<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

上野動物園 マダガスカル館

7月になりました。
東京地方は、雨がちのくもり空・・・どうもこうもならない
ような優柔不断な空模様です。

5月末に訪問した四国、愛媛県では、水不足で夜間の断水を
余儀なくされているとか・・・。
一方、九州地方では、急に大雨が降って困っているとか・・・。

21世紀の現代でも、人々は、雨の量すらコントロールすること
ができません。雨が降らないと言っては雨乞いをし、
大雨が続くと言っては、困り果てています。

夏休みが始まる前の、うっとしい一日。こういう日には、
動物園へ行くべし・・・と天の声がささやいたので、
上野動物園、西園の両生類館と5月に開園したマダガスカル館
出かけてきました。


(うん~、上野動物園は、ウン十年ぶり。子供が小さいときに連れて
行って以来です。動物園は、汚い、クサイなどという
固定観念があったのですが)


さーすが、上野です。
管理のレヴェルも一段と向上し、気持ちのよい半日を過ごす
ことができました。

両生類館で見た、めずらしい中米のカエル。
c0128628_2059641.jpg

【マダラヤドクガエル(ヤドクガエル科)】
英語の名は、
Green & Black Poison Frog (緑と黒の毒ガエル)
小さいけれども毒を持っているようです。怖い!
c0128628_2059248.jpg

もう一つの緑と黒のカエルは、ただ平べったく伸びきって
おり、体の輪郭すらわかりませんでした。愕きすぎて、
名を記録するのも忘れました。
眼光鋭く、私を見つめておりました。中央の眼がわかりますか?
c0128628_20594677.jpg

西園のあたりは、不忍池(しのばずのいけ)の一部で、一面が
蓮池になっているのですが、その中の浮島に、マダガスカル島でも
大きい哺乳類、ワオキツネザル
(キツネザル科 Lemur catta )が放し飼いにされている。
★ワオとは輪尾という意味だそうだ。しっぽがシマシマなのです。

★マダガスカルで最大のキツネザルは体長150cmもある
  インドリなんですって。
マダガスカル島に詳しい読者から
★の部分、教えていただきました。 ありがとうございました!
c0128628_2105069.jpg

かなり遠くからではあるが、親子が4,5頭、毛づくろいを
したり、戯れている姿を観察することができる。
c0128628_211829.jpg

檻のない自然の飼育の仕方が好もしく、見学者はゆったりと
した気持ちで、動物のほほえましいしぐさを観察しては、
頬をゆるませている。黒白の段だら模様の長い尾を体に
巻きつけるようにして背負おうとしている。動作が面白く
見ていて飽きない。

上野動物園は、以前よりも格段と進化しており、国際的な
レヴェルに達していると思うけれども、HPは、お粗末で、
何がどこで見られるか全く不案内だ。

マダガスカル館という建物は無いので、
”アイアイの森”という建物と、”レムールの森”
を探してください。
レムールとは、フランス語で、キツネザルのことだそうです。
私のような無教養な老人が迷わないようにしてもらいたい
なあ・・・。
[PR]
by tamayam2 | 2009-06-30 21:09 | 日々のできごと | Comments(23)

映画『劍岳 点の記』

劍岳(つるぎだけ)は富山県、北アルプスにある
嶮しい山(2999m)。

明治39年、陸軍陸地測量部は、日本地図の
最後の空白部分を埋め、日本地図を完成させる
ため、人跡未踏の山に測量士を派遣した。
 映画『劍岳 点の記』公式ページ
測量士、柴崎 芳太郎に扮したのは、浅野 忠信
この俳優の仕事に対する静かな情熱が、この映画では
一番清々しかった。(ちょっと畏れ多いことを言わせて
いただくと、この人、皇太子様のお顔だちによく似ている。)

測量隊の案内役になった、シェルパの香川 照之という
俳優もすごかった。眼力が冴え冴えとしていて、野生的で
功名心など微塵も無く、人間的魅力があった。
c0128628_1145492.jpg

映画のストーリーに、特に大きな展開があるわけでは
ないが、やはり大自然の嶮しさ、崇高さに圧倒されてしまう。
こんな山に誰もが登れるはずもないが・・・一生に一度でも
あんな雄大な山の峰に立ってみたいと思ってしまった。
c0128628_11412527.jpg

明治時代は、足袋にわらじ、綿入れに毛皮のチャン
チャンコ・・・・今は、防水の効いた登山靴、ゴアテックス、
ダクロン、フリース素材と、何でも揃っている。
ああ、なんという文明の恩恵だろう!

山を歩いていて、三角点の石柱を見たことがあるが、
日本全国津々浦々に、あの三角点を埋める作業は
どんなに大変な作業だったことだろう。あれがあるから
こそ等高線を読んで地形を知ることができるのだ。

あんな高山に、石柱や櫓を建てるための四本の柱を担いで
登っていくなんて、仕事とは言え、つらい仕事だ。

この映画では、CGや空中撮影など近代的な技法を使わず
完成させたと言う。それが、監督の木村 大作
こだわりのようだ。

映画の終わりに出たクレジットには、肩書きが一切なく、
すべて「仲間たち」・・・というタイトルの下、主演俳優、
制作スタッフ、地元の協力者や団体名が流れる。
原作者、新田 次郎の息子さん藤原 正彦の家族の名も
見えた。
新田 次郎の男らしい爽やかな山岳小説は、いずれも忘れがたい。

写真 上:22日 蓼科で、キリガミネヒオウギアヤメ
    下:    同     レンゲツツジ
     いずれも、日本固有種。
[PR]
by tamayam2 | 2009-06-25 11:45 | 日々のできごと | Comments(21)

6月の 蓼科

21日(日)に信州の友人たちと山歩きするはずだったが、
梅雨の真っ最中とあって・・・雨に降られて中止になった。
残念、無念!
c0128628_21261453.jpg

いま、信州、蓼科のヴィーナスラインできれいなのは、
白いヤマボウシの花。
ヤマボウシ ミズキ科 Cornus Kousa 】
都会でよく見かけるアメリカハナミズキの親類だが、
これは、野生種。看護婦さんの帽子のようにまっ白。

c0128628_2127887.jpg

秋になると、赤い、やわらかい実をつける。
ヤマボウシの実 ↑           9月13日、北大植物園で
c0128628_21275565.jpg

チチブドウダン ツツジ科 Enkianthus cernuus】
ドウダンの類は、秋の紅葉が美しい。
今の時期、赤い実がびっしりついているのに気づいた。
サラサドウダン、ベニドウダンよりも、この種類の赤が
鮮やかだそうだ。
c0128628_21282448.jpg

花弁の細かい切れ込みがかわいらしい。

少し天気が回復したので、1500mほどの高さまで歩いて
行った。山道の脇にヤマブドウ、ツルアジサイ、サルナシ
などとともに、白く変色したツル性の葉がたくさん絡み
ついている。葉の一部が白い粉をふいたようになっている。
c0128628_21292082.jpg

ミヤママタタビ マタタビ科 Actinidia kolomkta 】

c0128628_2130137.jpg

前から見たい、見たいと思っていたその白い花を撮ること
ができた。高い位置にあったので、梯子がほしかった
けど、なんとか(^^;)。

ウチの駄ネコは、当然、マタタビの類に目がない。
農作物を売る地元の店で野菜を買うときには、必ず
マタタビがないかどうか聞いてみる。

「いまねぇ、マタタビの実を採る人が、いないんだょ~」
というお話だった。
[PR]
by tamayam2 | 2009-06-22 21:33 | たび | Comments(8)

野生のラン

先日行った木曾、赤沢自然休養林で、野生ランを見た。
上高地で見たテガタチドリは、丈15cmぐらいだったが、
これは20cmぐらいのかなり大ぶりなランだった。


c0128628_8561690.jpg
コケイラン(Oreorchies
patens)かも
しれない。

















昨日、公園にモジズリ(ラン科 Spiranthes sonensis)が
たくさん咲いているのを見た。別名、ネジバナ
万葉集にも歌われている。
  みちのくの しのぶもじずり誰ゆえに 
        みだれそめにし 我ならなくに
 
c0128628_8573668.jpg

雑草のような花だが、よーく見れば、小花はランの花の形。
背景に写っているのは、ニワゼキショウ(アヤメ科)


c0128628_8581087.jpg
丈が10cmぐらいの
小さな花に
大きなハチが
ぶら下がって
吸蜜していた。








ハチが少なくなったと一時ニュースになったことがあった。
c0128628_85944100.jpg

家のキャットニップ(Catnip シソ科)にも、毎日黒いのや、
黄色いのやらたくさんのハチが訪れて吸蜜に余念がない。

家の駄ネコのために植えてあるのだが、
この植物にはあまり関心を示してくれない。
  (人の思いと、ネコの思いは別のようです)
薄むらさき色の花をつけ、ハチやらチョウが集ってくるので、
ネコがこなくても、虫が来ればまっいいかと、植えっぱなしに
して何年にもなる。
[PR]
by tamayam2 | 2009-06-20 09:06 | 日々のできごと | Comments(19)

オオヤマレンゲ

2007年6月、私は、オランダ、ライデン大学植物園
(Hortus botanicus)を訪ねた。
この植物園は、江戸時代にオランダ商館に滞在していたシーボルト
(1796-1866)ゆかりの場所だ。
c0128628_92327.jpg

彼が日本に滞在中収集した多くの日本の植物の標本、苗、種子など
がこの植物園に集められている。180年後のいま、私たちはその植物の
生きた標本を、見ることができる。
c0128628_9211917.jpg

後に「シーボルト事件」(1828年)として幕府の嫌疑がかかるほど、
西洋は東洋の博物の収集に並々ならぬ関心を抱いていた。

私は、この植物園のシーボルトを記念する日本庭園に一部で、
偶然、オオヤマレンゲを見た。低い潅木で、通りすぎるときに
上品な香りがしたので振り向くと、うつむき加減の白い、美しい
花が見えた。
c0128628_9221571.jpg

オオヤマレンゲ(モクレン科Magnolia sieboldii)
学名からシーボルトが命名者であることがわかる。
c0128628_9223391.jpg

日本では、どこで見られるのか。調べてみたら、奈良県、大峯山の
八経ガ岳(はっきょうがだけ)に自生しているらしい。
奈良県の天然記念物という。

それより東では、長野県の木曾、上松宿(あげまつじゅく)に
自生地がある。13日、上高地の帰途、上松町、赤沢自然休養林
行ってきた。木曾谷の奥深くに広大な林があり、かつて檜を運んだ
森林鉄道が観光客を乗せて走っていた。
上松町では、オオヤマレンゲを町の花として育種に力をいれている
ようだった。                       上松町観光協会

オオヤマ(大山)とは、奈良県 大峯山の別称。レンゲ(蓮華)と
いうのは、蓮の花のこと。蓮の花のような姿ということか。

シーボルトはこの花を見て、東洋的なたおやかな美を感じたの
だろう。が、この花が日本の固有種であるかどうかわからない。
朝鮮半島や中国にもあるということだ。
私は、6月になれば、この深山に咲く珍しい花を見に行きたく
なって、あちこち訪ね歩くことになる。
[PR]
by tamayam2 | 2009-06-17 09:25 | たび | Comments(14)

再び 上高地へ

夏が本格的に始まる前に、上高地へ行きたいと思っていた。

11日は、雨。うぁ~、ついていないなぁ・・・とぼやきながら、
計画どおりに現地に到着。
翌日は、爽やかな晴天。幸運の女神がやっと微笑んでくれた。
本当に山の天気は予測がつかない。
c0128628_68454.jpg

上高地の定番の写真だが、山の稜線に残った雪がきれいな
自然の模様を形づくる。
この風景を目の前にすると、人はみなその神々しさに沈黙して
しまう。6月中にぜひ来たかったのは、この残雪を見たかった
からだ。

3000m級の高山から流れ出た雪どけ水が、轟々と音をたて、
上流から押し寄せてくる。梓川の中ほどに倒木や逞しく根付いて
いるケショウヤナギの若木が見える。

今回見た植物はたくさんあるが、出会ってうれしかったものを
いくつか記録しておこう。


c0128628_693445.jpg
イワカガミ 
イワウメ科】
葉がピカッと光って
いるので、鏡と言う。

丈わずか10cm
ほどの小さな
植物で、
岩の高いところに
群生していた。

徳本(とくごう)峠で。







c0128628_611786.jpg

エゾムラサキ ムラサキ科】勿忘草の仲間だが、いま盛りなの
か、あちこちで見かけた。

c0128628_6114849.jpg

【ツマトリソウ サクラソウ科 】
妻とり草ではなく、(着物の)褄とり草ということだ。8つに裂けた
花びら状のもの、中央に黄色のしべが見え、端正な小型の花。
湿地でたくさん見た。

c0128628_623077.jpg

ゴゼンタチバナ ミズキ科】
高さが5,6cmの小さい植物。秋の真っ赤な実は見たことが
あるが、白い花は初めて。



c0128628_6154470.jpg
テガタチドリ
 ラン科】

ウェストン碑の
そばで。















上高地は、自然環境を守るため、マイカー規制をしている。
空気がきれいで、手厚く保護されているためか、どの植物も
生き生きと輝いて見える。囲いの中で植栽されている植物園の
植物とは別の活力がある。しかし、昨年見かけた花々で、今年
見つからなかったものも幾つかあった。
[PR]
by tamayam2 | 2009-06-16 06:26 | たび | Comments(12)

6月の 路上ウォチング

6月に入って、都内で見た風景です。
c0128628_1011490.jpg

このお宅の小窓には、アイヴィーの古株が絡みついていて、
窓を完全にふさいでいる。アイヴィーがここまで生長するには
相当の年月がかかっただろう。自然のカーテン越しに外を見る
とどんな感じなのだろうか。              新宿区で。


c0128628_1084320.jpg
こちらのお宅は、
冬ごろから玄関の
扉にツタが絡み
ついていて
家主の不在が
感じられた。

6月に入ったら、
扉がツタに
隠れてしまった。
最近は、玄関前に
赤い自転車が
停めてある。

この家を見ると、
なんだか悲しい
気持ちになる。 
 
豊島区で。



c0128628_10102962.jpg

垣根に絡み付いた
ハンショウヅル
クレマチスの仲間。

半鐘と言っても、
最近は都会に
火の見やぐらが
ないから、
ピンと来ない方も
おられるでしょう。

つり鐘(ベル)の形
ですね。 
                         
杉並区で。







c0128628_10115670.jpg

日本橋の近くで見たクリの花。どうしてこんな都会にクリの
木を植えたのでしょうか。ふるさとの景色をなつかしく思っての
ことでしょうか。辺りに独特な香りを漂わせていた。
                                中央区で。
c0128628_10133658.jpg

クリの木のそばのビルの壁面にあった大きい看板。
TBSの木村 拓哉が出演するドラマのCMなのでしょうか。
私には、ぜんぜん意味がわかりまっしぇん!

純粋な日本語でも、純粋な英語でもない、つまり、
だれが読者かわからない広告が多すぎる。広告は、人に何か
伝えるものでっしょうが・・・!
意味がわからないところがカッコいいのよ・・・と言った
fragment(舌足らずの片言の)外国語を平気で使って
いると、外国人の失笑を買いますよ。
c0128628_1014162.jpg

これは、北区で見た青い自転車。路上に停めるのは違反でしょうが、
アジサイと似合っていました。=*^-^*=♪
[PR]
by tamayam2 | 2009-06-08 10:18 | 日々のできごと | Comments(14)

フェイジョアと ブラシの木

先に取りあげたオウチの樹(別名センダン)は、伊豆半島以西に
成育する木ということだから、四国の風土に適した樹なのだろう。
四国は、太陽がさんさんと照り、南国らしい明るさがあった。
c0128628_10125553.jpg

牧野植物園の南門のそばで見た南国の木。
【フェイジョア】 (フトモモ科Feijoa selloiana )
裏側がまっ白な花弁、長いシベが吹き出しているやや大ぶりな花。
果実は、レモンほどの大きさで、中の種とともに食べる。
ズルっとしたジェリー状で酸っぱい。アイスクリームのトッピング
などに使われる。
c0128628_10131419.jpg

【ブラシの木】 (フトモモ科 Callistemon speciosus )
高知城の入口のところにあった。

花の形状がビンを洗うブラシにそっくり!
右側に吸盤のように付いているのが種。種は落ちずに何年も枝に
ついているそうだ。乾燥に強い土地に成育し、ひとたび山火事でも
あれば、この種がはじけて飛び散り、まっさらになった土地に
すばやく芽を出して、その一帯の優先種になるそうだ。
生命力の強い木。

ユーカリも上の二つの木と同じくフトモモ科。
(フトモモと書くとなんだか恥ずかしい感じがしますが、
太い腿ではなく桃でしょうね。日本語はヤヤコシイ。)

10年ほど前、私は、ニュージーランドに住んでいた。
フェイジョア、ブラシの木、ユーカリの類は、いたるところで
よく目にした。暑く、乾燥した大地に根づき、赤々とした花を
泰然と揺らしている南国の木々を見ては、
「恐れ入りました」・・・と脱帽したくなるような、一種の畏敬の
念を抱いたものだ。どんなヤセ土地でも、こういう木々は、不遇を
ものともしない逞しさがあった。

ニュージーランドやオーストラリアは、隔離された島国のため、
独特な生物が見られる。見ただけで首をかしげたり、思わず
笑っちゃうような形状の植物や動物があるんです。そういう土地が
地球上にまだあることを思っただけで、うれしくなります。
c0128628_10144396.jpg

いよいよチョウの季節になりました。=*^-^*=♪
c0128628_10152412.jpg

ミスジチョウの一種(上)と、ネズミモチの花を吸蜜するキアゲハ
[PR]
by tamayam2 | 2009-06-06 10:16 | たび | Comments(4)

四国で見た樹 オウチ

先週、四国の松山と土佐に出かけた。

天気予報では、雨模様ということだったが、滞在中は、
かんかん照りで、暑いぐらいだった。

松山城のお堀端には、薄紫の花をいっぱいつけた
オウチ(漢字は 楝、古語は アフチ。センダン科)
の枝が涼風に揺れていた。
c0128628_14352573.jpg

高知城の入り口、『板垣死すとも、自由は死せず』の板垣 退助の
銅像の脇にも、樹齢250年と言われるオウチの巨木が立つ。

説明板によると、
土佐ではすべての道路に、旅人がその下で憩えるように
センダン(オウチの別名)を植えていた・・・と。

富田 砕花という文人は、土佐路の印象をこう詠んでいる。

  こごしから 北山越しに来し国の 並木の道は せんだんの花

「栴檀は双葉より芳し」の栴檀(せんだん)は、中国のビャクダン
のことで、オウチの別名の場合は、カタカナでセンダンと書く。

漢字で書くと別の樹木になってしまうので、植物名は、私は
すべてカタカナで書くことにする。

梢の高いところで花が咲いていたので、花を間近で見ることは
残念ながら出来なかったが、ウェブ上で見ると清楚な花だ。
c0128628_14363280.jpg

土佐出身の牧野 富太郎先生は、植物名を漢字で書くこと
によって生じる中国固有種との混同の例をくりかえし
述べておられる。

牧野 富太郎 『植物 一日一題』 ちくま学術文庫

オウチの白い実が数珠のようにたくさんなるから、
千珠→ せんだま→ センダン という訛ったのではないか
という俗説もある。ふ、ふ、さもありなむ。
c0128628_14371498.jpg

土佐に着いてすぐ県立牧野植物園へ行った。五台山という小山
全体が植物園になっており、博士の記念館をはじめ、植物好き
には、終日そこで過ごしたいような場所だった。
c0128628_14373162.jpg

博士が愛したアジサイの類が、山道にたくさん咲いていた。
c0128628_14375356.jpg

イワギリソウ(Opithandra primuloides イワタバコ科)は
初見の花。その他、博士が命名した野草をたくさん見ること
ができて、幸せな午後だった。
[PR]
by tamayam2 | 2009-06-04 14:39 | たび | Comments(10)