寒い中に咲くけなげな花々

日本列島は、寒気の帯の中にすっぽり包まれてしまったようです。
寒いですね、日本の家屋は!
私の家は築約40年の家なので、お風呂場やトイレの寒さは、尋常
ではありません。
セントラル・ヒーティングの欧州の家屋から見ると、どうしても
行動が鈍くなり、縮こまりがちになってしまいます。(笑)
でも、そうもしておれず、この1月をなんとか生きぬかなくちゃぁネ。
先週、先々週に見た植物を記録しておきましょう。
c0128628_7524268.jpg

まず、どこにでも見られるツバキ、サザンカの健気な美しさ。
排気ガスにもめげず、幹線道路沿いにも見事な花を咲かせています。
c0128628_7534831.jpg

まんず、まんず春先に咲くマンサクの花もあちこちで見ました。
この樹木は、面白いことに、昨年の枯れた葉っぱをしっかり木に
つけたまま、その間から花を覗かせているのです。意思の強い
がんばり屋さんというイメージ。 どちらも、17日 皇居東御苑で 
c0128628_7542825.jpg

20日、上野の東照宮で、寒ボタンを観ました。雪囲いをされて、
大事に育てられた深窓のお嬢様といった風情です。
あちこちに俳句の札が立てられており、風流な方々が三々五々
散歩をしておられました。縁台に手あぶりの火鉢がおいてあり
ましたが、そんな手あぶりでは間に合わないほどの冷たさでした。

c0128628_755934.jpg











ボタンと言えば、春に絢爛豪華な花をつけた後、三羽のプロペラの
ような形の実をつけ、その実がはぜると、赤や黒のドキッとするような
種をこぼす。花の優雅さとはうって変わって生命力がみなぎっている
力づよい種です。


c0128628_7561275.jpg
2007年7月ごろ
ケルンの友人宅で







不忍池(しのばずのいけ)から、御徒町(おかちまち)のアメ横に
抜け、私めは俳句を詠むかわりに、夕餉の干物など買って雑踏の中を
歩きましたよ。ふふふ。

     そのあたり ほのと ぬくしや 寒ぼたん (高浜虚子)
by tamayam2 | 2008-01-28 07:59 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by 寧夢 at 2008-01-28 10:24 x
底冷えの寒さが続いています。私は明日から東京と通り越して東北へ。今年はまだ寒牡丹見ていません。ここが「初」です。お散歩気分になりました。ありがとうございます。
「ほのとぬくし」ですか。なるほど、なるほど・・・。
Commented by tamayam2 at 2008-01-28 11:15
♪~寧夢さん、
北のほうへご出張でしょうか。namiheiiiさんの所で寧夢さんの
短歌を拝見し、感心しております。まずは、いい歌や句をたくさん
読もうと考えています。巷にはんらんするへ~んな日本語や外国語
に目を白黒させておりますゆえ。少しクラシックな世界に憧れが
あるのでしょう。
Commented by ふく at 2008-01-28 12:27 x
御徒町にすんでました。幼い頃の遊び場で西洋軒の裏土手をすべりおりたりしてました。ぼたんはいつかいつかとおもいつつ見に行ってません。こんどね。
Commented by tamayam2 at 2008-01-28 13:58
♪~ふくさん、
ああ、そうでしたか☆ あの辺りは、江戸情緒があっていいですね。

ボタン園の入場料は600円(高!)そこから、五重塔の眺めが絵に
なる風景です。私は、ヘソ曲がりですから、そういう月並な構図の
写真は無論とりまっしぇんが・・・・。
不忍池の蓮の花が咲く頃がいいだろうなぁ。

<< カイツブリを見た日 花も実もある ロウバイ >>