<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カイツブリを見た日

カイツブリ・・・カタツムリ・・・でんでん虫?
カイツブリ・・・カタメツブリ・・・ウィンク(え?)

以前からカイツブリとは、どんなものか、気になっていた。

    貝? 虫? 鳥?
c0128628_12323186.jpg

井の頭公園自然文化園で、初めてカイツブリをくわしく見た。
カモよりずっと小型で、敏捷に泳ぎ回り、スーッと潜ったかと思うと、
水中で小魚を射止めてしまう。水槽は、水中と水上が観察できる
設計になっていて、その動く様子をガラス越しに撮った。


c0128628_12331228.jpg
カイツブリ
(Tachy-
baptus
ruficollis
カイツブリ科)











c0128628_12351998.jpg
カイツブリは古名を
鳰(にお)と
言い、
琵琶湖に多いこと
から、




琵琶湖の雅名を鳰の湖(におのうみ)と言う。
ああ、それなら、耳にしたことがあります。

c0128628_12361925.jpg

オシドリは小さな池で飼われていた。ケルンの森の奥深く、ひっそり
とした池で、初めてオシドリの野生の群れを観た感動を思い出した。
                             ケルンのオシドリ
オシドリ(Aix galericulata カモ科)。

英語ではMandarin duckと言われる。何となく東洋的な雰囲気の
鳥で、西洋で野性種を見るのは珍しかった。
by tamayam2 | 2008-01-29 12:44 | 日々のできごと | Comments(0)

寒い中に咲くけなげな花々

日本列島は、寒気の帯の中にすっぽり包まれてしまったようです。
寒いですね、日本の家屋は!
私の家は築約40年の家なので、お風呂場やトイレの寒さは、尋常
ではありません。
セントラル・ヒーティングの欧州の家屋から見ると、どうしても
行動が鈍くなり、縮こまりがちになってしまいます。(笑)
でも、そうもしておれず、この1月をなんとか生きぬかなくちゃぁネ。
先週、先々週に見た植物を記録しておきましょう。
c0128628_7524268.jpg

まず、どこにでも見られるツバキ、サザンカの健気な美しさ。
排気ガスにもめげず、幹線道路沿いにも見事な花を咲かせています。
c0128628_7534831.jpg

まんず、まんず春先に咲くマンサクの花もあちこちで見ました。
この樹木は、面白いことに、昨年の枯れた葉っぱをしっかり木に
つけたまま、その間から花を覗かせているのです。意思の強い
がんばり屋さんというイメージ。 どちらも、17日 皇居東御苑で 
c0128628_7542825.jpg

20日、上野の東照宮で、寒ボタンを観ました。雪囲いをされて、
大事に育てられた深窓のお嬢様といった風情です。
あちこちに俳句の札が立てられており、風流な方々が三々五々
散歩をしておられました。縁台に手あぶりの火鉢がおいてあり
ましたが、そんな手あぶりでは間に合わないほどの冷たさでした。

c0128628_755934.jpg











ボタンと言えば、春に絢爛豪華な花をつけた後、三羽のプロペラの
ような形の実をつけ、その実がはぜると、赤や黒のドキッとするような
種をこぼす。花の優雅さとはうって変わって生命力がみなぎっている
力づよい種です。


c0128628_7561275.jpg
2007年7月ごろ
ケルンの友人宅で







不忍池(しのばずのいけ)から、御徒町(おかちまち)のアメ横に
抜け、私めは俳句を詠むかわりに、夕餉の干物など買って雑踏の中を
歩きましたよ。ふふふ。

     そのあたり ほのと ぬくしや 寒ぼたん (高浜虚子)
by tamayam2 | 2008-01-28 07:59 | 日々のできごと | Comments(4)

花も実もある ロウバイ

真冬なので、花なら、ツバキやサザンカばかりかと思っていると、
そうでもない。目立たないけど小さな花が幹から吹きだしている。
c0128628_11463347.jpg

薄たまご色のロウバイ。この前、神奈川県で見たものは、濃い
黄色のソシンロウバイ(素心蝋梅 Chimonanthus praecox)。
梅という字が使われているが、ウメは、バラ科。ロウバイは、
ロウバイ科。ともに、中国から日本へもたらされたということで、
東洋的な静けさがある。

いい香りがするので、そばに行ってとうっとりと香りをかぐ。
この木の下にたたずんで、歌を詠む方もあるし、写真を撮って
おられる方もある。

ケルンの植物園にもあった。はじめは、6月ごろ、変わった実だ
と思い、どんな花が咲くのか年間を通して楽しみにして見ていると、
1月ごろ、本当に蝋細工のような繊細な花だけが幹から直接出てきた
のだ。花の後に、やや大振りな葉が出て、初夏に3~4Cmにも
なる大きな実ができているのに気づいた。

花も奥ゆかしいが、実もなかなかユニークな形だ。
たいがい、東洋の樹木のところにひっそりと植えられており、
ドイツ人もそのほのかな香りを楽しんでいた。


c0128628_1148143.jpg
2007年5月
28日。ケルン
Floraにて。






植物園を歩いていると、
その時々に主役に
なる草木がある。

春なら、サクラとか、
バラとか。




しかし、秋のサクラの葉の紅葉のすばらしさや、
秋空に映えるローズ・ヒップ(バラの実)の宝石のような輝きは、
主役ではないが、それを発見した者に大いなる満足感を
与えてくれる。

日本の植物園で少しユーツな感じを受けるのは、
「今見ごろの主役は○○ですよ、さあ、ごらんなさい!」と、
押し付けられる感じを受けること。

どれが主役でどれが脇役かは、見る者が決めること。
年間を通じてその植物の様子が変わっていく姿を観るのが楽しく、
見どころは、花だけではないのである。
by tamayam2 | 2008-01-16 11:51 | 日々のできごと | Comments(8)

温泉地で 同窓会

東京から2時間たらずの温泉地に学生時代の友人と出かけた。
駅から、旅館まで歩いて4キロぐらいと聞いたので、ぶらぶらと
緩やかな坂道を登って行った。急ぐ旅でなし、歩きながらの
おしゃべりは愉しい。
c0128628_10385990.jpg

毎年、この時期に会うことにしている仲間たちだが、
一人は、急に病院で精密検査をすることになり、後から遅れて
参加。もう一人は、ご不幸があって、欠席。
まあ、年相応に人生の厚みと複雑さを加え、話題はつきない。
東京では、あまり見かけないアロエの花。(写真 上)
c0128628_1040256.jpg

柑橘類がたわわに実る線路わきの道に、雑草のようにスイセンが
群生していた。
c0128628_10403779.jpg

海に近い温泉地とあって干物を干している店が多い。
c0128628_1041410.jpg

こういう看板のたばこ屋が昔は、よくあったけど、今は少なく
なったなぁ。

川べりの観光会館のところまで来たら、華やかなキモノ姿のお嬢さん
たちでいっぱい。辺りが急に明るくなった。
13日(日)は、この町の成人の祝賀会の行われる日だった。
c0128628_10414166.jpg

あちこちで爆笑がはじける人垣をまぶしく眺めながら、我々の仲間も
年相応のおしゃべりを楽しみつつ歩いて行く。この日は、かる~く1万歩を越えたはず。
by tamayam2 | 2008-01-14 10:42 | たび | Comments(7)

つくば市で バケツランを見る

一生のうちで、今後おそらく見ることがないほど珍しいランが
咲いたそうだよ・・・という情報が入ってきた。
特にランに関心があるわけではないが、そんじゃ、と
茨城県つくば市まで出かけてみましたよ。

秋葉原から、つくばエキスプレスという特急電車に乗るのも珍しい
経験だし。
国立科学博物館 つくば実験植物園には、日本の代表的な植生が
9区画に分類して再現してあります。冬枯れでいまは、見ることが
できませんが、草木一本、一本に名札が付されていて、
学術的な地道な研究が行われていることがうかがえます。


c0128628_7421615.jpg
広大な園内の
熱帯雨林温室
のなかに、
たった一鉢だけ
くだんの
バケツラン
公開されて
おりました。







バケツランについては、東海大の星教授のサイトでよく説明されて
いますので、ごらんください。       実を結ぶための花の戦略

私が、9月に英国キュー・ガーデンで見たウマノスズクサの一種と
同様、食虫植物の一種です。ダーウィンが進化論を考える上で
影響を与えた植物だということです。  
           07年10月2日 キューガーデンにてc0128628_7434691.jpg



















美的には、どちらかというと、グロテスクで、動物的なイメージを
持ちましたが、たしかに精巧で不思議なつくりになっており、
どうして神様はこんな形を考えつかれたのか?! 
造化の神様には何か深いお考えがおありになったのでしょう。

ここは、私が帰国後訪ねた植物園の中では、一番魅力的な、
イチオシの植物園でした。そのことが本日の一番の収穫!
by tamayam2 | 2008-01-11 07:49 | たび | Comments(8)

ゴミ箱と トイレ

ケルンから比べれば、なべておだやかな冬。
すべての木々が竹箒のように葉を落としてしまうこともなく、
ダイヤモンド・ダストと呼ばれるような、細かい雪がキラキラ
と舞うこともなく、ドイツの友人のBlogで紹介されている樹氷
はもちろん、霜柱すら都会ではめったに見られません。
c0128628_1058455.jpg

今年の日課にしようと考えている一日一時間程度の散歩を、
今日までは、まだ忠実に続けています。街中を歩いても、住宅
街を歩いても、歩くリズムでものごとを考え、考えたことを
ゆっくりと咀嚼してから話すのは、コンピュータの、一瞬にして
情報が行き交うやり方の対極にあって、心地よいものと、
感じます。
c0128628_105852100.jpg

先週出かけた石神井公園(練馬区)と善福寺公園(杉並区)には、
湧水池があって、都会に住む水鳥たちのオアシスになっています。
コンコンと地から湧き出る水があるというのは、じつに豊かなこと。
江戸時代から、大江戸の市民の水源として大事にされてきた水だ
そうです。
見かけた水鳥は、カモの種類。バン、カワウ、バリケン。運がよければ、
カワセミも見られるそうです。こりゃ、新年から期待がもてるぞ!
上は、オナガガモの♂です。
Blog仲間のpapageno620さんのところで話題になっていますが、
「野鳥が太りすぎて飛べなくなるから、餌をやるな!」という東京
都が出している張り紙をここでも見かけました。
それでも悠然と餌をやる人、文句を言う人、いろいろです。

私が驚いたのは、両公園とも、きちんと管理されている公衆トイレが
数箇所も設置されていること。それに対して、ゴミ箱が一つも無いこと

「家庭のゴミを捨てる人がいるので、ゴミ箱は置かない」という断り書き
を見ました。

ケルンの森や、幾つかの公園には、公衆トイレというモノが無く、
そのため、苦労した経験談を集めれば、一巻の本になるくらい。
一方、ゴミ箱は、ドイツ全国に、駅、列車の座席のところ、
町角の要所要所に設置されており、ゴミ捨てで不便を感じることは
ありませんでした。

東京では、あの地下鉄サリン事件後に、公共の場所から
ゴミ箱が消えたとか。バンドバックの中に、いつの間にか
こまごまとしたゴミが溜まり、いつも早く排出したいと思いながら
きょろきょろとゴミ箱の幻想を追い求めてしまいます。

トイレに恵まれないドイツの町々と、ゴミ箱が見当たらないトウキョーと。
どっちもおかしな現象です。
c0128628_112568.jpg

冬景色に、ぼぉっと赤く染まった木があり、近づくと
マユミの実がはぜていました。(写真 1枚目) 5日 善福寺公園で
マユミ 檀(Euonymus sieboldianus)ニシキギ科
学名にシーボルトの名が潜んでいるわね。

うす緑がかった白い実は、センダン 栴檀 センダン科 (写真 3枚目)
by tamayam2 | 2008-01-09 11:07 | 日々のできごと | Comments(8)

元旦に、高尾山へ行く

浮世の些事にかまけている内に暦はめぐり、新年を迎えました。
おくればせながら、新年、おめでとうございます。
Blog上でのお付き合いとはいえ、かれこれ3,4年もお付き合い
が続いている友人もおります。どなた様にとっても、よい年の
始まりでありますよう、心からお祈りいたします。
今年もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。
c0128628_8485653.jpg

さて、みな様は、どのように新年をすごされたでしょうか。
私は、芸がないと言おうか・・・・東京都民がよく出かけると
いう高尾山へ出かけてみることにしました。それも、昼近くに
なって、フラッと思いつきで・・・。(一年の計は元旦にあり
という教訓があったはずですが、この無計画さぶり。)
中央線で、高尾駅に向かう車窓から、きれいな富士山が見られ
ました。(Oh、Mt. Fuji! どういうわけか、ここで英語が
出てきて、外人さんのように感動する。)

高尾山に着いてからは、ま、悲劇ですね。人が多くて、新宿駅の
ラッシュ時並の混雑でした。登りはケーブルカー、帰りは、
徒歩で山を降りたのですが、かなりきつい勾配の坂道でした。
(タカが高尾山などと、山を侮ってはいけない、教訓その2。)

↑ お地蔵さんは、みな真新しい毛糸編みの帽子を頭に頂いて、温そう。
c0128628_8515360.jpg


↑ 京王線高尾山口駅の近くで、まんじゅうや煎餅を売る店。

c0128628_8525117.jpg

自然薯(じねんじょ)を売っている店を見かけました。
とろろ芋ですね。擦りおろしても、酢の物にしても、
揚げてもよし、しみじみとおいしい日本の味。
自然薯とともにだるま、招き猫を並べて売っている点が
いとをかし。

ドイツでは、ハイキングに出かけてもいわゆるお土産屋さん
というような店が無いので、新年から店開きしているこんな
門前町の賑わいを面白く眺めた。
私同様に、行くところが無いのか、外国人の家族連れの姿を
見かけた。耳慣れぬ外国語があちこちから響いてきた。

やはり、年の初めに小高い丘に登って、新年の祈願をすると
いうような風習がよその国にもあるのだろうか。
by tamayam2 | 2008-01-02 08:55 | 日々のできごと | Comments(24)