【756】療養中の経験

Face Bookにも書いた話なのだが・・・
日本では、めくら、おし、つんぼ、ちんば・・・等が差別用語の指定を
されたとかで、「いざる」(躄る)という動詞も差別用語となったそうだ。
c0128628_18575131.jpg

名詞の「いざり」という「物乞い」も見ることが少なくなったし、
これらの言葉は死語になったようだ。
c0128628_18581228.jpg

デュランタの実
c0128628_18583499.jpg

デュランタの樹で。ツマグロヒョウモンの交尾。

骨折から1週間目の診察日。
再度レントゲンをとって、骨がくっついていることを確認した。
あ~よかった!あと何週間かの辛抱、と私の心は明るくなった。
30代と思しき整形外科医との会話。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
医師:いかがですか?
私:松葉杖もなんとか使えるようになりましたが、段差のあるところは、
  「いざれば」なんとか移動できます。
医師: ???
私: (ジェスチャーで示す)
医師: あ~、「這い這い」ですね~!
私: (そうですが、私、赤ちゃんじゃないんで・・・「這い這い」は使いにくし。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼は、本当に「いざる」という動詞を知らないようだった。
c0128628_1859248.jpg

この投稿には、FaceBookでは、あまり反応がなかった。元々この語彙を
知らない人が多いのだから、意味がわからないらしい。
c0128628_18594889.jpg

その後、言語の専門家からコメントがあり、
2007年にイザリウオという魚が、差別語の匂いがするという理由で、
日本魚類学会がカエルアンコウと改名したと聞いた。
c0128628_1901668.jpg

科名すら、イザリウオ科からカエルアンコウ科へ。
英名は、Frogfish というので、その連想で、カエルアンコウと
名付けられたらしい。爬虫類のカエルにも、魚類のアンコウにも
無関係な魚である。嗚呼~
c0128628_1904391.jpg

私は、日本人のこうした無節操な言語感覚に腹立たしさを禁じえない。
だれに対して差別なの? 魚に対して?

私の家は、古い一戸建ての住まいで、勝手口に複雑な段差があるので、
現在、古いマットを敷いて、その部分を「いざって」通行をしている。
松葉杖を使うとかえって転倒の危険があるので、膝で「いざる」能力が
残された幸いを感じている。
「いざれば」転倒の危険がなく、非常に安全なのだ。
狭い場所で砂利道、敷石、縁石などを確認しつつ、松葉杖で
移動するのは、至難のわざである。
ウズグモの巣
c0128628_1915077.jpg

さっそく、介護認定の申請をすることを友人から教えてもらったり、
勝手口の段差をなくす工事の人に来てもらったり、なかなか
身辺があわただしくなってきた。
c0128628_1933794.jpg

こういうことも事故に遭ってはじめて知る手続き・・・。
ヤマトシジミの交尾
c0128628_1974252.jpg

今まで便利に使ってきた勝手口が、身障者にとって非常に
危険だったことに初めて気づいた。
病院などの外出は、今、すべてタクシーを使っている。

9月、10月に見たチョウの写真をいくつかUpしてみました。
交尾の写真がある。昆虫の世界も冬の前にしておかなければ
ならないことが、山積していて忙しいのだろう。

[PR]
by tamayam2 | 2015-11-14 19:02 | 日々のできごと | Comments(22)
Commented by pfaelzerwein at 2015-11-15 04:39
この度は大変でしたね。何とか目星がついたようで良かったです。お大事に。
Commented by aamui at 2015-11-15 07:33
ああmayaさんが介護保険!お大事にしてね 私は家の中では手すり様様ですが 広い居間は椅子の足にテニスボールを付けて押しながら移動します 車が付いていると危ないので きっと摩擦力が丁度安心見たいです ご参考までに<m(__)m>
Commented by tamayam2 at 2015-11-15 08:03
♡ pfaelzerweinさん、
懐かしいお名前に接してうれしいです。いつかプハルツの森を歩き
ましたね。歩くのが大好き人間でしたのに、これから半年ぐらいは
自重しないと・・・みなから、年を考えろ、と言われますので、
「はい、年を考えます・・・」と返事をしつつ、でも少しは、
旅も続けたいと内心考えております。お元気で。
Commented by tamayam2 at 2015-11-15 08:06
♡  aamuiさん、
私も介護保険・・・ということを考えておりませんでしたが、親切な友人が
一応聞いてみて、工事のお金が出ればいいじゃない?と言われ、そうか、
私は、介護保険料を払っている有資格者だと、気づきました。
これも社会勉強!テニスボールのアイディア、いいですね。
ありがとう。家の中で松葉杖を使うのがとても不便です。
歩行器のようなものを探しておりました・・・・感謝!
Commented by ふく at 2015-11-15 10:32 x
さすがにこのブログの読者には知恵者がそろっていらっしゃる。
ご同様の我が家でも車いすの移動には難儀したものです。
どうなさってるかとおろおろするばかりでしたが
お気持ちがちっとも萎えていないようで安心。
焦らず養生なさってくださいね。
年年言ってくれるな若者よ、という反骨精神でいきましょう。
Commented by bantelner at 2015-11-15 12:25
tama母さま
「いざる」のお話しに反応しております。
と言いますのも、実母が風呂場で転んで腕の骨を折ったとき、彼女も「いざって」居間まで必死に辿りつき、お友達にヘルプの電話をかけたそうです。(実母は一人暮らしなので)
母が「いざっていざって」と説明したとき、わたしはまさに「いざる」という言葉を知りませんでした。
ただ、「這っていった」んだろうなぁとは想像しましたけれども。
tama母さまと実母が同じ「いざる」という言葉を使っているのが、興味深いです。
「いざる」という言葉を知らなかったわたしには、それが差別用語となるという理由も体感できません。
ただ、「いざる」には「這う」では絶対に表現し切れない、「いざる」にしかできない感覚というか情景描写があると思います。
「いざる」が死語になり、そういうものがごっそり失われてしまうのは残念と思います。

介護保険の手続きなど、また新しいところですね。
うちはばーちゃんが同居してた頃に、介護保険で手すりとか、浴室の改善とかやってもらったようです。
今回はわたしが帰省した時に、母の介護保険も手続きして、わたしが帰った後にヘルパーさんを派遣してもらうようにしてきました。

いっぺんにいろいろ変化があり、お身体の不自由に加え、精神的にも落ち着かないと思いますが、どうぞできるだけ気楽に構えて、クリアしていってください!
Commented by school-t3 at 2015-11-15 14:24
こんにちは。。
木こりで忙しく訪問をおろそかにしていましたら
まぁ、大変なことになっていたのですね。
今日は調子はいかがですか?
お怪我によるご不自由は一時的なものですよね。
それでも介護認定の対象になるんですか?
申請した結果を教えていただけますか?

「イザリ」懐かしい言葉です。
そうですか。差別用語ですか。
長女は赤ちゃんの時なぜか這い這いしないで
お尻でいざってました。
ああいうのは今度からなんて言えばいいんでしょうね。

カエルアンコウさんには笑いました。
イザリウオだったら「あぁ、いざって移動する魚なのか。」
と分かるんですけどこれからはアンコウの一種かと想像してしまいますね。

お大事に・・・
Commented by ikutoissyo at 2015-11-15 15:14
お元気そうでホッと致しました。
私も、マツバ杖の経験がありますので、不便さが伝わってきます。
リハビリ通いはタクシーでした。
一回、往復で7000円強、治りたい一心で通いましたが、
マツバ杖が不要になった後、電車に切り替えて、電車賃がなんて安いのかと・・・。

差別用語の件、ずっと不満を持っています。
誰が「差別用語」だと言いだしたのでしょう。
まさか、魚の名まで替えるとは・・・。

元気に歩けるって、本当に幸せです。
焦らずにお過ごしくださいね。


Commented by rumikoh at 2015-11-15 15:22 x
tamayamさん頑張っていますね。
私は右ひざを骨折していた時は いざることも出来ませんでした。
しかし家にいて何もしないのも飽きるのでタイヘイか何かの
惣菜配達をしてもらって 片足で重心を取り天ぷらなども揚げていました。
膝の痛みがあったので なかなか集中して読書などあまり出来ませんでした。
その時に 我が家から数軒先にスーパーがあるのですが 生協の宅配や
ネットバンキングなどを始めました。
我が家の子供や私自身の骨折の経験からも近くの日本医大ですが
骨折は手術せずに固定して直す方法が私はベターだと思っております。
フランス語テレビ放送TV5は パソコンや 文京ケーブルテレビや光テレビなどで
見れますが 植物の番組や庭園案内などtamayamさんに興味がありそうだと思いますが
ご覧になったことありますか。
日本語の字幕付きも多いです。時々不正確な翻訳ですが、、、
またNHKの趣味の園芸のホームページに最近私も写真を投稿していますが、、、
tamayamさんは前にフランス語の習得を考えられていたようなので ラジオやテレビの講座も
役に立ちますね。

どうぞお大事に
Commented by tamayam2 at 2015-11-15 16:41
ふくさん、
>年年言ってくれるな若者よ・・・・ふむふむ、ほんに
そう、そう。年齢、年齢と言われると、だまらっしゃい!と
いいたいけれども、ぐっと我慢しております。家事はほどんど
出来ず、80代の主人にあれやって、これやってと言っております。
(本来は、逆ではないか!)彼の家事量は、通常の倍!
一人暮らしだったら、入院しないといけなかったと思います。
ご心配いただきありがとう。
Commented by tamayam2 at 2015-11-15 17:42
♡  bantelnerさん、
本当に、世代によって理解できる語彙に隔たりがあるのですねえ。
お母様が、いざって、いざって と仰ったら、あなたは「這う」と
いう意味だろうと想像なさった。教養のある娘じゃ!!
しかし、這うというのは、手をつかって前に進むんですね。
いざるというのは、膝と下肢を使ってずるずるっと前進するんです。
時代劇で、お殿様が、「も、そっと近こう寄れ!」と仰いますと、
家臣は、「は、は~」と裃の腰を折ってにじり寄りますわね。
あの動作です!拳を使って体を支え、上半身はあくまで、立てたままで、
畳の上をツーツーとお殿様のほうに歩みよるのです。赤ちゃんが這い這い
する動作とはちょっと違うのよね。ははは、日本語っておもしろいわね~
ご心配いただいてありがとう。
Commented by neimu at 2015-11-16 01:17 x
少しずつ快方に向かわれているよし、安心しております。
例年より温かい気温も、骨の付きには良いそうです。

誠に差別用語という物(認識?)は厄介で、
会議や挨拶で「足元の悪い中、わざわざお運び頂き(雨の日)」も使えないし、(上司からそう言われました)
「手短に説明しますと」も「手短はだめ」と言われ、
かつて聖書や小説、文献の中で使われていた「手なえ足なえ」などはもってのほかですし、
『図書館戦争』シリーズでは「散髪屋」は良くても「床屋」は駄目らしく・・・。
いやはや、知っている言葉は使えない世界です。
言葉狩りには困ったものです。
Commented by tamayam2 at 2015-11-16 09:16
♡  school-t3さん、
「いざる」という言葉が通じる世代ですね!(親近感☆)
言葉をいいとか、悪いとか決めるののは、人間です。
魚も赤ちゃんもそういうこととは無関係に「いざる」動作
をいたします。それを表す言葉を一つ手離すなんて、
日本人は、もったいないことをしているのねえ。
私のいざり能力はますます磨かれ、非常に熟達してまいり
ました。室内はフローリング、床暖房ですから、いざれば
いろいろな家事をこなすこともでき、うれしく思っておりますへへへ。
Commented by tamayam2 at 2015-11-16 09:21
♡  ikutoissyoさん、
心配してくださりありがとう。足が不自由でも憎まれ口は
相変わらず・・・で、元気でございます。タクシー料金は、
迎車を含めるとけっこう高いですが・・・このごろは、
東京無線タクシーというのは、電話すると割合待ち時間が
少なく来てくれ、親切です。もう名をいうだけで、私が
松葉杖を使っていることなどわかっていて、大変重宝
しています。今日のような青空の日ですと、外に行きたい
ですが、しばらくは医療機関通いで精一杯です。
はやく自分の足で外出したいものです・・・
Commented by tamayam2 at 2015-11-16 09:27
♡  rumikoh さん、
今まであまりTVを観なかったのですが、このごろは撮りためて
いたTV番組の録画・・・たくさんありますので、見て楽しんで
います。岩合さんのネコ歩き、、、楽しいです。世界の町歩き
も旅行した気分になって見ています。料理ができないのは
残念ですが、食卓で、材料を切るだけやって、あとは、口で
主人に指示。鍋ものとか、カレーとか、簡単な料理が多い
ですが、冬はそんなものでも結構おいしく、楽しんで
います。太らないようにしないと・・・それは難問です(笑)
Commented by tamayam2 at 2015-11-16 09:33
♡ neimuさん、
へ~???どうして、「足元の悪い中・・・」「手短に説明します」
悪いの~???本当にこりゃ、言葉刈りだぁ~
何だか怪しい、俗語がはびこる一方で、こうした正統派日本語が
失われていくなんて・・・残念というよりしかないです。
パワハラ、マタハラなんで、言葉こそ、きたない。。。。あきれる
造語だと感じております。日本人の美しさの語感は、なくなって
しまったのでしょうか。歌詠み人のあなた、どう思われます?
ところで、Namiheiiiさんのお歌、ますますいいですね。あなたの
返歌も期待しております。お見舞いありがとう。
Commented by PochiPochi-2-s at 2015-11-17 16:49
こんにちは。
読ませていただいてびっくりしました。
「いざる」という言葉が、もう死語に…
お医者さんにも通じないなんて…です。
以前ドイツで親しくしている高齢のドイツ人夫婦に、
「ワンダーフォーゲル」という言葉は、ドイツではもう死語に
なっている」と言われ、ええっと思ったことがありましたが。

昔アキレス腱を切り、松葉杖の世話になりました。
松葉杖をはずした後も、普通に歩けるまでかなりの努力が必要です。
十分養生なさって、元気に復活してください。
Commented by 通りすがり at 2015-11-17 22:12 x
初めて差別用語の問題を聞いたのは、土人かなあ?
トルコ風呂とか(笑)
昆虫の世界でもメクラカメムシがカスミカメムシに、メクラアブがキンメアブになりましたが、メクラチビゴミムシの仲間はそのまま変わらず…
分類群ごとに学者たちが対応を検討したんですが、甲虫学会グッジョブって感じですね。
モドキやらダマシやらニセにまで可哀想とか言われてたんで、何言ってんだと思ったことでしょう。
最近では障害者が差別的とか言われてましたけど、害の字が悪いイメージだからと言う理由でしたね。
想像力が豊かと言ってあげないと、文句を言われそうです(笑)
Commented by tamayam2 at 2015-11-18 09:35
♡  PochiPochi-2-sさん、
私も驚いたので、記事にしたのですが、どうやら、今
60代以上の人は、わかるようです。50代ですと、半々ぐらい・・・
私、TVを見ていて知らない語彙、意味は分かるけど、絶対使わない
語彙など、たくさん増えてきました。新語がたくさん増えている分
使われないことばは、どんどん死語になって捨てられていくの
でしょう。中には、捨てがたい言葉もありますわね。
ドイツ語のWander Vogelは、そう、もう使われないかもしれませんね。
単なる、渡り鳥の意味しかないかも。年配の人が、お嬢さんの意味で
使うFraeuleinも死語になりました。男女を区別するような語彙は、
社会的にまずいのかもしれません。女の電車運転手なども多いし。
むずかしいわね~。でも、正統派日本語をやたらと捨て去らないで
ほしいです。
Commented by tamayam2 at 2015-11-18 09:42
♡ 通りすがりのおじさま、
こんにちは!土人、トルコ風呂・・・そんなのもありましたね(笑)
昆虫の世界もいろいろあるんですね。甲虫学会もいろいろ討議したん
ですね(笑)虫は、ちっとも差別と感じていないのにぃ~
メクラ判、メクラめっぽう、メクラ蛇に怖じず・・・なんて豊かな
表現も同時に闇に葬ってしまうことになります。世の中には、美しい
ことも汚いこともいろいろあって、ごちゃごちゃしているのが、現実
ですから、きれいなモノばかり残そうったって、そうはいかないや。
お宅は、リンゴ栽培をしておられるのですが? 私は、リンゴを
箱で注文しますので、yamyamcho1@yahoo.co.jp まで連絡先を
お教えください。
Commented by kanmyounoda at 2015-11-18 11:56
tamayamさん事故で大変不自由されましたね。お見舞い申し上げます。
差別用語のこと拾い上げればきりがありませんが日本語の持つ響きや構成など思うと・・生い立ち成り立ち…っを含めて
あんまり神経をとがらすことはないのに…・思ったり致します。
お大事になさってください。
Commented by tamayam2 at 2015-11-18 18:13
♡ kanmyounodaさん、
秋は、展覧会の季節。毎年のご出品、たいへんです。
でも、老いてはいられませんね。
私、今回は、骨折して外出も室内の移動も不自由になり、
ショックでしたが、お約束をほとんどキャンセルしたら、
ヒマになりまして、ゆっくり本を読んだり、PCの中身の
整理をしたり、座ってできることも楽しめるようになりました。
お見舞いいただきありがとうございました。味わいのある日本語が
衰退しないように・・・・へへへ、私の老婆心!
<< 【757】過去の写真 その1 【755】登山中のアクシデント >>