【755】登山中のアクシデント

10月最後の日、31日はハロウィーンとて、東京・渋谷
は大騒ぎだったそうです。薄曇りの日でしたが、
私は予定が無かったので、高尾山に行こうと思いました。
東京近郊の有名な低山です。
c0128628_12103645.jpg

しかし、土曜日の高尾山は、大混雑と聞きましたので、
予定を変更して、小仏城山に行くことにしました。
写真は、頂上の城山から高尾山を眺めたところ。
晴れておれば、富士山が見える、とそばにいた人が
言っておられました。
c0128628_12111673.jpg

中央線高尾駅から日陰というところまでバスで
行って、そこから川に沿って一人で登り始めました。
城山は標高760mの低山です。
c0128628_12114430.jpg

始めは、特筆すべき植物もなかったのですが、
だんだん面白い植物が見られるようになりました。
先に歩んでいた女性が熱心に撮影されていたので、
「何かめずらしいものですか?」と声をかけました。
それがIさんとの出会いです。
c0128628_12121135.jpg

彼女のお目当ては、センブリという小さい花。
彼女も植物に関してよくご存じで、話がはずみました。
頂上でお弁当を食べた後、その方にまた会いましたので、
下山をご一緒することにしました。

日陰林道を素直に進んで行けばよかったのですが、
ちょっと横道に入って歩いて行くことにしました。
Iさんは、週に2回も登っておられるベテランだし・・・、
横道のほうが面白い植物に出会えそうだったので・・・。
(ちょっと欲を張ったのですね。)

確かに、予想どおりでした。
センブリもすぐ足元でいくつも見つけることができました。
ただし、曇っているので、開花しているものはわずか
でした。
c0128628_12153967.jpg

c0128628_12161172.jpg

アクシデントはその後で起きました!

麓から2/3ぐらいのガレ地で、私は、滑ってしまったのです。
滑るとき左足をねじるようにしたらしく、痛ッ!
c0128628_12163741.jpg

後で、レントゲンを撮ったらしっかり骨折していました
その時は、よろよろ立ちあがって、左足をかばいながら、
杖を頼りにそろそろと歩き始めました。
c0128628_12165897.jpg

Iさんは、何度も「ゆっくりでいいですよ、ゆっくりネ」と
念を押されました。
彼女は、何度もその道を通っておられるので、
その後の行程も見えていたはずです。
c0128628_12173987.jpg

その後は、想像していたより、急坂の昇り、下りが多く、
岩が露出しているところ、谷側に傾斜している細道など
難所もいくつかあり、最後は、小さな川を飛び石づたいに
渡るのでした。ある場所では、私は、お尻を使って滑り落ちて、
下に着地したり、後ろ向きになって、足が着くまでずるずると
斜面を這ったりして、ともかくバス通りまで出ることが出来ました。
(難所を下りるときは、お尻、胸を使う手があることを知りました!)

普通1時間半ほどの行程が、2時間以上もかかりました。
泥だらけになりましたが、無事に普通の林道に戻ることができました。
足に異常がなければ、楽しい下山のはずでしたが、
“びっこ”では、なかなかのものでした。
その間、Iさんは、常に沈着で、
「ゆっくり、急がないで!」を繰りかえし励ましてくれました。
それから、バス、中央線特快に乗って、家の近くの駅から
病院に直行しました。

少し前に、昔の同業者が登山中スティックが折れて、足を骨折、
ヘリコプターで、搬送されたという事故を耳にしていました
ので、私も一瞬、これは大変!と思いました。
事故を起こした場所は、携帯の圏外でしたが、救急車を呼んでも、
林道まで、だれかに背負ってもらわなくちゃいけません。
(それは、まずい!)

何とか、自力で下山しなくっちゃ!と思ったのです。
私は、やはり今後は自分の年を考えなくてはと思い、
大いに反省しました。それと同時に、Iさんのような方に
出会わなかったら、どうだっただろう、と不幸中の幸いを
しみじみとありがたく思いました。

[PR]
by tamayam2 | 2015-11-03 12:18 | 日々のできごと | Comments(32)
Commented by semineo at 2015-11-03 13:43
こんにちは、
大変なアクシデントでしたね。
良い方とご一緒で、無事に下山できて本当に良かったです。

センニンソウやミヤマハンショウヅルは、秋になっての姿は初めて見ました。
風車のようで素敵ですね。 
どうぞお大事になさって下さいね。
Commented by tamayam2 at 2015-11-03 14:01
♡  semineoさん、
ありがとうございます。みんなから、年を考えなさい、と言われました。
本当にね。近くだから、安心していました。でも秋の野山は、いつも
いいですねえ。回復したら、また新宿御苑から、始めたいです。
Commented by weloveai at 2015-11-03 16:31
お一人でなく、心強い方がご一緒でご無事に下山でき本当によかったです。
自分では気が付かないうちに衰えは始まっているのですね。
今は足首を固定して何かとご不自由な暮らしでしょう。
珍しい花の写真を見せて頂けてうれしいです。
どうぞ、おとなしくして早く直してください、お大事に。
Commented by tamayam2 at 2015-11-03 16:38
♡ weloveaiさん、
ありがとうございます。若いときと体が違うの
だなぁ~と思いました。整形外科の先生に、骨折と
聞かされて、「では、牛乳とかたくさん飲んだほうが
いいのでしょうか?」とうかがったら、
「全く意味ない。青春時代に戻るしかない!」と
ニベもなく言われました。トホホです。
Commented by 通りすがり at 2015-11-03 19:03 x
秋はリンゴで忙しくて、どこにも行けないのですが、非常に多様な植物・昆虫などが見られる高尾山には憧れます。

今回は痛くて大変な思いをされましたが、無事?に帰ることができて何よりです。
おかげで見たことの無い花の綺麗な画像を拝めるというものです。
あ、お尻は階段でも使えますよ(笑)
それでは、お大事に。
Commented by bantelner at 2015-11-03 22:01
tama母さま~!
うわぁ、それは大変でした!!Σ(・□・;)
折れた足で2時間以上もかけて下山とは、しかも足場の悪い山道を…
それはやはり日ごろから体力と気力を鍛えられているからできたことです!@@
低い山とは言え、高尾山は結構きつい登山ときいておりますから、城山だって似たようなものでしょう。
そして、Iさんとの出会いもホント神の助けでしたね。
このお引き合わせは何かミラクルという感じがします。
本当にヘリコプターの出動や遭難みたいなことにならなくて良かったですーーー。=3
骨折も十分に重傷ですが…。
実の母も春に腕を骨折しまして、わたしも急きょ看病に帰ったのですが、
その後、彼女はリハビリを物凄く頑張って(3か月半)、今はおかげさまで完治したようです。
tama母さまも、しばらくご不自由な日々となるかと思いますが、
順調なご回復をお祈りしております。<(_ _)>



Commented by PochiPochi-2-s at 2015-11-04 08:05
無事に下山することができよかったですね。
読んでいてホッとしました。

大変な思いをして撮ってこられた写真、どれも素敵ですね。
コウヤボウキ、ツルリンドウ、センニンソウの花のあと、センブリ…
絵の教室で馴染みのある花たちです。
優しくて、力強い。そして可憐。
魅きつけられます。

骨折早く治るといいですね。
お大事に。
Commented by ikutoissyo at 2015-11-04 09:21
まあ、びっくりです。
骨折と伺っただけで、雪道で転んで腕を骨折したときの事が、一気に蘇ってきました。
腕と違って足は歩かなくてはいけませんから、数倍も大変でしたでしょう。
よくぞ、下山なさいました。
どうぞどうぞ、お大事になさってくださいね。

数年前、tamayamさんに伺って、薬草園でセンニンソウの花後を見に出かけました。
又、見たいと思って、出かけてみましたが、空振りでした。
↑の写真綺麗ですね。
Commented by nenemu8921 at 2015-11-04 09:23
tamayamさん。
まあ、たいへんでしたね。骨折した足で2時間も歩いたの? えらい!!
でも、その後がたいへんそう…。
我身も他人事ではありません!! 
お大事になさいませ。 

それにしても出会った野草をきれいに撮りましたね。
センブリはまれにしか出会えない植物になりました。
コウヤボウキ、センニンソウの綿毛もすてき。
ツルリンドウは実がついていませんでしたか?

Commented by namiheiii at 2015-11-04 11:22
とんだ災難でしたね。歳を取ると骨も脆くなって来ます。気を付けましょう。私も人のことは言えませんが^^;。
Commented by tamayam2 at 2015-11-04 11:32
♡ 通りすがりのおじさま、
ありがとうございました。階段を上ったり、下りたりするときも、
お尻が使える!☆☆・・・まだ、怖いから試していませんが、
誰かにそばにいてもらったら使える手かもしれません。
幸い膝は大丈夫なので、這うことも可能だ、とわかりました。
お宅のリンゴを注文したいです!
Commented by tamayam2 at 2015-11-04 11:44
♡  bantelnerさん、
お優しいお見舞いの言葉、身に沁みます。
年ということを考えなくては、とこの度は感じました。
横浜のお母上、リハビリに励まれて回復されたとか、本当に
よかったです。年を取ると、ちょっとしたことで骨折するようです。
私、教会の年配婦人会の会長をしていますが、骨折のお話は、
本当に日常茶飯事です。なのに、自分だけはまだまだ、と過信
しておりました。だから、神様に叱られました!
オルガンの練習しようと思ったのですが、ペダルが片足では
踏みづらいですわ~
へへへ、今日は、PCの古いファイルの整理や、2年前のメールの
削除などをしました。ありがとうございました!

Commented by tamayam2 at 2015-11-04 11:58
♡  PochiPochi-2-sさん、
ありがとうございます。
あなたの繊細な秋の葉の絵もいいですね。
精密に観察して描いておられるのですね。
絵の教室では、こうした野草を画材として使われるのですね。
本当に、日本の野山に咲いているフツーの花々は美しいです。
中には、絶滅しかけているものもあります。センブリもだんだん
見られなくなったそうです。とても小さい花ですから。
何時までも存続できるように大事にしたいですね。
この写真は、事故の前に撮影したので、まあまあ撮れています。
後は、カメラをリュックにしまってしまい、撮影どころでは
ありませんでした。実は、いいものも見つけたのに、残念でした。
Commented by tamayam2 at 2015-11-04 12:02
♡  ikutoissyoさん、
お宅のBlogできれいな秋バラの写真を拝見し、
いいなぁ~と思って眺めました。こんな良い天気なのに。
外出できず、残念ですが、仕方がありません。
しばらくは自宅にこもって養生、養生!!
センニン草の種、野性のものが日影沢でたくさん
見ることができました。自然の造形の面白さに脱帽です。
ありがとうございました。
Commented by tamayam2 at 2015-11-04 12:07
♡  nenemu8921さん、
お見舞いありがとうございました。外歩き、大好き人間
でしたのに、11月は、ウチの中だけじっと我慢の子に
なります。めくらぶだう・・・ネネムさんのことを思い出し
ました。ツルリンドウ、まだ実になっていませんでした。
センブリをお目当てに来られたIさんによれば、東京近郊では
最近は、めったに見られなくなった、ということです。
彼女は、数日前にもセンブリを目当てにお山に登ったそうです。
しかし、晴れていないと花が開花しないので・・・その日も
開花しているものが少なかったです。お元気で!!
Commented by tamayam2 at 2015-11-04 12:14
♡ namiheiii先生、
暖かいお言葉ありがとうございました。
骨折なんて、他人のことと、自分の年を忘れておりました。だから、
神様から叱られたようです。これからは、自重します。
松葉杖で不自由でしかたがありませんが、一人暮らしでは
ないので、なんとか助かっています。あれ、取って、これ、
取って・・・と家人に頼んでおりますが、今後は、老人二人で、なんとか
助け合っていかなければならないのだなぁ~とつくづく感じ入っております。
Commented by rumikoh at 2015-11-04 13:52 x
tamayamさんどうぞお大事に。
それにしても骨折後自力で下山されたのは驚きです。
10年以上前に私も右膝を骨折して 両方松葉杖から始まりました。
3階に寝ていてトイレは中二階なので朝起きたらまずどうやってトイレに行こうかと思いました。
階段に座り手を突いて一段ずつ まさにお尻を使って下りました。
直りかけて 家から買い物に出かけようとして雨上がりの濡れた道が怖くて引き返したり
団子坂の急な坂で 銀行に行くのを諦めて帰ったりしました。
松葉杖で 近所を散歩していたら 同じ松葉杖の方にお若い方でしたねえと驚かれたり
普通に歩けるようになったら ご近所の方にやっと格好良くなりましたねと言われたり
忘れられないことです。
ゆっくり養生してまた素敵な花々や銀ブラなどの写真を楽しみにしております。
Commented by tamayam2 at 2015-11-04 14:29
♡ rumikohさん、
ありがとうございます。世の中には骨折を経験された方が
意外に多いのですね。友人では、腕、肘、指などの方もいました。
膝というのも辛いでしょうね。体のどの部分でも故障したら、
大変!お尻で階段を上り下りする、、、、この方法、ぜひ
試してみたいです。もう少し安定したらね。人間、「窮すれば
通ず」なんとかなるものですね。でも、不安感というのは、きっと
これから付きまとうでしょう。銀行に行くのをあきらめたり・・・
あなたも大変な思いをされたのですね!
11月の予定を大幅に変更しなくてはならなくなったので、PCの
ファイルの整理をしました。少し軽くなって・・・こういうのを
怪我の功名というのでしょう(笑)お元気で!
Commented by smallcreature at 2015-11-04 22:16
なんとまあそんなことが!
お大事に。来年の紅葉はまた山でみてくださいね!
Commented at 2015-11-05 03:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamui at 2015-11-06 06:31
ついにやっちゃったのね でも治るから(^^♪ 暫くゆっくり整理できていいじゃん!
この季節のすってんばれ!猛烈に野山に誘われますね 
お陰様でメクラブドウを描けるわ 有難うございます

私の転ばない歴 もうすぐ4年なの 何しろ転ぶのは駄目と肝に銘じて気を付けま~~す<m(__)m>
Commented by tamayam2 at 2015-11-06 09:30
♡  aamuiさん、
私もあなたを見習い”転ばない歴”を目指して頑張ります。
ありがとう。
Commented by tamayam2 at 2015-11-06 09:33
♡  smallcreatureさま、
ありがとうございます。
そう、今年のモミジは見られないわねえ・・・
速く外出できるよう、がんばります。
Commented by tamayam2 at 2015-11-06 09:36
♡  cimarronさん、
もうそちらは、寒くなったでしょう。犬の散歩はしなくてはならない
日課だから・・・健康でなくてはなりませんね。私ももう一度、
猫を飼いたいと思うことがありますが、ネコの寿命まで世話して
やれないかもしれないので、我慢しています。
家族のためには、主婦は健康でなくてはいけませんね。
お見舞いありがとう!
Commented by kanmyounoda at 2015-11-07 10:59
大変なアクシデントに出会いましたね。
それでも自力で下山をされた根性に驚きです。
いい仲間が一緒してくださっていたのは幸いでしたね…ありがたいことです。山での先達はいろんな植物に通じておられますね。ありがたいことです。大事になさってください。
Commented by ダンダラ at 2015-11-08 18:57 x
大変な事故に会われたのですね。
高尾山と言うと、登山道も整備されていて、安心して山歩きができるというイメージですが、いろいろなことがあるんですね。
その方もびっくりされたでしょうが、でも一人でなくてよかったですね。
Commented by neimu at 2015-11-08 20:28 x
びっくりしました。大変でしたね。
独りきりで事故に遭って・・・というのではなかったのは幸いでした。
これから寒くなる季節、しっかり養生してください。
私は亀裂木津しか経験がありませんが、それでもかなりの激痛でめげましたのに、
下山後、帰宅、通院とは・・・。
亀裂骨折は単純骨折では治り方が違いますし、固定した後はリハビリも必要ですが、
年末年始に向けて今年はいつもよりゆっくりしましょうとのサインです。
どうぞ、焦らずお大事に、お大事に。
Commented by オーマ235 at 2015-11-09 15:55 x
tamayamさん、経過は如何ですか?
私は過去に右手をやってしまいました。
在職中でしたので、右手が使えないのには苦労しました。
下着の着替えから手書きの書類まで、、、。
tamayamさんは手が使えるのですから不幸中の幸いかも。

まあ、人生に無駄な事は無い、、、と思っています。
危機的場面で見えてくる真実ってのもありますから。
どうぞ、神様がくださった意味ある事と捉えて頑張ってください。

ところで、夫は高尾山や大山(阿夫利山)が足慣らしの山で、
tamayamさんの怪我された辺りは「ニリンソウ」を観に行く
所の近くだそう。冬の凍るような日の翌日には「シモバシラ」
を期待して観に行く近くだそう、です。

この機会に、tamayamさんの「写真の宝箱」から未公開のお写真を
拝見できるのではと期待しております。

どうぞ、お大事に。


Commented by tamayam2 at 2015-11-09 17:49
♡  kanmyounodaさん、
長島造形美術展のお写真、お孫さんの絵の数々、拝見しました。
本当に私、ラッキーでした。一人だったのに、すばらしい先達に
誘導されて。今 松葉杖で、ずっと家から出られませんが、
PCの内容の整理など、いろいろ家の中でもやることがあり、
神様がすこし、おとなしくしなさいと休暇をくれたと思う
ことにしています。お見舞いありがとうございます。
そちら様もどうぞお元気で!
Commented by tamayam2 at 2015-11-09 17:53
♡ ダンダラさま、
お宅の美しいチョウの姿をうっとりと眺めております。
ありがとうございます。秋の陽がてらてらとか輝く日は、
どうしても出かけたくなります。蝶に会えるかもしれない、
枯れる前の秋の植物に会えるかもしれない、そういう
欲張り心がいけなかったのでしょう。反省。
でも、足が治ったら、また野山に自然観察に行くでしょう。
(周りの人は、これに懲りたしめしめ・・・と思っているよう
ですが・・・)ありがとうございます。
Commented by tamayam2 at 2015-11-09 18:02
♡ 寧夢さん、
本当に本当にお久しぶりです。亀裂骨折というのを体験なさったの
でしょうか。聞いただけで痛そうです。私のは、単純骨折か、複雑
骨折かよくわかりませんが、自然に骨が付くのを祈っている状態
で固定しています。手術+入院という手と、自宅療養+ギブス+松葉杖
というチョイスがありましたので、私、入院は、イヤです、と言って
勝手に松葉杖を選びました。さぁ、うまくいくでしょうか。時間は
かかると思うけれども家にいたいから・・・わがままなんですね。
では、牛乳とかたくさん飲んたほうがいいのでしょうね?と
医師に聞いたら、全く効果なし!青春時代に戻るしか手は無し・・・と。
今の医師は、話術を知らないなぁ(嘆)ま、年寄りだから時間がかかるよ、
と言っているのでしょう。頑張ります。ありがとうございました!
Commented by tamayam2 at 2015-11-09 18:10
♡ オーマ235さん、
ごぶさたしておりました!お見舞いありがとうございます。
手を骨折されたのですね!手もイヤですし、足も困りま~す。
本当に私としたことが・・・やはり、年なのでしょうね。
ぼんやりしていて、転ぶこともヘタだったのだろうと思います。
そう、日影沢林道の入口のところにニリンソウの群生地や
シモバシラの場所があるそうです。私は、見たことがない
のですが・・・この辺りには、野草の東京では珍しいものが
いくつか見られるのです。それがお目当てではありません
でしたが、手つかずの自然の中を歩きたいという欲求が抑え
られず、一人で登ったのです。登ったら下りなくてはならない。
ヘリコプター、救急車など考えただけで、お金がかかりそ~と
吝嗇な私は思いこみ、気合を入れて下山しました。ったく、
無茶ですよね。もう、外出は当分できないので、お蔵入りを
ちょびちょび出します。お付き合いくださいまし。感謝して。
<< 【756】療養中の経験 【754】モネの小径とツマベニチョウ >>