今日の切手(2):ネズミ

3月になってからやることではないのですが、新年にいただいた
年賀状の整理をしました。くじ運に恵まれない私宅でも、最下位の
記念切手が3枚当りました。150枚中の3枚ですから、
50分の1の確率です。お宅はいかがでしたか?


c0128628_10574269.jpg
今年
(2008年 
平成20年)
は、
干支の
先頭、
ネズミ年。






左は、木曾、奈良井宿の土鈴。 右は、甲府の土鈴。 



c0128628_10591735.jpg
左:12年前の
1996年(平成8年)は、
大きな唐辛子とネズミの図。




この年に、私が好きだった「男はつらいよ 寅さんシリーズ」の渥美 清が亡くなった。

右:24年前の1984年(昭和59年)は、打出の小槌(?)とネズミ。

この年は、私はカナダに住んでいた。植村 直己氏が、アラスカ州 
マッキンリーの山中で消息不明になった。

ヨーロッパでは、ネズミは、14世紀に起ったぺスト禍の歴史が
あるので、ミッキー・マウスのような愛すべきマスコットには、
なり難い。

ドイツの北部に、ハーメルン(Hameln)という小さな町があり、
そこを舞台にする「ハーメルンの笛吹き男」のお話は有名。

ネズミを追い出すのを職業とする男がいて、その男が笛を吹くと、
町中のネズミが家々から出てきて男に従う・・・ネズミばかりでは
なく町中の子どもたちもついて行き、そして、最後には・・・・・
子どもが一人残らず消えてしまうという怖いお話。

1284年に実際にあったできごとが基になっているということです。

                   過去ログ:ハーメルンの笛吹き
[PR]
by tamayam2 | 2008-03-14 11:13 | 日々のできごと | Comments(0)
<< KY式 日本語 キンポウゲ科の花々  >>