市松人形

賢明なるみな様は、衝動買いというものをなさらないでしょうネ。

万事値上がりのこのご時勢に、財布のヒモを緩めるような愚行は
ユメ慎むべきことですが・・・、私は、やってしまったのですよ。

先月のある日、某デパートで、「伝統工芸展」といった催しが行わ
れておりました。私は、たまたまそのデパートで人と
待ち合わせをしていたのです。
時間までに少し間があったので、「ちょこっと覗いてみるか」と
いう軽~い気持ちで催事場に足を踏み入れたのでした。
(そ、それが、間違いの因(もと)でした!)


c0128628_1429557.jpg
そこで見たものが、
市松人形

精巧に作られた、
丈が30Cmほど
の日本人形。


















ていねいな着物のつくり、お顔の愛らしさ!
う~ん。いいなぁ~。
そう思って眺めているうちに、その気持ちは、次第に
「ほしいなぁ~」に変化したのです。


c0128628_14305313.jpg




















年のころ70代の製作者から、市松人形について、ご説明を
いただき、手に取って見てもよいと言われる。ふんわりとした
抱き心地、手足の重みも、本物のよう。坐らせたり、立たせたり
できる。「ああ、ほしいなぁ~」とその場を去りがたい気持ちに
なりました。

一般的に女の子は人形を好むと言いますが、私は子供のころから、
少しヒネた少女でしたから、それほど、人形に執着した覚えがあり
ません。

ああ、それなのに、あろうことに、この人形をぜひとも手に入れたく
なったのです。(アメリカで昨年生まれた初孫の女の子に、こういう
日本人形の手触りを伝えてやりたいという気持ちもありましたが
・・・そういうオフィシャルな理由よりも、衝動でした。)

その催事は、夕方5時までということでしたので、一旦、家に帰り
家族の者を説得の上、5時10分前に再び売り場に出向き、ついに
購入してしまったのです。家人の理解を得なければならぬほど、
私にとっては高額でしたが・・・。
製作者のお話では、その日、売れた人形のうち三体は、海外に渡る
予定だそうです。

私もしばらく家に置いて楽しんだ後で、お雛様に間に合うように
孫むすめに送ってやりたいと思っています。ディズニーのキャラクター
人形やバービー・ドールが生まれた社会に、市松人形が、どんな印象で
受けとめられるのか、いつか、かの地の人々に聞いてみたいです。
[PR]
by tamayam2 | 2008-02-06 14:35 | 日々のできごと | Comments(0)
<< マスク と ホカロン 日本では見られないジンチョウゲの実 >>