カテゴリ:おしらせ( 14 )

【681】チョウの翅を撮る

東大駒場博物館で「日本の蝶」という展覧会を見たとき、
チョウの羽を配置したポスターを美しいと思った。
c0128628_17503531.jpg

過去ログ:2014年8月【676】日本の蝶展
撮影されたのは、科学写真家の伊地知国夫氏。

8月18日、その方の講習会があったので駒場博物館に再び出かけた。
子供にも大人にも科学の不思議さ、楽しさがわかるいい講習会だった。
大阪や他の都市も巡回していたようだけれども、夏休みが終わったので、
次は、東京・調布で行われる。ご興味のある方は、どうぞ。
駒場博物館の前にある大きなヒマラヤスギ。
c0128628_1753532.jpg

伊地知国夫 “写真で楽しむ科学のふしき”
一般向け20名: 10月4日(土)13時~
富士フォトギャラリー 調布(Tel.042-481-8049)
ffis.photogallery.chofu@fujifilm.com

c0128628_17524181.jpg

私は、博物館の標本をお借りして、伊地知先生のマネをしてチョウの翅を
マクロレンズで撮る練習をした。
c0128628_17525871.jpg

チョウの翅は、くわしく見たことがなかったが、拡大してみると、ほそい骨によって
支えられており、細かいヒダのような毛の層が重なっていることがわかる。
また翅のへりには、羽毛が見える。鱗粉がうっすら浮かび上がっているものもあり、
それはそれで、また美しいチョウの世界が見えてくるのだった。
c0128628_17532120.jpg

伊地知先生は、静かな話し方をなさる方で、自然界のできごとを、どうやって
レンズでとらえるか、情熱をもって語り、指導してくださった。
c0128628_17534877.jpg

【おしらせ】
Tamayam2は、明日から2週間ほど海外へ出かけますので、
Blogはしばらくお休みにします。

残暑きびしいおり、みな様お体にじゅうぶんお気をつけてお過ごしください。
by tamayam2 | 2014-08-22 17:55 | おしらせ | Comments(13)

【658】新年、おめでとうございます

2013年が静かに去り、2014年になりました。
c0128628_18233956.jpg

一日が過ぎただけですが、今日まで健康を支えられて新年を迎えることが
できたことに感謝します。

今年、Tamyam2は70代に、家人は80代に入ります。
平均寿命の延びた日本では、めずらしくもありませんが、
アジア、アフリカ、中南米の国の人たちから見れば信じられぬ高齢でしょう。

今朝、新年礼拝で、読んだ聖書の箇所は、詩編90篇10節~12節。
  「人生の年月は七十年ほどのものです。
   健やかな人が八十年を数えても、得るところは労苦と災いにすぎません。
   瞬く間に時は過ぎ、わたしたちは飛び去ります。
    (中略)
   生涯の日を正しく数えるように教えてください。
   知恵ある心を得ることができますように。」

新年早々、教会では、こんな暗い言葉を読むなんて・・・と不思議に思われるかもしれ
ませんが、キリスト教の人は、あまり縁起をかつぎませんから・・・これで
問題はありません。この箇所こそ、新年にふさわしいのかもしれません。
c0128628_19424738.jpg

さて、2013年は【578】号から始めましたので、この稿【658】でちょうど、
80回進んだことになります。ややペースが落ちましたが、このようなスタイル
でまた、植物に関心を寄せつつ身辺雑事の記録を続けていくことにいたします。
c0128628_19431626.jpg

どうぞよろしくお付き合いくださいませ。
どなた様にとっても新しい年が、穏やかで喜びに満ちたものでありますよう、
お祈りします。

c0128628_19433377.jpg

by tamayam2 | 2014-01-01 19:44 | おしらせ | Comments(17)

しばらくお休みします

東京地方は、今日、3月3日は、ぽかぽかとした
春の一日になりました。
   梅一輪、一輪ほどのあたたかさ 嵐雪



c0128628_14133100.jpg

梅が咲いて
いるかなぁ~と
立ち寄った
小石川
後楽園で。
水戸光圀
公のお屋敷跡
です。
















c0128628_14161275.jpg
藪ツバキも
寒さの中
毅然と
咲いて
いました。




















春がすぐそばまで来ているようです。
Tamayam2は、来週から、しばらく旅行に出かけ
ます。帰ってきましたら、皆様のところにも
ご訪問いたします。それまでお元気で。
by tamayam2 | 2012-03-03 14:18 | おしらせ | Comments(6)

コオニユリ

先週出かけた伊吹山が、とても明るい印象だったのは、
シモツケソウのピンクと、このコオニユリの朱色がいたるところ
で見られたからだと思います。園芸用のユリも美しいです
が、山で見るそばかす美人のような野生のユリに出会うと、
うれしくなります。
c0128628_2229433.jpg

コオニユリ【小鬼百合 ユリ科 Lilium leichtlinii】
c0128628_223067.jpg

Tamayam2は、明日から月末まで、ヨーロッパ方面に
出かける予定です。こんな猛暑の中で、コートやセーター
を準備するのは、異な感じですが、もうかの地では、小さい
秋が始まっているようです。
c0128628_22302996.jpg

しばらく更新ができませんが、9月に旅のご報告をしたり、みなさまの
Blogをお訪ねしたり・・・楽しみにしております。

どうかお元気で、よい夏休みをお過ごしください。
by tamayam2 | 2011-08-16 22:28 | おしらせ | Comments(10)

タシロイモ科 バット・リリー

サトイモ科のショクダイオオコンニャクという巨大な
花のことで、先月、東京は大さわぎだった。
鹿児島でもさらに大きいショクダイオオコンニャクが開花した
と聞いた。
サトイモ科の植物には、変わったものが多い。

2008年4月に、ドイツ、ボン大学植物園温室で、
巨大なコンニャクの花を見たとき、同じ温室で、
非常に変わった形の植物を見た。↓(Tamayam2撮影)
c0128628_18125476.jpg

まず、色が真っ黒。
花被の先から長い糸のようなものが何本も出ており、
あるものは、地面にまで達している。
薄暗いところに咲いていたので、見たとき
何か生き物のように見え、ギョッとなった。 

この花は、英語で、Bat Lily(コウモリ ユリ)
言われ、タシロイモ科一科一属の珍しい花。

タシロイモ【田代イモ Tacca chantrieri 】
田代安定という明治時代の植物学者が台湾から持ち帰った
ので、タシロイモと名づけられた。コンニャクと同様、
巨大な根を持つ。
花の姿は、Wikipediaから拝借した↓


c0128628_18145129.jpg
マレーシアや
タイの森林地帯、
薄暗いところに
咲くという。







c0128628_1816682.jpg

Wikipediaから
拝借。 →

テレビで、
世界で一番巨大な
花と言われる
ラフレシア
見に行った人の
映像の中に、
タシロイモ
出てきた。




ラフレシアは、寄生植物で、キノコのようなもの、根は無い。
ラフレシアが咲くような熱帯雨林の奥深くでこの花は咲く。

コンニャクと言えば、おでんには欠かせない。日本人なら
たいていの人が好きだと思うが、コンニャクのテクスチュアーが
なんとも言えず愉しい食品だ。しかもカロリー ゼロというのが
うれしい。

来週、Tamayam2はドイツの友人のところに行く予定なの
ですが、食べたいものを問い合わせたところ、
コンニャクの田楽だと!?! 
だれが、そんな料理教えたっ?

ちらし寿司の具や、寿司酢、高野豆腐、カンピョウなどと
ともに、 マタタビ人生です。

しばらくBlogをお休みにしますが、月末に帰ってまいり
ましたら、またお付き合いくださいませ。

みな様も、どうぞよい夏休みをおすごしになられますよう。
by tamayam2 | 2010-08-12 18:26 | おしらせ | Comments(22)

風鈴のような花

昨日、今日と、いよいよ夏到来というような暑い日
が続いております。
皆さま、いかがお過ごしですか。

Tamayam2は、明後日から2週間ほど、カナダに
出かけてきます。娘夫婦が2人の幼児連れでカナダの西端の
ヴィクトリアという島に滞在するというので、子供のお守り
かたがた出かけます。

その娘が10歳ぐらいのころ、私の両親とともにヴィクトリア
で休日を過ごしたことがあります。
30年後、今度は、私どもがおじいさん、おばあさん世代として、
ヴィクトリアで孫と過ごそうというのです。

歴史は巡る・・・・・。
しばらく更新が滞ると思いますが、7月に帰ってきましたら、
また、お付き合いください。


c0128628_13333215.jpg
この花は、
ハイビスカス
の仲間です。

なんだか
ガラス製の
風鈴のよう
だなぁ~と
思いながら、
名を調べました
ら、なんと、

風鈴仏桑華
(ふうりんぶっ
そうげ)と
言うのだ
そうです。




涼しげですね。



c0128628_13352762.jpg

フウリン
ブッソウゲ

【風鈴仏桑華 
アオイ科 
Hibiscus
schizopetalus】


撮影:
6月1日
京都府立
植物園温室で
by tamayam2 | 2010-06-17 13:38 | おしらせ | Comments(14)

弥生ですね!

室内の内装工事が終わり、ほっとしたのも束の間、
PCがうまく作動しなくなり、困り果てました。
一時的に光ケーブルの接続をはずしたことが原因の
ようで・・・どうしてもメール、Blogにサインイン
できず・・・あらら・・・ら!

ふと、カレンダーの日付を見ましたら、8年前の7月!
え、えっ?そりゃ、ないでしょ。

コントロール・パネルで正しい日時と時間を設定したら、
元に戻りました(ホッ)
この2日間、8年前の宇宙をトリップしていたようです。
直ってよかった、よかった!
c0128628_18444945.jpg

この写真は、24日、Blog仲間のnenemuさんのご案内で
東京湾、三番瀬で撮影したものです。初対面でしたが、
Blogでお話していたので、旧知の方のようでした。
nenemuさん、ありがとうございました。

nenemuさんは、植物にくわしい方と思っていましたが、
じつは、鳥にめっぽうくわしい方でした。
たくさんの鳥の名前を教えていただきました。
いっぺんには覚えきれないけど、これから覚えようと
思います。(野鳥のハンドブックも買います。)
この残照に照らされて漂っているのは、スズガモ
大群で飛翔すると、鈴を鳴らしたようなさえずりが聞こえる
のが、名前の由来ですって。このような説明を聞けば、
私のようなボンヤリ頭にもスゥーと入っていきます。

明日から一週間ばかり、ヴァチカンに出かけます。
受難週らしい風景に出会えればいいですが・・・・。
来週、みな様のところに訪問させていただきます。
季節のかわり目です。お元気で!
by tamayam2 | 2010-02-28 18:50 | おしらせ | Comments(8)

しばらくお休みします

やっと、秋風が立ち始めほっとしたばかりですが、
tamayam2は、遅い夏休みをとってドイツへ行って
来ます。
c0128628_102433.jpg

しばらくBlogを休載いたしますが、みなさまのBlogには
ご訪問できると思います。戻ってきましたら、旅の話を
少しずつUpしていきたいと思います。よろしくお願い
します。

旧BlogからネコのMaukieを連れてきましたので、
マウスで頭や胸のあたりをナデナデしてやって
ください。ゴロゴロ言ったり、泣いたりします。

お元気で!   
c0128628_10243793.jpg

 ↑ の植物は、ムラサキバレンギク(キク科)です。西洋の
漢方薬のようです。花の上の昆虫は、ハナムグリ。
by tamayam2 | 2009-08-26 10:25 | おしらせ | Comments(12)

孫の顔を見に米国へ

4月に入り、みなさま、それぞれの ”新学期”を
迎えていらっしゃいますでしょうか。

桜の季節は、入学式、入社式・・・日本は、きちんとご挨拶があって、
セレモニーがあって威儀をただしてスタートするんですよね。
こういうことは、若き日には、面倒でバカバカしく思ったのですが、
今は、悪くないなぁと思います。
(私の発言は、うつろい易く・・・水にただよふ藻くずのごとし。)
c0128628_95239.jpg

昨日、4月1日に、母校に小用があり、出かけましたら、
あらっ!? 中年のおじ様、おば様方がきれいな服装でたくさん
お出まし・・・おお、なにごと?と思いましたら、入学式
でした。

私は、すでに新入生の父兄の年代は過ぎ、新入生の祖母の世代
です。
明日から2週間ほど、今年生まれた2人めの孫の顔を見に
米国へ出かけてきます。Blogの更新がしばらく途絶えることに
なると思いますが、みなさまお元気で、往く春を存分に楽しんで
ください。旅行中もみなさまの所へは、お邪魔させていただこう
と思っています。

                           Tamayam2
by tamayam2 | 2009-04-02 09:55 | おしらせ | Comments(8)

北海道へ行ってきます

また、また旅ばかりして・・・とお叱りを受けそうです。
10日から、北海道横断の旅に出ます。
c0128628_0585841.jpg

友人のドイツ人が、なんとしても北海道に行きたいと言って来日し
ましたので。なぜ、北海道?と尋ねたら、

“理由はわからないけど、子供のころから、日本へ行って、
 北海道を歩きたい”という夢があった” のだそうです。

「歩くたって、北海道は広いのですよ」と言うと、「そんじゃ、車で」・・・と
おっしゃいますものですから、お付き合いすることにしました。

しばらく更新が途絶えますが、よろしくお願いします。

留守のあいだ、イスタンブールの街中で見た水たばこ でもやって、
おくつろぎくださいませ。
by tamayam2 | 2008-09-09 01:15 | おしらせ | Comments(14)