【778】メダカの飼育・ネコの点滴

2011年ごろからメダカを飼い始めた。夏は、庭に火鉢池を
作ってやって、冬期は、室内の水槽の中で飼育する。
c0128628_15445847.jpg

4月に外に出したメダカは、10匹いたのだが、
5月に2匹の赤ちゃんが生まれていることを発見。2匹を隔離した。
そうしないと、親の世代に食べられてしまう危険性があると聞いたので。
6月に入って、何匹かが死んでしまった。
理由は、わからないが水質が悪くなったのかと思い、
もう一度水の入れ替えをした。今は、体長3㎝~3.5㎝ぐらいの親世代が8匹いる。
c0128628_15454411.jpg

その世代が産んだ2匹の子供は、始めは糸くずのようだったが、
今は、1㎝3㎜ぐらいになった。少し赤っぽくなってきた。(囲みB)
最近、また糸くずのような赤ちゃんを発見!(囲みA)
よ~く、みないとわからないほど小さい(3㎜ぐらい)だが、活発に泳いでいる。
毎日、3つの水槽のメダカがちゃんと生きているだろうか、と
調べるのが日課になった。メダカは小さくても眼がピカーっと光っていて
かわいいのだ。
c0128628_15472498.jpg

小さな子供用の水槽にやってきたカゲロウ(?) クサカゲロウかな??
追記) 通りがかりのおじ様によりますと、これは、キイトトンボCeriagrion melanurumのオス
    だそうです。

    お教えいただき本当に感謝しております。 Tamayam2

私の誕生日に、孫が絵を描いて送ってくれた。
c0128628_15475563.jpg

9歳のKyoko(Laura)は、乗馬を習っているので、ふだんから馬をよく観察
しているのだろう。子供の描いた馬としては、よく特徴をつかんでいる。
c0128628_15481845.jpg

7歳のAyako(Carrie)の絵は、飼っているネコの絵だ。
眼にまぶたが描いてあるのは、ネコが老齢のため、大きく愛嬌のある丸い眼
ではなくて、ぼんやりとした眠そうな眼だからだろう。よく観察しているなぁ~。

ヒトも老年になると、眼力(めぢから)が弱くなる。視力が弱いというのでは
なくて、どこを見ているのか、なんとなく印象がぼやけた眼になってしまう。
しょうがないのだろうな~

このネコは、いま、点滴を毎日しているという。
私どもが滞在中は、2日に一回だったが…もう15年以上にもなるのだから、
そろそろその時期が迫っているのであろう。
c0128628_15485729.jpg

c0128628_15492060.jpg

でも、家族総出で点滴をしてやっている。「さぁ~、やるよ」とママが
かけ声を掛けると、Kyokoがネコの体を押さえている。Ayakoが椅子に
乗って点滴の管から流れ出る液体の落ちるスピードを調節する。
終わるまで、家族が協力して黙々とこの作業をしている。ネコは、じっと
おとなしくなされるがままに従っている。とても印象的な光景だった。
c0128628_1550289.jpg


[PR]
by tamayam2 | 2016-06-28 15:51 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by tabikiti at 2016-06-28 17:12
お孫さんお二人とも絵が上手ですね。
私も会社ではメダカのお世話。
家では先日まで燕のお世話です。
燕はやっと巣立ちして、日の出とともにエサ取りの練習
日が暮れると、巣に還ってきます~^^
Commented by tamayam2 at 2016-06-28 18:17
♡  tabikitiさん、
お宅は、土佐金を飼っておられましたね。メダカも小さい命ですが、本当に
かわいくいとおしいです。雨が降ったら、心配、暑すぎても心配、いつもメダカのことを気遣って暮らしています。その前は燕だったのね。
お写真、見ました。巣立っていったら、もう帰ってこないのね。毎年必ずやってくるのですか?
私は、もう犬、猫は飼えません。だから、メダカで我慢しているのですが、この程度の距離がいいです。
Commented by ikutoissyo at 2016-06-29 10:29
新婚で一間に暮らしていたころ(半世紀も前)、メダカを飼っていました。
簡単に子供を産むので、水槽を分けるのが大変でした。
餌をやるときに会話が通じるようになって、可愛かったのを思い出しました。
tamayamさんのメダカとの日々を想像して、わかるわかる・・・。

生き物を飼うことの意味を、お孫さんたちは身近に学んでいますね。
Commented by tamayam2 at 2016-06-29 11:59
卵が産まれても、大きさによって容器を分ける必要があるって、今回初めて知りました。Babyメダカが泳いでいるのは、スパゲッティをゆだるための琺瑯鍋です。もう使わなくなったので、庭に下ろしました。鍋でも、いいメダカ用容器になります(笑)もう一つの容器は、母が漬物に使っていた、同じく琺瑯製の桶です。昔の琺瑯製は、丈夫で長持ち。なんでも廃物利用です。
Commented at 2016-07-01 00:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamui at 2016-07-01 07:06
ねこに点滴!家族総出で(^^♪猫ちゃんも幸せであまり苦痛じゃないでしょうね 今もモカと体操したところです
Commented by tamayam2 at 2016-07-02 10:11
♡  cimarronさん、
人間が2人で、ペットが5匹、それぞれ高齢で、病と闘いながら、生きていくのは、大変ですが、それぞれの段階で、生きる喜びを確認することでもありますね。その時は、大変ですが、
みんな来た道、いずれ自分も行く道
と思えば、なんとなく納得できます。人それぞれに、生き方も違えば、死ぬるときの状況も違いますね。同じじゃないのね。
Commented by tamayam2 at 2016-07-02 10:13
♡ aamuiさん、
そう、ネコも長く一緒にいると本当に
家族ですね~ いっしょにいられるだけで、幸せね。あなたモカと体操するのですか?いいね~
Commented by 通りすがり at 2016-07-03 21:22 x
カゲロウではなく、羽化したばかりのキイトトンボCeriagrion melanurumのオスです。

三年前に死んだ猫は、毎日注射で水分補給でした。
点滴の方が負担が少ないでしょうけど、時間がかかるんで…(^_^;)
Commented by tamayam2 at 2016-07-04 05:15
♡ 通りすがりのお方、
まぁ!キイトトンボですか!?
教えていただき、本当にありがとうございました。コイツがよく来ます。
今度は、もっとちゃんと写真を撮ります。実は、幼児用池は、ホウロウのスパゲッティをゆでる鍋なのですが、こんな小さな水辺にもトンボが来てくれるなんて、大変幸せです。
お宅もネコちゃんもそうやって介護されて天国に逝ったのですね。
ネコの最期も楽ではありません。
どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。
<< 【779】東京点描・6月から7月へ 【777】カメムシは面白い、む... >>