【738】オオコンニャク尽くし

21日の夜、ショクダイオオコンニャクが、神代植物園で開花したらしい、
c0128628_16235926.png

というニュースを知った。ショクダイとは、燭台、ロウソク立てのこと
です。以前にも小石川植物園(2010年7月)と
神代植物園(2011年12月)で見たことがあった。
c0128628_16214415.jpg

株を植えてから5~7年経たなければ、花をつけないということ、
世界で2番目に大きい花ということで、大騒ぎなのだ。
それに、良い香りではなく、鼻が曲がるほどの悪臭がするという点でも、
話題になる。
c0128628_16221011.jpg

22日には、大事な用があったのだが、7:30に家を出て、ともかく
撮影してきました。
やはり、期待どおり悪臭がしていました。畳の腐ったあばら家に入った
ような匂いでしょうか。
直立している棒は、花びらに見える仏炎苞の付属物なのですが、
そこから悪臭を出して昆虫をおびきだすのです。
ショクダイオオコンニャク【サトイモ科Amorphophallus titanium】

この植物に関心をもったのは、何を隠そう、かなり前からなのです。
ドイツのボン大学付属植物園で、数日前に開花したショクダイオオコンニャク
が、しぼんでだらりと身を折っている奇妙な姿を見ました。
c0128628_1623459.jpg

とてつもなく大きい植物で、あれぇ!と驚きました。
本当の姿は、下のようだったらしいのですが。
c0128628_16232552.jpg

先日、富山県中央植物園でも、コンニャクの種類を見ました。
c0128628_16244658.jpg

以前にベルリンのダーレム植物園でも、コンニャクそのものを
見ました。
c0128628_16254957.jpg

学名にKonjacと書いてあり、なんだかうれしいような
気恥ずかしいような気持ちになりました。

私は、食品の中では、コンニャクは割に好きなほうです。
西洋人は、これをどうやって食べるのか知らないでしょう。
おでんにコンニャク、肉じゃがに糸ゴンニャク、みそ田楽・・・
いいなぁ~
コンニャクがサトイモ科というのも、実にアジア的ですね!

by tamayam2 | 2015-07-23 16:27 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by ふく at 2015-07-23 18:29 x
見たいような見たくないような
不思議な植物!
こんにゃくやろうなんて悪口が浮かびます。
Tamayam2さんには悪臭も何のその
なんですね。
Commented by BBpinevalley at 2015-07-23 18:39
初めて見ました。
そもそもコンニャクが、こんな植物から出来ているなんて、知りませんでした。
お芋みたいは植物から出来ていると、漠然と理解していただけで。
それにしても大きいですね。
いきなり植木鉢から花が飛び出しているのも異様です。
びっくり〜
Commented by tamayam2 at 2015-07-23 20:17
♡ ふくさん、
自然界にはいろんなものがあります。
全部Petだと思って、かっわいい~
とか思うと、それは思い違いです。
ふふふ。コンニャク野郎!って、言って
みたい時があるわね・・・
Commented by tamayam2 at 2015-07-23 20:19
♡  BBpinevalleyさん、
NZやオーストラリアの植物もデカいものが
ありますけど、これは、何しろ、世界で2番目なんです。1番目はラフレシア。
マレーシア、キナバル山にある巨大な花です。それも開花して、翌日には枯れちゃう。短命です。
植物の世界は、本当におもしろいです。
Commented by nenemu8921 at 2015-07-23 20:40
こんばんわ。
今年も咲いたのですか?
今年も見に行って、撮ったのですね。エライ!!
取材精神がしっかりありますね。
話題性があるものを見聞することも大切ですよね。
私も行ってみようかな。でも暑いだろうな。くさいだろうな…という心境であります。ふふ。
珍しいもの、しっかと見せてくださって有難う。

Commented by 通りすがり at 2015-07-23 20:53 x
この花はどこかの植物園で咲くとニュースになってますね。
その腐敗臭でシデムシを誘き寄せて受粉するとか…

サトイモ科は食べられないものが殆どですが、コンニャクも食べられる様にするまでの努力が凄いですよね。
よくぞそこまでと思うと同時に、よくぞ見付けたと思いますね。
そのお陰で美味しいコンニャクが食べられますから(*´ω`*)
Commented by ikutoissyo at 2015-07-23 23:50
ここで拝見するだけにしておきます。
匂いに弱い体質ですから。
画像も美しくて、珍しいものをありがとうございます。
それにしても大きいですね。
それにしても早起きでいらっしゃいますね。笑
Commented by tamayam2 at 2015-07-24 07:06
♡  nenemuさん、
神代植物園は、私の縄張りなので…
その日は大事な会議が10時からあったのですが、7’30に家を出、8’30から並んで、なんとか30分遅れで、会議に間に合いました。ふふふ
私もモノ好きよのう・・・
Commented by tamayam2 at 2015-07-24 07:11
♡ 通りすがりさま、
本当にコンニャクの製法を考えても、昔の人の苦労がしのばれます。
救荒食物の一つだったのでしょう。
トチノ実なども食べられないものを
食べ物にしたのですね。だいたいにおいてコンニャクの種類は、有毒植物ですから・・・有り難いこと!
Commented by tamayam2 at 2015-07-24 07:16
♡ ikutoissyoさん、
家が割に近いので・・・これは、行ってみねば、とがんばりました。小石川と違い、行列は、涼しい木陰でしたので、皆さん、ゆったりとした気持ちで40分待つことができました。神代植物園は、今温室の改築を
していますが、緑が多く、くつろげます。お元気で。
Commented by aamui at 2015-07-26 10:54
やっぱり!tamayamさんのお蔭で鑑賞することが出来ます<m(__)m>しかも悪臭抜きで(^^♪
何時も有難うございます
くれぐれも暑さに気を付けてね
Commented by tamayam2 at 2015-07-26 17:44
♡  aamuiさん、
ほんと、なんて暑いのでしょう。今日、
昼ごろ、道を歩いていて、くらくらしてきました。
人っ子一人歩いていない、カンカン照りの道。
お互いに倒れないように気をつけましょうね。
Commented by Yozakura at 2015-08-11 04:57 x
Tamayam2 様
 燭台大蒟蒻の開花写真を拝見。早朝の会議をサボっての撮影、猛暑の中、お疲れ様でした。
 以前、こちらのブログで紹介されていた画像にも記憶があり、その特徴ある花姿は印象に残っております。

 実は、この花の仲間を群馬県の尾瀬ヶ原で何回も見かけております。「座禅草」です。
 サトイモ科の花で、茶色の法衣に身を包んだ僧侶が座禅を組み、恰も瞑想に耽っているかの如く見えるところから、その様に命名されたものと推定。御指摘の通り尾瀬ヶ原の湿原には、この座禅を組む僧侶が放つ屁の悪臭が漂っておりました。受粉を確実にして生き残る為には、この悪臭が必要なのでしょう、きっと。
 また面白い植物がありましたら、ご紹介下さい。お元気で。
Commented by tamayam2 at 2015-08-11 08:53
♡ Yozakura さま、
そう、ザゼンソウは、まさに、僧侶が瞑想にふけっている姿ですね。
光背もありその辺りの雪は、ほのかな熱で溶けると聞いております。
悪臭がするというのは、初めて聞きました。やはり、この種類ならば
それは当然でしょう。この花の開花に行き当たらず、いつも機会を
のがしております。一度見てみたいものですね。雪解けの近い早春
に尾瀬ヶ原に行ってみればいいのですね。それがかなうか・・・
夢としておきましょう。
<< 【739】バオバブの花 【737】やっと雨があがって >>