メルヘン街道、麦草峠

海外から友人が来ると、茅野市、ヴィーナス・ライン沿いの
別荘にご案内する。なぁに、別荘たって、2DKのアパート
です。それに、ヴィーナス・ラインたって、フツーの田舎道
なんですよ。

その通りの東側に、国道299号線 通称メルヘン街道
が走っている。
なんでも、ドイツ中央部から北に抜けるメルヘン街道
風景が似ているから、そういう名前がついたということだ。
c0128628_10541355.jpg

本場ドイツのメルヘン街道は、グリム兄弟の生地、ハーナウ
から北上して、『赤ずきん』のアルスフェルド、カッセル、
『いばら姫』のザバブルグを経て、ハーメルン、ブレーメンに
至る南北600Kmの街道。
どなたも一度は『ハーメルンの笛吹き男』や、『ブレーメンの音楽隊』
の怖くてドキドキする童話を耳にしたことがおありだろう。

メルヘン(Maerchen)というのは、ドイツ語で童話、おとぎ話
のことなのです。

こういう街道を通ってドイツ人などを案内するとき、その
名前がちょっと気恥ずかしい・・・のですよ。
白樺街道というような日本名だと助かるのに・・・。
何がメルヘンなの?と聞かれても説明に窮してしまう。

そのメルヘン街道の一番高いところは、麦草峠といって
標高2127m。冬期には、通行止めになる。


c0128628_1056937.jpg
18日、
Blog仲間の
Nick-1さん
のところで
知った麦草
ヒュッテ
野草園に
立ち寄って
みた。














c0128628_10573795.jpg

私にとって初めて見た花は、ヨツバシオガマ。
葉がノコギリ草のようにギザギザで、確かに4枚の葉で、
花茎を支えている。花の中央に鳥の嘴のようなものがあり、
その部分の色が濃い。高さは、10~15cmぐらい。

写真上:キバナノヤマオダマキ(キンポウゲ科)

写真中:テガタチドリ(ラン科)

写真下:ヨツバシオガマ(ゴマノハグサ科)
[PR]
by tamayam2 | 2008-07-22 11:07 | 日々のできごと | Comments(0)
<< 今日の切手(6):ドイツのメルヘン  入谷の朝顔市 >>