花も実もある ロウバイ

真冬なので、花なら、ツバキやサザンカばかりかと思っていると、
そうでもない。目立たないけど小さな花が幹から吹きだしている。
c0128628_11463347.jpg

薄たまご色のロウバイ。この前、神奈川県で見たものは、濃い
黄色のソシンロウバイ(素心蝋梅 Chimonanthus praecox)。
梅という字が使われているが、ウメは、バラ科。ロウバイは、
ロウバイ科。ともに、中国から日本へもたらされたということで、
東洋的な静けさがある。

いい香りがするので、そばに行ってとうっとりと香りをかぐ。
この木の下にたたずんで、歌を詠む方もあるし、写真を撮って
おられる方もある。

ケルンの植物園にもあった。はじめは、6月ごろ、変わった実だ
と思い、どんな花が咲くのか年間を通して楽しみにして見ていると、
1月ごろ、本当に蝋細工のような繊細な花だけが幹から直接出てきた
のだ。花の後に、やや大振りな葉が出て、初夏に3~4Cmにも
なる大きな実ができているのに気づいた。

花も奥ゆかしいが、実もなかなかユニークな形だ。
たいがい、東洋の樹木のところにひっそりと植えられており、
ドイツ人もそのほのかな香りを楽しんでいた。


c0128628_1148143.jpg
2007年5月
28日。ケルン
Floraにて。






植物園を歩いていると、
その時々に主役に
なる草木がある。

春なら、サクラとか、
バラとか。




しかし、秋のサクラの葉の紅葉のすばらしさや、
秋空に映えるローズ・ヒップ(バラの実)の宝石のような輝きは、
主役ではないが、それを発見した者に大いなる満足感を
与えてくれる。

日本の植物園で少しユーツな感じを受けるのは、
「今見ごろの主役は○○ですよ、さあ、ごらんなさい!」と、
押し付けられる感じを受けること。

どれが主役でどれが脇役かは、見る者が決めること。
年間を通じてその植物の様子が変わっていく姿を観るのが楽しく、
見どころは、花だけではないのである。
[PR]
by tamayam2 | 2008-01-16 11:51 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented by 寧夢 at 2008-01-17 23:58 x
>どれが主役でどれが脇役かは、見る者が決めること。

確かに日本という国はいろんな場面で、そんなふうに感じることが多いです。でも、門外漢の私には「何事にも先達はあらまほしきこと」で、教えていただけると、「そうなんだ」と覚えられるし、それぞれの盛りを見逃すこともない、そんなありがたさもあります。
でないと・・・、見て通り過ぎるだけで、何の蓄積も無く終わってしまうかもしれないんですもの・・・!(苦笑)
Commented by daikatoti at 2008-01-19 20:52
まわりを見ていて、おもしろいなぁと思うことに、春の桜の花見など、普段花に興味のない人まで、ああ、あそこがきれいだ、とか言われると行ってみてくるんですけれど、ご近所に梅が咲いていたとしても見向きもしない
んですね。 なんだか、人がきれいだと騒ぐものは見に行くけど、自分できれいだということは発見できないようですね。・・・辛口でした^^;

今、いいなぁと思うもの。少し風のある日、 日が西に傾きだした時間、広葉樹の葉に光があたって輝く様子が、キラキラまるでイルミネーションをつけた、クリスマスツリーのようにみえるんですよ^^
Commented by tamayam2 at 2008-01-21 22:56
♪~寧夢さん、
>>何事にも先達はあらまほしきこと・・・そ、その通りですね。
   これは、徒然草の一節ね。もっと素直にならなけりゃ。
Commented by tamayam2 at 2008-01-21 23:03
♪~daikatotiさん、
時々辛口をほざきたくなるtamayam2です。自戒、自戒。梅に鶯の
ような定型に振り回されたくない気持ちがつよくって・・・困りますよ。
ははは。
さて今日は、本当に寒い日でした。夕日もろくろく見ずに帰途に着いた
のですが、ときに、冬日の美しさにうっとりとする時もあります。
daikatotiさんのおっしゃる、日の光をさがしてみよっと。ありがとう。
Commented by あんず at 2008-01-24 08:53 x
木の下で歌を詠む・・・あと20年くらいしたらやってみたいなぁと
思いました。
それにしても、四季があるって素晴らしいことですよね♪
Commented by tamayam2 at 2008-01-26 20:02
♪~あんずさん、
日本に帰ってきて初めての冬の寒さに縮こまっております。
そう、四季の変化がくっきりあるって素晴らしいなぁと思います。

今日、デパートに行ったら、早や、恵方巻き( 関西地方の節分の
行事?)もヴァレンタインデイの売り出しも始まっていましたよ。
何事も行事をつかさどるのは、商魂のようで・・・。たくましい世の中よ。

あんず一家のウォチャーとして、応援している~よ!


Commented by aamui at 2008-01-28 18:00
tamaamさん お久しぶりです 牡丹の実 蝋梅の実 初めて見ました
ありがとうございます 実になると全く違う面白さですね 雪が見たいです
Commented by tamayam2 at 2008-01-29 07:31
♪~aamuiさん、ご旅行からお帰りなさい。
東京は、めったに雪がふりませんね。今週、信州に行きます。
向こうはこの時期、いつも雪ですが、別荘を開けるとき、閉めるとき、
凍結防止の手当てをするのが一苦労ですよ(苦笑)寒冷地のこういう
苦労は東京人には理解しがたいものです。
ボタン、ロウバイ・・・花ばかりでなく、実も interestingでしょ?
これからもできるだけ、実や種をUpしたいと思っていますが、以前に
撮った写真は、パッと出てこないのが、悩みの種ですよ(笑)
<< 寒い中に咲くけなげな花々 温泉地で 同窓会 >>