秋のチョウ

11月に入るとさすがに庭のヤブ蚊も影をひそめ、チョウの姿
も見かけなくなった。この夏は、蓼科高原で初めて見たアサギマダラ
から始まって、アメリカ東海岸でも日本の植物園でもたくさんのチョウに
出あった。チョウとの出会いは、いつもワクワクするような喜びがある。

10月末に東京都多摩動物公園の昆虫館へチョウを見に出かけた。
この大温室に放たれているチョウは、ほとんど九州・琉球地方のチョウで、
ここでは冬季にも、目の高さでチョウが観察できる。都立の動物園も
すごいなぁ~。


私が興味を持っているチョウの好む食草もよく観察できるので、楽しい。
秋の遠足の一団らしく、子供たち歓声が温室にあふれていた。

一番、ポピュラーで、動作が遅く撮りやすいのは、オオゴマダラ
どんな顔かはっきりわかる。(大胡麻班Idea ieuconue )
c0128628_19581146.jpg


アサギマダラの仲間、琉球アサギマダラ
c0128628_19583620.jpg


アゲハの種類は絶えず羽を振るわせている。ベニモンアゲハか。
c0128628_19591936.jpg

[PR]
by tamayam2 | 2007-11-03 20:02 | 日々のできごと | Comments(0)
<< 動物園ウォッチャー 思いがけない宿   水上温泉 >>