気球に乗って カッパドキアを観る

カッパドキアという、地球上に地形的に摩訶不思議なところ
がある。ユネスコの世界自然遺産に登録されている。
まあ、変わった景色とは、聞いていたが、その奇観は
なんと形容したらよいか・・・・。
人はみな、この景色を目の当たりにすると、へ~、あ~、う~
と唸ったまま、口をあんぐりと開けて沈黙してしまうので
ある。

ツアーのオプションとして、気球に乗って日の出を見る
というプランがあったので、さっそく申し込んだ。
気球に1時間乗って、150ユーロ。安いか、高いか。
けっして安いとは思わないが、珍しい乗物なら見過ごすわけ
にいかないtamayam2としては、うむむ・・と唸って
申し込んだのである。
c0128628_1043360.jpg

1)まず、気球をふくらます。燃えないのかしらと思うほど、
  炎を上げて、気球の中に空気を送る。
  籐で編んだバスケットに20人乗れる。操縦士は、女性
  一人。ガスボンベを2本積んでいた。
c0128628_1062558.jpg
 
1)下のブドウ畑が見える。収穫したぶどうを、天日干しに
  している。白い砂地の乾燥地帯。
c0128628_1084332.jpg

2)音もなく、ふんわり上昇。みな感動のあまり、声もなし。
c0128628_1091454.jpg

4)高度4、500メートル。朝日を浴びて岩肌が美しい。
c0128628_1095135.jpg

5)高度900メートル。カッパドキアの全貌が見晴らせる。

気球旅行が終わると、証明書をくれ、シャンパンを開けて
みなで乾杯。
5時に現地に集合し、8時にはホテルに戻ってきた。
朝飯前の空中散歩は、最高でした。
by tamayam2 | 2008-09-08 10:11 | たび | Comments(14)
Commented by ふく at 2008-09-08 10:58 x
おかえりなさい。市場もいいけど気球もね。ずっと昔若者が手作りの気球に乗る話の本を読んでからあこがれの的です。トルコで乗れたなんて、うらやましい。もうちょっと高く外から地球を見てみたいというのも念願の一つなんです。旅行記どんどん続けてください。アカンサスはみた?
Commented by bugyo2 at 2008-09-08 12:09
こんにちは. 久しぶりにコメント失礼します.

トルコに行ってらっしゃったんですね.

カッパドキアを空から見るって, 地上から見るのとは
まただいぶ違った印象だったのではないでしょうか?
よい旅をされていますね. うらやましい.
# ただ, たしかに, 値段はちょっと高いかも(^ ^;

それにしても, こんなにいっぱい気球が飛んでるっておどろき!

今後の旅のレポートも楽しみにしています♪

Commented by aamui at 2008-09-08 16:02
わオ!良かったですね\(^o^)/私の行った頃は無かったです ほんとににあの景色は???!!!!でした
Commented by 小林麦酒 at 2008-09-08 21:12 x
お帰りなさいませ。
気球は乗ったことないです。
一度乗ってみたい乗り物のひとつです。

さて、夏はドイツに行って来ました。
短い期間でしたけど、旅は長さではないと充分に納得できた旅となりました。
Commented by 寧夢  at 2008-09-08 21:15 x
さすが最近の旅行は企画が違いますね。カッパドキアで気球! さぞかし景色を楽しまれたことでしょう! NHK「未来への遺産」を観て憧れ、
当地に辿り付くまでに15年余りの月日が流れていましたが、今は更に・・・。旅行の日々が懐かしいです。
Commented by tamayam2 at 2008-09-09 00:19
◆ふくさん、
トルコって国は、非常に暑く、乾燥したところでした。植物相が異なる
のが面白かったです。アカンサスは、シーズンでなかったのか、
ほとんど見かけませんでした。そのウチ植物も写真を整理して
ご覧にいれまます。その数が多く、名前のわからぬものも多く・・・
たいへんだぁ・・・。そうそう、旅の間に、曽野綾子の「天上の青」を
読みました!面白かった。曽野らしからぬ作品で驚きました。
Commented by tamayam2 at 2008-09-09 00:24
◆bugyo2さん、
気球の数は、早朝にも関わらず10以上だったでしょうね。いろいろ
の会社があるようです。一つの気球に20人乗れるので、ざっと200名
以上の人がいたと思います。気球を上昇させるには、地上で操作する
人員も要るので、その人たちの人件費を含めて高いのでしょうね。
私のようなトシヨリはいないかと思ったのですが、70代とおぼしき
カップルもいらっしゃいました。日本人は少なかったです。
Commented by tamayam2 at 2008-09-09 00:28
◆ aamuiさん、
おてんばなことをいたしやした。これも、冥土の土産に・・・ふふふ
気球ツアーに参加する人は、若い人、欧米の方が多かったです。
明後日より、再び ”またたび人生”が始まります。
Commented by tamayam2 at 2008-09-09 00:30
◆小林麦酒 さん、
南ドイツの車の旅、よかったですねえ。Volvoですって?
最高ですね。紀行文楽しみに拝見しております。
私は、あさってからドイツ人のお供をして北海道を車で巡る予定
です。また・たび人生をやっとります。
Commented by tamayam2 at 2008-09-09 00:35
◆寧夢さん、
ほんとうに、旅行会社は次々に新手の企画を・・・絨毯屋にお金を
落とすか、気球屋に支払うか・・・。たった1時間に150ユーロの
散財は、親に叱られそうな額でした。でも、ま、いいっか!と。
気球のすばらしさは、しずかで、音も無くふんわりと舞い上げる
ことです。乗客は、みな陶然となり、べちゃくちゃおしゃべりを
しませんでした。それが、よかったです!一度お試しあれ。
Commented by あんず at 2008-09-12 08:02 x
うわぁ。20人乗りの気球。大きいですね。
わたしは、アフリカのサバンナで気球サファリをするのが夢なんです。
以前のアフリカ暮らしでできなかったので。

その気球ツアー(?)も日の出頃出発で、終わったらシャンパンをあけるんですよ。


Commented by wakorisa at 2008-09-12 21:02
お帰りなさい!
気球に乗られたなんて,tamayamさん,尊敬します。
私は怖くて乗ることができないと思うので(^_^;)
見るのは大好きなんですけどね。
カッパドキアの景色,不思議な感じですね。
地名は聞いたことがあるけど,よく知らないので,これは調べてみなくては。。。
Commented by tamayam2 at 2008-09-20 09:52
◆あんずさん、
アフリカのサバンナで気球か!!! そりゃ、いいなぁ。
前時代的で、ゆっくり、しずか・・・とても愉快な時が過ごせます。
シャンパン付きというのは、きっと決まり事なのかもね。
じつは、旅の間に一人の方の誕生日だったので、シャンパンを
お祝いにあけました。(あとから、請求書を見てビックリ!)
むこうでは、ワイン、シャンパンは、すっごくお高いものでした。
Commented by tamayam2 at 2008-09-20 09:56
◆ wakorisaさん、
カッパドキアというのは、地名も変ですが、地形がまったく笑っちゃう
くらい変なのです。いつか、機会があったら、お出かけください。
ただし、この旅行は、ユーガな旅行というより、冒険旅行のように
体力的には、むむむのものでした。私は最年長の部類ですから、
若い方に迷惑を掛けないように、少し緊張しておりましたよ。
ふふ
<< 北海道へ行ってきます トルコから 帰りました >>