<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

BlogのBlogって、ご存知?

年の瀬ですね。格別何もしないのに、なんとなく気ぜわしい。
c0128628_21211248.jpg

町に出ると、クリスマスの飾りつけや、少し早めのお正月の飾りつけが
所狭しと並んでいていて、和洋折衷・・・不可思議な日本的ごった煮的
面白さを感じる。

さぁて、世の中にたくさんのBlogがあり、多くの書き手、読み手がおられる
と思うのだが、それらのBlogから、ある種の基準でBlogを選択し、その
Blogを集めて掲載している会社がある。いわば、BlogのBlog
ですね

そういう会社からときどき、お話があったのだが、隠れ世捨て人の
tamayamは、あまり積極的に対応してこなかった。

数ヶ月前に、その中の BYOOL Bloggersという会社
からお話があり、かつてケルンに住んでいた頃の記事の中から、
幾つか選択してその会社のHPに再掲載してくださるとのことなので、
快諾した。

そのHPは、なるほど、かなり質の高い(私が思うところの)良質なBlogが
多かったし、私も世界が広がるような知的な好奇心を呼び起こされて、
楽しく拝見したものだから。

2004年から2007年の三年間におびただしい文を書き連ねたが、他人様
がお読みになって、何に興味が引かれたのか、
それを知りたいという気持ちもあった。

12月から、私の旧Blog「ケルンだより その2」から抜粋した記事を掲載
していただいている。

1)ゲーテのイチョウの詩 (2006年11月18日)
2)30分やそこいら    (2006年 11月21日)
3)バーゼルのカーニヴァル(2006年 3月8日)
4)サンティアゴ巡礼団  (2006年 10月17日)
5)アイゼナハにルターの足跡を訪ねて(2007年1月23日)

BYOOL Bloggersの上のタグ「世界の輪」に順次掲載される
予定だそうである。
c0128628_21295849.jpg

そのBYOOL Bloggersのコンセプトを拝見すると、
「・・・(われわれの人生を)輝きのあるものにするために、国・文化を
超えて創造と自由の空間を提供する。質の高い知識と情報、感動と
価値観を共有する・・・これが、BYOOLのヴィジョン。」とある。

ふむふむ、なるほど!世の中には、無駄話も多いけれど、中には、
共有したいと思われるようなよい話もあるなぁ。私もそういう人生の
一コマを共有し、味わいたいし・・・。

ご興味がある方は、こちらのサイトからご覧になってください。
                        BYOOL Bloggers

写真は、12月14日:北横岳・縞枯山 と蓼科湖畔の沼地
[PR]
by tamayam2 | 2007-12-25 21:36 | 日々のできごと | Comments(0)

浜離宮庭園にて

c0128628_8471487.jpg

先週、都心で用事が済んで、ちょっと時間が空いていたので、
地下鉄・大江戸線に乗って、汐留あたりを歩いてみた。
昔は、貨物の引き込み線があったりして、とても、とても
散歩がてらに出かけるような場所ではなかったが、
いまじゃ、まあ、シオサイトとかなんとか言っちゃって、
高層ビルが林立している東京名所のひとつですよ!

TVでも、「シオサイトのニッテレのイルミ」がどうとうか、
こうとか・・・言っていました。
「汐留地区にある日本テレビのイルミネーション」という意味
らしいですが、略語に弱いわたしゃ、ほんとうに外国人に
なったようで、日本語がよく理解できまっしぇん!!
c0128628_8475079.jpg

お台場も対岸に見えますし、浅草方面から下ってくる船が
着く船着場もあります。
かつては、徳川将軍家の御狩り場だったところだったようで、
お抹茶がいただける茶室もあり、池には水鳥が憩い、まことに
結構な庭園です。
12月とは言え、晩秋を思わせるような小春日和の昼下がり、
この庭園を散歩していると、まるで、京都か鎌倉の庭園を
歩いているよう。

東京湾の海水と、川の水が混じりあったあたりには、小魚や
水鳥もたくさん集まってくるようです。
私の自然観察の大事なポイントのひとつに登録しちゃおうっと!
帰りは、築地の魚市場のほうへ出て、歳末の場外市場を少し覗いて
きました。       浜離宮恩賜庭園は、ここ
[PR]
by tamayam2 | 2007-12-13 08:49 | 日々のできごと | Comments(0)

人間ドック

三年間の海外勤務を終えて、12月に一日入院して人間ドックに
入ることにした。いつもあわただしく、部分的検査しかしなかったから、
この際、いっぺんに全部診てもらおうと思って・・・。

さぁて、3年間さぼっていた婦人科系は、キチンとプログラムに入れて
もらった。幸いにして、この科に関して問題がなかったから、ホッとした。

その他には、メタボリック・シンドロウム関連で、しっかりご注意が。
体重のコントロールをするよ~に。
(早くも2008年の課題は、これで決まりっ!)
c0128628_8215169.jpg

某国で検診をしたときのこと、女性は、マンモグラフィー
(mammagraphy乳房のレントゲン撮影)が必須項目だった。
そのときの話。

撮影技師:乳房を台の上に載せてください。
  (私、なんとか載せる)
撮影技師:乳房を台の上に、ちゃ~んと、載せて。
  (私、がんばって、なんとか載せる)
撮影技師:あなた、聞こえていますか?
私:はい、聞こえています。
撮影技師:(おやおや、外国人だから、英語がわからないみたい・・・
看護師、手助けしてあげて!)

そういうヤリトリがあって、看護師のお姉さんに乳房をイヤというほど
引っ張られたのですが、かなり、痛い検査でした。

西欧人のおばちゃんの胸なら、しっかり台に載せられるモノがあるの
ですが、私の場合、載せるほどのモノが無く、この検査は西欧社会では、
できるだけ避けたかったのです。

さて、日本では、どうかというと、台の上に載せて上下に乳房を挟んで
撮影するというより、斜め左右に挟み込んで撮影するものでした。
ですから、載せて!という表現は使わず、壁に押し付けて!
と言われました。(ホッ!)

西欧では、中年以降の女性の検査項目に、この検査は必須のよう
でした。
外見上、胸が巨大な女性が多いですし、印象として、乳癌にかかる
患者の数が多いように思います。

日本では選択項目で、費用は約1万円。 時間もかからないし、
看護師さんの対応も手慣れたものでした。
c0128628_8221724.jpg

ちなみに、この時、覚えた英語の表現。

Can you hear me?
は、あなた、聞こえていますか? と聴力があるやなしや聞かれたの
ではなく、あなた、私の言うことが理解できますか? と理解力を
問われているようです。
ですから、Yes, I can. (はい、聞こえています)
という訳は、ぜぇ~んぜん、わかっていないことになります。
   
写真:12月6日 上、日比谷公園のツワブキ。下、浜離宮恩賜庭園で。
[PR]
by tamayam2 | 2007-12-09 08:30 | 日々のできごと | Comments(1)

師走になりました

あわただしかった11月が去り、いよいよ師走になりました。
いよいよ・・・と気張らなくてもいいのですが、やっぱり、
年の瀬は、年の瀬ですよね。
c0128628_12193987.jpg

帰国して4ヶ月。山のようにあった引越しのダンボールも少しずつ
片付きましたが、まだまだモノが多すぎて、正しい場所に落着いて
おりません。
モノを持ちすぎだぁ~。  捨てなければ!
c0128628_1220249.jpg

人生のひと区切り。あのときあんなに必要だったものが、今は
不要なものになってしまう・・・。

11月に捨てたもの:
3.5インチのフロッピーディスク。
大量のカセット・テープ。
フィルム式銀塩カメラ。
大量のVTRと再生機。

私が溜め込んだ愚は反省するけれども、世の中の進歩も激しいのね。

薄型のTVが主流になれば、日本中のTVの受像機がごみになるわけ
ですね。
おびただしい量のモノを生産して、捨てていく日本のこのエネルギーには
目を見はります。でも、いつまでもこんなことを繰り返していては、いつか
きっとバチが当たるんじゃないかと・・・そら恐ろしくなりました。

写真は、11月29日。新宿御苑の大イチョウ。
      新宿三井ビル 55広場から見たケヤキ。
[PR]
by tamayam2 | 2007-12-01 12:23 | 日々のできごと | Comments(0)