御泉水事前園で見た野生ラン

先週、白樺高原にあるご御泉水自然園に行ったとき、
カラマツやツガの林の中に、緑色の野生ランらしい植物
を見かけた。5,60cmですくっと直立していた。


c0128628_8412677.jpg
エゾスズラン、
または、
アオスズラン
という植物の
ようだが、
スズランとは
無関係。










エゾスズラン(ラン科 カキラン属 Epipactis papillosa)
c0128628_842484.jpg

道端に咲いていたサワギクは、繊細で涼やかだ。ドイツでも見かけた。
サワギク(キク科 Senecio nikoensis)
c0128628_8433349.jpg

ツバメオモトの白い花が枯れた後には、こんな瑠璃色の
美しい実ができている。花の姿、その後の実の姿を、
年間を通して見てみないとなかなかその花の全貌が
見えない。
ツバメオモト(ユリ科 Clintonia udensis)

青い実の後ろにエンレイソウの果実がぼんやり写っている。
地上では、まだまだ夏の勢いが衰えないが、1830mの高原では、
自然は秋の結実の季節に向かって静かに移行している。

c0128628_8443976.jpg

一部の葉が色づき始めたナナカマド
by tamayam2 | 2008-08-12 08:53 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by wakorisa at 2008-08-12 09:02
下界は“暑い~,暑い~”と,セミに負けないくらい繰り返す声で溢れています(-_-)
tamayamさんのところに来たら,高原のすっと心地よい風を感じられたような気がします。
GWにも結局帰省出来なかった岡山に,やっと帰省出来そうですが,
あちらも奈良と同じくらい暑そうです。
Commented by tamayam2 at 2008-08-12 10:14
◆wakorisaさん、
夏休み中は、お母さま方は、大変ですね。私宅にも7月末から
まごが来ていました。離乳食、大人のお食事・・・小さな子供を
一人迎えただけで大騒ぎでした。赤ん坊連れではどこへも案内
できませんでしたが、高原の涼風だけがご馳走だと思ってもらって
林を歩きました。岡山は、果物がおいしいわね。白桃、葡萄、梨・・・
おお、よだれが出そうです。ゆっくり楽しんでいらしてね。
Commented by kanmyougama at 2008-08-12 13:53
高地の植物か耳にしないランです。
かろうじてナナカマドはよく見かけて印象に残る木です・。
赤い葉赤い実・・・・・立山で見かけた赤い山・・・・軽井沢は街路樹になっていました。
印象の強い木です。
Commented by tamayam2 at 2008-08-13 14:27
◆kanmyougamaさん、
お宅のお孫さんたちのお元気な様子、拝見しました。孫は、来るときが
よし、帰るときがよし・・・大騒ぎの夏日記が終わりまして、じじ&ばば、
骨休めしています。ナナカマドは、北海道でも街路樹になっている
ようです。花、実、葉、とくに、紅葉が素晴らしいです。七回焼いても
燃えないところから、ナナカマド。燃えにくい性質が好まれるそうです。
<< 高原の虫たち ウバユリ と シキンカラマツ(訂正) >>