【762】二月に突入!

暮れから正月にかけて、高揚したふんいきが少しずつ
落ち着いてきたころ、はっと気づけば、もう二月!
私も「びっこ」(差別用語?)ながら、歩けるように
なり、何とかフツーの日常生活を送っております。
長く歩くと足に負担がかかるのか、疲れますので、
ぼちぼちと出かけております。
c0128628_649252.jpg

1月に小田原で、ウメの花を見ました。
ウメは、古典では「むめ」と書かれました。
c0128628_6492662.jpg

日本人は、「う」の前に口を結んで、mmeまたは、
ngmeと発音していたらしいです。中国語でも「メー」と
いうような発音ですからね。
このことをfacebookに書きましたら、いろいろな反応が
ありました。(すばやい反応が返ってくるところがSNSの良い点です)
c0128628_650325.jpg

若い方で、何かおいしいものを食べたら、「うんまい」、とか
「うんめぇ~」とか、表記なさる方がいて、それがなかなか感じが
出ているので、mmai, mmeeは、ウメの表記と似ていると
コメントしました。そうしましたら、また、ある方が、
津軽弁では、おいしいことを、「め~」
おいしくないことを、「めぐね~」というと教えてくださいました。
ほほう!方言って、いいなぁ~、感じが出てるなぁ~と感動しました。
c0128628_6504539.jpg

放送禁止用語で、「びっこ」を禁止したり、つまらないことです。
他人に言うことはまずいのでしょうが、自分に言うのは、かまわない
でしょう。「片ちんば」で歩きますと、確かに、「びっこ」というのが
ぴったりの感じなのですよ。こういうのを、生きた言葉だというのです。
c0128628_65153.jpg

さて、もう一つfacebookで反応がおもしろかった言葉の話題。
私が小学校6年生のとき、私立中学を受験しました。
今から、ウン十年も前の話です。
面接官から、家族のことについて話すように言われ、
話し終わりますと、
面接官「で、ご家族は、ごよったり?」
私「ん? 家族は、4人です!」
なんだか、珍問答ですね。12歳の私は、「ごよったり」の
意味は理解したらしいですが、なんだか、自分の語彙では
ないと感じて言い直したらしいのです。
「この時点で、一般的ではない言葉だったのですから、今じゃ、
おそらく死語でしょうね」とfacebookに書いたのです。
おひとり、おふたり、おさんにん、ごよったり・・・
こういう数え方。

c0128628_6521232.jpg

相当の年代の方も、初めて聞く言葉だ、とおっしゃいました。
また、ある方は、聞いたことがあるが、使ったことはない、と。

ある方のおばあ様は、よく、ノートのことを「帳面」に書きなさい、
と言われたが、意味がわからなかったとか。
昔の方は、「何人?」という代わりに、「いくたり(幾たり)?」と
おっしゃったとか。言葉を巡って豊かな会話が展開し、楽しかったです。

私は、あまりTVを見ませんが、NHKの朝のニュース番組でさえ、
番組のスタッフどうしが、くつろいだ調子で話している場面の
意味がわからなくて、なぜ笑っているのだろう??と訝しく
思うことがしばしばです。タレントや芸能人の話題にうといこと
もありまして、本当に意味不明の言葉が増えてきています。
そろそろボケの兆候が始まったのかと、心配になることも
ありますが、やはり、現代語にうといのでしょう。
c0128628_6533779.jpg

やはり、語彙の変化は急速に進行しているように思えます。
Blogやfacebookで、自由にいろいろ発言できることは
よいことですが、基本になる言葉がガタガタ揺れて、これから
どうやって、意思疎通を図ればよいのか、ちょっと心配でも
あります。

by tamayam2 | 2016-02-02 06:55 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by ふく at 2016-02-02 09:16 x
よったりに「ご」がつくと??
12才には無理だったかもね。
そろそろ歩きがお外にも出られるようになると
読む方も楽しみが増えます。まずはめでたい。

むめはさいたかと唄うように言われてますよ。
発音は「ンめ」かな。
Commented by namiheiii at 2016-02-02 09:54
>そろそろボケの兆候が始まったのかと・・・、私もフォロー出来ないことがあるとそう感じることがあります。SNSなどおやりになるとそんなことも増えるでしょうね。でも万葉の時代の言葉が分からないように言葉は次第に変わって行くものなのかもしれません。
Commented by tamayam2 at 2016-02-02 19:59
♡ ふくさん、
ふくさんは、お三味線をなさるのでした。三味線で歌うときには、
「むめ」(梅)は生きているのですね!うれしいわ~
n音、鼻音は結構美しい響きです。格助詞の「が」は鼻音
で発音するように言われたものです。わたしが~の「が」
です。語頭の「が」(たとえば学校)は鼻音でないga,
語中のga「が」(たとえば小学校)は鼻音でと習ったのですが、
この頃は、鼻音は、消えました!!言葉は変化していくものですね。
Commented by tamayam2 at 2016-02-02 20:05
♡  namiheiii先生、ごぶさたしております。
寒い冬、早く春が来てほしいですね。
私は、若い人の言葉も関心がありますが、この頃は、
だんだん息切れしれします。SNSで、あまりあけすけな
表現を耳にすると・・・オイ、オイ、意味はわかるけど…
そういう言い方は、ナイよね~、と突っ込みたくなります。
>言葉は次第に変わって行くもの・・・そうなんですね。
その時代時代に心地よい表現があるのでしょう。
このごろ、私の植物趣味は、実は植物の命名法に関心がある
らしいことがわかりました。植物本来の興味というより。。。
私の趣味は、言葉だったと思いっております。先生、お元気で!!

Commented by aamui at 2016-02-03 21:46
今晩は 私はお手伝いさんと言うのがいやですね びっこでも歩ける いいね~~
Commented by tamayam2 at 2016-02-04 10:11
♡  aamuiさん、
お手伝いさん、を始め言い換えたところで、実質は変わらず、
却って失礼な表現も見られますね。私は、自分のことを
言うときには、自由に縛りがない表現をしたいです。
そうそう、びっこでも歩けることは幸せ!!
Commented by 通りすがり at 2016-02-04 11:52 x
回復してきている様で何よりですが、「びっこ」の間はあちこちに負担が掛かるので、あまり無理をなさらぬよう。
しかし、「びっこ」も駄目なんですか…
怪我をしたネコに普通に使ってますよ。と言うか、人間同士でも使ってますが。
あ、周りも古い人間しか居ないからか(笑)

学校では鼻音のが行を習いましたし、ら抜きやさ入れ言葉、○○になりますみたいなおかしな日本語に違和感を覚えますが、今更無くならないでしょうねえ。
民放やNHK地方局のアナウンサーの言葉遣いには突っ込みどころ満載ですが、あれが現代語標準と思うには抵抗があります。

「ごよったり」、「いくたり」は初めて知りました。
一人、二人をひとり、ふたりと読むんだから、四人、幾人はよったり、いくたりは納得です。
最近は○名様と言われることが多く、3人以上では確実に○名様と言われますね。
確実にひとりを使う場面は、「お一人様一点限り」くらいでしょうか?(笑)
Commented by ふく at 2016-02-05 14:29 x
<訂正>
あっしは三味線はやりやせん。
師匠に弾いていただいてたどたどしく
唄うだけです。
Commented by ikutoissyo at 2016-02-06 17:06
可なり回復されたご様子に、ほっとしました。
何たって、人は歩けることが最上級の幸せです。

言葉は難しいです。
先日、福井出身の介護士さんが、勤務先の北海道のホームで「はよしね」と言って虐待だと訴えられた、とニュースで知りました。
「早くしなさい」を、福井弁では「はよしね」と言っていたことを思い出しました。
故郷を離れて60年にもなりますので、「はよしね」が現在でもつかわれているのかどうかわかりませんが
介護士さんはきっと年配者だったのでしょう。

流行り言葉を嫌っていても、いつの間にか使っている自分に気が付くことがあります。
Commented by tamayam2 at 2016-02-07 20:41
♡ 通りすがりのおじさま、
久しぶりですね~ そろそろリンゴは終わりましたか?
私は、リンゴをたくさん食べたお蔭で元気になりました。
ありがとうございした。庭に来るメジロにもやりましたが、
このごろは、来なくなりました。春近し??
日本語は、自由に使いたいですね。差別用語とか、放送禁止用語とか
しばりを作るのはおかしいです。誰に対する敬意なんでしょうかね(笑)
そう、「お一人様、一点限り」・・・そういう商業の場面でかろうじて
お一人さま、お二人さま、お三人さまが生き残ったのでしょう。
ごよったり様は、生き残れなかったのでしょうね。ふふふ
また、一生独身で暮らす女性は、自分のことを自嘲気味に私、「おひとり様」
だから~などと自分に敬語をつかっちゃったりしていますね。
その品物、お持ち帰りにするわ~ というのも自分に敬語を使ってどうずる??
って問いたくなりますが、もう市民権を得てしまっていますね。
やれやれ。春になれば、昆虫が動き出す。楽しみですね。また
昆虫のこと、しっかり教えてくださいね。
Commented by tamayam2 at 2016-02-07 20:44
♡ ふくさん、
ご謙遜を。私から見れば、ああいう古典的な楽器を
さわったり、それに合わせて歌ったりできる人は、
神様のようなヒトですよ。楽譜がないなんて、信じ
られません。見て、聞いて覚えるのですね。偉いわ~
5月の旅行、K.Tamamiさんも行きたいって言って
おられました。いいですね。
Commented by tamayam2 at 2016-02-07 20:54
♡  ikutoissyoさん、
ほほう!福井県の方言のお話ね。私、興味深いです。
「早よしね」は、老人ホームで使う場合誤解を生む
でしょうね。使う環境が悪かったと言うべきです。
「早よしね」=「早くしなさいよ」だったのね~
よく知れば、笑い話ですが、特殊な現場では、
笑い話では済まないのね~ やれやれ。
私の叔父は、九州育ちですが、私の子供のころ、
「さ、子供ははよ寝ろう」寝なさい=寝ろう なんですよ。
ずいぶん乱暴な言い方だなぁ~と思っていました。
私は、寝ろ!と叱られているのかと思いっていました。
方言は人間くさくっていいですねえ。
<< 【763】三月に突入! 【761】まぎわらしい命名 >>