<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ドイツの町(1)リンブルグ an der Lahn

2004年から2007年まで、私はドイツで仕事をして
いたのですが、そこで、個人的な友人を得るなどとは
思ってもみませんでした。仕事が忙しかったし、週末は
自分の趣味である植物関係の施設めぐりをしたりで、
一人で過ごすことが多かったのです。
それが、どういうはずみか、植物に非常に造詣深い同年輩の
女性と親しくなり、お付き合いが帰国後も続いています。
まことに、不思議なご縁です。
c0128628_23453599.jpg

今回も、彼女のお誘いを受け彼女のお宅に泊めていただき、
到着した翌日、ご希望に応えて寿司Partyを催しました。
共通のドイツ人の友人4人をお呼びして、8人分です。
米、ちらし寿司の具、寿司酢などは日本から持参しました。
現地にあるものも加えてけっこう盛りだくさんな具の
ちらし寿司ができ、皆さんに満足していただけたようです。
寿司と言えば、太巻きや江戸前寿司のような形しかイメージ
のないドイツ人に、これは、「家庭でのお集まりスタイル」
と説明しました。Gemuse Salat(やさいサラダ)とどう違うの?
と言われると説明に窮しますが・・・。
特にスポンジのようなテクスチュアの高野豆腐が好評でした。
それと、ご希望のあった、田楽。コンニャクとナスを串に刺し、
既製品の練り味噌を塗って、お出ししました。カロリー・ゼロの
コンニャクもテクスチュアを面白がってくれました。

Partyの翌日、友人ご夫妻運転の車で、ケルンから南東の
ヴュルツブルグ(Wuerzburg)方面へ小旅行に出かけました。
c0128628_23462571.jpg

ここでご紹介するのは、フランクフルトの北西、リンブルグ(Limburg)
という歴史的な町に立ち寄ったときのものです。
リンブルグはあちこちに同名の町があり、ここは、正確には、
Limburg an der Lahn. ライン川の支流であるラーン川の辺にある
リンブルグと言います。


c0128628_23473393.jpg
駐車場に車を
停めて、
だらだらと
小高い丘に
登って行きますと、
立派な聖堂が
あります。
13世紀末に
建築が始まった
というカトリック
教会です。

前を行く二人が
友人夫妻です。


下は、教会内部

c0128628_23562550.jpg
c0128628_2349496.jpg

旧市街の木組みの家々もよく保存されており、中世の息吹の
感じられる宝石のような町でした。
c0128628_23493140.jpg

この日の泊まりは、別の町で、夜はフルコースのディーナーなので、
昼は軽くしたいということで、アイス・カフェーに入りました。
c0128628_23495240.jpg

ドイツのアイスクリームは、本当においしいのですが、
ヴォリュームもすごいのです。
アイスクリームの玉が3つぐらいの上にナッツ、フルーツが
たっぷりかかっていて、その上にホィッピング・クリームが
高々とそびえているような豪華版アイスクリームを昼食代わりに
いただきました。
日本人ですと、ちょっと軽くザルソバという感じでしょうか。

こういう食事の感覚は、ドイツ人と旅行して初めてわかるもの
で、我々はちょっと、む、む、むとなりましたが、暑かったこと
もあり、豪華版アイスクリームをペロリと平らげてしまいました。
とてもおいしかったです!
by tamayam2 | 2010-08-28 23:58 | たび | Comments(18)

ロンドンざっと一巡り

ロンドンでは、オイスター・カードという交通カードを入手。
おかげで、地下鉄、二階建てバスなどの公共交通がフル使えた。
(さも「ロンドンに慣れております」という顔をして・・・
このカードが無けりゃお手上げだ!)


    過去ログ:ロンドンにてオイスターカード
地下鉄の路線はいろいろあるが、色分けされており、
westband(西方面)とか、 eastband(東方面)とかしっかり
明記してあるので、町のおおよその地図が頭に入っておれば、
乗換えは簡単だ。
今回、”後期高齢者”に同道して感じたことは、
 ●トイレが各駅にないこと、
 ●エスカレーターやエレベータの無い駅もある。
   バリヤ・フリーの駅は全体の三分の二ほど。
 ●車両や駅の通路が意外にも狭いこと。

なにもかも博物館入りのように古びた施設であるのに、
ロンドン子は眉一つ動かさず、器用に使いこなしている。
私も眉一つ動かさず、案内役をつとめたが、
内心はひやひやものだった。

電車に乗り合わせた色々な肌の色の人々。
多くの移民を抱えている大都市。
説明の言葉は、シンプルでわかりやすい。そうしなけりゃ、
非英語国民に、きちんと意図が伝わらないもの。
c0128628_053062.jpg

大英博物館のある通りRussel通りの店。
店のひさしに当たる場所に、ペチュニアの花がいっぱい。
c0128628_055915.jpg

このカード屋さんのひさしにも花かごが!
どうやって水やりをするんだろうか。
c0128628_01556100.jpg

こういうパブでstout(黒ビール)を一杯やりたい気が
したのだが、同行者が、

「午後5時前にはアルコール飲料は摂取しないことにしている」 
と、至極まともなことを言うので、あきらめた。

c0128628_082554.jpg

Oxford通りは一般車は締め出され、赤い二階建てバスがひしめく
ように走っていた。
角にある雨傘とステッキの老舗。
細身の雨傘をもって歩くのは、イギリス紳士のたしなみなのか。
足の悪い、ステッキをもった老人もよく見かけたから、需要が
あるのだろう。

移民と老人がよく目についたロンドンの町。
下町はごちゃごちゃしているが、町の中央にまるで森のような
広い公園があるのが素晴らしい。
c0128628_09211.jpg

我々のホテルは、ハイド・パークの近くだった。
夕食が終わった夜8時過ぎ、そぞろ歩きを楽しんだ。
人工池の周りには、ハクチョウやカモなどに餌をやる子供。
故ダイアナさんが、よくジョギングしたというダイアナ・ウォーク
をたどりながらホテルに帰った。
c0128628_092215.jpg

ホテルのそばの住宅の垣根でみた深いブルーのアサガオ。
Blog仲間のtoti51さんによれば、西洋種のアサガオは、温度が
28度以下にならないと、花を咲かせないとか。

連日30度以上を記録する日本では、この種のアサガオは
秋の花に分類されるんでしょうね。
by tamayam2 | 2010-08-28 00:19 | たび | Comments(9)

ロンドン経由、ケルン行き

昨夜25日、ヨーロッパから帰国しました。
ロンドン経由でケルンへ行ってきました。

ドイツのケルンに行きたければ、フランクフルトで
飛行機を降りるのが、一般的なのですが、
鉄道好きの家人のために、ちょっと寄り道して
(わざと複雑な方法で)
ケルンに行くことにしたのです。

5月の連休の休みにWeb-siteでいろいろ調べていたら、
欧州の鉄道の切符は、たいていOn-lineで購入でき、
クレジットカードで決済すれば、切符を日本まで
郵送してくれることがわかったのです。

それではと、成田→ロンドン→ブリュッセル→ケルンという
コースで、On-lineで切符を注文してみました。
参考までに値段を言いますと、

(60歳以上のシニア料金 1人分)
London→Bruxelles  55ユーロ(6,325円)Euro-Star
Bruxelles →Cologne 34ユーロ(3,910円)Thalys
注文を確定して本物の切符が届くまで10日ぐらいでしたか・・・。

2007年にTamayam2が初めてユーロ・スターに乗ったときには、
1ユーロ160.2円ほど、それが、今は107円!
すごい円高であることを実感します。
        過去ログ:ユーロ・スターでロンドンへ
ドーヴァー海峡を海底トンネルで、英仏間を約20分で
結びます。イギリスは大陸と陸続きになることを、
ずっと拒み続けてきたのですが、ついに大勢の要望に折れ、
1994年に海底を通る鉄道(ユーロ・スター)が開通しました。
c0128628_1143385.jpg

英国はEUの一員ですが、通貨はユーロ(€)ではなく、
従来からのポンド(£)を使用しています。
どうしても一線を画しておきたいわけですね。

ちなみにポンドも円に対して非常に弱くなり、
現在1ポンド=131円。3年前は、234円ぐらいだったの
です。ロンドンでは2泊し、地下鉄でいろいろな所を
巡りました。
c0128628_1152857.jpg

Baker Streetは子供のころコナン・ドイルの探偵小説を
読まれた方なら、おなじみの、あのシャーロック・ホームズの
家(架空)があった場所。地下鉄駅のタイルの壁も、
シャーロック・ホームズのパイプ姿がいっぱい。
c0128628_1161180.jpg

3年前は、ユーロ・スター国際列車は、下町のウォタールー駅
から発着しました。初めて上陸する者に威圧感を与えるような
古びた駅舎だったのですが、最近は、北東のキングス・クロス駅に
隣接するセント・パンクラス駅に移りました。

行ってみて驚いたことに、すばらしく機能的、美しい駅でした。
洒落たカフェーもあるし、Marks & Spencerスーパーもあり、
大陸横断列車の発着駅としてふさわしい貫禄が感じられます。


c0128628_1171199.jpg
上階にオイスター・
バーがあった
ようですが、
残念なことに
そこには、
立ち寄らず、
列車に乗り込み
ました。








英国を出るとき
簡単なパスポート・
チェックがあっただけで、
荷物検査はなし。
EU間の移動は
じつに簡単です。
c0128628_1181652.jpg

英国からフランスに入国し、ブリュッセル(ベルギー)
で下車(地図上の赤い線)、
タリスというフランスの特急に乗り換えて、ドイツに入り、
ケルンまで(地図上の青い線)・・・
4時間あまりの鉄道の旅を楽しむことができました。
by tamayam2 | 2010-08-27 01:22 | たび | Comments(16)

タシロイモ科 バット・リリー

サトイモ科のショクダイオオコンニャクという巨大な
花のことで、先月、東京は大さわぎだった。
鹿児島でもさらに大きいショクダイオオコンニャクが開花した
と聞いた。
サトイモ科の植物には、変わったものが多い。

2008年4月に、ドイツ、ボン大学植物園温室で、
巨大なコンニャクの花を見たとき、同じ温室で、
非常に変わった形の植物を見た。↓(Tamayam2撮影)
c0128628_18125476.jpg

まず、色が真っ黒。
花被の先から長い糸のようなものが何本も出ており、
あるものは、地面にまで達している。
薄暗いところに咲いていたので、見たとき
何か生き物のように見え、ギョッとなった。 

この花は、英語で、Bat Lily(コウモリ ユリ)
言われ、タシロイモ科一科一属の珍しい花。

タシロイモ【田代イモ Tacca chantrieri 】
田代安定という明治時代の植物学者が台湾から持ち帰った
ので、タシロイモと名づけられた。コンニャクと同様、
巨大な根を持つ。
花の姿は、Wikipediaから拝借した↓


c0128628_18145129.jpg
マレーシアや
タイの森林地帯、
薄暗いところに
咲くという。







c0128628_1816682.jpg

Wikipediaから
拝借。 →

テレビで、
世界で一番巨大な
花と言われる
ラフレシア
見に行った人の
映像の中に、
タシロイモ
出てきた。




ラフレシアは、寄生植物で、キノコのようなもの、根は無い。
ラフレシアが咲くような熱帯雨林の奥深くでこの花は咲く。

コンニャクと言えば、おでんには欠かせない。日本人なら
たいていの人が好きだと思うが、コンニャクのテクスチュアーが
なんとも言えず愉しい食品だ。しかもカロリー ゼロというのが
うれしい。

来週、Tamayam2はドイツの友人のところに行く予定なの
ですが、食べたいものを問い合わせたところ、
コンニャクの田楽だと!?! 
だれが、そんな料理教えたっ?

ちらし寿司の具や、寿司酢、高野豆腐、カンピョウなどと
ともに、 マタタビ人生です。

しばらくBlogをお休みにしますが、月末に帰ってまいり
ましたら、またお付き合いくださいませ。

みな様も、どうぞよい夏休みをおすごしになられますよう。
by tamayam2 | 2010-08-12 18:26 | おしらせ | Comments(22)

日本橋・熈代勝覧

c0128628_1632214.jpg

                      右上 米俵を馬で運ぶ
      左上:竹ざお売り      左下 旗に従う人の行列

    
熈代勝覧(きだいしょうらん)というのは江戸時代に
描かれた絵巻物です。

漢語の意味は、「熈(かがや)ける御代の
勝(すぐ)れたる景観」ということだそうです。
お江戸、日本橋周辺の江戸の町並みを後世に
残しておきたいという画家の情熱が伝わってくる
17mに及ぶ壮大な作品です。
文化2年(1805年)ごろの作。
c0128628_1642772.jpg

                     写真 ↑ 2010年4月8日
この長い絵巻物は、ベルリンの東洋美術館蔵ですが、
その複製を、東京・日本橋のそば、東京メトロ「三越前」
地下コンコースで、見ることができます。
コンパクト・デジカメで撮影を試みましたが、
上の照明が写りこんで成功したためしがありません。
あまりよい画像ではありませんが、その一部を
ご紹介します。

この中に登場するのは、88軒の店子、1671人の老若男女・・・
犬20匹、馬13頭、牛4頭、サル1匹、鷹2羽・・・と
いうことですよ。江戸時代のはつらつとした庶民の
息づかいが感じられ、わくわくしてしまいます。

近くを通られたら、ぜひご覧になってください。
江戸の庶民の暮らしぶりを見ると、
昔の人も今の人も同じ所で、たいして変わらない暮らしを
してきたんだナァと、いう気がします。
c0128628_1644613.jpg

現在は、何を運ぶのもプラスティック容器やダンボール。
当時の運搬容器は、カゴ、ザル、桶、樽、たらい
など、竹製、木製が主流でした。運搬手段は、馬、駕籠、
大八車のほかは、すべて人力に頼っていたのですね。
担いだり、転がしたり、馬の腹にくくりつけたり・・・。

写真左上:長持ちを担ぐ      右上:樽を転がす
   左下:魚をザルに載せる   右下:味噌桶を担ぐ
by tamayam2 | 2010-08-11 16:14 | 日々のできごと | Comments(8)

ネコがいなくなった

この暑さです、人間はクーラーをつけたり、裸に近い
かっこうをしたり、シャワーを浴びたりできますが、
猫は、毛皮を脱ぐこともできず、地熱がモロに
当たる地べたに近いところでウロウロせねばなりません。
c0128628_234826.jpg

親戚の家で飼い猫が、急に見えなくなったと、
オロオロ声で言ってきました。
10日以上も探しても見つからないということで、
もう生きてはいまいと覚悟を決め、清掃局、保健所、
ペットの愛護団体などに、連日、問い合わせ、
もしや猫の遺体を見かけなかったかどうか聞いた
そうです。

それが、何と17日目の夜、その猫がへろへろになって
痩せこけた姿で戻ってきたというのです。

よかった、よかった・・・どこでどうやって生き延びて
いたのか、ともかくよかったと、一同が喜び合いました。

推測するに、どこか近所の家の物置、納戸などに、
入りこんで、閉じ込められてしまったのではないか??

猫は、好奇心が強く、普段開けることのない倉庫、戸棚
などの空間に自ら入りこむ習性があるのです。

ちょうど、その猫が行方不明になったころ、
私のBlogに数年前から置いてある黒猫のMaukieが突然、
姿を消しました。理由はわかりません。
           (今このBlog右、温度計の下にいます)
マウスで触ってやれば、手、頭、尻尾を動かしたり、
胸を撫でれば、ゴロゴロと喉を鳴らしますので、
可愛がっていたのです。
いつもいるはずのものがいなくなるというのは、
たとえ、ヴァーチャルなものでさえ、さびしいものです。

なんとか、Blogの隅に再度置きたいと苦労しました。
Maukieで検索すれば、設置方法を教えてくれるサイトが
あることはあるのですが、Exciteではうまく行かない
のです。
Blogによって少しずつ方法が違うようです。

方法:
設定→メニュー管理→メモ帳編集に、スクリプト
貼り付けるのですが、最後の > を削るのがポイントのようです。
 
この猫は、作者不明だそうですから、著作権の問題は
ないでしょう。

写真は、ウチのネコ。時に木に登ることもあります。
by tamayam2 | 2010-08-10 23:16 | 日々のできごと | Comments(13)

Aさんの庭

最近、私が住むYamyam町に隣接した阿佐ヶ谷5丁目
に、 “Aさんの庭”という杉並区の管理する小公園ができた。

これは、2007年9月に、私がこのBlogでご紹介した
阿佐ヶ谷の家 の跡地である。
       過去ログ2007年:阿佐ヶ谷の家

それから、2年後、
この家は、放火によって全焼した。
       過去ログ2009年;トトロが住む家 焼失
c0128628_802238.jpg

そして先月、2010年7月、この敷地は、6300人の署名
が効を奏して、杉並区によって買い上げられ、
住宅地の中に“Aさんの庭” という名で、市民に公開
されることになった。

私は、毎週この道を通るので、阿佐ヶ谷の家その後を
ご報告いたしましょう。

・・・・・旧近藤邸は、昭和初期の古き佳き時代の、
いわゆる中央線文化人の住いだった。
成金のけばけばしさは無く、個人で管理できる程度の
慎みがある美邸だった。和風住宅の一部に洋館があり、
庭にはバラの花が植わっていた。竹の籬(まがき)には、
つるバラがからみ、垣越しに四季折々の花々が咲いている
のが見られた。
洋館から流れ出すピアノの音色が、その家の住人の
落ち着いた暮らしぶりをうかがわせた。

私も少女時代この道を通い、
「お嫁さんになったら、こんな家に住みたい!」
と、漠然と夢を抱いたものだ・・・・・・・

今日、ここを通ったら、”Aさんの庭”という看板が
かかっていた。Aさんとは、阿佐ヶ谷のことらしい。
c0128628_805981.jpg

中にポンプ式の井戸があり、「ご自由に水を汲んで植物に
水やりをしてください」と書かれた札が下がっていた。

昔の住宅をしのばせる赤い屋根の小屋は、じつは、
公衆トイレと消防用具の倉庫。

建物の周りは籬(まがき)で囲まれ、その足元には、
グラウンド・カヴァーのような白い花が一面に咲いていた。
シジミチョウやハチが飛んでいたから香りがよい花の
ようだ。
あまり見かけない花だが、何という花なのだろう。
花の直径1.5cmほど。


c0128628_812135.jpg
普通の庶民の声が
行政を動かし、
紆余曲折が
あったものの、
3年かかって、
最終的に
よい結果に
なったことは、
やはり、
近隣に住む者
としては、
うれしい。




  関連記事:月刊旧建築:阿佐ヶ谷「トトロの家」

追記:Blog仲間のToti51さんから、白い花の名前を教えていただきました。
ヒメイワダレソウ【姫岩垂草 クマツヅラ科 Lippa nodiflora】
アジア原産、昨今、グランド・カヴァーとして注目されている植物だそうです。
ありがとうございました。
by tamayam2 | 2010-08-09 08:08 | 日々のできごと | Comments(8)

ランの顔

ランは、バラと並び、園芸植物の中の女王さま格。
種類も多いし、高価な花。
c0128628_11525081.jpg

こんな見事な造形はないと思われるほど、精巧な
作りのものもあって、見とれてしまう。
c0128628_1153237.jpg

これなんか、どうだろう。↑
森の中に潜む昆虫のようではないか。
中央の目が怪しく光っている。
食虫植物のようでもある。

左右に広げている羽のような花弁は、
チョウなどを思わせる。しかも、左右の花弁(羽)
は、裏と表の色がちがう。
c0128628_11393050.jpg

また、これは、どう見てもクモの仲間のようだ。

c0128628_11394730.jpg

これも、足長クモが集団で踊っているように見える。

花に顔は無いのだろうが、
よく見ていると、どれも昆虫のように見える。

あ、そうそう、クモは昆虫の種類には入らないそうだ。
昆虫の足は、6本、クモは8本。複眼を持たないなど
昆虫とは一線を画している。

クモを見るとキャーと叫ぶ人がいるから、写真は、載せないが、
ある種のランとクモは、とてもよく似ている・・・
と、Tamayam2は最近、気づいたのです。
(それが、どうした?という声が聞こえますが。)

c0128628_11404514.jpg
これは、
赤ワインではなく、
赤シソ・ジュースです。


















八百屋さんで買ってきて、袋に書いてある指示通り作ったら、
すばらしい和風ジュースができました。
みな様のお宅でも作っておられることでしょうが、
天然100%、自家製のジュースは、この時期、
なにより爽やかな飲み物です。
           つくり方はここ

        上2枚の写真:2009年4月 ワシントンDC 植物園
        下2枚の写真:2010年5月 群馬フラワー・パーク
by tamayam2 | 2010-08-07 11:47 | 日々のできごと | Comments(10)

サボテンのトゲ

脳みそがゆだるような暑さです。

こういうときには、家にじっとこもって、
ふだんから疑問に思っていることを考えてみる。


c0128628_1012733.jpg

サボテンのトゲ、

ありゃ、

いったい

何だ??












葉の変形したもの?
枝の変形したもの?






c0128628_10171671.jpg

サボテンが、暑く乾燥した砂漠の中でも生き延びられる
のは、どうして?

小学生が考えるような疑問に、ちゃんと答えてくれるサイト
があったので、うれしくなりました。


c0128628_10182448.jpg
サボテンだって
暑いのです。

のっぺらぼうで、
砂漠に佇立して
いるのも
苦しいので、

影を作るため、

茎が波打って
いたり、

トゲトゲを
生やしたり、

円形にして
影の部分を
作ったりと、



昔からずっ~と、工夫しながら、体の形を変えていったようです。


c0128628_1020545.jpg


























もし、サボテンにトゲが無かったら、サボテンの表面温度が
10度も高くなってしまうそうです。
枝の変形したトゲで、動物や虫から喰われるのを防ぎ、
茎の部分の蓄えた水分だけで生き延びているのです。
砂漠に雨が降らなくても、朝夕の霧さえあれば、
トゲの先端からわずかな水分を吸着できるのだそうです。

モノを必要以上に持たず、
最低のモノで消費を抑えて生きる生き方は
尊敬できるなぁ~。


日本もこれから、砂漠に近い自然環境になるかもしれません。
静かに佇むサボテンは、なんの役にも立たないデクノボウにも
見えますが、じつは、なかなか偉い植物であるようなのです。

上の写真2枚は、2009年9月、ベルリン、ダーレム植物園温室で 
下の写真2枚は、2010年5月、群馬フラワー・パーク温室で
by tamayam2 | 2010-08-05 10:28 | 日々のできごと | Comments(8)

昔ふうの花々

園芸用植物にも、昔ふうや現代ふうがあり・・・
人の好みもまちまち。

先日訪れた、木曾路の伝統的建物群の軒先には、
いろいろな鉢植えの花がそっと置かれ、おもてなしのこころ遣い
が感じられる。
c0128628_17141035.jpg

ケイトウ【鶏頭 ヒユ科 Celosia cristata】
これは、昔ふうの花でしょうね。都会ではあまり見かけない。
漢字で書くと、ニワトリの頭ですって。ナットクですね!
c0128628_1715030.jpg

ヤマユリ【山百合 ユリ科 Lilium auratum】
今が、盛りらしく、高層道路の沿道や、やぶの中でも
よく見かけた。
c0128628_17154932.jpg

セイヨウフウチョウソウ【西洋風蝶草 フウチョウソウ科
 別名 クレオメともいうそうだ。      Cleome spinosa】
 私が子どものころにもあった。洋館のお庭などに咲いていた。
 当時は、ちょっとハイカラな花でしたよ。
c0128628_17172381.jpg

ヒオウギ【緋扇 アヤメ科 Belamcanda chinensis】
これは、鉢植えではなく、店先に置いてあった生け花。

花びらの斑点がみやびな感じです。漢字の意味は赤い扇子。
古典的な花ですね。
c0128628_17182484.jpg

マンデビラ【キョウチクトウ科 Mandevilla spp.】
これはアサガオに代わる花なのか、この辺りでよく見かけた。
外国産の新しい花。アサガオと違って一日中開花している
点が好まれる理由かもしれない。熱帯植物だと思う。
c0128628_17242966.jpg

馬籠宿の道筋で、遠くに木曾、御嶽山(おんたけさん)の
生薬百草丸の広告がご覧になれるだろうか。

昔、この辺りに来たときに一瓶買って以来愛用している。
外国にいるときに、ちょっとお腹の具合が心配なときには、
お世話になった。キハダという木の樹皮から取る成分が
入っていると聞いた。

これは、超古典的な薬です(*^.^*)
by tamayam2 | 2010-08-01 17:28 | たび | Comments(18)