人間ドック

三年間の海外勤務を終えて、12月に一日入院して人間ドックに
入ることにした。いつもあわただしく、部分的検査しかしなかったから、
この際、いっぺんに全部診てもらおうと思って・・・。

さぁて、3年間さぼっていた婦人科系は、キチンとプログラムに入れて
もらった。幸いにして、この科に関して問題がなかったから、ホッとした。

その他には、メタボリック・シンドロウム関連で、しっかりご注意が。
体重のコントロールをするよ~に。
(早くも2008年の課題は、これで決まりっ!)
c0128628_8215169.jpg

某国で検診をしたときのこと、女性は、マンモグラフィー
(mammagraphy乳房のレントゲン撮影)が必須項目だった。
そのときの話。

撮影技師:乳房を台の上に載せてください。
  (私、なんとか載せる)
撮影技師:乳房を台の上に、ちゃ~んと、載せて。
  (私、がんばって、なんとか載せる)
撮影技師:あなた、聞こえていますか?
私:はい、聞こえています。
撮影技師:(おやおや、外国人だから、英語がわからないみたい・・・
看護師、手助けしてあげて!)

そういうヤリトリがあって、看護師のお姉さんに乳房をイヤというほど
引っ張られたのですが、かなり、痛い検査でした。

西欧人のおばちゃんの胸なら、しっかり台に載せられるモノがあるの
ですが、私の場合、載せるほどのモノが無く、この検査は西欧社会では、
できるだけ避けたかったのです。

さて、日本では、どうかというと、台の上に載せて上下に乳房を挟んで
撮影するというより、斜め左右に挟み込んで撮影するものでした。
ですから、載せて!という表現は使わず、壁に押し付けて!
と言われました。(ホッ!)

西欧では、中年以降の女性の検査項目に、この検査は必須のよう
でした。
外見上、胸が巨大な女性が多いですし、印象として、乳癌にかかる
患者の数が多いように思います。

日本では選択項目で、費用は約1万円。 時間もかからないし、
看護師さんの対応も手慣れたものでした。
c0128628_8221724.jpg

ちなみに、この時、覚えた英語の表現。

Can you hear me?
は、あなた、聞こえていますか? と聴力があるやなしや聞かれたの
ではなく、あなた、私の言うことが理解できますか? と理解力を
問われているようです。
ですから、Yes, I can. (はい、聞こえています)
という訳は、ぜぇ~んぜん、わかっていないことになります。
   
写真:12月6日 上、日比谷公園のツワブキ。下、浜離宮恩賜庭園で。
by tamayam2 | 2007-12-09 08:30 | 日々のできごと | Comments(1)
Commented at 2012-04-20 13:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 浜離宮庭園にて 師走になりました >>