【803】長い、長い空白

先回の記事が【802】中井の「染の小道」が2月26日…
今日は、4月26日、丸々2か月の空白を作ってしまった!?

いったん、サボリ癖がつくと、さぁ、再開するのが大変だ。
子供のころの三月で止まってしまった日記帳を眺めているような思い。

c0128628_14232689.jpg

さて、言い訳がましくなるが、3月には、米国から私の従妹Y子が
滞在していた。彼女は、14歳のとき日本を離れ、私と同い年。(つまり70代)。
結婚して子供も成人しているが、数年前にほかの男性と暮らすようになった。
米国でその男性Tさんにも会ったが、Y子より10歳年下(つまり60代)はあまり
よく知らない。日本語力は皆無、初来日!
c0128628_14261624.jpg

来日の日と帰国の日は、わかったが、一向にどこに行くのか、何をしたい
のかわからず、結局、私が彼らの旅行のプランを立てるハメになった。
会いたい人とのコンタクトなどが大変だった。相手は、70代以上の人が多い
から、パソコンのメールが使えない。携帯のメールには、添付がつけられない。
c0128628_1427472.jpg


到着の一週間前になって、彼らは、Japan Rail Passというのをアメリカで
$500で購入、それを利用して、京都、奈良、大阪、箱根、東北地方に行きたい
という希望がわかった。関東では、銀座、築地魚市場、浅草、鎌倉・・・
それは、結構なのだが、彼女は中学生程度の日本語力しかない。
しかも、その切符は6日間ひと続きで使う必要がある。その条件ならば、JRに限って
新幹線「のぞみ」以外は乗り放題になる・・・というシロモノ。私がヨーロッパで
使ったEurail Passの日本版。日本人は、使えないが海外からお客さんだけの
特典なのだ。
c0128628_14311472.jpg

成田からリムジンバスに乗って到着した客人を、我が家に近い京王プラザホテルへお出迎え。
その時、仰天したのは、特大のスーツケースを5個もってきたこと。
私と主人と別々のタクシーでやっと狭い我が家に運びこんだ。
(一部屋の和室を予備として空けておいたが、そこに5個のスーツケースを
 収納したら、部屋はそれだけでいっぱいになった。)

第一課は、まず、ウチの玄関の鍵の開け方、
お風呂の入り方、それから、駅までの道順を教えた。細かい店舗の多い商店街は、とても
気に入ったようだ。

翌日は、第2課、Suicaの利用法とチャージの仕方。JRで神田まで行き、
そこから地下鉄で浅草へ。その後、船で隅田川を下り浜離宮庭園で下船した。
JRのマークと地下鉄のマークを教えた。電車でも英語のアナウンスがあって
とても助かった。
c0128628_14322658.jpg

浜離宮公園の出口のところに菜の花が一面に広がっており、旅人は大喜び!
素敵な演出でした。彼らの希望の一つは、サクラを見ることだったが、何故か
今年のサクラは遅れに遅れ、結局満開のサクラを見せることができなかった。
それは、私のせいではないが、ちょっと目算が違った・・・
c0128628_14332476.jpg

数日してから、いよいよ関西方面に旅立つ前に、心配な保護者は、箱根まで
ご案内。従妹の希望で箱根ガラスの森美術館に出かけた。翌日、小田原から
本人たちだけで、京都の旅へ。やれやれやっと一人立ちしてくれた・・・と
保護者も小休止。何しろ、三度の食事の世話、洗濯も多いので、家事も結構忙しい
のだ。さらに、彼らは、炭水化物抜きのダイエットをしていたり、基本的に野菜、
果物中心の生活。でも、おやつにおにぎりや、ケーキなをを買ってきたりします
ので、え~と、おにぎりは、炭水化物ではなかったかしら?? といぶかります。
c0128628_1434145.jpg

だんだん街歩きも慣れてきたとき、今日はどうしてもCOSTCOに行きたいと、
言い出す。アメリカの倉庫式大型スーパーですが、彼らのアメリカの会員パスが
日本でも通用すると調べてきたと言うので、家から一番近いCOSTCOを調べると、
川崎にあることが判りました。行き方を教えると意気揚々と出かけていきました。
大きなイースター・エッグや、大きなパッケージの食品をたんまり買ってきました。
c0128628_14351621.jpg

ーーー上は、彼らが愛用した右ヒヨコ豆の缶詰と、左Tahiniソース(ゴマペースト)
   この2つとニンニク、レモン汁、パセリを加えたDipハマスを愛用していました!

一体何を買いたかったのと尋ねますと、日本中どこにでも設置してある、温水が
出る便座が買いたかったのだそうです。しかし、水道の配管やヴォルテージが違う
ため、日本製の便座は、アメリカでは使えないことがわかって、あきらめたそうです。

あ~あ、中国人の爆買いの人たちが、炊飯器や温水が出る便座を買っていく話は
知っておりましたが、「アメリカ人よ、おまえもか!?」と泣き笑いしたい気持ち
でした。アメリカのテクノロジーをして、そんなもの作れないのでしょうかね~

by tamayam2 | 2017-04-26 14:40 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by nenemu8921 at 2017-04-27 14:04
tamayamさん。お疲れ様!
でも、充実した楽しい時間だったでしょう。
心配していませんでしたよ。きっと、元気で、飛び跳ねているだろうなあと(^^♪
従妹さんさん、若々しいわねえ。
フランスの大統領候補は25歳年上の奥さんとラブラブとか。
すてきな人生だと思います。
わたくしもアヤカリタイものです。

Commented by ふく at 2017-04-27 19:02 x
なるほど空白の日々がよーくわかりました。
ご案内お疲れ様でした。
楽しかったでしょうね。
Commented by tamayam2 at 2017-04-27 19:39
♡ nenemuさん、
やっぱり寄る年波にはかなわないわ~ 泊まり客は
けっこう大変でした。畳の上では靴を脱ぐこと、
お風呂のお湯は一回一回栓を抜かないことなど、
日本生活の初級第1課から始めましたので、ちょいと
疲れてしまいました。でも、いい経験でしたよ~
Commented by tamayam2 at 2017-04-27 19:42
♡ ふくさん、
やっぱり昔と違って無理できないのですね~
あとから、どっと疲れが出てしまいました。
しかも年度末で、教会の諸報告を提出しないと
行けなかったので、彼らが帰ったあとはパソコン
に張り付いて仕事をしておりました・・・とほほ。
Commented by ikutoissyo at 2017-05-04 10:20
お久しぶりです。
外国旅行にお出かけかと推測いたしておりましたが、
お客様をお迎えだったのですね。
外国の若者が、巨大なリュックを背負い、その他にスーツケースを押して移動しているのを見かけますね。
いつもそのエネルギーに感心しておりました。
お客様も、スーツケース5個とは・・・。

お客様、良いお顔で写っていらっしゃいます。
tamayamさんの、おもてなしに満足なさっているのでしょう。
お疲れ様でした。

Commented by tamayam2 at 2017-05-07 07:54
♡  ikutoissyoさん、
連休もやっと明けそうです。我々は連休は関係ないの
ですが、天気がよいとどこかに出かけたくなります。
泊り客は、昔だったらなんでもなかったのですが、
やはり、三度三度の食事のことを含め、年なのね~
大変でした。次からは、どこかビジネスホテルにでも
泊まってもらうように勧めます。やはり、年なのですね。
これに懲りずにどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by 通りすがり at 2017-05-14 20:43 x
お疲れ様でした。
炭水化物抜きダイエットの食事を3食では面倒と思いきや、おにぎりにケーキと炭水化物を(笑)
だったら楽して丼でも麺でも…
Commented by tamayam2 at 2017-05-15 17:14
♡ 通りすがりのお方
そうなんです!志は、高かったのでしょうが、日本の
おいしい食品を見ればみるほど、買い食いの癖が出て
チョコレート、おにぎり、菓子パンなど・・・それは
炭水化物ではないようでした(笑)ま、志と実際は、必ず
しも一致しませんわね~ははは
Commented by Yozakura at 2017-05-25 12:24 x
tamayam2 様
 無沙汰しております。客人の接待に疲れたのは、加齢の所為もあるのでしょうが、お人善しの貴女が「あれやこれや」と気を揉んでは、世話を焼き過ぎるからでしょう。
 米国人夫婦は放置しておけば、二人で勝手に遊んでは喜んで過ごしていきますよ。

 それはそうと、本日5月25日は米原万里の命日です。
 私がこのブログの前身である「ケルン便り」を訪問する契機となったのが、貴女が掲載していた米原万里追悼記事でした。先日確認したところ、最近になって「米原万里公式サイト」まで制作・維持管理されているんですね。驚きました。
 死後11年も経過して猶、多数の愛読者から斯くも追慕されているのですから、幸せです。お時間ありまhしたら、ネットで検索なさってみて下さい。お元気で。
Commented by tamayam2 at 2017-06-08 21:23
♡ Yozakuraさま、
ははは、お人よしTamayam、もう返上して、気楽に
行きましょう。ところが、また来週、孫たちが米国
からくるのですよ。何かと気を揉むオバーさんです。
そうですか!?米原万里の、あの輝かしい文壇への
登場と、突然姿を消したときの衝撃。忘れられません。
彼女の才能の輝きは、本当にすばらしかった。公式
サイトを見てみます。お教えいただきありがとう
ございました。
<< 【804】5月が去り早やアジサ... 【802】中井の「染の小道」 >>