<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

長良川の夕べ

ドイツにいたころ、ドレスデンで偶然日本人のご夫婦と
知り合い、ドナウ川の話になった。私がドナウ川の
川下りは、きっとお気に召すと思いますよ、と提案すると、
若いご夫人が、言下に言葉をさえぎって、
「いいえ、長良川の水の美しさは、こんなもんじゃござい
ません!」とおっしゃった。
涼風の吹くドナウ川沿いのレストランでワインを飲みながら、
岐阜のお国自慢をたっぷりうかがったその日から、いつか
機会があれば、長良川を見てみたいと思っていた。
c0128628_8505885.jpg

その時知り合ったご夫婦ではないが、ちょっとしたご縁が
あった方からお招きを受け、長良川で花火と鵜飼の夕べ
を楽しむことになった。
c0128628_8511572.jpg

花火も豪勢だったし、鵜飼船に乗る経験も楽しかった。
養殖でない、天然の鮎もいただいた。地方の素封家の
心のこもったおもてなしの数々に、都会のちまちまと
した接待と比べて、なんとスケールが大きいのかと感じ
入った。
c0128628_8514452.jpg

そのご夫妻は、二男一女のお子もちでみなさん結婚なさって
いる。花火の時には、近くに住む子供たちが両親の家に
集い、手作りのおかずを運び込み、日没前にみんなで歩いて
河原に向かった。幼い子供たちの手を引いて、おしゃべりし
ながら歩いた。
河原には、すでに何万人という人々が集まって、
それぞれの桟敷で宴会が始まっていた。じつに日本的な
いい光景だった。

赤ん坊から、老年まで一家族がいっしょの桟敷に坐って
お弁当を食べながら、空高く打ち上げられる花火に歓声を
上げる。客人をもてなすのに、家族全員を呼び集め、
一同うちそろって食事できる贅沢は、今やだれにもできる
ことではないとうらやましく感じた。

おもしろうて やがて悲しき 鵜舟かな  芭蕉
[PR]
by tamayam2 | 2008-07-31 08:52 | たび | Comments(0)

名和昆虫博物館

岐阜県多治見市で37度を記録した26日、岐阜市に出かけた。
暑いことは、承知で出かけたのだから、暑さの話題はすまい。
c0128628_8445056.jpg

岐阜に来たからにゃ、岐阜チョウで有名な
名和昆虫博物館に立ち寄らずにはおれまいて。

ギフチョウは、日本の固有種で、なかなか本物を見ることが
できない。この博物館では、幼虫を見ることができた。
ギフチョウ(アゲハチョウ科 Ruehdorfia japonica)については、
この頁の「春の舞姫って」をごらんください。

その他にも子供たちがワクワクするような世界の珍しい虫の
標本がいっぱい。全国でも類を見ない昆博物館である。

ギフチョウは西日本と東日本に住む種類が異なっており、
東日本には、主にヒメギフチョウが住む。
(上の看板の中段、右から2番目がギフチョウ)
その棲み分けの区分線をギフチョウ線と呼ぶそうだ。
夏休みに捕虫網を持って野山を駆け回ったのは、はるか昔の
話・・・。今は、都会で、ジーと暑苦しく鳴くセミの声を
聞くことも少なくなった。


c0128628_8475080.jpg
金華山頂上
で見た
キアゲハ。






c0128628_8481816.jpg
揖斐川沿い
で見た
ヒトツメ
オオシロ
ヒメシャク、
あるいは、

クロスジ
オオシロ
ヒメシャク
(シャクガ科)


この蛾は、眼状の紋がギョロリとしていて迫力満点だった。

追記:26日多治見で37度と書きましたが、正確には39度でした。
読者から指摘がありました。ありがとうございました。
39度!?!?・・・ヒトの体温で言えば、もう完全にお病気ですね。
[PR]
by tamayam2 | 2008-07-29 09:04 | たび | Comments(0)

八島湿原のコウリンカ

7月19日、ニッコウキスゲが三分咲きの霧が峰高原をちらと
横目で見ながら、その一角にある八島ヶ原湿原へ行ってきた。
朝9時半ごろ着いたのに、もう駐車場は満車。一台出ると、
一台入る方式で、約30分ほど待たされた。
c0128628_6302086.jpg

八島ヶ原湿原は、下諏訪観光協会が管理している。駐車場の係りの
おじさんも、ヴィジターセンターの人も、町の職員なのだろうか。
入口にトイレも完備していて、信じられぬことに入場料は無料!

(人手がかかる公園管理には、わずかでも入場料を取ればいい
のに、と日頃から金の出入りにシビアーなtamayam2は思う。)

湿原とか、川べり、沼地とかに関心がある私は、前からここを
訪問したいと思っていたのだが、なかなかチャンスがなかった。
八島ヴィジターセンターのBlogに、開花情報などくわしい。

広大な湿原の周りを散歩しながら、高原の植物を見るのは楽しい。
短い夏の間に、命を次世代につなげるため、虫たちも、鳥たちも
活発に動き回っている。ああ、夏はいいなぁ~と心から思う。


c0128628_631348.jpg
私が見た
花のうち、
珍しかった
のは、
コウリンカ
















(紅輪花 キク科 Senecio flammeus ) 
絶滅危惧Ⅱ類(VU)だということだ。
c0128628_6325296.jpg

歩道とロープで、人が湿原に立ち入ることができないように
管理されているからこそ、生存が維持されているのだろう。
[PR]
by tamayam2 | 2008-07-25 06:34 | 日々のできごと | Comments(0)

今日の切手(6):ドイツのメルヘン 

先回、ドイツのメルヘン街道のお話をしました。
ドイツの切手にメルヘン(童話)をテーマにしたものが
あったような気がしたので、探してみた。
c0128628_924267.jpg

ずいぶん昔の、東西ドイツに分かれていたころの切手。
左は、グリム童話の白雪姫ですわね。
ガラスのお棺の中の白雪姫は、継母の毒リンゴを食べて
死んでしまったのです。悲しむ小人たち・・・・。
そこへ、白馬にまたがった王子さまが、飄然とあらわれて、
・・・・めでたし、めでたしという結末でした。

女の子が、どんなに窮地に陥っても、いつか、私の王子さま
が、マントを翻してやってきてくれる・・・と信じて疑わ
ないのは、きっと、白雪姫のこのシーンが焼き付けられて
いるのでしょうね。

この頃は、子供向けの童話には、どぎつい刺激的なシーンを
伏せて、おだやかな結末に行き着くように作り変えられる
とか。グリムの原作は、いじめや拷問、殺人のシーンさえ
ある。森の中の一人暮らしのおばあさんが、平然と子供を
釜ゆでにしたりするもの。

右の切手は、ドイツの国民的漫画家、ウィルヘルム・ブッシュ
(Wilhelm Busch 1832—1908)の描く子供の世界。
『Max und Moritz』
(マックスとモーリッツ)のキャラクターです。↓
c0128628_9264724.jpg
この子たちは、大変な
いたずら好きで、
大人をからかっては、
大騒動を巻き起こす。


子供だって負けてはいないのです。

ドイツの子供たちは、幼少時から性悪説を学んでいるみたい
ですよ。すなわち、

自分の安全は自分で守らないとだれも助けてくれない。
うっかり甘い言葉を信じてしまうと、森の中の魔法使いのおば
あさんに釜ゆでにされる危険もあると。

童話を通して冷厳な社会のルールを学んでいるようにも
見えます。メルヘンという言葉は、けっして甘美なイメージ
ばかりではないんですよ、じつは。
[PR]
by tamayam2 | 2008-07-23 09:30 | 日々のできごと | Comments(0)

メルヘン街道、麦草峠

海外から友人が来ると、茅野市、ヴィーナス・ライン沿いの
別荘にご案内する。なぁに、別荘たって、2DKのアパート
です。それに、ヴィーナス・ラインたって、フツーの田舎道
なんですよ。

その通りの東側に、国道299号線 通称メルヘン街道
が走っている。
なんでも、ドイツ中央部から北に抜けるメルヘン街道
風景が似ているから、そういう名前がついたということだ。
c0128628_10541355.jpg

本場ドイツのメルヘン街道は、グリム兄弟の生地、ハーナウ
から北上して、『赤ずきん』のアルスフェルド、カッセル、
『いばら姫』のザバブルグを経て、ハーメルン、ブレーメンに
至る南北600Kmの街道。
どなたも一度は『ハーメルンの笛吹き男』や、『ブレーメンの音楽隊』
の怖くてドキドキする童話を耳にしたことがおありだろう。

メルヘン(Maerchen)というのは、ドイツ語で童話、おとぎ話
のことなのです。

こういう街道を通ってドイツ人などを案内するとき、その
名前がちょっと気恥ずかしい・・・のですよ。
白樺街道というような日本名だと助かるのに・・・。
何がメルヘンなの?と聞かれても説明に窮してしまう。

そのメルヘン街道の一番高いところは、麦草峠といって
標高2127m。冬期には、通行止めになる。


c0128628_1056937.jpg
18日、
Blog仲間の
Nick-1さん
のところで
知った麦草
ヒュッテ
野草園に
立ち寄って
みた。














c0128628_10573795.jpg

私にとって初めて見た花は、ヨツバシオガマ。
葉がノコギリ草のようにギザギザで、確かに4枚の葉で、
花茎を支えている。花の中央に鳥の嘴のようなものがあり、
その部分の色が濃い。高さは、10~15cmぐらい。

写真上:キバナノヤマオダマキ(キンポウゲ科)

写真中:テガタチドリ(ラン科)

写真下:ヨツバシオガマ(ゴマノハグサ科)
[PR]
by tamayam2 | 2008-07-22 11:07 | 日々のできごと | Comments(0)

入谷の朝顔市

え~、東京は、下町、入谷(いりや)というところが
ございますナ。そこでは、例年7月6日から、朝顔市
開かれます。ところが、今年は、洞爺湖サミットのせいで、
開催時期がずれ、18日―20日に変更になったとかです。
c0128628_19241612.jpg

18日の早朝、わたくしメもさっそく出かけてまいりました。
どうです、この若い女性の粋な姿。いなせなモンじゃ
ござんせんか。(宮沢りえ風ですナ。団扇を持つ手つき!)


c0128628_19244944.jpg
背後に
カメラを
構える手が
写って
しまい
ました。

(無粋な
モンを
お見せ
しやした)








奈良時代に薬用として中国から伝来した植物だそうですよ。
江戸時代にゃ、凝り性の職人によって、色とりどりの
品種が作られたとかです。
ヨーロッパじゃ、バラやチューリップの品種改良が
さかんに行われて、珍種の取引で多額な利益を得た商人が
おったり、はては、殺人事件にまで発展したそうで
ございますよ。わが大和の国では、アサガオの栽培ですナ。
平和なモンです。

たいていの行灯(あんどん)仕立ては、金2000円也で
売っておったようですが、珍しい新種ですと、それよりさらに
高額ですナ。アサガオと言うても、当節はけっこうな
お値段ですよ。
(写真下)一人で、3鉢も買う方がいらっしゃる、と
思いきや、ようく見たら、この方は、宅配便のおじさん
でした。
c0128628_19264433.jpg

おつむの良い方がおられるんですナ。出勤前に入谷で鉢を購入、
自宅で受け取るという寸法ですナ。
[PR]
by tamayam2 | 2008-07-20 19:34 | 特別なできごと | Comments(0)

舎人公園で見た樹木

帰国してから、ちょうど一年経った。仕事をしていた三年間は
あっという間だったが、留守にしていた日本の家の積もり
積もった片付け物に、一年かかってしまった。

仕事を辞めたので、仕事関係のものを片付けた。と同時に、
ライフスタイル自体が変わったため、今まで必要だったものが
不要になり、思いがけないものが必要になった。
その仕分けと捨てる決意が大変だった。
c0128628_6311121.jpg

夏休みももうすぐ。公園の池では、魚獲り網をもった子供たち
が、ザリガニをねらっている。池の周りには、メタセコイア
メタサコイヤ(スギ科 Metasequoia glyptostroboides)

この木は、あちこちの公園でよく見かけるが、こんなに
密生して植えても大丈夫だろうか。なにしろこの木は、成長
すると、35mにもなる。
北米やヨーロッパで、見上げるような高木をたくさん見た。
秋の紅葉もいいし、落葉した後の樹形もすばらしい。
英語では、Red woodの種類。

c0128628_6323916.jpg

メタセコイヤ
の若い球果

6月28日
足立区







3月に日暮里・舎人(とねり)ライナーが開通し、東京の北東部に
アクセスしやすくなった。沿線の舎人公園は、まだ若い公園
なので、樹木も若く、照りつける日差しをさえぎる樹木が少ない。
c0128628_6342974.jpg

駅前に、なんだか植木の見本市のように種々さまざまな木
が植わっていた。都の公園課のような係りの方がともかく
植樹せよ、という命令に従うために一所懸命に仕事をした
らしい様子がうかがえた。

その中で、ヤマモモ(ヤマモモ科 Myricaceae rubra)の
実がたわわになっているのを見つけてうれしかった。(上)
c0128628_6352936.jpg
クマシデ
の雌花が

ホップの
ような房を
垂らして
いた。








これも、街中ではあまり見ない日本特産の木なので、出会えて
よかった。
クマシデ (カバノキ科 Carpinus japonica)
[PR]
by tamayam2 | 2008-07-17 06:54 | 日々のできごと | Comments(0)

ノリゲを 思い起こさせる花

白神山地の山歩きをしているとき、ウリノキの花に出あった。
長い筒のようなつぼみが開くと、花弁をくるくる巻き込んで
開花する。その姿は、女性のかんざしのようだと言われる。
c0128628_1020540.jpg

ウリノキ(Alangium platanifolium ウリノキ科)

私は、この花を見ると、韓国の女性のチョゴリ(上衣)の
胸元を飾るノリゲのようだと思う。近ごろは、ケータイ電話に
たくさんのストラップをつけている方がいらっしゃるが、
ノリゲは、現代風に言うと福を呼ぶストラップ かな。
c0128628_1021997.jpg

朝鮮・韓国の伝統文化には、こうした紐(ひも)を編んで作る
メドゥップ(組み紐)という手仕事がある。編んでいく途中で
刺繍した小作品や天然石などをはさみ込んでいく。民族服の
服飾品はノリゲと言われるようだが、大きな作品は、壁に
掛けるだけでなく、箪笥(たんす)など大切な家具の金具に
引っ掛けてお守りのようにして使う。

幸せな人生を過ごせるように、親が嫁ぐ娘のお道具につける
お印のようなものと言ったらよいかもしれない。

韓国の友人からいただいたものが、家にいくつかある。
伝統的なものは、手がこんでいてりっぱな工芸品である。

このけっこうな飾り物を、私は海外生活にも持参し、衣装
ダンスや、飾り棚のノブに引っ掛けて愛用していた。西洋の
重厚な家具にもよく似合い、西洋人の目を引く小道具と
なった。
[PR]
by tamayam2 | 2008-07-12 10:24 | 日々のできごと | Comments(0)

白神山地に一歩を記す

7日から青森県の白神山地の一部(緩衝地帯)を歩いてきました。
総面積は、130.000ヘクタールもある広大な土地のほんの一部分に
足を下ろした程度でしたが、雨上がりの滑りやすい山道で、
私としては、けっこう難渋しました。(まだ、大腿がいたい。)
c0128628_133030.jpg

ブナの大木が茂るあたりの土地は落ち葉でフカフカ。
自然の貯水庫と言われるだけあって、足元からじわ~っと
水分が浮き上がってきます。
熱帯雨林さながらの湿気と暑さの中で、顔から汗がしたたり
落ちました。途中で飲んだ湧き水のおいしかったこと!
ブナ山全体が天然の雨水の濾過装置になっていることを納得。

濾過された水は、谷川を経て海に注ぎ、海中のプランクトンを
育てて、魚も養っているそうです。


c0128628_1334691.jpg

すこし、
怖かったこと。
ガイドさんの
案内で
山道を歩いて
いたとき、
異様な匂い
がしました。


動物園の檻の前に立った時のような匂い。

山の知識のある方が、ピーッ、ピーッと鋭い笛吹く。

やっぱり、月の輪グマが通った跡だったようです。(汗)
ブナの大木の幹にも、黒々とした熊の爪跡が刻まれている
のです。森では、熊に“小熊のプーさん”のような幻想を
もってはなりませんぬ。けっして、なりませぬ。

    私:どうしてあんなに臭いの? (愚問)

ガイド氏:熊は、風呂に入らねえだべ。(心やさしいガイドさん!)


c0128628_1355651.jpg













写真【中】は、“ミズ”(ウワバミソウ イラクサ科)くせが無くて
シャリシャリとしておいしい山菜。

写真【下】暗門大橋の近くで見たサワグルミ。美しい花を垂らしていた。
サワグルミ(Pterocarya rhoifolia クルミ科)
[PR]
by tamayam2 | 2008-07-11 13:27 | たび | Comments(0)

ムシ ムシ 夏到来

急に暑くなり、昨夜、はじめてクーラーをつけました。
そろそろ蚊の対策をかんがえなければなりません。
ムシは、どんなものでも好きなのですが、忍びやかに近づいて
来る蚊だけは敬遠したいです。
c0128628_1134096.jpg

埼玉県 安行(あんぎょう)にある花と緑の振興センター
行ってきました。洞爺湖サミットのせいでしょうか、どこでも
警官の姿が目につき、交通が渋滞していました。悪いことを
しているわけではないのに、警官の姿を見れば、はっとして、
身を隠したくなるtamayam2は、異常な人物なのでしょうかね。

安行は、植木の町として有名です。ネグンドカエデは、別名
トネリコバノカエデ。目が洗われるような美しい斑入りでした。
(写真上)
イロハカエデの葉にとまったムシ。オトシブミの仲間かもしれません。


c0128628_1151926.jpg












c0128628_1161224.jpg
ヤマボウシ
(ミズキ科)
の花を
食する
シロテン
ハナムグリ
(?)
コガネムシ
科の昆虫
です。


このセンターのHPに クイズに答えてクワガタムシをゲットしよう
という子供向けの呼びかけがありました。えっ?(目を疑う)

クワガタは、生きている虫ですね、玩具じゃないでしょう。
もし、野生昆虫保護団体といった団体があれば、クレームもの
ですね。それとも、プラスティックでできた本物そっくりの玩具
なのでしょうかね。
c0128628_1174312.jpg

ドクダミのそばにヤマトシジミ蝶が!
夏は、暑いから好きになれませんが、たくさんのムシに会える
のは、うれしい。
[PR]
by tamayam2 | 2008-07-05 11:15 | 日々のできごと | Comments(0)