動物園ウォッチャー

今年の4月にロンドンの植物園で、放し飼いのキンケイを見た。
9月に行ったとき、また、出会いたいなあとキョロキョロ探したが
見つからなかった。その後、ワシントンDCの動物園の、鳥を囲ってある
巨大なスペースを歩いているとき、向こうからキンケイがこっちのほうへ
物言いた気にやってきときは、興奮した。
c0128628_19433691.jpg

やっぱりこういうハデハデな鳥が目の前に来るとドキドキするわね。
ニワトリと同じぐらいの大人しい鳥です。

このような鳥館は、鳥を金網ごしに鳥を眺めるのではなく、巨大な鳥かご
のようなスペースへ人が入って行って観察するように造られている。

先に行った多摩動物公園にも来年には、このような施設ができるらしい。
今月は、工事中。楽しみにしている。


c0128628_19445666.jpg

同じワシントンの
動物園で、
小動物を見て
いたら、この
アライグマに
似た動物が
(25Cmぐらい)
急に私の目の前で
立ち上がった。
驚いてカメラを
向けたら、
次々と仲間が
出てきて勢ぞろい
してくれた。






私は、これは、直立すると聞いていたレッサーパンダの種類かと思って
いたが、多摩動物公園で見たレッサーパンダというのは、大型イヌほどの
はるかに大きい動物で毛も茶色。太い尻尾をゆらゆらさせながら絶えず、
忙しそうに歩き回っているのだった。直立するようなそぶりはまったく
見せなかった。私は、動物が芸などをする見世物は、見たくもないので、
このような自由なふるまいを見て十分満足した。一方、立って見せてくれた
動物には、”いいんだよ、そんなに気をつかわんでも”・・・と言いたかった。
下は、多摩動物園のレッサーパンダ。 ↓
c0128628_1947811.jpg



日本を離れている間に、
北海道の旭山動物園というのが有名に
なったという話を聞いた。

関連書を読んでみた。動物の生態のことを熟知している獣医さんが、
(経営畑の人ではないのに)上野動物園の年間入場者を
上回る人の足を、この北海道の動物園に向けさせたということだ。

もう一つ、つぶれかかっていた動物園、小倉の到津の森(いとうずのもり)
公園の再建に携わったさわやかな男の話もあり、読み応えのある一冊になっている。

儲けよう、儲けようとガツガツしないで、きちんとしたポリシーをもって、
正攻法で経営を成功させた日本人に対して、日本にはまだこんな人がいる
のだなぁ~と心強く思った。


c0128628_19482952.jpg
世界中の動物園、植物園の
ウォッチャーになりたい
tamayam2としては、
この本を読んで、急に
元気が出てきたのだよぉ・・ぉぉ。

中公新書 1855
『戦う動物園』
by tamayam2 | 2007-11-05 20:01 | 日々のできごと | Comments(0)
<< ミーアキャットですって 秋のチョウ >>