もしクマに出遭ったら

10日間にわたり、北海道各地を訪ね、19日に東京に
戻りました。小樽―札幌―富良野―旭川―層雲峡―
網走―知床半島 と道央から東に向かって車で移動。
同行のドイツ人と交替で運転しましたが、道路状態はよく、
小耳にはさんでいた悪評に反して、運転マナーも概ね問題
なく、無事に生還いたしました。
c0128628_2531123.jpg

山間部でよく見たのは、動物注意の標識。 クマに注意
いうのもあちこちで見かけ、どこそこで人が襲撃された
という噂を一度ならず聞きました。
c0128628_254595.jpg

写真上:18日 知床半島で
東京、奥多摩でも17日登山家がクマに襲われ大けがをしたとか、
東京でそんな事件が起きるなんて信じられぬことです。

層雲峡では、大雪山の外輪山、赤岳、黒岳の一部を歩きました。
カランコロンと鈴をつけて人が通っていることをクマに知ら
せている登山客が多かったです。

もし、クマに出遭ったら、あなたならどうする???
死んだふりをするという古典的な方法はあまり現実的ではない
ようですよ。あちこちで注意書を読みました。

要点を挙げると、
1)まず、出遭わないようにする。ガイド、ヴィジターセンター
        の忠告に従い、登山計画を中止・変更する。
2)もし、遭ったら、後ろ向きに逃げない。走らない。
        声を上げない。沈着に行動し、静かに離れるようにする。
        (できるかなぁ・・・自信なし)
3)クマと目が合ったら、荷物をひとつ、ひとつ差し出し、後退。
        (その荷物は、クマの所有物となるので、取り返そうとしては
        ならない)
4)食べ物、飲み物などを山で捨てたり、こぼしたりしない。
        野生動物との適切な距離を保ち、互いの領域を侵さない。
c0128628_2553933.jpg

エゾシカには、よく出遭いました。道路をゆっくり横切ることも
ありましたし、人間を恐れずササなどを食していることも
ありました。少し増えすぎて、樹皮が食われる被害が深刻化して
いるらしいです。
c0128628_2555938.jpg

地元の人がコクワと言っていたサルナシの実。マタタビ科。
食べてみたところおいしかったです。
果実酒の材料にするそうです。こういう木の実は野生動物の
格好の餌ですが、クマは、昆虫やサケなどの魚、小動物も
食べるので、ヒトだって餌食になる可能性が十分あるわけです
よね。(おお、コワ・・・。)


知床では、ウトロの自然観察センターに車を止めて、そこから
シャトルバスで少し奥地に入りました。知床五湖という湖めぐり
をしたときにも、クマの足跡や爪跡をばっちり見ました。
[PR]
by tamayam2 | 2008-09-22 03:02 | たび | Comments(8)
Commented by kanmyougama at 2008-09-22 08:41
北海道の旅行お疲れさん。
道東の旅行ですね・・・・ぼくも似た経験のコースです。
クマに注意・・・戸隠の自然公園・・に表示してありました・・・怖いです。
この湖の名前は・・・・・「老いた沼」(アイヌ名)?・・・青い沼では?
Commented by tamayam2 at 2008-09-22 10:37
◆kanmyougamaさん、
信州の戸隠でも、クマに注意・・・ですか!
温暖化で、自然界全体が変化しているようですね。
この湖は、知床五湖の一つです。右端が羅臼岳。左のほうに
硫黄岳という山が見えるはずですが、どれがどれだか・・・。
一湖、二湖あたりは、団体客が多かったですが、さすが四湖、
五湖あたりになると人影もなく、深閑としていました。五湖めぐって
1時間ぐらいのハイキング道でした。10日間ずっとよい天気に
恵まれ、暑いぐらいの陽気でした。九州地方は台風で大変だったのに。
北海道は台風は無縁なのでしょうかね。
Commented by pfaelzerwein at 2008-09-22 15:16 x
ご無事で何よりです。熊に物を差し出したら、そちらの方に関心を持ってくれますかね?食べ物なら良いのかもしれませんが、何か盛んに動くようなものなら必ず相手になってくれるような気がします。アラームと振動の携帯電話などは匂いがないから駄目かな。

北海道発のBLOGをみていて、凄いところだなといつも思うのですが、やはり欧州的な雰囲気もありますか?どちらかというとシベリア的なのでしょうが。
Commented by あんず at 2008-09-22 20:10 x
おかえりなさい。 
クマはぬいぐるみだとあんなに可愛らしいので、子供連れではクマ注意のあたりには行かないのが賢明ですね。
「くまちゃ~~ん♪」 なんて 叫んで駆け寄りそうですので・・・。

エゾジカは立派な角ですね。
これにも、子供は 「バンビちゃ~ん♪」と言いそうです・・・
Commented by papageno620 at 2008-09-22 22:54 x
北海道に旅行されたのですね。
お帰りなさい。
私はクマの生息地ばかり歩いているので、その種の看板には驚きません。
一番大事なのは4)の、互いに距離を保って領域を侵さない、ということですね。
これは個人では難しいので、やっぱり鈴を鳴らして歩くのが一番でしょうか。
クマは基本的に人を恐れるので、出会い頭に遭遇しないようにするのが一番です。
クマよりもスズメバチの方が遥かに怖いです。
Commented by tamayam2 at 2008-09-23 03:41
◆pfaelzerwein さん、
お久ぶり。そろそろPfaelzの森も色づいているころでしょうね。
>>アラームと振動の携帯電話などは・・・・ほっほ、そういうハイテク
をクマが好むかどうか・・・。でも、何か動くものという発想はすごい
ですね。クマ除けのスプレーなどが市販されているようでしたよ。
同行のドイツ人によりますと、北海道の雰囲気は、ノールウェイの
田舎、あるいは、カナダの風景に似ているそうです。やはり、建物
などの形、屋根の形が本州とは違い、西洋風でしたよ。
夕張市が財政的に破綻したということですが、冬季に燃料のコスト
がかかる北海道の生活は、厳しいだろうなあと想像できました。
自然は、荒削りですばらしいですが。

Commented by tamayam2 at 2008-09-23 03:48
◆あんずさん、
クマは、テディベア、シカは、バンビ・・・かっわいい!というイメージ
とは、大違いで、子供には、ショックが大きいかな。
大人にとっても、野生味のある北海道の旅は、ちょっと硬派で
面白いんと違いっまっか。(なぜか、ここで関西弁)そういえば、
団体客には、関西方面からの人が多く、なぜか北海道で関西弁
をたくさん学習しました。ドイツ人も面白がって、ほな、行こか、
なんちゃって。
Commented by tamayam2 at 2008-09-23 03:52
◆ papageno620 さん、
クマだって、ヒトに遭いたくないんですね。ともかく、出逢わないように
しろ、と何度も言われましたが、出遭ったらどーする、という解決策は
個別対応であまり教えてくれませんでした。 papageno620 さんの
お得意の野鳥に関してはここは、宝庫ですね。オオハクチョウの
飛来地の湿原など冬季に出かけたいと思いましたよ。
<< オホーツク海沿いの原生花園 北海道へ行ってきます >>