【773】5月のロサンゼルス訪問

もう六月、つまり一年の半分が過ぎてしまった!
そして、もう6月の半ば! ずっとBlogをさぼってきてしまった。反省、反省。

でも、過去の写真、過去のFacebookの記事をピックアップして書いてみます。

5月の大きな出来事というと、5月13日~23日まで、アメリカの娘の家に出かけて
おりました。始めの計画では、ロサンゼルスの娘の家から、北上してシアトルの叔母も
訪問する予定でした。叔母は95歳で一人暮らしをしているので、この訪問をとても
楽しみにしておりました。しかし、私の訪問を待たず叔母は5月2日に逝去。
c0128628_15313580.jpg

従妹たちの特別な計らいで葬儀を15日に延長してくれましたので、
葬儀には、出席することができました。
ロサンゼルスからシアトルまでは、飛行機で、2時間ほどかかります。
久しぶりの親戚との再会が、悲しい旅になってしまったのですが、
従妹たち全員に会えたし、それはそれで和やかな再会が果たせました。
同行した主人は、もう81歳ですので、長いフライトは今後はなかなか
難しいでしょう。
c0128628_15315917.jpg

娘のロサンゼルスの家では、孫9歳と7歳の女の子の学校生活のスケジュール
に合わせてけっこう忙しくすごしました。でも、その合間に近所を散歩したり、
料理を楽しんだりできましたので、充実した10日間と言えるでしょう。
c0128628_15322933.jpg

いろいろ話したいことはたくさんあるのですが、私の趣味の自然観察
を中心に話しましょう。一番うれしかったのは、庭にいろいろな野鳥が
来ること。その中のハチドリという小型の鳥がとても気に入ってしまいました。
ハチドリTrochilidae 【ハチドリ科】
ハチドリは、北米の南西部、中南米に生息するとても小さい鳥。
長いくちばしで花の蜜を吸い、素早く移動する。蜂のようにぶんぶんと
音を立てるので、英語ではhumming birdと呼ばれる。Humは、ぶんぶんと飛ぶ
蜂の羽音。どのぐらい小さいかというと、長さ3,4㎝でしょうか。宙に浮くように飛んで
いるので、撮影は至難の業です。やや姿が見えるものから、バッチり写って
いるものまで載せてみます。私がどんなに興奮して撮影したかご想像くださいませね。
c0128628_15331452.jpg

また、植物についていうと、カンガルー・ポーというのが町でも
娘の家でもよく見られました。kangaroo paw【Haemodorum科】
c0128628_15333494.jpg

カンガルーという獣は、お腹の中に子供を入れて移動する南半球の動物です。
カンガルーの脚は、骨ばっていて、細く、どこまでも駆けて行けそうな頑健な
足。その脚を実際に触ったことはないのですが、たしかに薄い毛でおおわれた
硬い茎を見ていると、なかなか適切な命名だなぁ~と感心してしまいました。
c0128628_15342486.jpg

この植物がロサンジェルスの町の植え込みの中や個人のお宅の前庭など、
どこにでもよく見られました。赤、黄、ピンクなど多彩。
c0128628_15344657.jpg

星のような花が見られたのも私としてはとても幸せでした。

[PR]
by tamayam2 | 2016-06-13 15:35 | たび | Comments(8)
Commented by nick-3 at 2016-06-13 16:12
悲しい出来事と楽しい出来事と、両方あったんですね。
娘さんはロスのどの辺りにお住まいでしょうか?
差しさわりのない範囲で書いてもらえると、知ってる場所なら
思い出すことが出来ます・・・
って言っても、最後にロスに行ってから、30年は経ちますけど。
ロスにもハチドリが居るのですね、見たことなかったです。
見たのはカナダのレイクルイーズの湖畔で一度だけ、確かに
撮影は難しいですね。
Commented by tamayam2 at 2016-06-13 16:39
♡ Nickさん、お久しぶりでした!
エシャロットさんから時々情報をいただいています。
きれいな棚田のお写真を見せていただきありがとうございました。そちらにコメント書きました。
ハチドリは撮影は難しいのですが、
毎朝やってくるので、とても楽しみでした。ソラマメ、このカンガルーポーの花が好きみたいでした。蜜をすったらすぐ移動するせわしない奴です。(笑)
Commented by BBpinevalley at 2016-06-13 19:23
こんばんは。
カンガルーポォというのですね、あの植物は。
カリフォルニアではおなじみで、サンフランシスコにも多いです。
ハミングバードも、暖かい時期には毎日のように来ますよね。
かわいい鳥ですが、とても強い鳥だと聞きます。
あの小さな体で、とてつもない距離を渡るのだそうですね。
雄はカラフルできれいですよね。
Commented by ふく at 2016-06-14 09:06 x
花の形がポーなのね。
ひさーしぶりに英和辞書ひいてしまいました。
お帰りなさい。
また楽しい写真とお話期待しています。
Commented by tamayam2 at 2016-06-15 13:33
♡ BBpinevalleyさん、
お宅の農場経営も順調に行っているようですね。楽しみですね~ 自然を相手にするお仕事は、際限なく続きますが、きっと年を取らないと思います。
いつもワクワクするような驚きとよろこびがあるから。日本でも隠退された方が菜園などなさいますと、本当に健康になられます。NZ時代にたくさんのカンガルーポーを見ました。南半球の植物は、いつもwonderに満ちていました。
その時は、仕事が忙しく、植物の写真を撮る暇はありませんでした。今度、ゆっくりNZに遊びに行きたいです。
Commented by tamayam2 at 2016-06-15 13:38
♡ ふくさん、
そうです!獣の脚を指す言葉ですね。
人と動物では名詞が変わることがありますよね。日光から帰ってから、すぐアメリカ、その後の教会の集会の主催者をしていたりしたので、Blogまで手が回りませんでした。
私は外国に行っても生き物や自然にばかり目が行ってしまいます(笑)
何を食べた、何を買ったというのにはもう関心がなくなっちゃたのね~
Commented by weloveai at 2016-06-15 23:03
 こちらの掲載を読み落としてました。
5月にお出かけだしたか、おかしなコメントになってしまいました。すみません。
Commented by tamayam2 at 2016-06-17 13:55
♡  weloveaiさん、
いいえ、どういたしまして。
あなたのBlogにあるパプリカの保存食を作ってみたくて、大きいものを買ったまいりました。うまくいくかなぁ~??
<< 【774 】孫たちとの生活 【772】府立京都植物園にて >>