今日の切手(5):南半球の植物

c0128628_8423620.jpg

この植物を見て、どんなものを想像しますか。
赤い花にくっついた緑と黒の種?
じつは、赤いものは花ではなく、ガクだそうです。
c0128628_8431350.jpg

はじめ緑色の実は、だんだん黒く変化します。

Ochne serrulata (オクナ科)という名があるのですが、
別名のミッキー・マウスの木のほうが有名です。
ミッキー・マウスの顔に見えます?

南アフリカ原産。上の写真は、ベルリン、ダーレム植物園で撮影。
c0128628_8442290.jpg

この木は、ニュージーランドに行かれた方なら、見飽きるほど
目にしたはずです。マオリ語でポフツカワ(Pohutukawa
フトモモ科) Metrosideros excelsa という学名より、
ニュージーランド クリスマス ツリーという名で
親しまれています。


c0128628_846720.jpg













ニュージーランドのクリスマスは、真夏に当たることから、夏至のころ、
第二のクリスマスを祝うこともあるようです。やはり、クリスマスは寒く
ないと、感じがでないわねっ!

この木は、頑強で、海岸べりなどに巨大な枝を広げ、涼しい木陰を
作ります。この花から採れる蜂蜜は英国王室御用達とか。

ポフツカワと聞けば、喜びにつけ、悲しみにつけこの花を見て
暮らしたオークランドの生活を思い出します。今日の切手は、
ニュージーランドの友人からのクリスマス・カードに貼って
あったもの。

写真は、5月27日、富山県中央植物園で。すばらしい植物園でした!
[PR]
by tamayam2 | 2008-06-05 09:00 | 日々のできごと | Comments(0)
<< ベルリン ダーレム村 千枚田の昔話 >>