ベルリン ダーレム村

ベルリンはドイツの首都であるから、かなりの大都会と言ってよい。
しかし、私が愛してやまないダーレム植物園は、地下鉄U3線の
Dahlem- Dorfから徒歩15分ぐらいの住宅街にある。
Dorfは村という意味だから、ダーレム村である。
c0128628_16392834.jpg

その名にふさわしく、駅舎は、木造で、カヤぶき屋根。
さすがに火災を用心してか、避雷針が屋根の周りを覆っていた。
首都圏で、カヤぶき屋根ですぞ。 驚くまいことか。

駅は無人駅と言ってよく、滞在中駅員の姿を、一度も見たことが
なかった。


c0128628_16402797.jpg
ホームに
木製の
ごっつい
ベンチが
置いてある
のだが、
どう見ても
実用的
ベンチ
というより、
芸術作品。



ようく見れば、女2人に挟まれた男の形に見える。
    見えますよね。
ベンチの腰を下ろす部分に、ちゃんと、男性の身体の一部が
配置されていて、人々は当たり前の顔をしてそこに坐っている。

しっかりした木材でできていて、身体をすっぽり抱きとめてくれる
ような安定感があり、坐り心地はわるくなかった。

U3線で、15分ほど行けば、ベルリン一の目抜き通り
Unter den Linden(訳せば、菩提樹の下通り)へ行ける。


c0128628_16421433.jpg

写真の
Caféは 
Friedrich-
strから、
博物館島へ
向かう
ガード下に
ある。





あたりには骨董品屋が多いので、アール・ヌーヴォーやアール・
デコ風のレトロなアクセサリーをひやかして歩く。足がつかれたら、
ここでちょっとひと休み。
c0128628_16431388.jpg

壁や天井一面に、戦後のなんだか懐かしいようなブリキ製の店舗の
看板が貼りめぐらされていて、見飽きることがない。
[PR]
by tamayam2 | 2008-06-06 16:53 | たび | Comments(0)
<< サンカヨウに似た花 今日の切手(5):南半球の植物 >>