<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

六月の終わりに

今年の6月は、3組のお客様を蓼科の別荘にご案内した。
温泉、新緑、BBQを楽しんでもらえ、楽しく過ごせた。
梅雨の天候は不安定だ。空のご機嫌をうかがい
ながら・・・祈るような気持ちだったが・・・なんとか!

それが、昨日から、東京は、急に真夏の太陽が照りつける
夏日になった。
定期的に出かけている豊島区の小道。数週間見ないうちに
夏の花々が咲き、チョウさえ舞っているではないか。
c0128628_1091013.jpg

ネムノキは少し盛りを過ぎているのか、柔らかい綿のような
花をたくさん落としていた。
ネムノキ【合歓木 マメ科 Albizia julibrissin】
c0128628_1094524.jpg

ビワ【枇杷 バラ科 Eriobotrya japonica】
バラ科というのも意外。Japonicaというのも意外。

よく見かける園芸の花、やっと名前がわかった。
c0128628_10111490.jpg

タイワンレンギョウ【台湾連翹 クマツヅラ科 Durantarepens】
モンシロチョウとハチがたくさん群れていた。
クマツヅラ科の植物は、だいがいチョウのお気に入りです。
これも、クマツヅラ科
c0128628_10114950.jpg

ランタナ【七変化 クマツヅラ科 Lantana camera L.】
チョウが大好きな花。今年初めて見たアオスジアゲハ
c0128628_101232100.jpg

ブッドレヤを植えておられる民家がある。
きっとチョウが好きな人ですよ。
ブッドレヤ【フジウツギ科 Buddleja davidii】
学名から見るとハンカチの木のダヴィド神父の発見した木
ですね。西洋でも野原や鉄道線沿いによく見かける雑木。
よく見れば、きっとチョウが群れているのです。

「ここにチョウがいますよ!」と告げているような木です。
ナミアゲハが忙しく飛び交いながら吸蜜していました。
c0128628_10141743.jpg

この花は、シモツケ。さすがに日本的ですね。
シモツケ【下野 バラ科 Spiraea japonica】
by tamayam2 | 2011-06-29 10:15 | 日々のできごと | Comments(12)

6月の森

先週14日、北八ヶ岳、国道299線沿いにある白駒池
友人を案内した。標高は2100mを越え、亜高山地帯らしい
景観が広がっている。コメツガ、トウヒ、シラビソの針葉樹が
生い茂り、やっと芽吹きが始まったばかりの木もある。
別荘のある標高1200mあたりとは別世界。
c0128628_8185512.jpg

高い木が枯れ、倒木した後に苔が生し、そこに日が差し込むと
また新しい命が倒木の上に芽生える・・・生態学では、
倒木更新(とうぼくこうしん)と言うそうだが、太古の森の姿
を見るようだ。
ここで見た花は、ウスバスミレという丸い葉のスミレと、
コミヤマカタバミ



c0128628_8195240.jpg
この鳥は、
コサメビタキ
かもしれない。

訂正:
Shibataさんに
教えていただき
ルリビタキの
メスと判明。
ありがとう
ございました。


美しい声で
鳴きながら
木々の間を
飛んでいた。

















c0128628_8204998.jpg

ネットのように横に張っているシラビソの葉。
池は静まりかえり、水鳥が人の姿を認めるや、遠くから
ツーと泳いできた。

近くの麦草峠(2127m)は冬季には、積雪で通れなくなる。

長野県で見た6月の樹木たち。
c0128628_8213515.jpg

ウリハダカエデ(カエデ科)の若い実。

c0128628_822650.jpg

リョウブ(リョウブ科)この木は漢字で書くと令法。
むかし救荒植物として、政府が積極的に植えるように命令を
出したからという。葉が食べられる。

c0128628_8223484.jpg

ガマズミ(スイカズラ科)の赤い実がもうなっていた。

c0128628_823101.jpg

ゴンズイ(ミツバウツギ科)の若い実も。
秋になれば紅葉の錦繍がまばゆい森だが、その花、実などを
しっかり見ておきたいと思って・・・。

でもまだなかなか覚えられない。
間違っていたら、ご教示ください。
by tamayam2 | 2011-06-21 08:25 | たび | Comments(22)

東御苑のハナショウブ

このところ梅雨特有のうすら寒い日が続いている。
Yamyam町を歩いているとどこのお宅にも
アジサイが咲いている。ピンクや、白っぽい青や、目のさめる
ような青や紫。このごろは、西洋アジサイ系のものも多く、、
それぞれに美しい。
c0128628_21352338.jpg

しっとりと水分を含んでいるようで、Hydorangeaという
学名が頷ける。Hydorangeaは水の容器という意味。
c0128628_21355319.jpg

花びらに見えるピンクのものは、花びらではなくて
ガク。中心の粒々したものが本物の花。つぼみから
青い小花が噴き出ていて宝石のように輝いている。
c0128628_21362684.jpg

平川門から入って、大手門へ抜ける道すがら、野草の
茂る小道が野放しにされている。それが素敵だ。
オカトラノオ【丘虎の尾 サクラソウ科 
              Lysimachia ciethroides】
c0128628_21371395.jpg

ナデシコ【撫子 ナデシコ科 Dianthus
           Superbus var. longicalycinus】
秋の七草が今ごろ咲いている。
c0128628_21374796.jpg

菖蒲園に着いたら、ポツリポツリ降ってきた。
雨傘をさした人々も菖蒲園にはよく似合う。


c0128628_21383433.jpg



























たくさん咲いている花ショウブのうち、私は、この赤紫の
花を「Queenだぁ」と思わず言ったら、
同行者は、こちらの白い花を選んだ。


c0128628_21403628.jpg














よく見ると花びらの淵に紫色の縁取りがあって、
とてもシックな品種だった。
こちらは、さしずめ「Prince」かな。

こういうものの品種改良には、たくさんのプロの技術
が生かされているに違いない。外国人も感心して見ていた。
c0128628_21423619.jpg

大手門の出口のそばで見たナツツバキ
清々しく可憐な花、白い花びらにポォーと紅をさした
ような赤い染めがある。こちらは、浴衣を着た
日本のお嬢さんですね。
ナツツバキ【ツバキ科 Stewartia pseudo-camellia】
別名:シャラノキ
by tamayam2 | 2011-06-19 21:47 | 日々のできごと | Comments(10)

新しい酒は新しい革袋に

ここ数日更新が滞っていたのは、私のパソコンが
いよいよ老化したので、Windows7に変えたからだ。
c0128628_22574262.jpg

On lineで注文して移行作業は簡単に済むと思ったら、
ところがどっこい、そうは問屋がおろさない。
c0128628_2259757.jpg

以前使っていたモニターでは、表示できないというので、
大型のモニターに買い替える。
キー・ボードやマウスもうまく認識してくれないので、
この際、ワイヤレスに変える。
そうこうしている内に8年間愛用していたパソコンが
新しい機械にヤキモチを焼いたのか、OSが立ち上がら
なくなってしまい、データ移行がうまくいかない。


c0128628_22595893.jpg



























無くして困るデータが特に多いわけではないが、急な
態度の豹変には信じられぬ思い・・・。
やはり、機械であっても、古いものから新しいものへ
乗り換えるときには、余計な気を遣ってしまう。


c0128628_231630.jpg



























プロの人に来てもらって、なんとか移行作業が完了した。
新しいWindows7はサクサク動くが、以前のXPと
違ってツール・バーの仕様も変わっているし、慣れないこと
おびただしい。
c0128628_2334619.jpg

そう言えば、新しい酒は新しい革袋に入れるものだ
聖書に書いてあった。一つを新しくするとそれに付随する
アレコレのものもそれに見合ったものに変えなくては
ならないのだろうね。それにしても、ものいりなこと。
c0128628_2341967.jpg

6月に入って出かけた信州の植物の補遺を、新しい機械
から恐るおそる初投稿してみた。

More 植物のあれこれ
by tamayam2 | 2011-06-18 23:16 | 日々のできごと | Comments(18)

新緑のころ

先日都内を散歩していたら、ケズメリクガメという
体長1m近い亀に出会った。
過去ログ:犬も歩けば・・・6月2日
c0128628_73553.jpg

昨日14日、長野県蓼科のメルヘン街道沿いを車で
走っていたら、崖にニホンカモシカがいて、
こちらをじっと見下ろしていた。
樹木の若葉をおいしそうに食べていた。
蓼科近辺では、ここ数年来、シカカモシカ
食害被害が問題になっている。
最近大型の動物が人里によく現れるらしいのだ。
日本カモシカは、ブナ、ミズナラなどの落葉広葉樹林帯に住んでいる。
この崖は、ミズナラが茂る雑木林だった。
ニホンカモシカ【日本羚羊 ウシ科 Capricornis crispus】
c0128628_735341.jpg

うす曇りの日が多かったせいか、チョウ類はまだあまり
見かけませんでした。
蓼科湖のほとりでみたウスバシロチョウ(アゲハチョウ科)
ギョロ目が羽について、にらまれているみたい。


c0128628_743798.jpg
























水辺で見たクリンソウ、日本産のサクラソウですね。
クリンソウ【九輪草 サクラソウ科 Primula japonica】
c0128628_75508.jpg

こちらのサラサドウダンは、多分園芸種。
そば屋の玄関先で見ました。

名前の調べがつかない虫たち。


c0128628_761036.jpg











c0128628_762974.jpg













新緑は、まだ虫に喰い荒らされてはいません。
虫たちは、これから本格的に活動を始めるでしょう。
いよいよ虫の季節が来ると思うと、
tamayam2は、心踊ります。
by tamayam2 | 2011-06-15 07:13 | たび | Comments(16)

入梅時の同窓会

学生時代の友人で長らく外国に住んでいる友が
一時帰国している。
その人が帰って来たら、いっしょに小旅行する仲間が
いて、先週、信州に出かけた。

よく考えてみると、この仲間との旅は10回目、
10周年記念だった。
私が抜けた年もあったし、昨年は、友人の一人が
大病して不参加だった。
ことしは、全員そろったので、ことのほかうれしい。

別に特別なことをするわけではないのに、次から次へ
おしゃべりがはずむ。同世代の友人は、いいものだ。
別荘の近くで見た6月の植物たち。
c0128628_7125682.jpg

ミヤマザクラ【深山桜 バラ科 Prunus maximowiczii Rupr.】
野生の春遅く咲くサクラ。香り高く、気品がある。かなりの高木。
c0128628_7132454.jpg

どこでもよく見かけたのは、野生のフジ
ヤマフジ【山藤 マメ科 Wisteria brachybtrys】

c0128628_714791.jpg

ヨーロッパでよく見かけた西洋ヤマナラシ、別名、ハコヤナギ
春先に綿毛がフワフワと飛んで、窓を開けていると、
コンピュータにくっついて困った。
ヤマナラシ【山鳴らし ヤナギ科 Populas tremula var. sieboldii】

ヤマという接頭辞尽くしの最後は、
c0128628_7143448.jpg

ヤマボウシ【山法師 ミズキ科 Benthamidia japonica】
星を散りばめたような薄緑色の花がかわいらしかった。
c0128628_7151868.jpg

レンゲツツジ【蓮華躑躅 ツツジ科 Rhododendron molle sp. japonicum】
花の付き方が軸を中心に八方に蓮華咲きに咲く。
信州では、この時期よく見かける。有毒なので、
牧場の馬や牛が食べないため、群生しているところもある。
c0128628_7165443.jpg

キショウブ【黄菖蒲 アヤメ科 Iris pseudacorus】
いま、どこでもジャーマン・アイリスが見られるが、こうした
和風の菖蒲はなかなか風情がある。

梅雨の間は、雨が降って往生することもありますが、
カーッと照りつける暑さの前に、植物も人間もちょっと
一息ついているようです。
by tamayam2 | 2011-06-13 07:20 | たび | Comments(8)

西東京市の演習林

6月に入り蒸し暑い日が数日あった。そして、
いまは大雨が降り始めています。
先週、都会で見かけた6月の樹木たち。

東京の西の方に西東京市、という名前の市が
あります。え?何?と思われるかもしれませんが、
にしとうきょうしと読みます。田無市と保谷市が
合併してできました。確かに東京の西の方に
位置していることはその通りなのですが、なんとなく命名した人の
気負いが感じられておかしいです。

北口に東大農業演習林があるというので、行ってきた
のですが、森林の奥には入れず、途中まで入ることが
できました。
c0128628_228873.jpg

光が透けた新緑の美しいこと!
ハクモクレン【モクレン科 Magnolia heptapeta】
c0128628_2283394.jpg

ミツバウツギ【三つ葉空木 ミツバウツギ科 
               Staphylea bumalda】
実がふうせんのように膨らんでいて、ハート形。
c0128628_2292367.jpg

ケムリノキ【煙の木 ウルシ科 Cotinus coggygria】
最近人気があるらしく、公園などにも植えられている。
細かい花が集合しているのだが、けむりのように見える。
c0128628_2294338.jpg

クワ【桑 クワ科 Morus bombycis】
演習林の脇に植わっていたが、昔、養蚕がさかんな土地
では、よく見かけた。
c0128628_22101830.jpg

アジサイに止まったアゲハ。
アジサイ【紫陽花 ユキノシタ科 
Hydrengea macrophylla】
アジサイの葉は有毒なので、料理の盛り付けなどに
使わないようにね。ササやモミジならいいですね。

c0128628_2211064.jpg

トホシテントウ【十星天道 テントウムシ科
                 Epilachna admirabilis】
じゃないかと思うのですが、点々がいくつあるか・・・?
よくわからない。

一雨ごとに緑が濃くなっていく。まだやぶ蚊も出て
おらず、こうした何も無い演習林の中を歩くのは、
けっこう愉快でした。
by tamayam2 | 2011-06-05 22:14 | 日々のできごと | Comments(20)

犬もあるけば・・・

6月に入りました。なんだか薄ら寒い日が続いて
いますが、みなさま、体調をくずされないように。

犬も歩けば棒に当たる・・・
Tamayam2も歩けば、ちょっとおもしろいものに
出合った。先週都内で見かけたもの。
c0128628_9241065.jpg

1.文京区のH邸に行った帰り道、神田川沿いの遊歩道で
  カメを散歩させている人を見かけた。
  驚いたの、なんのって!
  けっこう速いスピードでしっかりと歩いていた。
  後ろ足には、靴をはかせてもらって・・・!?
  ケヅメリクガメ【蹴爪陸亀 リクガメ科】
アフリカのサバンナ地帯がふるさと
草食性で、飼育しているBloggerによれば、一日に
チンゲン菜3束、小松菜1束、トマト、果物など
与えているという。家が広くないと飼えないだろうな。
c0128628_9243360.jpg

2.豊島区の住宅街で、見かけたネコ。
  飼い猫なのだろう、落ち着いていて朝の散歩を
  楽しんでいた。ウチのネコも首輪なし、衣装なし・・・
  生まれたまんまの姿で近所を歩きまわっている。
  パンツも靴も買ってやったことがないのに、自分で体を
  なめていつも身ぎれいにしている。暑さ、寒さにも耐え、
  文句も言わず、自分なりに対処していることを思えば、
  クールビズとかなんかと騒いでいる人間がおかしい。
c0128628_9251724.jpg

3.ジャノメチョウの一種
  新宿御苑の親と子の広場付近で
c0128628_9254065.jpg

4.エケベリアという多肉植物。近所の方にいただいた鉢植え
  の植物から、茎が急に立ち上がってきれいな花が咲きだした。
  多肉植物は、初めての経験。手間がかからないのに、
  花は、意外に繊細で、気に入った。
  エケベリア【Echeveria elegans ベンケイソウ科】
c0128628_9264163.jpg

5.タイザンボク【泰山木 モクレン科 Magnolia grandiflora】
新宿御苑大木戸門の近くで
  今年は、ユリノキ、ホオノキ、タイザンボクとモクレン科の
  大きな花々を見ることができて幸せだった。タイザンボクの花
  は香りがすばらしい。
  ふつうは、高木の高い位置に咲くのだが、この木は、目の高さで花を
  見ることができた。
by tamayam2 | 2011-06-02 09:29 | 日々のできごと | Comments(20)