2017年 06月 24日 ( 1 )

【806】娘一家との小旅行 奈良へ

c0128628_16253357.jpg

米国に住む娘一家が東京のわが家に6月12日から23日まで滞在していた。
久しぶりに会う孫は、8歳と10歳。LAの公立小学校のたしか2年生と3年生か。
彼らが日本で一番したいことは、奈良で生きているシカと会うこと。
c0128628_16381810.jpg


我々も同行することにしたが、なにしろ、我々は、80代と70代。
我々のペースに合う部分だけ部分参加することにした。
さぁて、奈良に着くやいなや、奈良公園に直行。
c0128628_16255035.jpg

シカは結構大型の動物なのに、そこら辺に堂々と歩いている。子供たちも、
もちろん私どもも、すっかりこの動物が好きになってしまった!
静かに歩んでいて、攻撃的ではないし、体が美しい。触っても恐れない。
臭くない。大仏殿の前の歩道は人がいっぱいだったが、シカは悠々と歩んで
いる。子供たちは、目的がかなえられて大満足していた。
c0128628_1626492.jpg

翌日、娘一家は、親戚の者と会うため、春日神社へ。

我々は、別行動して、バスに乗って唐招提を訪ねた。

c0128628_16275674.jpg

薬師寺を訪ねたかった理由の一つは、ウチに昔からあった古い写真の一つ、
ヘレンケラーが(たぶん第2回目の訪問の1948年)鑑真和上のお目を
撫でている写真があったから。鑑真和上の像の永遠に閉ざされたお眼を
指で触っている彼女自身も盲目。盲目の人が鑑真和上のお姿を確認するために
触覚に頼っている。非常に不思議な、感動的な写真だ。この像は今は、
一般に公開されていないが、「身代わり像」としてレプリカを見ることができる。
c0128628_16443445.jpg

(国宝。唐招提寺はユネスコの世界遺産の一つ。)

芭蕉が鑑真和上坐像を拝したときに詠んだ「若葉して御目の雫拭はば」を
はからずも思い出した。
c0128628_16441369.jpg

c0128628_16295162.jpg

上は、鑑真和上の墓所へ行く道。苔生して、きらきらと輝いていた。
c0128628_16302539.jpg

ちょうど見ごろだった蓮の花も見ることができた。
c0128628_16305461.jpg

静かな石畳の道。
どこかで美しい景色に出逢ったら「あ~、いいなぁ!今度来るときにはあの人と
歩きたいとか、〇〇にも足を伸ばしたい」などと昔は思ったもの。
今は「今度? それはないだろう~」と思う。
だから、老人の旅は寡黙になるが、別に深刻ではない。時の流れを回顧したり
行く末を想像したりしてけっこう愉しんでいるのだから。寡黙な人と旅をするのも
そう悪くないと思った。
[PR]
by tamayam2 | 2017-06-24 16:22 | たび | Comments(6)