【767】四月、春近し

各地で桜だよりが聞かれ、どこそこのサクラはどんな様子
だったという報告がFacebookでよく聞かれる話題。
私は、3月末からの風邪がぐずついていて、なかなか外出する
気分になれずにいた。

過去のサクラの話。2009年に当時ワシントンD.C.の
娘の家を訪問したとき。2番目の孫娘が生まれたので、
顔を見に出かけた。以下、Facebookより・・・
c0128628_13115280.jpg

①アメリカ在住の娘は、植物のことに特に関心のない
フツーの人。なのに、私が「このサクラ、何の種類かなぁ?」と聞いたら、
即座に「Kwangzan!」と答えた。
サクラには、いろいろな種類があるが、日本では圧倒的に染井吉野が多い。
Kwanzanは関山というサクラの種類。
上の写真のように、やや濃い色の八重の花が咲く。
 私が驚いたのは、彼女が「かんざん」と発音したのではなく
「くゎんざん」と発音したこと。
確かに昔、「関」という字は、「くゎん」と発音した。
観音とか、完成とか…明治、大正時代の発音なのだ。

今は、ワシトンはサクラの名所となっているが、それは
1912年(明治45年=大正元年)日米友好のしるしとして、
日本がサクラの苗を贈ったのが始まり。
米国人から「アケボノ」とか「フゲンゾウ」とか
サクラの種類を教えられると、不思議な気持ちになる。
c0128628_1343553.jpg

②当時の写真を検索していたら、野鳥の写真が見つかった。
c0128628_13123610.jpg

アメリカで最もありふれた、どこにでもいる鳥は、
アメリカン・ロビン Turdus migratorius 【ツグミ科】
ヒヨドリぐらいの大きさ。でも、日本では見たことがない。
日本にもいるのかしら?和名:コマツグミ 

c0128628_1352465.jpg

ヨーロッパには、European Robinという小型の鳥がいる。(上の写真)
よくクリスマスカードなどに描かれていて、かわいがられている。

今年になって、身の周りの小鳥たちも私の関心の対象になってきた。
「身近に見られる野鳥は、たった(!)100種ぐらいだから、覚えなさい」、と
友人に言われたので、頑張っているが、なかなか・・・

③先日、目黒区の自然教育園を定点観測しておられるTさんから、
お誘いを受けたので、開園に間に合うように出かけた。
9時10分前なのに、すでに10人ばかりの方が、カメラを手に
待っていらっしゃった。Facebookの写真で見て知っているから、
すぐTさんのことがわかった。
その他、「常連さん」というお仲間も何人か。
みなさんにご挨拶して入園。

お話によると、①花専門  ②鳥専門  ③蝶専門  ④特殊機材での
撮影専門などなどいろいろな方がいらっしゃるらしい。みな、適当な距離を保ちつつ、
出会えば、互いに声を掛け合う。そういう距離の保ち方がなかなか爽やかだった。
c0128628_13172980.jpg

③歩き始めて5分も行かないうちに、茶色のシジミ蝶を見つけた。
私にとって、今年初めての蝶! 心が躍った!
ムラサキシジミArhopala japonica
地面近くの葉の上で吸水。私がその辺りの植物に見とれていたら、
Tさんが「ほら、こっち見て!」と呼ぶ。
開翅して角度が変わったら、茶色と思っていた翅が、
な、なんと金属のようなコバルト色に光っているではないか!
c0128628_13174985.jpg

「構造色」といって、光線や見る角度によって、色が変化する。
じゃぼん玉の色、CDの表面の虹色・・・光の色なのだ。
のっけから、楽しい発見があり、こころ豊かな半日を過ごすことが
できた。

[PR]
by tamayam2 | 2016-04-07 13:08 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by ふく at 2016-04-08 13:59 x
ニューヨークの桜を見てきました。
29日空港からタクシーに乗ってはあまり
見かけなかったのに滞在中に急に
咲き始めてきれいでした。
寒かったようで帰国してもまだ見られて
ラッキーでした。
Commented at 2016-04-08 22:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2016-04-09 19:30
♡ ふくさん、
よかったですね!NYのサクラもきれいだったでしょう。娘さん、ご主人といっしょでしたか?また、ゆっくり聞かせてね。
Commented by tamayam2 at 2016-04-09 19:35
♡ cimarronさん、
そちらは、まだ雪が降る日もあるのね~アメリカは、東と西では大違いだからね~。白頭鷲がウサギを食べちゃうなんて、まぁ!弱肉強食の世界ですね。自然は、厳しいですね。
Snow drop、きれいでしょうね。アメリカの早春の野草が一番すきです。お元気で!!Johnによろしく。
<< 【768】蝶の季節到来! 【766】受難週によせて >>