2010年 02月 13日 ( 1 )

冬の黄色い花

ヴァンクーヴァー・冬季オリンピックが始まりました。
開会式のようすを見ていますと、いろいろな民族の、
エネルギーの爆発のような若々しさを感じます。
c0128628_1501094.jpg

アメリカは人類のるつぼと言われますが、カナダは
人類のモザイクと言われます。多様なものは、多様な
まま、認めているというのでしょうか。お隣りのアメリカと
似ている点もありますが、一線を画しているところが
あります。tamayam2は30代を過ごした都市なので、
懐かしく見ています。
この写真のように、どこから見てもロッキーの山々が見え、
海に囲まれた自然の美しい町でした。
c0128628_150547.jpg

さて、今日の花は、みんな黄色い目立たない日本の花です。
ご近所の庭先で撮りました。
マンサク【Hamamelis japonica マンサク科】
これは、枯れ葉が残っているので、シナマンサクという
種類かもしれません。

ヒイラギナンテンは、葉がヒイラギのよう、実がナンテンの
ようというところから名づけられたようです。ヒイラギとも
ナンテンとも無縁の植物です。


c0128628_1515237.jpg















右上は、チャリティーという園芸種。
右下は、葉が紅葉して美しいものでした。
ヒイラギナンテン 【メギ科 目薬の原料 Mahonia japonica】

左下は、ミツマタ【三椏 ジンチョウゲ科 Edgeworthia papyrifera】
コウゾ、ミツマタは、紙の原料になるのですね。

ヒイラギナンテンは、西洋にも多く、
少し粉をふいたような青い実が美しかったです。
雑草のようにどこにでも生えていました。

日本では、立派な門構えのお宅の玄関あたりを飾る
ことが多いので、少し格が上なのでしょう。
[PR]
by tamayam2 | 2010-02-13 15:30 | 日々のできごと | Comments(20)