【757】過去の写真 その1

現在、松葉杖で、外出できないので、昔の写真の整理など
している。みな様は、どうやって、写真の整理をなさって
おられるのでしょう。
どんどん溜まる写真・・・どんどん溜まるBlogの記事。
c0128628_11101934.jpg

Blogの記事は、2009年~2010年の分をとりあえず
ExciteのMybooksの製本システムでまとめた。
年末の忙しいときに、歩行が不自由になって・・・
悔やむ気持ちもあるが、ま、こういう豊かな時を与えられ、
整理ができる幸せを感謝しようと思っている。

さて、Face Bookに掲載した過去の写真であるが、
ちょうど10年前、2005年10月末に訪れたルクセンブルグの
思い出を書いておこう。
c0128628_11111970.jpg

ルクセンブルグは、フランス、ドイツ、ベルギーの主要都市
から特急に乗れば1時間ほど。面積こそ小さい国であるが、
欧州の「へそ」のような大事な国。
c0128628_11122439.jpg

私は、当時ドイツ、ケルンに住んでいたので、一人で訪れた。
黄葉がきれいな時期で、町の中心の国旗掲揚場から下を見下ろすと、
下にも美しい町が広がっていることがわかった。
翌朝、下の町のほうへ、だらだら坂を下って行くと、
上の威風堂々とした町とは別の中世の趣のある町が広がっていて、
興味深かった。あちこち撮影して、さて、帰ろうと思うのだが、
上の町に登る道が見当たらない。来た道を戻ればよいと思うのだが、
それが見当たらない。まるで迷路に迷いこんでしまった
ようで、あわてた。
c0128628_11115351.jpg

上の町は、すぐ目の前に見えているのに、そこへ行く道が
見当たらないなんて! それが、要塞都市の特徴。
何とか、人に尋ね尋ねて道を教えてもらって上の町の
中心地に戻ったのは、午後3時に近かった。
c0128628_11153783.jpg

2013年3月に、この国の大司教になられたオロリッシュ神父様と
上智大学の人たちと再訪したときには、なぁ~んだ!?!
迷った地点のすぐそばに上の町に登るエレベータがあったのだ。
当時もあったと思うのだが、そんなものがあるのさえ知らなかった。
欧州のいろいろな町を訪問したが、こんなに迷いに迷った町は、
初めて。よい経験をした。要塞都市、恐るべし。
(冒頭の写真)
下の町へ行く道で見た紅葉の美しい樹。ドイツ人に聞いたら、
Sumacと教えられた。Sumacとはウルシのこと。
後から、Rhus typhina、アメリカハゼノキまたは、
ニオイウルシ(ウルシ科)とわかった。
c0128628_1195827.jpg

それから、10年後、この樹の花をフランス、Bourgesの
川のほとりで見ることになる。ご一緒にいたエシャロットさんと
何の樹かしら、と疑問に思って写真に撮った。
秋には、この樹も真っ赤に染まったことだろう。
c0128628_11131022.jpg

フランスでは、いろいろなものを撮影したが、世界遺産の
大聖堂の天文時計がおもしろかった。
プラハやベルンで見た面白い天文時計。
どうやって暦を知るのか分からないのだが、上の時計は、
ちゃんとその時の時刻を示していたので、正しく作動して
いると思われる。
c0128628_11142151.jpg

この夏訪れたボルドーの大聖堂で見た古い時計パイプオルガン。
c0128628_11145945.jpg

オルガンの左下に赤いシャツの人が見える。人のサイズから見て
このオルガンの大きさがわかるかもしれない。
大聖堂のステンドグラスも建物も面白いのだが、私は、
こうした教会の古い備品に心惹かれる。

by tamayam2 | 2015-11-26 11:16 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented by echaloterre at 2015-11-27 02:43
カテドラルの天文時計の下の部分は、かなり複雑なことを表してるようですよ。
月の満ち欠けの周期のこと、太陽の高さ、星座のことが読み取れるらしいです。
1424年にこの時計が作られたそうで、昔の人は観察力が素晴らしかったんだろうなと想像します。
もう、12月になりますね。時が経つのが早いです。
天文時計を使っていた時代は、時が経つのがもっとゆっくりに感じられたでしょうね。
足の具合はどうですか。寒くなってくるでしょうから、どうぞ大事にしてくださいね。(*‘∀‘)
Commented by tamayam2 at 2015-11-27 07:08
♡  echaloterreさん、
1424年とは!? コンピュータもテレビも無い時代、人々は、
自然をしっかり観察し、経験と照らし合わせ、考えていたのですね。
骨折から約一月、通院以外まったく外出しませんが、幸い
PCの前に座ることができるので、いろいろな書類の整理を
しています。Windows10にもUp-gradeしないと・・・
echaloterreさんのPCはいかが?

冬なので、ポトフとか、鍋物などがおいしいので、この頃は、
食事は、One Potで済ませています。へへへ
echaloterreさん、おいしいレシピありませんか?
Commented by ふく at 2015-11-27 22:17 x
いつかあなたのブログで拝見したじょうよ(常夜?)なべ
なんかいいですね。我が家ではいろとりどり何でも入れたがる人が
いるのでほうれん草と豚肉だけとかいうシンプルさに感動したのに
まだ試していません。
厚手の鉄鍋に肉も野菜も一緒に入れてふたをして蒸し焼きというのが
最近の定番になっています。
底がでこぼこでさんまを煙少なめに焼けるという触れ込みで
確かにきれいに焼けましたがどうも肉けのものが好まれています。
こんな時の蔵出しお写真が目に楽しいです。ぼちぼちしてくださいね。

Commented by tamayam2 at 2015-11-28 07:20
♡ ふくさん、
いよいよ11月も終わります。一月、外出せず、家の中で
過ごしました。料理も一本足でするので、休み、休み。
一つの鍋でする料理は、いいですね。あなたのおっしゃる
鉄鍋の蒸し焼きというのもよさそう~
常夜鍋。。。いいですね~ 豚の薄切りとホウレンソウだけ
です。薬味は大根おろしとポン酢です。やってみよう!
11月、12月は主婦は忙しいのに、私は、なぁんにもできず、
もう、こうなったら、毒喰わば皿まで・・・と開きなおって
おります。29日BSプレミアム夜10時から、高山チョウを愛した
登山家、田淵行男の放送があります。TVをしっかり見るように
なったのも最近のことです。
Commented by ikutoissyo at 2015-11-29 11:21
松葉杖も1ヶ月ともなると、お上手になられましたでしょう。
不謹慎なことを申してすみません。2週間ほどの経験者ですから。

この時期に、紅葉以外の写真を拝見できるのは、実に新鮮でありがたいです。
・・・という私も紅葉を追い求めていますが・・・
蜘蛛の巣、良いですね。
パオプオルガンの大きさにびっくりしています。
さぞや良い音が、聖堂の中に響き渡るのでしょう。

今夜ですね。好青年の平岳大さんが主役なので、楽しみにしていました。

常夜鍋は、献立に困った時の救いの神です。
20年ほど前に、友人から教わったのは牛肉でした。どちらも美味しいです。
Commented by tamayam2 at 2015-11-30 07:14
♡  ikutoissyoさん、
ほんと、松葉杖、始めは慣れずに往生しましたが、今は、
これが一番信頼できる伴侶という感じです(笑)。
やっとギプスがとれましたが、まだリハビリが重要だそうです。
使わなかった足の筋力を回復したり・・・忍耐、忍耐です。
昔の写真を掘り返して、記事を書いていますが、
病院以外家から一歩も出られませんので・・・しかし、過去を
振り返るいい時間になっています(ふふふ)ボツにした写真を
見ては、新たな発見をしたり。田淵行雄のTVを見ました。
ドラマ仕立てより、ドキュメントに徹したほうがよかったと
思いました。明治の男性は、妻にやさしくないですね。
奥様の苦労がしのばれました。
福岡先生の登場はよかったです。彼は昆虫好きの生物学者
なので、彼の発言は、面白かったです。
Commented at 2015-11-30 14:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2015-11-30 15:18
♡  cimarronさん、
長い冬の始まり・・・そう、お宅のほうは、もう本格的な寒さでしょう。
お元気でね。私、こん回、足を骨折したので、外出はできず、クリスマス
ショッピングは無理そうです。なんとか、カードだけは用意しようと
思っています。(こんな日も来るのねえ~)Castも取れましたので、あとは
リハビリです。右の足と左の足のサイズがちがい腫れています。根気よく
直します。。。。お宅の方のFree WayにSumacが植わっているのですね。
きっと排気ガスなどに強い植物なのでしょう。ウチの庭は、私がまったく
手を出せない状態なので、枯れれば枯れろ・・・と放置してあります。
ご飯を作ってもらって、買い物をしてもらって、その上、庭仕事まで
やって・・・とは言えないので。植物に関心の無い人は、植物が枯れても
何とも感じないみたいです・・・・人それぞれですからあきらめております(笑)
<< 【758】過去の写真 その2 【756】療養中の経験 >>