<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日の切手(8):Helvetia ってどこの国?

11月も最後の週になった。外国宛てのクリスマス・プレゼントや
カードは、だいたい用意ができたので、次は、国内向け年賀状の
準備にかからなくちゃ。

今年からは、生活を本格的に老後モードに切り替えたので、
かつての仕事関係のお付き合いのご挨拶は失礼しよう。
個人的な友人は、私のたから物。
簡単でもご挨拶はしよう。
どこかで線引きをしなければならないが、なかなか、これが
むずかしい。人はこうやって、老いていくのでしょうね。

さて、昨年中にいただいた手紙類を整理し、ついでに
切手の整理をする。よく使う国内の50円や80円切手も、
寄付するところがあるので、丁寧に水につけ、のりをはがして
乾かす。

どこの国からのものかわからない外国の切手は、未整理の箱に
入れる。さぁて、Helvetia というのは、どこの国だろうか?
c0128628_1519557.jpg

知り合いからの手紙類から取った切手なのよねぇ・・・。
外国にいる友人の顔を思い浮かべてみる。
美しいトンボやチョウの絵がついているから、自然の豊かな
アフリカ? 南米地域? どこからだろう・・・?

どうもよくわからないので、Googleで調べてみました。
あっ!ドイツの隣国、スイスでした!
それなら、バーゼルやベルンの友人に違いない。

いつもは、ドイツ語で国名を Schweiz と書いていましたが、日本から
カードを出す場合は、Switzerland(英語) と書かなければ、郵便局の
人がわからないかもしれない。

スイスは、公用語が4つあるので、切手に4か国語書くわけにはいかず、
ラテン語のHelvetiaを使うのですって。
4つの公用語は、先のドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語。

日本では、スイスを普通名詞のように使うが、正しくは形容詞です。
スイス ワインなどは形容詞なので、問題ないのだが、国名を指す
言葉ではないようです。

それにしても、スイスのチーズ、ワイン、クリスマスころよく食べる
レープクーヘン(Lebkuchen)という堅いスパイスたっぷりの
ビスケット、三つ編みにした白パンなど・・・・これがおいしいんです。
なつかしいスイスの味を思い出しました。

切手のトンボは、日本のシオカラトンボ、蝶は、ミドリヒョウモン
のように見えますが、なにか特殊なものなのでしょうか。
日本では、珍しくはありませんが、ヨーロッパでは珍しい部類に
入るのかもしれません。
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-27 15:32 | 日々のできごと | Comments(11)

ひとつとなりの山

「ひとつとなりがいい。」
という文章から始まる池内 紀氏の新書。
出版されてから1か月ほどのできたてのほやほや。この池内節がなん
とも快いのだ。
その文は、さらに続く。

「人気のある山、よく知られた山のひとつとなり。
『日本百名山』などに入っていないお山。」


c0128628_021995.jpg
ひとつとなりの山』
光文社新書 373
(2008年)

筆者は中年に
なってから、
そういう全国の
無名の山々を
登ってこられた。
グループではなく、
独りで、
自分のペースで歩く。





頂上をきわめるだけが目的ではない。
途中眼にする植物や樹木、小動物に関心を寄せ、風の音を聞き肌で
感じながら登っていく。その印象を、一歩一歩、地を踏みしめる
ような氏独自の言葉で語っている。
この方の言葉の使い方は、じつに味わい深い。
(ひそかに私の文章作法上の師と仰ぎ、氏のような
抑揚のきいた文章が書きたいものと常に思っている・・・・。)

近ごろ出かけた秋田県、乳頭温泉郷から見た乳頭山も、著書の三番目
に取り上げられていた。この本は、こんごの私の旅の方向性をきめる
大事な本になるかもしれない。
c0128628_032031.jpg

初めて池内氏の本に触れたのは、
『ドイツ町から町へ』 中公新書1670 (2002年)
私がドイツに発つ直前に友人が贈ってくれた。
あとでゆっくり読もうと引越し荷物の中に含めた。
ドイツ文学者がドイツ国内の76の小さい町と地域を選びだし、
自分なりの思い入れを語る。

私の三年間の滞在中、できるだけ、自分の足でそれらの町々を
歩いてみたいと思い、訪ねた町にはチェック印をつけた。
76のうち36にチェックがついたから、約49%の達成率。
ほとんどが、池内氏と同様、週末を利用しての独り旅だった。
土曜の早朝に出て、日曜の夜に帰宅する一泊旅行。
ドイツでは週末には鉄道やホテル料金が安くなることもあり、日本に
比べてお金のかからない旅であった。
リュックに入れたこの本がガイド役をつとめてくれたのは言うまでもない。
列車を待つ駅のホームで、広場のベンチで、
いく度この筆者の文章力にうなったかわからない。

屈指のドイツ文学者、池内氏に案内されて路地の隅々まで歩くのだから、
これほど贅沢な旅はなかろう。
写真:Herrenberg 2007年3月
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-25 00:06 | 日々のできごと | Comments(10)

レオナード・フジタ展

blog仲間のcredenzaさんが、ベルギーに駐在されていたころ、
フランスのランスにある藤田 嗣治(ふじた つぐはる)
フジタ礼拝堂のことを書いておられた。

フジタの絵は好きだが、宗教的なフレスコ画やステンドグラスの作品
について知らなかったので、機会があれば訪れたいと思っていた。
ランス(Reims)はフランスの東北部に位置し、ブラッセルからでも
ケルンからでも日帰りで行けぬ距離ではなかった。
c0128628_1258041.jpg

その希望がはたせぬまま帰国したのだが、最近、上野で
レオナール・フジタ展が開かれていることを知って、さっそく出かけて
みた。
この展覧会については、こちらがくわしい。

初期の作品から、最晩年の作品まで非常に充実した展示だった。
来年1月18日まで公開しているようなので、関心がおありの
方はどうぞお出かけください。

c0128628_1259681.jpg

展示は、第1章から第4章まで分かれているが、3章と4章が
フジタの晩年の住まいと礼拝堂に関する本邦初公開の展示に
なっている。オーディオ・ガイドでは、フジタの80歳のときの
肉声が聞けた。お声が凛としていて、彼の思いがよく伝わって
きた。人は、最晩年には、かなうことなら、愛する人、愛するもの
に囲まれて、静かな環境で自分のしたいことだけをして過ごしたい
のだろう。その愛するものが一杯つまった室内の様子や、
そこで生活した人の思いが、お手製の作品からうかがえた。

ランスの礼拝堂は11月から5月までは休館だそうだ。それ以外の
ときにフランスに行く機会があれば、ぜひ訪れたい。
やはり、その礼拝堂の中に坐って、フジタの生涯に思いを馳せたい
ものだと思う。

写真:上野公園で 10月10日 サンゴジュ(スイカズラ科)
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-22 13:04 | 日々のできごと | Comments(4)

皇帝ダリア

昨年の11月、熊本地方を旅行したとき、民家や寺社の
庭で、背の高い薄むらさきの大輪の花を見た。あれは、
何だろうかといぶかしく思った。


c0128628_9402665.jpg
九州地方の
花なのだろうか。


熊本の人に
聞くと、
ダリアじゃない
かという
お答えだった。















13日、久しぶりの小春日和、調布市、深大寺植物園で、
薄むらさきのダリアが人の背の倍もある高さで咲き誇って
いる姿を見た。
c0128628_9412595.jpg

皇帝ダリア(キク科 Dahlia inperialis メキシコ原産)
とのこと。
11月にこんな大輪の花が咲くのは、珍しい。
人が大勢、ほう~と言いながら見上げていた。
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-17 09:42 | 日々のできごと | Comments(13)

秋田県 角館にて

田沢湖温泉を訪ねたおりに、歴史的に興味深い角館(かくのだて)
立ち寄った。南北に長く伸びる広い通りには、80軒もの
武家屋敷が残されており、紅葉の盛りということもあり、
歌舞伎の回り舞台のようなあでやかさ。
c0128628_19123673.jpg

これらの建物は、元和6年(1620年)ごろに建てられたという。
秋田藩に連なる小藩ということだが、歴史的建造物をこれだけ
立派に保存継承している町の人々は、どんなに誇らしかろう。

花のころには、桧木内川に沿って2キロに渡るサクラのトンネル
ができるそうだ。掛け値なしの素晴らしさだろうなあ。
c0128628_19131181.jpg

藤沢周平の小説に出てくる山形県 庄内地方の海坂藩
(うなさかはん)・・・これは、架空の藩であるが・・・
そういう時代に生きた武士や庶民の生活に思いを馳せ、
日ごろはめったに読まない時代ものが急に読みたくなった。
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-16 19:15 | たび | Comments(10)

秋田県 乳頭温泉郷にて

先週、生まれてから一度も足を踏み入れたことのない秋田県に
行ってきました。

田沢湖の近く、乳頭温泉郷に宿をとって、ブナ林を散歩したり、
秋田駒ケ岳へ少し接近したいと思っていましたが、
あいにくのお天気。
c0128628_20573551.jpg

霧が濃く、ドライヴもままならないので、予定を変更して、
七つある秘湯の一、鶴の湯を訪ねた。
江戸時代からあるという古い、古い湯治場。

お湯は乳白色で、硫黄の匂いがする。一日に数回温泉に入れば、
体も心もすっかり伸びきって、自分がふやけたスルメになったような
心地。ああ、よくぞ日本に生まれける!ありがたや・・・。

日帰り客としてこういう秘湯の露天風呂に入らせていただく
場合には、ちょっとコツが要る。
c0128628_2058597.jpg

持ち物は、なるべく少なく。時計、アクセサリーなどばずして
いく。できたら、浴衣姿で、防寒のためロングコートなどを
羽織って行くといい。タオルと入湯料(500円)だけで十分。
ここには脱衣所のようなものはなく、葦ずで囲った空間に
棚がおいてあって脱衣ザル数個あるだけ。
混浴の露天風呂もあるので、混浴がご希望でなければ、女性用と
明記してある風呂に入る。内湯以外では、石鹸など使えない。
c0128628_20583046.jpg

私は、登山靴に厚い靴下という山賊のようないでたち。その上、
タートルネックのセーターなど着込んでいるものだから、脱ぎ着に
手間取った。こんなスタイルは、まったくもって言語道断、露天風呂
巡りにふさわしからぬ格好と言える。
この日は、まだお天道さまが高かったので、tamayam2は混浴を
遠慮したのだが、夕暮れどきや夜なら、薄ぼんやりした光の中で
混浴というのも悪くなさそうだった。なにしろ、乳白色の湯では、
首から下はなぁ~も見えましぇえん。
c0128628_20585954.jpg

湯気の立つお湯につかって、眼を閉じる。頬に風を感じ、枯れ葉の
落ちる音を聞く。
周りの人と一言、二言ことばを交わすのも楽しい。

韓国やオーストラリア、関西地方から来られた方もいた。新幹線を
使えば、東京から三時間ぐらいでこんな秘境に来られる。
ああ、ありがたや、ありがたや・・・。
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-14 20:59 | たび | Comments(8)

文化の日に

11月3日は、文化の日。
この日は、なぜか全国的に天気がよいということに
なっています。みな様のところは、いかがでしたか?

東京地方は、薄曇り、暑くも寒くもなく、軽いジャケットで
ちょうどよい お出かけ日和でした。
c0128628_2104466.jpg

家人が明治節だから、明治神宮へなどと古風なことを
申しますので、そういう直線思考にすんなり乗ってみる
のも悪くないと従ったのでした。
明治節と言ってもお若い方はご存知ないでしょう。
( 私ですらよく知らなかったのですから・・・)

明治天皇の誕生日が11月3日なのですって。戦後は、
文化の日 と呼ばれています。明治維新をきっかけに、
日本は西欧文化を吸収し、文明開化したのですから、
文化の日という命名は、まあ筋が通っておりますね。


c0128628_2131851.jpg
さて、
明治神宮に
着きますと、
おどろくまいことか、
たくさんの
外国人で
あふれかえって
おりました。
















結婚式のお嫁さん、七五三の愛らしい子供たちの姿、
明治節にちなんだいろいろな団体の行列。日本酒や
洋酒の奉納品。
c0128628_2144775.jpg

とくに伝統的な菊の大仕立て、懸崖作りは
外国人の目を見張らせるのに十分でした。
c0128628_2151843.jpg

彼らは、広々とした境内を三々五々、楽しそうにそぞろ歩き
していました。
私どもも玉砂利の参道をもの珍しくキョロキョロしながら
歩きました。
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-04 21:06 | 日々のできごと | Comments(12)

が行鼻濁音

東京の真ん中を走るJR環状線、山手線で、
近ごろ、おや? と感じたことがあった。

停車駅の案内で、日本語の巣鴨(すがも)に続き、
外国人向け放送が流れるのだが、su-GA-mo
言っている。アクセントが語末から数えて2音節目にくるのは、
西洋人が日本語を発音するときの原則だがら、しかたがない。
アクセントの問題ではなくて、強調された[ ga ]の音の響きが、
きたないと感じたのだ。別の言い方で言うと、が行鼻濁音[ ng]
ではなかった。
c0128628_176281.jpg

テレビを見ていても、若い人が、
「思ったんですがぁ、・・・」
などと、助詞の「が」を硬い音[ ga ]で話す人が多くなった。
が行鼻濁音についてあまり意識されなくなったのだろう。

2003年ごろ、東急目黒線だったか、日本語のアナウンス
をする人が、目黒の語中の「ぐ」を、が行鼻濁音[ ng] でソフトに言うもの
だから、私の耳には、何度聞いても「めんろ」のように
聞こえた。これは、が行鼻濁音の過剰な用法。

が行鼻濁音の原則は、簡単に言えば、語頭では鼻濁音になっても、
語中では鼻濁音にしないのだ。


c0128628_1785436.jpg
がっこうは、
語頭の [が]
だから[ga]、

しょうがっこうは、
語中だから、
鼻濁音の[nga]。

















ある人のエッセイを読んでいたら、「西大井」という駅名アナウンス
がどう聴いても 「にちようび」と聞こえるというのがあって、
笑ってしまった。二つの単語は、アクセントの型がまったく
同じだから、どうしても耳慣れた単語に引きずられるの
だろう。

東京の電車に乗っていると、日英両方の案内放送があるが、
なじみない地名を聞いたときには、日本人でさえ、
よく聞き取れないことが多い。

いろいろの国で、耳を澄ませてアナウンスを聴こうとしたもの
だが、土地勘の無いところの地名は、どの部分が駅名なのか
判断できるまでに時間がかかる。
だから、あまり、ごたごた言わず、単に 「 次、巣鴨です。」 
とだけ言ってくれれば十分だと思う。

ご親切な情報が多ければ多いほど、
異邦人や耳の悪い者には、迷いが多くなる。

写真上:  デイゴ (マメ科 Erythrona crista-galli) 夢の島公園
写真下:  アプティニア(ツルナ科 Aptinia cordifilia 南アフリカ原産) 
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-02 17:13 | 日々のできごと | Comments(10)

11月になりました(ハロウィンのころ)

子供が小さかったころ、カナダに住んでいた。当時は、ハロウィンは
子供生活の大きい部分を占めていたので、親もいっしょになって
衣装を縫ってやったり、メーキャップまで施してやって楽しんだものだ。

当時、イギリスから引越して来たばかりの隣人が、
ハロウィンって、いったい何?」
と聞いたのには驚いた。イギリスでは、こういう習慣は普及して
おらず、その代わり11月5日にガイ・フォークス・デイ
(Guy Fawkes Day)という一種のドンド焼きのような行事が
あるということだった。

ドイツでは、11月1日に万聖節(Allerheiligen)、11日に
聖マルティン祭があるが、ハロウィンのように大騒ぎする晩ではない。
ヨーロッパでは、ハロウィンはアメリカ風の秋の行事として、
若者の間に普及しているに過ぎない。
(ヨーロッパの人たちは、アメリカ的風物をやや距離をおいて
眺めているようなところがある。)

ともあれ、今日は、11月の始まりの日。また、三連休ですね。
朝晩は、暖房が恋しくなるころだ。

先日出かけた、目黒区、都立林試の森公園過去に林業試験場
だった経緯があって、林試。)で赤い実をつけた樹木を見た。
梢に近い位置なので、詳細はわからないが、私にとっては、
珍しい木だったので、記録しておこう。
c0128628_9393899.jpg

1)トベラ(トベラ科 Pittosporum tobira ) ↑
学名にtobiraという文字が見えるが、驚いたことにそれは、
れっきとした日本語で、扉という字を当てるそうだ。独特の臭気
があって、魔よけとして、除夜、節分などに枝を扉に挿す習慣が
あることから。南半球や、暖かい海岸地方の樹木らしい。
c0128628_94001.jpg

2)イイギリ(イイギリ科 Idesia polycarpa )  ↑
c0128628_9403765.jpg

3)ホーロー製の看板を収集する飲み屋さん(?)
林試の森公園から目黒駅に行く道で、レトロな看板を収集しているお店
を見た。ベルリンでも  こんな店 を見たことがあるが、目黒区の
人は、精神的ヨユーがあるなぁ・・・と思いながら通りすぎた。
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-01 09:42 | 日々のできごと | Comments(8)