【770】昆虫好きの虫がうごく

Facebookにかまけているうち、連休も最終日を迎えました。
教会のお役で、「長老」というのをやっていますので、(たしかに老人ですが)
年度末、年度始めは何かと書類の整理が忙しかったです。
連休は、ただただパソコンに向かって書類の整理をしていました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
c0128628_943683.jpg

親戚が熊本におり、被災して、娘の住む岐阜県に避難してきました。
聞きしにまさる被害で、こちらも心痛みました。
早く余震が収まるように祈るはかりです。
被災してすぐ娘のところに保存食料を送りました。やはり、助かったようです。
その後、何はともあれ「薄いものが一番」という亡母の言葉を思い出し、現金を
送りました。これが今一番ありがたいのではないでしょうか。
今後も様子をみてこの方針で行く予定です。

例によってFacebookに出したものの中から。
①池袋のお教室へ向かう小道で、アゲハが数頭バタバタと群れて
 いました。あれれ…と目を丸くして見ておりますと、全部で
 6頭、束になって地面近くを飛んでいました。
c0128628_942253.jpg

 一体、何があったのでしょう??
 今日はなんだか幸先よいなぁ~と思いました。
②お教室の帰りに、朝そんなことがあったので、もしや、チョウが出ているかも
 しれないと思って、また、小石川植物園に立ち寄ってみました。
 一週間前に出かけたばかりですのに、やはり、自然は変化していました。
c0128628_9434196.jpg

 赤いキリシマツツジがきれいに咲いている小道を歩いていきますと、
 ピンとくるものがありました。黒いものがちらちらしています(!!)
 チョウを待つときは、自分を回りの景色に同化させて、じっと
 固まって待つのみです。その時の祈るような気持が通じたのか、
 黒いものがすぅ~と私の目の前のツツジに止まりました。
 何枚か撮ったのですが、こちらがうろたえて、よいものはこれ一枚!
c0128628_944854.jpg

 カラスアゲハ(Ppilio  dehaanii)
③これは、また別の日。野川のほとりに出かけて行ったときのこと。
c0128628_9444824.jpg

c0128628_9451483.jpg

 ビロードツリアブというのが見たいなぁ~と思っていたら、目の前に
 アブが静止したまま飛んでいます。その撮影は、非常に難しくあきらめました。
 これは、ビロードツリアブがどうかわかりませんが、針をもっていそうなので、
 撮影しました。
スジグロシロチョウ(Pieris  melete)
c0128628_946148.jpg

 コンロン草という初見の花にも スジグロシロチョウが!この日一番たくさん見たチョウです。
 キイチゴの種類、いろいろありますが、いま、野川のあたりは
 このクサイチゴの天下!秋に実がなるのが楽しみです。
c0128628_94630100.jpg


by tamayam2 | 2016-05-05 09:48 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented by ふく at 2016-05-05 11:14 x
地を這うアゲハ
なにがあったのでしょうね、ほんとに。
さすがにぼんやりの私にも
活発な初夏の自然の動きが感じられます。
テレビで見るのとは違うものを探しに
花の木公園にいってみます。
昔の谷津遊園地入り口です。
Commented by tamayam2 at 2016-05-05 11:43
♡ ふくさん、
谷津遊園というのにもう何十年も行っていないなぁ~ どんな公園にも花があれば、チョウはきますよ。園芸種の花ではなく、樹のめだたない花などにチョウが集まってきます。いい匂いに誘われて。遺伝子組み換えの園芸種には、アブラムシも来ないわよ~
Commented by smallcreature at 2016-05-05 20:16
蝶のオスがアンモニアに集まるという話をきいたことがあります。
もしかして?
③はビロウドツリアブです。
かわいいですよね♪
Commented by 通りすがり at 2016-05-05 20:33 x
路面が濡れている様なので、何らかのミネラル補給に来たんでしょうね。
ナミアゲハは時折こうして濡れた地面で何かを吸っているのを見掛けますが、集団とは珍しい。

カラスアゲハは日本で一番美しいアゲハと言う人も居るアゲハですから、狼狽える気持ちは分かります(笑)
落ち着いてはくれませんし、焦っちゃいますよね。
それにしても、赤い花で黒いアゲハを待つとは流石ですね。

可愛らしい毛玉は勿論、ビロードツリアブです。
春にしか見られないんで、1匹目を見るまでは早く見たくてそわそわします(笑)

スジグロシロチョウは涼しいところを好むんで、そこで繁殖してるんでしょうね。
春のものはそれほど大きくありませんが、これから何世代かすると大きくて優雅に舞う姿が見られるでしょうね。
Commented by tamayam2 at 2016-05-06 08:51
♡  smallcreatureさん、
春になると、虫が見たくて、そわそわしていまうのは、どうしてなんでしょうね。野原に行けば、なにかしら新しい発見があるし…。やめられまっしぇん。きっと、だれかがオシッコしたんでしょうね。なぜ、その場所に群がるのか不思議でした。地面がそれとなく濡れていましたし…
ビロードツリアブは本で知ってはいましたが、本物を見たことがなかったのです!よかった!
Commented by tamayam2 at 2016-05-06 08:59
♡ 通りすがりのおじさま!
small creatureさんとおそろいで、ようこそ、ようこそ!
春さきの野山は、見逃せませんね~
でも、名前がわからないと、いつまでも喉にモノがつかえたような気分。
お二人に見ていただくとほっとします。私は、ほどんどをWIKIで調べて書いていますが、ちゃんとした図鑑もあまり持っていないのです。
通りすがりさまは、長野県の農場で長く暮らしておられるから、どんな虫でも生態をよく知っておられますね。いいなぁ~
東京に住んでいる私には、なかなか他所にはいけませんが、都内でもなるべく穴場を見つけようと努力しています。きれいに整備されすぎた公園はダメです。予算がなくて少し荒れているようなところが一番いい環境ですね。(笑)
Commented by ikutoissyo at 2016-05-11 10:45
自分を周りの景色に同化させてじっと待つ・・・、せっかちな私には難しい業です。
蝶を撮りたいなら、まず修業が大事ですね。笑

Commented by tamayam2 at 2016-05-12 13:51
♡  ikutoissyoさん、
まるで忍者みたいでしょう?
変なおばさんが、木陰にじっと身をひそめている光景は、とても怪しい。
ふふふ
<< 【771】牧野植物園を訪ねて 【769】熊本地方の大震災 >>