10月に見た樹木たち

野草が好きであちこちで撮っておりますが、私の友人には、
草花には興味がなくて、樹木こそ面白いという人々が多い。

落葉樹は種類が多く、未知の樹海に迷い込んだような茫洋
たる思いですが、少しずつ覚えようと思っています。

10月に出かけた信州蓼科や群馬県鹿沢高原で見た樹木を
忘れないうちに書きとめておきましょう。
c0128628_13555528.jpg

1)ドングリの木は、いろいろあるようですが、コナラでしょうか。
コナラ(ブナ科 Quercus serrata)ミズナラとの区別がよく
わかりません。
c0128628_13561980.jpg

2)オオカメノキ(スイカズラ科 Vibarnum furcatum)
春の白い花、秋の紅葉も美しく、高原でよく見かける木です。
c0128628_13564995.jpg

3)ツノハシバミ(角榛 カバノキ科 Corylus Sieboldiana)
葉の裏に下がっている実の形がおもしろい。へーゼル・ナッツと
言われるのは、これ。チョコレートの中に入っていますね。
c0128628_13572119.jpg

4)リョウブ (令法 Clethra barbinervis)備荒作物として
切ってはならないと法令が出たことから、こんな難しい名が
ついたと聞きました。長野県ではよく見る樹木。
c0128628_13575654.jpg

5)ツリバナ(ニシキギ科 Euonymus oxyphyllus)実がはじけ、
吊り下がっているところが可愛らしい。
c0128628_13582817.jpg

6)樹木ではありませんが、秋の山道で見たキノコ
(何のキノコか名前がわからない)時々キノコ採りに
出かけた人が迷子になるという話を聞く。下ばかり向いて、もっと、
もっと・・・とつい欲が出ると危ない。

私はキノコこそ探していないが、珍しい植物を追いかけていて、
迷子になりそうになる危険を感じたことがあります。
・・・・くわばら、くわばら。

★名前が違っていたら、お教えくださいね。
by tamayam2 | 2008-10-23 14:00 | 日々のできごと | Comments(6)
Commented by nenemu8921 at 2008-10-23 22:25
ツノハシバミ、味見しましたか?
私、昨年夏、見つけたときはまだ青かったので、かなわず!
野外で食したいものであります。(#^.^#)
Commented by tamayam2 at 2008-10-24 06:54
♪ nenemu8921さん、
好奇心の強いtamayam2ですが、味見はちょっと・・・・。
これは、まだ熟していないようでした。ちょっと楽器のホルンに
似ていて面白かったです。
Commented by 寧夢 at 2008-10-24 09:48 x
ああ、はしばみ! よく翻訳物のお話や童話の中で出てきた美味しそうな実。ヘーゼルナッツのことだったとは。今になって初めて知りました。
Commented by tamayam2 at 2008-10-25 05:58
♪ 寧夢さん、
そう、昔読んだ翻訳ものに、出てくる言葉でしたね。はしばみの漢字は
榛名山の榛です。暖炉とか寝台とかグリム童話に出てくるような懐か
しい言葉ですね。
Commented by bantelner at 2008-10-28 09:11
tama母さま
久方ぶりにコメントさせていただきます。
植物や風景の、美しい写真の数々と簡潔な説明文を楽しませていただきました。

写真のキノコ・・・Fliegenpilz・ベニテングタケ(の仲間)ではないかなぁ、と思うのですが。
あまり赤くないし、斑点も少ないようですが。
http://de.wikipedia.org/wiki/Bild:Fliegenpilz2.jpg
森の中で綺麗ですよね。
Commented by tamayam2 at 2008-10-29 11:06
♪bantelnerさん、
ほんとうにお久しぶりです。私は時折お宅を訪問し、平均律などを
聴かせていただいておりまする。本当に音楽の世界は深く、広いです。
さて、私もひそかにベニテングダケ(猛毒中の猛毒)ではないかと
思っていたのですが、自信がなかったのです。グリムの童話に出てくる
ような真っ赤で、点々があって、まあるい形のモノでしたら、即、
結論づけたのですが・・・写真を見て、これもアリかと力を得ました。
しかし、キノコ類は、うかつに判断できませんね(笑)。
<< 秋の虫と カジノキ タラの木 と ウド >>