【749】ボルドーの思い出

8月のフランス旅行から、一月経った。

訪れた三つの都市、パリ、ブルッジュ、ボルドーのうち、
最後のボルドーについては、大聖堂のことしか触れていなかったので、
忘れないうちに書いておこう。
(Face Bookに、一部の写真は載せたが、くわしいことはBlogで
 書くことにする)

そもそも学会は、ボルドー、パリ第三大学モンテーニュ校で行われた。
この学会は、ヨーロッパに住んでいる人を対象にしているせいか、
案内が非常に大ざっぱで、「ボルドーに飛行機か鉄道でお出でに
なったら、トラムB線で大学までお越しねがいたい。」
と書いてある
のみ。
日本で、インターネットでいろいろ調べたが市内の交通事情が
よく分からなかった。
c0128628_10555680.jpg

私は、パリから鉄道TGVで約4時間かかってボルドー、St.Jean駅
(英語で言えばSt.John、聖ヨハネさんですね)に着き、ホテルで
旅装を解いた後、町の中をあらかたチェックした。

そうしたら、当てずっぽうに選んだ下町にある宿は、なんと市の
中心地で、隣りがツーリスト・インフォーメーション。トラム3線の
発着駅Quinconcesから徒歩2分という好立地条件だった。
トラムは3線、A、B, C線しかなく、どこに行くにもトラムを使えば、
非常に便利なのだった。(だから、説明が簡素だったわけね!)
c0128628_10582519.jpg

7日間乗り放題の切符を€12で購入、さっそく乗ってみる。
このトラムは、地表集電方式という新しい方式を採用していて、
線路の中央から電力を取っているため、架線がなく、町中を走って
いても、景観を損なわないのだった。

Face Bookにこの写真を載せたところ、どこから電力を取っているのか?
という質問が出て、そういう事情がわかった。
c0128628_10592885.jpg

プラットフォームも階段一段程度の段差しかないので、
非常に心地よかった。一つのフォームから向こうのフォームに、
線路をまたいで歩いて行ける。
階段やエレベーターを全く使わないで、線路上を歩くのは
快感だった。(老人にはまことにありがたい交通システム!)
大聖堂近くから見たトラムと線路。
c0128628_110511.jpg

ホテルに一番近い駅Quinconcesを、発音がよくわからないから、
“キンコンカン”と覚えて、大学まで10駅以上20分ぐらい乗る。
大学の文学部は、モンテーニュという16世紀の哲学者の名がついていて、
フランスでも留学生の多い大学と聞く。大学生たちは、英語も
達者だから、ここまでくれば一安心。
大学生をつかまえては、あれこれ質問した。

ボルドーは、大西洋沿いにあり、昔からワインの産地として
栄えたところ。ガロンヌ川という大河のほとりにあり、
その沿岸に、Miroir d’ eau(水鏡) という市民の憩いの場がある。
ちょうど滞在中は、気温35度を越える暑い時期だったので、
子供も大人もこの水たまりで大はしゃぎだった。
とても、楽しそうな、豊かで平和な風景だった。
c0128628_1105468.jpg

c0128628_1111569.jpg

最後の日の午後、友人のご主人の運転する車で、
小一時間ほど行ったところにある有名なワインの産地、
St.Emillionへドライブ。小さな村にワインを売る店がひしめいていた。
c0128628_1121063.jpg

おやっ?こんなところに、見慣れたマークが。
c0128628_1123361.jpg

やっぱり、日本人観光客が来るところなのね。
その日は、アジア人の姿を見なかったが。
c0128628_112591.jpg

私が買いたいなぁと思ったのは、ぶどうの苗。€2.50は安い!
もちろん、買いませんでしたが。
c0128628_1132477.jpg

私は、夜は早く休む習慣なので、夜のお付き合いはスキップして、
ホテルの近くのブラッセリ-で、生牡蠣とワインで軽い夕食。
ボルドーワインは、赤が中心だが、ロゼ、白も大変おいしかった。

[PR]
by tamayam2 | 2015-09-26 11:04 | たび | Comments(16)
Commented by ふく at 2015-09-26 11:14 x
ほぼ日でフランスのあれこれを楽しく紹介しているコラムがあるのですが
仲間とおフランスなどと冗談を言い合っています。
お国柄があるのですね。曰く適当おおらかバカンスを本気でとる等々
Tamayamu2さんの視点は独特で自然の物があふれていますが
やはりどこか洗練されたところがあるなあと思いました。
旧知のお友達を訪ねてゆかれる豊かな旅でしたね。
また詳しく聞かせてください。
Commented by tamayam2 at 2015-09-26 11:27
♡ ふくさん、
私は、フランス語ができないので、なんとなくフランスを敬遠していた
のですが、行ってみれば、割とドイツに似ていました。大国の落ち着き
と文化を大事にする気風があり、質素で、堅実な印象です。バカンスを
しっかりとるのは、ドイツもイタリアも、欧州全体のライフスタイルです。
学会だけでは、もったいないので、長年Blogを通しておつきあいのあった
友人を訪ねました。やはり、実際に生活されている方のご意見は面白く
本で読む知識とは別でした。フランス語ができればなぁ~と思いました
ので、TVで勉強しようかと思っています。ふふふ
Commented by toshiko-hana at 2015-09-26 19:30
 tamayam2さん (^コ^)(^ン^)(^バ^)(^ン^)(^ワ^)
 お久し振りです何時も読み逃げで申し訳ございませんm(__)m
 私がフランスに行ったのはH6年12月でした。
 パリ、ローマ、ロンドンと廻りました
 大昔の旅で楽しかったですがもう忘れました(:゜д゜:)ハアハア
 海外旅行は楽しいですよね。
 私は全部で30ヶ国の旅でした~今は体調の具合で予約が出来ません
 お陰で懐かしく昔の書類を出して見ています('-'*)アリガト♪
 
Commented by tamayam2 at 2015-09-26 19:44
♡  toshiko-hanaさん、
おひさしぶりです。いつもお宅のお庭には、花と虫が
いい具合に戯れていますね。花を愛する人はたいてい
虫は、嫌いなのに・・・私も種から育てている植物に
アブラムシが付いたら、殺虫剤でシューと薬をかけたり
しますけれど。
ヨーロッパは、でこぼこ道が多く、日本のように便利では
ないので、歩く距離が長いですね。コンビニもないし・・・
私もいつまで続けられますか・・・わかりませんが、元気
だったら、また、出かけたいです。昔の写真や書類を出して
昔の旅を反芻するのもまた愉しいことですね。お元気で、
Commented by echaloterre at 2015-09-26 20:15
ボルドーの町は、ほんとに再開発がうまく進んで、昔に比べるとぐんとよくなりましたね。
私が訪れたのは、99年で、大きくて暗い町という印象がありましたが、すっかりいい町になったことがよくわかりました。
かつて住んでいた南仏の町にトラムが走り始めたときは、皆が不慣れで、車とトラムの事故が多発したり、
私自身は、自転車の車輪がトラムのレールにはまってしまってそのまま倒れる!!なんてこともありましたが
今や、フランスの大きな町にはトラムはなくてはならない交通手段になりましたね。
街中に入る車を少なくする手段でもあるから、環境にとってもいいことですね。
サンテミリオンは、超!有名なワインの村。おいしかったことでしょう?!
牡蠣を召し上がったのこと!海に近い町の牡蠣は新鮮でおいしいですよね。
うふふ、ボルドーの白、ロゼもよかったでしょ?!赤がおいしいところは、他の色もおいしいんですよね。
ほんとに充実したフランスの旅になったようで、よかったですね♪(*´▽`*)
Commented by tamayam2 at 2015-09-26 22:01
♡ echaloterreさん、
99年(今から16年前)と比べるとボルドーの町は、明るく、国際都市に
変化したのですね。ほんと、始めはこの大学から来るメールはフランス語
だけでしたし、HPも英語は少ないし、情報不足で、どんなところだろうか、
と心配でした。しかし、私はこのトラムと相性がよく、本当に助かりました。
7日間乗り放題なので、気に入った場所を見れば、ちょっと途中下車できるし。
段差が少ない交通手段は、本当に年寄にはありがたいです。荷物をもっている
旅行者にも。東京にも都電がたった一線だけ残っています。早稲田⇔三ノ輪橋間
乗っているのは、沿線のご老人が多いです。まことにのどかなチンチン電車です。
学会の初日は、考古学博物館で夜間貸切にしてくれて、歓迎ワインパーティが
ありました。中世の建物のようで、それは面白かったのですが、夜のお付き合い
は苦手なので、たいてい外でかる~く食事しました。お宅でいただいたお食事
を思い出しながら、ワインとパンと少々の珍味で。大人はそんなのが一番ですね。(笑)
Commented by maximiechan at 2015-09-28 22:25
ヨーロッパの街はどこも素敵ですね。でも、それをより美しく切り取るtamayam2さんの感性にはいつも感心しています。
このトラム、なんとなく芋虫に見えました。尤も、細君に言わせれば新幹線も芋虫なんですが・・・。で、記事を読んでなるほどと思えてきました。よく見れば、架線が無いんです。電力が地表からの供給になっていたんですね。それで、トラムが自分で生きている(動いている)生き物のように見えたのだと思いました。
ボルドーと言えば当然葡萄も出てきましたね。赤ワインはボルドーのものも時々飲みます(因みに白ワインはイタリアの方が圧倒的に好きです)。何かお薦めのボルドーの赤ワインはありますか?
Commented by tamayam2 at 2015-09-29 07:36
♡  maximiechanさん、
ははは、芋虫トラムね。そうです。ゆっくりドアが開いて、のろのろと市街
を走ります。大聖堂がある古い町ですから、中世の面影を残す建物を
迂回するようにのろのろと走ります。人間の呼吸に合っているような
スローさが心地良かったです。段差が少ないこと、電線、架線がなくて
空が青いこと…それだけでも爽やかですよね。ボルド-のワインは、みな
おいしいですが、現地でもかなりお高いものでした。日本では買ったこと
がないので…。いつも、セールのフランスかドイツのワインを飲んでいます(笑)
Commented by aamui at 2015-09-30 06:04
またまた楽しい記事有難うございます
トラムは10年も前に浦安市に提案したことがあり 今でも悔しく思っています
このトラムの形式なら必ず将来の高齢者社会にも優しいですしね
トラムは車優先な漢字が無く町が優しく見えますね!(^^)!

今素晴らしい市民プールを愉しんでいますが こんな立派なものをよく作ったと思います
その時に長の決断で何とかなるのではないのでしょうか
長には将来を見通す目が必要ですね
Commented by tamayam2 at 2015-10-03 15:21
♡  aamuiさん、
若いときには、段差があると大変だなんて、考えないわね。
人は、わが身のことにならないと何でも真剣に考えない動物
なのでしょう。浦安にトラムとは、本当にいい考えだったのにね。
埋立地は、始めから都市計画するわけだから、やる気があれば、
何でもできたわけです。ボルドー市もできるだけ、市内に車を
入れたくない、という構想から、トラムが導入されたらしい
です。古い遺跡が廃棄ガスで傷むし、健康にも悪いから。。。
Commented by school-t3 at 2015-10-06 11:54
ボルドーの街を見せていただけるなんて
何という贅沢でしょう。
トラム、いいですね。
甲府にもできないかなあ・・
Commented by tamayam2 at 2015-10-07 09:01
♡  school-t3さん、
こういうトラム本当に年よりには便利でした。
近ごろ、韮崎出身の大村智さんがノーベル賞を
受賞されて、山梨県/山梨大学が注目されていますね!
私の教会の牧師さんに2名の「大村先生」がおられます。
ともに山梨県出身で実直な方。遠い血縁があるのかも??
お宅のお庭も収穫の秋を迎えて、うれしいけれども、
お忙しいのでしょうね。

Commented by Yozakura at 2015-11-02 15:27 x
Tamayam2さま
 記事の半ばに登場する「地名 "Quinconces" の発音が良く分からないので『キンコンカン』と勝手に覚え、滞在生活中はそれで済ました」との由、昔の英会話講座の一節を想い出しました。それは、某・国営放送局の英会話講師の田崎清忠氏が、講座の息抜きに紹介された逸話でした。
 その昔、米国駐在の某・社員氏が米国内の某駅で「Wisconsin行きの切符」を買おうと、何度も注文を繰り返し何回も発声を試行したのですが、全く通じない。意志疎通の余りの断絶ぶりに業を煮やした社員氏は遂に立腹激怒。腹立ち紛れに「上杉謙信!」と怒鳴ったところ、何と発音が首尾よく通じ、無事に切符を入手出来たそうです。嘘か実話か、或いは良く出来た物語なのか、それは知りませんが、聞いてから時間の経過と共に、何かしら物悲しくなってくるお話ではあります。
 日本人が発音するWisconsinでは通じないが、上杉謙信なら何とか理解して貰えた処に、外国語の学習と日常生活での応用成果の落差が顕れ、とても印象に残っております。
Commented by tamayam2 at 2015-11-02 17:32
♡ Yozakura様、
私は、フランス語のヒヤリングも全くダメですので、苦肉の策
です。上杉謙信!と叫ぶ話は、聞いたことがあります(笑)
英語は日本語よりアクセントを際立たせる必要があるので、
上杉謙信!のアクセント型が適合したのでしょうね。私が、
乗ったトラムには、Gambattというような停留所があったのですが、
それば、「頑張った!」と覚え、ホテルはそこから2つ目ぐらいだな、
と覚えました。日本に来たガイジンさんだって、母語に絡み合わせて
日本の地名をおぼえるのでしょう。原宿は、Hello 10 +9 とかね。
面白いですね!
Commented by Yozakura at 2015-11-03 12:36 x
Tamayam2様
 返信を拝見しました。お気に召した模様なので、調子に乗って、「類似発音を強調して、意思疎通を阻む壁を強行突破する手法・その2」を投稿します。ご不用であれば、削除なさって下さい。

 それは今から15年以上も前のこと、某・国営FM放送局で放送されていたクラシック音楽番組にて、複数の共同司会者が、自身や周辺の人々による米国入国手続きの裏話を披瀝していたのです。
 米国西部の国際空港などの入国手続き所にて「米国への入国目的」を質問された際には、まともに英語で考えて返答しても理解され難い、或いは、そもそも通用しない。そう云う際には余計なことは何も考えずに、管理官の目を真っすぐ見詰めて、

「斎藤寝具店です!」

と高らかに元気よく、大きな声で告げるのが有効である----と云う「最善の指南」でした。

 これは英語で
"I've come here to America for a sightseeing trip for ten days!"
 と云いたいところを、思い切って要点だけに縮小し 、日本人なら誰にでも発音できる文体に変換した「名回答なのだ」そうです。
 実際の有効性に就いては全く関知してはおりませんが、「妙にリアリティのある裏話」ではありました。お元気で。
Commented by tamayam2 at 2015-11-03 14:04
♡ Yozakuraさま、
はははは、おもしろ~い!!
私は【755】で打ち明けましたように、今療養中で、外出できません。
久しぶりでPC内の書類の整理などしています。こういうお話は、大歓迎で
ございますよ。
な~るほど、「斎藤寝具店です!」と言えば、何となく通じますね。
「です」を抜かしたようがいいわねえ。
sight-seeing Ten ネ。すご~い。そう聞こえます。
私がある人から聞いた小話。
イギリスで、Kensintonという所に行きたくで切符を買わなければならない。
方向を示す前置詞は、toだなと思って to Kensintonと言ったら、切符が
2枚来ちゃった。(twoと間違えたのです)あ、方向を示す前置詞は、for
だったと思い、for Kensintonというと更に、切符が4枚来ちゃった。
(four)と間違えられたのです。さて、どうしたもんだろうと思って、
「えーと」と言ったら、eightと間違えられて、8枚の切符が来てしまった
・・・という小話です。
日本人は、外国では苦労しているのですね。今、ロンドンでも窓口
で切符を売ってくれるところはほとんどありません。みんな自動券売機
です。これも難しいわねえ。(笑)
<< 【750】九月に見た虫たち 【748】野川の蝶たち >>