【802】中井の「染の小道」

自分が住んでいる場所の歴史は、あんがい知らないものだ。ウチの近くに
妙正寺川が流れていて、新宿のほうへ行くと神田川になる。新宿の手前、
落合・中井辺りは、戦後は染物屋さんが軒を連ね栄えた町だったという。
中井に住んでいるYさんの案内で、25日は、かつての染物の町、
中井の「染の小道」を歩いてきた。
c0128628_19231754.jpg

c0128628_19234494.jpg

いつもの川にたくさんの染物が飾られて…着物姿の人が散策し、こまやかな手仕事
の技をたくさん見せていただいた。
最寄り駅:西武新宿線・地下鉄大江戸線「中井」、地下鉄東西線「落合」。
c0128628_19243590.jpg

昔は、きたないドブ川だったが、今はきれいになっていた。カモたちも
日向ぼっこをしていた。しもた屋風の家を履物を脱いで入ると、みごとな作品の
数々を見せていただけた。狭い日本の家屋だが、うまく工夫してアトリエとして
改装している。特に関心したのは、この催しものは、たくさんの若い人が参加して
いること。造形大学の学生さんや、若い造形作家など。
若い人が何かやってみたくなるような”仕掛け”を仕掛けた人は、えらいなぁ~
c0128628_19245996.jpg

こちらは、山手通りから見た全貌。

16日、友人と銀座で会って、軽食をいただいた。
銀座駅の数寄屋橋交差点のところに新しいビルが建っていて、銀座東急プラザという。
中には、小洒落た店舗や、軽食屋が入っていて、これは、若い女性がターゲットだと
わかる。銀座四丁目は、大人の町だが、数寄屋橋は、銀座で働く若い女性の好みを
反映している。健康志向、ナチュラル・テイスト、シンプルで、お金をかけないで、
生活をエンジョイするライフスタイルが好まれているようだ。
やや居心地が悪かったが、でも、くつろげる空間だった。
c0128628_19261134.jpg

6Fは27mの吹き抜けになっており、デザインのコンセプトは、切子ガラスの江戸模様。
和風でもあり、モダンで機能的でもあり、いい演出だった。
c0128628_19263227.jpg

6Fの窓から下を見下ろすと数寄屋橋交差点。
今から60数年前に、「君の名は」というラジオドラマがあり後に、映画も作られた。
ここ銀座・数寄屋橋がお話の舞台だったと言っても、今の若い人は、岸恵子主演の
映画のことを知らない。”真知子巻き”も、春樹さんと真知子さんの待ち合わせ場所が
ここだったことも知らないのだ。だから、こういう話題は、避けた。

若い人が知っているのは、昨年来ヒットしているアニメ映画!
「君の名は。」……文末に「。」があるかないかの違いだそうです。でも、なかなか
評判の映画らしいので、観てみようかなと思う。

数寄屋橋交差点をあわただしく行き交う人々を見ていると、
「年年歳歳、花相似たり、歳歳年年、人同じからず」
という中国の古い詩の一節が浮かんできた。こんな話をしても誰も
理解できないので、口をつぐんだ。私が、現代のギャグにあまり通じていない
のと同様に、若い人は、古いことは何も知らないのだから。

by tamayam2 | 2017-02-26 19:28 | 日々のできごと | Comments(6)
Commented by 通りすがり at 2017-02-26 20:39 x
今では染め物の町とは想像がつかないですね。
近所の川も、今でこそカワセミも住み着いてますが、昔は完全にドブ川でしたからねえ。
勿論、それ以前は綺麗な川だった訳ですけど。

「君の名は」と「君の名は。」…なるほど、「。」があったんですね。
映画館に行く際は、こちらもまだ流行りのインフルエンザに気を付けてくださいね。
Commented by ikutoissyo at 2017-02-26 23:24
長女の家族が中落合に住んでいますので、興味深く拝見しました。
若者の仕掛けで、街が活性するのは嬉しい限りですね。

ふふふ、真知子巻をして、渋谷で遊んでいました。
女子寮の門限があって、銀座まではなかなか出かけられませんでした。

暮れに、銀座東急プラザに入ってみましたが、お手洗いを借りて、素通りでした。
今度は6Fまで登ってみましょう。
Commented by tamayam2 at 2017-02-27 04:27
♡  通りすがりのお方、
昔は、本当にドブ川でした。ザリガニなんか捕った
こともあります。台風がくれば氾濫しましたよ。
妙正寺川に対する印象はそんなものでした。
神田川と聞くと、”♬~銭湯帰りの石鹸箱がカタカタ
鳴って…”とさだまさしの歌を思い出します。
何もかもモダンになってついてゆけなくなるようなの
も困りますが、こうした懐かしい情景を大事にするの
もいいことだと思いますね~
Commented by tamayam2 at 2017-02-27 04:30
♡  ikutoissyoさん、
真知子巻きをして、渋谷で遊んでいた…、そういう
時代がありましたね~ 銀座は、若者が近づきがたい
ところでした。女子寮で、門限があって・・・などと
いう話、私どもの時代の話で、今の人に話しても理解
できないでしょうね(笑)
Commented by nenemu8921 at 2017-03-24 16:09
まあ、お近くに古い伝統文化が根付いていたのですねえ。
写真作品では見たことがありましたが、神田川の源の川だったとは!!
染物屋さんは健在なのでしょうか? これはイベントかな?
いずれにしてもいい体験でしたね。(^^♪

銀座も久しく行っていませんが…。
新旧の「君の名は」も話題ですね。
ふと、あなたの口調から「何がめでたい90歳」佐藤藍子著、読みましたか?
私はいいえ、「騎士団長殺し」を読みましたですよ(^_-)-☆

Commented by tamayam2 at 2017-04-05 08:25
nenemuさん、
長逗留に外国人がいたため、コメントの返事が
遅くなりすみませんでした。佐藤愛子の最近の
痛快なエッセイですね。まだ読んでおりません。
読みたいです。昨日パソコン教室でBellaさんに
会いました。namiheiii先生のことを心配しています。
あなたのこともお元気か、気にかかっていました。
元気そうなので安心しました。
<< 【803】長い、長い空白 【801】2月に見た植物たち >>