから、女の子なのでしょう。
(おっぱいも見えますので、成犬ですね。)


この路地の道を挟んだ向い側は、昔「原宿セントラル
アパート」があった辺り。4月ごろには、大人向けの
ショッピングモールがオープンするとか。
表参道から青山通りにかけて、ケヤキ並木が美しい
道です。楽しみにしましょう。
[PR]
by tamayam2 | 2012-01-13 10:15 | 日々のできごと | Comments(8)

成人の日、明治神宮にて

成人の日は、1月15日だとばかり思っておりましたが、
何年か前から、15日に近い月曜日に変わったのでした。
道理で、先週の週末に知人に電話してもだれ一人在宅して
いないのです。
「三連休ですよ!」と言われてはじめて気づいたのです。
なぁんだ、Long week-endだったのですね。
c0128628_16235389.jpg

9日(月)に散歩を兼ねて、明治神宮の宝物殿の近くへ
出かけました。その池に、昨年は、オシドリ
いたことを思い出したのです。
はたしてカモに混じってオシドリが数羽おりました。
昨年より数が少なかったです。
c0128628_16222613.jpg

♂はこんなに着飾っておりますのに、♀は、とても
地味な装いです。
c0128628_16231229.jpg


明治神宮の社殿で見た美しい女性。
二十歳の女性というのは、華ですわね。


c0128628_16245556.jpg

親御さんと、お友達同士で、あるいは、ボーイフレンドと・・・
どの娘もみな輝いて見えましたよ。
c0128628_16254380.jpg

正装の男の子も見ましたが、やはり、女の子の
存在感にはかないません。衣裳の問題ではなく、
女の子のほうが、堂々とした印象でした。どうして
なのでしょうかね。
c0128628_1626985.jpg

宝物殿の裏手では、小笠原流という礼法の一、弓道の
大会が行われるらしく、立派な装束の弓道の方々が
会場に移動するのを見ました。小笠原流と聞いただけで、
背筋がピーンとしませんか?
c0128628_16264084.jpg

私は、礼法の方々の間をすり抜けて、こそこそと
原宿方面へ。やはり、日本古来の礼法がちゃんと存続
しているのですね。
[PR]
by tamayam2 | 2012-01-10 16:27 | 日々のできごと | Comments(10)

新年のWAKO

今日は、1月7日、七草粥を食べる日ですね。
松飾りは、そろそろ片づけるのでしたっけ。
ドイツでは、1月6日は公現日(Epiphany)。
この日に、クリスマス・ツリーなどを片づけます。
c0128628_17121713.jpg

6日に、ちょっと銀座四丁目を通りましたので、
定点撮影のWAKOのディスプレーを撮りました。
交差点を渡るときに、薄墨で書いた怖い目が
2つギョロリとにらんでいるように見えました。
大きな屏風に書いた竜眼のようであります。
その裏に大きな白い竜がひそんでいて、こちらが頭。
c0128628_171316.jpg

こちらが尾のようです。コントラバスを運搬するのは
大変ですね。人の背より高いし、タクシ-には乗らない
でしょうね。器楽はいつも旅をしている、とオーケストラの人
に聞いたことがありますが、いやぁ~こんなデッカイ楽器を
選んだ人は、本当に偉い!オーケストラにバスが入ると、
ぐっと引き立つのですね。無いと困る楽器なんです。
c0128628_17134734.jpg

赤い球には、2012の文字が見えました。非常に
凝っていますね。大胆で、愉快。



c0128628_17143699.jpg



ヤマノ楽器と木村屋を過ぎますと、さて、御木本の空間
です。これが、またすごい。
生け花なのですが、平面の池のような水盤には、
梅と菊のアレンジ。本物の花ですよ。
垂直の長いパネルは、やはり昇り竜でしょうか。
日本地図のようでもあります。
c0128628_17152873.jpg

浅黄色、白、黄金色の美しいキクでできています。
静かな画面ですが、日本的な美しさにあふれ、
立ち止まってカメラを向けている人もいました。


c0128628_17155649.jpg

WAKOも御木本も、やるなぁ~

今年も銀座4丁目の二つのディスプレーをご報告
いたしましょう。楽しみにしていてください。
[PR]
by tamayam2 | 2012-01-07 17:17 | 日々のできごと | Comments(12)

静岡県伊東市にて

伊東駅から海岸のほうへ歩いていくと、なぎさ公園があり
地元の彫刻家のすてきな作品を見ることができる。
c0128628_11314418.jpg

この精悍な若者は、William Adams(1564-1620) 
英国人、というより、日本では、家康に見込まれて日本の武士に
なった、三浦 按針(あんじん)と言ったほうが、通りが
よいだろう。彼はここに、ドックを造り、日本で初の帆船を
建造したのだそうだ。(1604年)

10年ほど前に、ニュージーランドの高校の先生が来られ
按針のことを調べておられた。高校の教科書に彼のことを
書きたいと言っておられたので、私は、三浦半島の安針塚
にご案内した。 (伊東にご案内すればよかったなぁ~)

ニュージーランドの高校生に、海の向こうの未知の国に
出かけていって数奇な人生を送った男の話がどのように
受け取られたのか・・・私にはよくわからないが、人生には
冒険の精神が必要だと言いたかったのかもしれない。
c0128628_1133095.jpg

海に注ぐ川べりを歩いていたら、野鳥が群れている場所が
あった。温泉の水がそばの旅館から流れ込む排水口の近く
で色とりどりのコイが泳いでいる。カモもいる。コサギ
ゴイサギも見える。やはり、温泉のお湯の流れ出る辺りが
やや温くて気持ちがよいのだろう。この辺りは、海に近く、
海水も流れ込んでいる辺りなのに、コイが泳いでいるとは、
不思議に思った。
コサギ
c0128628_11335655.jpg

ゴイサギ
c0128628_11342051.jpg

道路の中央分離帯に植えられていたキダチアロエ。都内では
あまり見かけられない花がいっぱいついていた。やはり伊豆半島は
暖かいのだなぁ。
キダチアロエ【木立アロエ アロエ科 Aloe  arborescens】
c0128628_1135813.jpg

別名“お金のなる木”と呼ばれるカゲツ(花月)。
カゲツ【花月 ベンケイソウ科 Crassula portulacea】
俗っぽい名に似合わず、よく見れば上品な愛らしい花。
アロエと共に、多肉植物の一種だ。
c0128628_11352426.jpg

[PR]
by tamayam2 | 2012-01-03 11:39 | たび | Comments(22)

伊豆高原 大室山

明けましておめでとうございます。
いよいよ2012年の幕開けです。
今年もまたBlogを通じ、たくさんの方々とおしゃべり
するのを楽しみにしております。どうぞよろしくお願い
いたします。

Tamayam2は例年、新年には、近場の山に登ることに
しているのですが、今年は、元旦が日曜日。
キリスト教徒でありますので、元旦礼拝に出るため、
暮れに伊豆高原にある標高580mの大室山(おおむろやま)
に登ってきました。しかも、リフトを使って登山・・・。
大幅な手抜きです・・・。

言い訳がましくなりますが、この山は、徒歩での登山が禁止
され、リフトでしか山頂に行けないのです。3400年前に
火山によってできたスコリア丘です。
(ふっふ、我ながら良いところを見つけたものだ!)
c0128628_11465290.jpg

山の麓にあるシャボテン公園から見た大室山。
お椀を伏せたような丸い形で、一面ススキのような植物で
覆われていました。樹木などが無い不思議な小山です。
c0128628_11474571.jpg

山頂から富士山も見えたことは見えたのですが、あいにく
富士山の頭を覆う雲が垂れこめ・・・めでたさも半減です。
c0128628_11482311.jpg

海側へと目を転じると、伊豆七島が遠くに見晴らせ、
すばらしく大きな景観が広がっていました。
噴火口の周りを一周しても小一時間、気持ちのよい汗を
かきました。
c0128628_11484966.jpg

下界に戻って伊東の町をぶらぶら歩き。
松川沿いの遊歩道では、野鳥を見ることができました。
c0128628_11493190.jpg

c0128628_11495264.jpg

上から、トビ(タカ科)、ハクセキレイ(セキレイ科)、
ハジロイコチドリ(チドリ科)でしょうか。

訂正)最後の画像は、イソシギ(シギ科)であるとnenemuさんからご指摘
    をいただきました。nenemuさん、ありがとう。

縁起のよい初夢は、一富士、二鷹、三なすび。
この日私が見たのは、一富士、二トビ、三シャボテンです。

2012年もみな皆様にとって、よいお年でありますよう!
[PR]
by tamayam2 | 2012-01-02 11:52 | たび | Comments(8)