2017年 01月 21日 ( 1 )

【799】写真が日本画ふうに

c0128628_9343056.jpg

★1月10日、閉じこもりがちな老人を誘い出して杉並区の大宮八幡に
 出かけた。道端にアカザのような雑草が生えていて、その紅葉のぐあい
 が美しかったので、スマホで撮影した。ウチに帰って、拡大し細部を
 見てみたら、細部の線、色合いが日本画ふうに見えることに気づき
 楽しくなった。私のBlogに時々訪問くださるPochiPochiさんの植物細密画
 に少し似た風合いで、私には描けないけれど、面白いなぁ~と思った。
 
★その後、「通りがかりのお方」に教えてもらいましたが、これは、アカザでなく
 シロザのようです。シロザ(白藜、学名: Chenopodium album)
 (ご指摘ありがとうございました!)
 元の写真は、下に。
c0128628_935594.jpg

★この花は、白い葉のような部分はガク片で、本当の花は星のような形の
 オレンジ色の部分。これは昔、ワシントンDCのUS植物園で撮った。
c0128628_9354865.jpg

 日本で見かけるものは、花の部分が黄色のものが主なので珍しく思った。
c0128628_9362770.jpg

 この植物園は、ワシントンのCapitol国会議事堂のすぐ横にある。
 20日、オバマ氏からトランプ氏へ、歴史は移っていく。東京の国会議事堂
 付近に国立の植物園があったら…などとチラっと考えるが、それはムリと
 いうもの。植物園や動物園がその国を訪問する人にとって、とても大事な所
 という認識がないと、こんな場所に設置しないわね~

★久しぶりに自然教育園に立ち寄った。冬枯れの景色でもいろいろ面白い発見がある。
 凍った池の傍らにいたら、すぐ横にコサギが立っていた。
c0128628_9365996.jpg

 私も驚いたが、彼も驚いたらしくあわてて水辺に移動し飛び立ってしまった。
c0128628_937275.jpg

 園の人が枯れ草を刈り取っていた。まだ作業が進んでいない部分に残っていた
 クサイチゴの葉。
c0128628_937527.jpg

★18日板橋区の植物園でめずらしい花を見た。顔が黒くて、ざんばら髪を垂らし
 おばけみたい。
c0128628_9384489.jpg

でも、この花には見覚えがあり、調べてみたら、2008年にドイツ、ボンの植物園で見ている。
c0128628_9391338.jpg

 英語で、bat lily(コウモリ ユリ)というのは、真っ黒な様子からの連想。
c0128628_9394986.jpg

 アジアの熱帯雨林で見られるそうだ。学名Tacca chantricri (ヤマノイモ科
 タシロイモ属)明治年間の植物学者、田代安定が台湾で命名した。

by tamayam2 | 2017-01-21 09:40 | 日々のできごと | Comments(6)