カイツブリを見た日

カイツブリ・・・カタツムリ・・・でんでん虫?
カイツブリ・・・カタメツブリ・・・ウィンク(え?)

以前からカイツブリとは、どんなものか、気になっていた。

    貝? 虫? 鳥?
c0128628_12323186.jpg

井の頭公園自然文化園で、初めてカイツブリをくわしく見た。
カモよりずっと小型で、敏捷に泳ぎ回り、スーッと潜ったかと思うと、
水中で小魚を射止めてしまう。水槽は、水中と水上が観察できる
設計になっていて、その動く様子をガラス越しに撮った。


c0128628_12331228.jpg
カイツブリ
(Tachy-
baptus
ruficollis
カイツブリ科)











c0128628_12351998.jpg
カイツブリは古名を
鳰(にお)と
言い、
琵琶湖に多いこと
から、




琵琶湖の雅名を鳰の湖(におのうみ)と言う。
ああ、それなら、耳にしたことがあります。

c0128628_12361925.jpg

オシドリは小さな池で飼われていた。ケルンの森の奥深く、ひっそり
とした池で、初めてオシドリの野生の群れを観た感動を思い出した。
                             ケルンのオシドリ
オシドリ(Aix galericulata カモ科)。

英語ではMandarin duckと言われる。何となく東洋的な雰囲気の
鳥で、西洋で野性種を見るのは珍しかった。
by tamayam2 | 2008-01-29 12:44 | 日々のできごと | Comments(0)
<< ハクチョウの飛来地 寒い中に咲くけなげな花々 >>