時計草

ドイツの友人からのメールに、「帰国してから、一月が過ぎましたね」と
あって驚いた。このひと月は、やはり(言うまいと思へども・・・)暑かったなぁ。


c0128628_12263957.jpg
日本は、温帯の国
ではなく、れっきと
した熱帯の国




昨日は、熊谷、多治見で、40.9度を記録したとか・・・。
(信じられるか?
ヒトの体温より
高いのだ。)

植物の好きな私が、ざっと周囲を見回しても、温帯の植物は、青息吐息、
生存ギリギリのところで、命をつないでいる感じがする。それに引き換え、
熱帯系の植物は、劣悪な環境をものともせず、生き生きと夏を謳歌して
いるように見える。
クールビズとか、しゃれたことを言っていないで、即、沖縄のかりゆし、
フリッピンのバロン・タガログのような、盛夏向きの衣類を社会的に認めないと、
通勤の男性は気の毒だと思う。


c0128628_12281515.jpg
昨日、荻窪の
スーパーの駐車場
わきでトケイソウの
花と実を見かけた。

トケイソウは南米の
植物だ。エキゾティ
ックな果物扱いの
パッションフルーツ
はクダモノトケイソウ
という同じ科の
別の属のようだ。


c0128628_12314570.jpg
パッションは、
情熱という意味も
あるが、
(キリストの)受難
の意味もある。

右の写真:
上が実、
下がつぼみ。





この花を見つけたブラジルの宣教師は、中央に突出している花柱を磔刑の
キリストに見立て、後ろの花冠を後光と見たようだ。

同じ花の形でも、見る人によっては、イメージが異なるのだなぁ。
時計草という命名も、本当に時計の文字盤みたいで面白いと思う。
c0128628_12324913.jpg

上は、ケルンのFloraで、6月に撮影したベニバナトケイソウ。
これは、温室の中で咲いていた。

ケルンからの便りによると、今日は13度。寒くて、晩秋のようだとあった。
by tamayam2 | 2007-08-17 12:37 | 日々のできごと | Comments(0)
<< 元気なウリ科の植物たち 霧が峰のシシウド >>