<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ミヤマカラスアゲハ

7月はとうとうあと一日を残すばかりになりました。
日本全国、信じられない暑さに包まれています。

(老人、病弱者、子どもは)室内でも熱中症にかかり
 やすいとか・・・
 私は老人のカテゴリーに入るのでしょう、

ここは、どっこい性根を据えて、生き抜かなければ
なりません。そんな覚悟でおりますよ。
みな様も御身お大事に。

7月は、私、チョウのお話ばかりしておりました。
ご関心の無い方々には、申し訳けないことですが・・・


c0128628_10365080.jpg
30日、
長野県
茅野市で、
ステキな
チョウに
出会った
のです。



















ミヤマカラスアゲハ【Papillio maackii】
標高1000mぐらいの地点を車で走っていましたら、なにやら
黒いモノが!?

周囲の安全を確かめて、沿道に駐車し、あたりの崖を
調べました。

そこには、ウマノスズクサに似たつる草が生え、ちょうど
白い花がいっぱいついていました。
ふむ、ふむ、こういうつる草はチョウにとって魅力的なはず、
と思い、待つことしばし・・・・・・。
果たして、黒いチョウが、ひらひらと現れ、
c0128628_10413388.jpg

このつる草の花に止まってくれたのです。
さらに、少し茶色いがかった別のアゲハまで、やってきました。
ジャコウアゲハのメスに違いありません。

あとから、羽の細部を観察しますと、羽がかなり傷んでいました。
昆虫採集の子どもに追われたのか・・・長旅だったのか。
c0128628_104154100.jpg

ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)は、少し変わった形の
花を持ち、ハエなどの昆虫をおびき寄せるのです。
ギフチョウやジャコウアゲハの食草で、植物とチョウの
巧みな連携関係を持つ野草です。

この種のチョウは、園芸種の植物には目もくれず、ひたすら
野生の食草だけを食します。偏食なのです。死んでも、主義
主張は変えないのです。(嗚呼)

上の写真は、先日北杜市のオオムラサキ・センターで撮影
c0128628_1043359.jpg

茅野市で見たつる草は、イケマ(ガガイモ科)
ウマノスズクサ同様、毒草で、チョウが好むものです。
c0128628_10435039.jpg

この写真を撮った場所は、標高1800mほどの亜高山帯です。
白樺、ダケカンバなどが生い茂っている高原で、
コメツガ(マツ科)の小苗、コケモモの茂って
いる中に、小さなゴゼンタチバナの花が見えました。
c0128628_10444881.jpg

ゴゼンタチバナ【御前橘 ミズキ科】高さ3cmぐらいの小さな花。
秋になると、白い花のところに真っ赤な実をつけます。
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-31 10:46 | たび | Comments(4)

ラタトゥーユ

ラタトューユ(Ratatouille)という料理がありますね。
プロヴァンス風野菜の煮込みと辞書に出ていました。
フランス家庭料理なんだろうけど、我が家では夏に
よく登場するおかずです。
c0128628_822042.jpg

理由は、
1)いろいろな野菜をたくさん摂れる。

2)いっぺんにたくさん作って冷やしておける。

3)油や酢を使うが、さっぱりしている。

4)作った後のスープは、スパゲッテイのソースや
カレーのスープとして利用できる。
いろいろな野菜のエキスが煮詰まっていて、
まずかろうはずがない極上のソースです。
第一、ムダがない。

5)冷蔵庫の野菜の整理になる。

吝嗇のTamayam2は、特にこの4)と 5)が
気に入っています。

我が家の作り方:
1)野菜を大ぶりに切る。
  必須のもの:トマト、ナス Or ズッキーニ、ニンニク
  お好みのもの:ピーマン、バプリカ、セロリやセロリの葉、ししとう、
        かぶ、オクラ、インゲン、ニンジン・・・などなど。

2)硬い野菜から大なべで炒める。ニンニク、オリーブ油で。
  最後にトマトを加え、月桂樹の葉、コショウを加える。

3)別の容器に、塩、砂糖 各小さじ2分の1、白ワイン 4分の1カップ
          酢 小さじ1 を混ぜ合わせた液を作っておき、
   2)に加え、フタをして、15分~20分蒸し煮にする。
硬いものがだいたいやわらかくなればよい。

4)最後にワインヴィネガー(Or バルサミコ酢)を少々回し掛け、
   味を調えて出来上がり。冷やして供する。野菜はつぶさないように
   ざっくりとまぜる。

  野菜から出た煮汁は捨てないで、とっておくのを忘れないでね。

いろいろなレシピがあるようです。インターネットで調べてみて
ください。お宅の作り方があれば、ぜひ教えてください。

ワインのつまみによし、洋食の前菜によし、
和風のごはんのおかずにさえいいんです(*^.^*)
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-25 08:18 | 日々のできごと | Comments(18)

ショクダイオオコンニャク

小石川の植物園で、ショクダイオオコンニャクが
16年ぶりに開花しそうだ、というニュースを知った
のは先週末・・・。

見てみたいと思って、18日と20日に出かけた。
まだ、開花していなかったけれども、巨大なコンニャクの
威容に触れて愉しかった。

23日、暦の上で最も暑い大暑の日に、やっと開花。
マスコミで報じられるや、普段なら森閑としている植物園に
たくさんの人が押しかけて、長い列ができたということだ。

ショクダイオオコンニャク【燭台大蒟蒻 サトイモ科
            Amorphophallus titanium】
 別名 スマトラオオコンニャク
 インドネシア、スマトラ島の絶滅危惧種。

この個体が種から栽培されて、地中に大きなイモを作り、
開花にこぎつけるまでに何年もかかるとは!
   ~~ 気が遠くなる話 ~~
c0128628_9365335.jpg

20日撮影。東京大学の邑田 仁教授(植物園園長)は、
長年サトイモ科植物を研究なさっておられのだろう、私が行ったとき、
一般の人の質問にもていねいに答えておられた。

Tamayam2は、2008年4月にドイツ、ボンの植物園で、
同じような巨大コンニャクが開花直後、中央の
筒がぐにゃりと折れ、葉が閉じかけた場面を見た。
  過去ログ:ドイツでコンニャクの仲間に出あった

この植物、開花状態は、たった2日しか持たないという。
咲くまでに十数年、咲いてから2日・・・生命の営みは
何と不思議に満ちていることだろう。
   
c0128628_939859.jpg

23日家族が撮影 ↑
下の にご注目。 四角に切り取った穴から、軸の根元に
あるメシベ、オシベを取り出し、次の種を作るため保存する。

家族が炎天下、実物の前に行き着くまで3時間も行列に並んでくれた・・・
熱中症のならずにすんでよかった!
救急車や警察も出て、ものものしい様子だったという。

24日は、早朝7時から入場券を売り出し、1万人で発売を
打ち切るという。 えらいこっちゃ!
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-24 09:42 | 日々のできごと | Comments(12)

人面カメムシ

いゃ~、日本全国36度とか、37度とか・・・
熱中症に注意とか・・・色々な声が聞こえて
まいります。
c0128628_13452450.jpg

また、カメムシですが・・・すみません。

昨年、夏ドイツで、カメムシを見たような記憶が・・・
で、昔のファイルを探してみました。
これは、確か、ケルンのリンデンタール地区の街路樹。
(Linden Baum、つまり、西洋シナノキ)の太い幹に
この赤い虫がびっしりたかっていたのです。


c0128628_13462192.jpg       












よーく見れば、人面のよう?
ヘルメットをかぶった兵士?
あるいは、
ガイコツみたいと言う人もいます。
ヒメジュージナガムシ【カメムシ目 Tropidothorax belogolwi】
c0128628_13464791.jpg

c0128628_13471725.jpg

c0128628_1347375.jpg

昨年の夏、立ち寄ったベルリン、ダーレム植物園温室で
撮ったベゴニア類(シュウカイドウ科)の葉。

なんだかこの世のものとも思えない精巧で美しいディザイン!
涼しげです。
c0128628_13481172.jpg

最後の葉は、ペペロミアの種類でしょうか、葉が集合して
いるのを見ると星が光っているようでした。
うん? ペペロミアはコショウ科だと!
なぁるほど、peperomia は、pepperに似ていますね(^^♪

どうか、皆さま、こういう異常気象の中ですから、
あまり複雑なことを考えずに、自然界のことを
の~んびり考えてまいりましょう。

・・・むむむ、なるようにしかならないのです。
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-22 14:03 | 日々のできごと | Comments(14)

カメムシ

暑いですね!!
梅雨が明けたので、喜ぶべきですが・・・
人は、暑いとやる気が失せますね。

でも、Tamayam2は、暑い中を町に出かけておりました。
汗がたらたらと流れ、コンビニなどめったに立ち寄らない
のに、何を血迷ったのか、冷菓の宣伝に釣られて店内に
入ってしまったほどです。
(少し涼んだだけで買いませんでしたが・・・)

犬も歩けば棒に当たる・・・
人も歩けばムシに当たる。
やっぱり外を歩けば、いいことがあるようです。
c0128628_8293545.jpg

今日の一番の収穫、
人が忌み嫌うところのカメムシに出会ったのです。
カメムシでも特に美しいアカズジキンカメムシに!

カメムシは、臭い匂いがすると言って嫌われている
ようですが、全部が臭い匂いというわけではなく、
ある種のものは、芳香があり、タイ料理に使われる
種類もあるということです。誤解してはなりませぬ。
c0128628_8305045.jpg

ウイキョウ【茴香 英名 Fennel セリ科 Foeniculum vulgare】 
の上にいたアカスジカメムシ
このカメムシは、セリ科の植物を好むようです。

用心して触りませんでしたが、両カメムシとも美しい模様に
感心してしまいました。
c0128628_8344574.jpg

同じくセリ科のシシウドの花序の上にいたオオチャバネセセリ(?)
シシウド【セリ科 Angelica pubescens】

台東区田原町の道具街のそばです。
下町の人は、昔から歩道のわきに植木を出したりして
通行人の目を楽しませてくれるのです。

おや、と思ってよく目を凝らすと、以前に鹿児島に
お住いの上名窯さんがBlogでご紹介くださった月桃
ではありませんか!
東京あたりじゃ見られないと思っていたのに、
思いがけないところで見られてうれしかったです。
九州か沖縄出身の方がこの辺にお住いなのかも
しれません。


c0128628_833112.jpg
ゲットウ
【月桃 
沖縄では
サンニンと
呼ばれる。
ショウガ科

Alpinia
zerumbet】

香りが良い
ので、
お饅頭を
包んだり
するそうです。
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-19 08:36 | 日々のできごと | Comments(26)

フクロウチョウ

今、両国の江戸東京博物館で大昆虫博をやっている。
 関連ページはここ
夏休みが始まって子どもたちが、殺到する前に、出かけて
きた。
子どもたちのお目当ては、カブトムシなどの甲虫類だが、
私の関心は、一昨年岐阜で見た名和昆虫博物館からの
チョウのコレクション。
c0128628_1051156.jpg

まったくよだれが出そうなものなのですよ。

この写真は、フクロウチョウの♂
後翅にギョロリとした目がある。この標本のような角度
から見れば、ちょっとフクロウに見えやしないだろうか。
鳥を威嚇するギョロメ。中米や南米に生息するそうだ。
c0128628_1052014.jpg

じつは、6月にカナダ、ヴィクトリアのブッチャート庭園の
そばにあるButterfly Gardensで、フクロウチョウを
見たばかりだ。(上の写真)
フクロウチョウ 英名Giant Owl Butterfly【Caligo eurilochus】

チョウは♂と♀で色が違うばかりでなく、表と裏がまったく
違う色合いであることが多い。美しいブルーに輝くモルフォ
チョウも見たが、動きが速くていい写真がとれなかった。
以下の2点はヴィクトリアで見たもの。
c0128628_1048963.jpg

英名 Golden Helicon【Heliconius hecale】
c0128628_10521857.jpg

英名 Brown Clipper 【Parthenos sylvia philippensis】
   学名からみると、フィリッピンでも見られるのだろうか。
          過去ログ:ともにワシントンDCで
                 2007年10月 
                 2009年 4月
c0128628_10524982.jpg

大昆虫博では、いろいろなチョウの擬態の姿を見せていたが、
コノハチョウの擬態は、まったく枯れ葉にそっくりで、
ウーンとうなってしまった。このチョウの内側(表)は
きれいな青や黄色の帯が見える。準絶滅危惧種
コノハチョウ【タテハチョウ科 Kallima inachus】

大昆虫博の写真には、白い点(電灯の写りこみ)が写ってしまいました(泣)
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-17 10:54 | 日々のできごと | Comments(10)

カナダらしい画家

1978年から6年ほどカナダ、ヴァンクーヴァーで暮らした。
帰国するとき、何かカナダの記念にと、Ted Harrison
という人のリトクラフを求めた。カナダ・インディアンの
デフォルメされた独特な絵とは違って、ユーコン地方の
素朴な人々の暮らしや、雄大な自然をシンプルなラインで
描いている。それに、彩色がとても鮮やかで幻想的なのだ。
カナダの大自然を描く代表的な画家と言える。

ヴァンクーヴァー下町のインディアン・アートの
ギャラリーによく展示してあったが、かなり高いものだった
ので、いつも見るだけで通りすぎていた。


c0128628_8564241.jpg


その絵は、東京の我が家の壁に長いこと掛かっていたが、
アメリカに住む娘が欲しいというので、送ってやった。

先月、娘夫婦とカナダ、ヴィクトリアで休暇を過ごしたとき、
娘がTed Harrisonは今は、ヴィクトリアに住んでいて、
そのギャラリーが近くにあるようだ、と言う。
c0128628_857273.jpg

今年84歳になる氏がヴァンクーヴァーから、気候が温暖な
ヴィクトリアに引っ越してくることは、ありうること。
探してみると、借りていた家から車で5分ほどのところに、
彼のギャラリーがあった。(写真は、海辺の家の日の出ごろ)

アトリエのゲスト・ブックに、
「24年前に、あなたの絵を買った者です。
当時、小学生だった娘とまたあなたの絵を
買いに来ました。」

と記し、再び、娘も私も彼のリトグラフを一枚ずつ
求めた。

上の絵は、私が買った絵ではなく、Ted Harrisonの
最近の展覧会のポスター。
c0128628_8593934.jpg

同時、私は、ステンドグラス制作に熱中していたので、
Ted Harrisonのシンプルな線、明るい色合いに
関心を持ったのかもしれない。

娘と特に美術の話をした記憶はないが、
同じようなものに美を感じていると知り、
うれしかった。


c0128628_91462.jpg


二つのステンド
グラスは、
シアトル・タコマ
空港の壁面に
あったもの。


無機質な空港
のビルディグに
こういうガラス
・アートが
見られるのは
いいなぁと
思い、
通りがかりに
撮った。
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-15 09:09 | たび | Comments(10)

クララ

長野県原村、 八ヶ岳中央農業実践大学校の庭で、
黒い犬がフリスビーで遊んでいる。
c0128628_1748284.jpg

ピンクの円盤をくわえると、飼い主のもとに一目散
に走っていく。
さらに、もう、一回投げて! とせがむ。
何度も、何度も。


c0128628_17435028.jpg













なんという忠実さ、なんというエネルギー!
緑の野原を思い切って走る黒犬を、
まぶしく眺めた。


c0128628_17443087.jpg












c0128628_174526.jpg

茅野の野原に、頑健そうなマメ科の植物が繁茂していた。
まるで、嫌われ者のクズのようだ。
うす黄色の花は、クララ
かわいい乙女の名のようだが、根を噛むとクラクラするほど
苦いから、眩草(くららぐさ)から来ているという。
ドイツでも野原でよく見かけた。
c0128628_17471739.jpg

クララ【マメ科 Sphora flavescens】
全草、毒草なのだが、驚くべきことにこの植物は、
オオルリシジミというシジミ蝶の唯一の食草だそうだ。
つまり、この草が無くなると、このチョウは生存
できない。
c0128628_1748463.jpg

なぜか、長野県と熊本県の二県にオオルリシジミの
生息が認められ、チョウと食草を守る会までできていると
いうことだ。
オオルリシジミの写真は、Web上から拝借した。

上のピンクの花は、長野県でよく見られる ヤナギラン
葉がヤナギ、花がランに似ているということから
こういう名がついた。
しかし、ヤナギにもランにも無関係な、アカバナ科。

実がはぜると白い綿毛を噴きだす。ヨーロッパや
カナダでも、荒地や水辺でこの花の群生を見た。
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-12 17:50 | 日々のできごと | Comments(6)

虫に出会った日

9日山梨県、北杜市でオオムラサキを見てすっかり
幸せな気持ちになって、信州へ。
しかし、長野県に入ると、だんだん雨脚が強くなり、
その晩は土砂降りになった。

翌10日は、うって変わって快晴。
特に虫をさがしていたわけではないのに、あちこちで虫に
出会った。忘れないうちにメモしておこう。
c0128628_7554738.jpg

茅野市柏原の路上で、モンキチョウがかたまって、
吸水していた。
c0128628_7561976.jpg

ナデシコの花に来たキアゲハ
東京の我が家で、毎年サンショに卵を産み付ける
アゲハチョウが今年は、一匹も来ない。どうしたのか・・・
心配している。


c0128628_7571972.jpg
自動販売機に
止まっていた
ウスバカゲロウ

命の短さの
象徴のような虫。

人生(?)を
楽しむのよ。








c0128628_7582750.jpg

アジサイの花に足をかけて夏を謳歌しているクモ
器用だなぁ~。
c0128628_7584914.jpg

茅野の林の中では、シモツケの花がきれいだった。
シモツケ【バラ科 Spiraea japonica】

c0128628_80938.jpg

東京に帰るとき立ち寄った双葉SAのラベンダーの植え込みに
スズメガの一種だと思われる蛾が止まっていた。

チョウもガも同じ鱗翅目なのに、蛾は気味悪がられて
ちょっとお気の毒。
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-12 08:01 | たび | Comments(4)

やっと出会えたオオムラサキ

9日、梅雨空の中、信州で出かける途上、北杜市の
オオムラサキ センターへ立ち寄った。ここに
訪れること4度目。今回、やっとオオムラサキが
羽化している姿、飛翔している姿を見ることができた!
c0128628_7431457.jpg

この日は、あいにくの小雨。
館内は、天井がネット張りなので、雨が降りこんでいる。

羽化したばかりのオオムラサキが羽を乾かすためか、
一瞬開いてくれることもあるが、羽を閉じたままが多く、
その特徴的な紫の輝きを見ることがむずかしかった。
これが、♂ 
c0128628_7415620.jpg

♀は、やや大ぶりで、全体的に黒っぽい。紫色は見られない。
c0128628_7423569.jpg

これは、羽化しかかっている個体。数時間かかるそうだ。


c0128628_745475.jpg





















c0128628_745498.jpg
幼虫の食草は、
エノキだけ。











係りの人は、「ムーちゃん」と呼んでいて、顔を見せてくれた。


c0128628_7462587.jpg














何万という卵の中で「ムーちゃん」が、成虫になって
飛びたてるのは、数パーセントにすぎない。

オオムラサキは、国蝶で、九州から北海道まで生息すると
いうことだが、幼虫の食草、エノキがあって、成虫が樹液を
吸うというクヌギやコナラなどの広葉樹がそろっている
環境はだんだん少なくなっているみたい。

山梨県は、蝶にとっていい環境が備わっている貴重な場所なの
かもしれない。

このセンターは、1995年に旧長坂町が開設した。その後、
長坂町は、北杜市に吸収された。いいセンターなのに、
赤字が続いていて、いま事業主を公募しているという。
いい事業主が見つかるといいなぁ。

このセンターに行こうとして、カーナヴィで検索して
ちょっと苦労した。私の古いカーナヴィには、北杜市
が登録されていない。長坂町はある。
結局、私が行きたい場所は、カーナヴィによると、
「びばりうむ長坂」 という場所であるらしい。
びばりうむ って、いったい何?
後で調べたら、vivariumとは、生物を生きたまま、
自然に近い環境で飼育している育成地という意味だった。
(山梨の方は、ずいぶん命名にこだわりがあるようね。)

aquarium(水族館)、sanitarium(結核? 療養所)、
terrarium(植物栽培用のガラスケース)と同じ~rium
がついている。
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-11 07:50 | たび | Comments(6)